【デレマス】仁奈の誕生日

2020-02-22 (土) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/08(土) 08:20:23.92 ID:D7/QB6bDO

―今日は仁奈の誕生日でごぜーますよ!




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/08(土) 08:21:40.64 ID:D7/QB6bDO

―でもパパは帰ってこねーですし、ママは今日もお仕事で夜遅くまでかかるでごぜーます



【SS】超遮断機に挟まれた可哀想な青年の話

2020-02-22 (土) 12:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/08(土) 00:39:11.21 ID:ylrPCaiFO


 ***

 ぼくの思い出。

 中学二年の夏のある日のことだ。

 それはとてもとても蒸し暑い日だった。太陽が恨めしくなるような昼だった。

 退屈な学校を抜け出してぼくはひとり電車に乗っていた。

 知らない線路、知らない街を走る古さびた電車。

 行き先は決めていなかった。ただ遠くへ、ひたすら遠くへ。

 ぼくを苛立たせる大人のいないどこか遠くの国まで。




ミルクボーイ「ガルパンの同人誌をいただきました!」

2020-02-22 (土) 00:07  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: ◆saI1ZNzQKuJn 2020/02/07(金) 23:09:31.48 ID:RUNve7HY0

ミルクボーイのコーンフレークネタをガルパンのカップリングに変換したものです
三つのカップリングで書いてます




2: ◆saI1ZNzQKuJn 2020/02/07(金) 23:11:41.59 ID:RUNve7HY0

【エリみほ】

「どうもミルクボーイです。お願いします」

「ありがとうございます」

「今、感想をいただきましたけどもね」

「ありがとうございます」

「こんなんなんぼあってもいいですからね」

「いうとりますけれどね」




ベル・クラネル「リリ、君は僕のものだ」リリルカ・アーデ「……はい」

2020-02-21 (金) 18:01  その他二次創作SS ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/07(金) 00:37:50.74 ID:OKFL85SsO

「ヴェルフ様、例の物は完成しましたか?」
「おお! 出来てるぞ、リリ助!」

皆様どうも初めまして!
リリルカ・アーデと申します!
リリのことを既にご存知の方も多いかとは思いますが一応簡単に自己紹介させて貰いますね。

リリは現在、この冒険者の街、オラリオにて【ヘスティアファミリア】に所属しているサポーターです。つまり、雑用みたいなものです。

多少は戦闘の心得があるにせよ、リリは小人族なので基本的に戦闘では役に立ちません。
とはいえ、ただモンスターが落とした魔石を拾ったり、武器を手渡したりしているだけではあまりに芸がないので指揮を執ったりもします。

それは全て、手癖の悪い性悪腹黒小人族である不肖リリを拾ってくださった、我らがファミリアの団長である、ベル様への恩返しです。

少しでもリリをあの地獄のような日々から救ってくれたベル様のお役に立てるよう、毎日、日々精進しています。そんなわけで。

「ありがとうございますヴェルフ様! これがあればきっとベル様もお喜びだと思います!」
「そんなもんでベルが本当に喜ぶのか?」
「はい! この、『ゴライアス・チョーカー』があればきっと、ベル様は喜んでくれます!」

リリは今日も大好きなベル様の為に、ひと肌もふた肌だって脱いで、全裸になりましょう!




【FGO】アーチャー「2月2日のカルデアにて」

2020-02-21 (金) 12:01  Fate SS   0コメント  
1: ◆XVOS/FY0A/il 2020/02/06(木) 22:50:37.18 ID:SoHlR5BC0

※何となくの思い付きで書いたFGO短編SSです。




2: ◆XVOS/FY0A/il 2020/02/06(木) 22:51:37.44 ID:SoHlR5BC0

 凶悪な何かに、追いかけられていた。

 恐怖と興奮に固まる手足を必死にばたつかせ、前へと進む。

 進んだ先に状況を打開できる何かがある訳ではない。

 だけど、動きを止めてしまえば、それこそ死んでしまうから。

 一秒でも死から遠ざかる為に、前へ。

 助けてもらった命。救われた命。数多の命を踏みにじった末に在る命。

 助けてもらったからには簡単には死ねない。

 救われたからには、簡単には死ねない。

 数多の命を踏みにじったからには、簡単には死ねない。

 義務がある。

 だから、死ねない。 

 俺は、まだ―――!



 気付けば、光が迸っていた。

 気付けば、獰猛な何かはどこかへ吹き飛ばされていた。

 気付けば―――彼女がそこに立っていた。


 ―――問おう。貴方が私の―――


 紡がれる言葉。

 差し込む月光を背に佇む彼女は、言い様もなく幻想的で。 

 その凛とした瞳は、どんな宝石よりも清廉で。

 だからこそ、心の底から感じたのだ。

 この光景を、俺は一生忘れないだろう、と。











【R18モバマス】留美・美優・瞳子「バレンタインマタニティ」【孕ませ羞恥】

2020-02-21 (金) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆K1k1KYRick 2020/02/14(金) 07:57:27.87 ID:e8yu4SoV0

※コスプレ(ブレザー学生服《学生証つき》・ドレス・フリルつきワンピース水着)、
 複数P登場、孕ませ、バイブ、ハメ撮り、羞恥プレイ、ごっくん、アナルスワッピング、
 言葉責め、パイズリ、強制Wピース、妊婦、母乳要素あり






~○~○~○~○ あらすじ ~○~○~○~○

世の中には解明されていない不思議な事象が、天に浮かぶ星の数ほど存在している。

そのうちの一つに「生活リズムが同じ女性同士は生理周期が似てくる」現象がある。

これはその性質を信じかつ利用して、アラサー美女アイドル三人の生理周期を合わせ

かつ危険日に彼女たちとこくまろ妊娠セックスした男たちの健全なラブストーリーである。

   #  #  #




【ミリマス】徳川まつりと、ワケあり女性P

2020-02-20 (木) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/06(木) 18:12:26.57 ID:lh55PHNT0

プロデューサー(以下、P)「……はい。ではそのように調整を進めて参ります……はい、ありがとうございます。それでは失礼します」ピッ

エミリー「おはようございます仕掛け人さま。お忙しそうですね」

P「おはようエミリー。大丈夫だよ。それにちょうど良かった。今の電話、Charlotte・Charlotteがイメージキャラクターをしているおもちゃメーカーの担当者さんからだったんだけど」

エミリー「はい。先週まつりさんと私で複合商業施設で行われた商品紹介の催しを務めさせていただきました」

P「ええ。イベントもおかげさまで大好評。二人がCMに出てる着せ替え人形の売り上げも好調だってお礼の電話をいただいたんだ」

エミリー「そうでしたか。嬉しいです♪」

P「近々別のショッピングモールでもイベントを開催する予定があるみたいだから、ぜひ二人にも引き続き出演してほしいって」

エミリー「もちろん喜んでお引き受けいたします! きっとまつりさんもそうおっしゃるはずです。えっと、まつりさんはどちらに?」

P「今日は午前中にどうしても外せない用事があって、劇場に来るのは午後からになるそうだよ」

エミリー「そうでしたか……私はこの後伊織さまと一緒に電視台番組の収録に向かうので、入れ違いになってしまいますね」

P「うん。だからイベントの件は私から伝えておくよ」


P(今日のまつりは、あの子のところに行くんだったな……)

P(あの子との出逢いは、まだ私が劇場のプロデュースを任されるようになって間もない頃……当然Charlotte・Charlotteも結成されてなかったな)




【艦これ】アトランタ「今日は何羽落とせるかな」

2020-02-20 (木) 12:01  艦これSS   0コメント  
1: ◆rbbm4ODkU. 2020/02/05(水) 03:08:08.89 ID:qK3o3GJF0

【R18アグラビティボーイズ】クリス・アーウィット「ダイヤモンドな友情」【男の娘♂】

2020-02-20 (木) 00:07  その他二次創作SS アグラビティボーイズ   0コメント  
1: ◆K1k1KYRick 2020/02/10(月) 00:08:43.21 ID:/xXSF+Ds0

※催眠H、男の娘コスプレ、アナル中出し、ごっくん、ちんぐり返し要素あり





α・ジャンブローの四人組に、またもや高次生命体からお土産感覚で荷物が送られた。

今回は催眠薬だという。案の定彼は大してサガたちの話も聞かずに適当に駄弁って消えた。

テーブルの上には怪しい薬瓶が置き土産として置いてある。

「……何て邪悪なものを置いていきやがった……!」

握り締めた拳を振り落とすサガに、ゲラルトも眼鏡を整えて同意を示す。

「ああ……今までで最悪の贈り物と言っていいだろう」

ババもうなづく中でただ一人、医者の立場でクリスは薬としての活用を提案する。

補充の目途が立たなければ船内の薬は有限であり、いつ薬不足の事態に陥るか分からないというのだ。

「とにかく、成分を調べて用法を遵守すれば問題は……」




【SS】妹でお嫁さんな五十嵐響子

2020-02-19 (水) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆x8ozAX/AOWSO 2020/02/05(水) 17:12:50.48 ID:zm72+V2G0


これはモバマスssです




2: ◆x8ozAX/AOWSO 2020/02/05(水) 17:19:26.57 ID:zm72+V2G0


響子「わぁ……思ってたより片付いてる……」

P「一体どんな部屋を想像してたんだ」

響子「男の人のお部屋って、もっと散らかってる物だと思ってましたっ」

P「残念だったな、単純に物が少ないんだよ」

部屋に入るなり、早速響子チェックが入る。

男性の部屋に入るのは初めてなのか、反応が非常に新鮮だ。

響子「これ、筋トレグッズですよね? プロデューサー鍛えてるんですかっ?」

P「筋トレグッズだけど鍛えてはいないぞ。友達に勧められて買ったは良いがただのインテリアになってる」

それと、と。

俺は一言、付け加える。

P「家ではプロデューサーじゃないだろ」

響子「あっ、そうでした……それじゃ、ええっと…………」

少し、照れた様に。

それでも満面の笑顔で、響子はお辞儀をした。

響子「これからよろしくお願いします、お兄ちゃんっ!」