高木さん「もしもわたしが転校したらどうする?」西片「えっ……?」

2021-07-31 (土) 12:01  その他二次創作SS からかい上手の高木さん   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/07/23(金) 21:35:40.38 ID:sp1eyNH5O

「西片、待った?」

振り返るとそこには高木さんが佇んでいて。
空から照りつける太陽の光を高木さんが着ている白いワンピースが反射して、眩しくて思わず目を細めてしまう。

「ううん……今来たとこ」

すんなりと受け答え出来るようになるためにはそれなりに場数を踏まなくてはならなくて、つまり夏休みが始まってから高木さんと毎日会っているのだけど、それでも見惚れてしまう自分が恥ずかしくて変な汗をかいた。

「今日も暑いねぇ」
「そうだね」

きっと、高木さんよりもずっと俺は熱があるに違いない。だって、頬が焼けそうだから。赤くなっているであろう顔面を見られないように先に歩き始める。早歩きにならないように気をつけながら、時折後ろを確認しつつ。

「西片、日に焼けたね」
「そうかな」

皮が剥けるほどではないけれど、毎日待ち合わせで先に来ていたから、それなりに日焼けしているかもしれない。すると、いきなり。

「日焼け、痛い?」
「……痛くないよ」

しっとりして柔らかい高木さんの手が腕を掴んできてそのまま離さずに隣を歩いている。
手を繋いだり腕を組んでいるわけでもないのに、触れられているだけで、ドキドキした。




八宮めぐる「今日も元気。明日はもっと元気」

2021-07-31 (土) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆K7qLUv4H.Lbp 2021/07/22(木) 11:17:53.32 ID:s71fn6wDO

「もうすぐだね、灯織ちゃん」

「う、うん……だ、大丈夫だよね?」

「何が…かな?」

「間違って……例えば社長とか……」

「だ、大丈夫だよ。ピーちゃん達に見張ってもらってるから」

「うぅ……」



バサバサバサバサ

「クルッポー」

「あ、きたみたいだよ!」

「う、うん……」




【ミリマスSS】環「あー!ことはがアイス食べてる!」

2021-07-30 (金) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆ivbWs9E0to 2021/07/22(木) 23:21:18.52 ID:vA4Yk6Fk0

アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
最近暑いのでアイス食べたくなりますね。




2: ◆ivbWs9E0to 2021/07/22(木) 23:22:11.15 ID:vA4Yk6Fk0

 
琴葉(暑い……)

ウィーン

店員「っしゃっせー」

琴葉(だからこそ、どんな季節も同じ室温のはずのコンビニがとても涼しく感じる……)

琴葉(劇場で台本読みをするだけだったから、適当に飲み物だけ買うつもりだったけど、これは……)

琴葉(これはっ、仕方ないこと……! 梅雨明け記念だから……!)
 




水谷香月「頑張れ、里山。私がついてるぞ」里山活樹「ああ」

2021-07-30 (金) 00:07  その他二次創作SS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/07/22(木) 00:04:16.73 ID:QC2+Cl8EO

里山活樹との出会いは極めて地味なもので、光葉高校を受験した際に同じ学校を受験していた彼が神社仏閣巡りが趣味だという祖母に貰ったお守りを落として、それを偶然拾ったことがきっかけだった。

すぐに落としたお守りを渡そうと思ったが、先述した通り神社仏閣巡り好きのお婆さんが大量に持たせたお守りが鞄から芋づる式に出てくるのを見て、そのまま貰うことにした。

あとから気づいたのだけど、そのお守りは何故か縁結びのお守りで、ご利益を実感した。

何はともあれ、無事にお互い志望校に合格して、里山活樹は私にとって気になる男子となり、地味な外見ながらおっちょこちょいな彼がよくウロチョロしているのを校内で見かけるたびに私は目で追ったりしていた。

多くの女生徒が気になる男子を目で追う意味合いとして、もちろん観察目的であることは言うまでもないが、身辺調査的な要素が含まれていることを私は実体験として理解した。

里山活樹の周囲には頭の悪そうな如何にもボクサー向きの男子生徒が居るだけで女っ気がまるでなく、どうやら彼はモテないらしい。

しかし、同じクラスの女子曰く、里山は。

『里山くんって、かわいい顔してるよね』

とのことで、たしかにわりとかわいい顔をしていると納得し、惹かれた理由を見つけた。




ジュン「そういうところだぞ、真紅」真紅「そういうところよ、ジュン」

2021-07-29 (木) 12:01  その他二次創作SS ローゼンメイデン   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/07/20(火) 22:18:13.51 ID:K4DOq/+3O

「ジュン、聞いて頂戴」
「なんだよ、改まって」

ついさっき花丸ハンバーグを平らげてご満悦だった真紅が、口の端にソースを付けたまま、何やら真面目な顔で語り始めた。

「私はあなたのお人形よ」
「それがどうしたんだよ」
「それなのに、どうして」

一拍おいて、真紅はじいっと目を見つめて。

「どうしてかわいいと言ってくれないの?」

なんのこっちゃと思いつつ、目を逸らした。

「かわいくないからだろ」
「私はかわいいわ」
「かわいくない」
「かわいい」

口の端にソースを付けながら意地を張る真紅はそれなりに可愛いけど認めたくなかった。




金髪(男の娘)「ねぇ〇〇〜、お金ちょうだい?」

2021-07-29 (木) 00:07  オリジナルSS   0コメント  
1: ◆lY1vT316OA 2021/07/18(日) 00:15:02.97 ID:hFI5ked+0


茶髪(男の娘)「早く財布だせよ」

黒髪(男の娘)「い、痛い目見たくねえだろ?」

……

金髪「おい、早くしろ――」

ガバッ

金髪「うわっ!?」

茶髪「金髪!?」

もみっ

金髪「ひゃ!?♡」ビクン♡

黒髪「な、なんだ!?」

もみもみもみもみっ

金髪「ちょ!?♡ ちんこ、も、揉むなっ!♡ あぅ!♡」

茶髪「は……え……?」

もみもみもみもみっ

金髪「やば♡ でるっ!♡ やめろ!♡ ああぁ!♡」プピュ♡ トプトプ♡

黒髪「……っ!」ダッ!

茶髪「黒髪!? どこ行くんだ!?」

金髪「茶髪!♡ 助けて!♡」ピュク♡ ピュプ♡

もみもみもみもみもみ

金髪「まって♡ いまだしてるからっ♡ や、やめろって♡ 茶髪!♡ は、はやくぅ!♡」

茶髪「ぇ……ぅ……」

もみもみもみもみもみ

金髪「でるっ♡ でるでるでる♡♡ あぅぅ!♡♡」ピュパ♡ ピュクッピュプ♡

茶髪「ご、ごめん金髪!!」ダッ!

金髪「おい!? ふざけんじゃ――」

もみもみもみもみもみ

金髪「ひゃああ!?♡♡」

金髪「ま、まって!♡ こんないっぺんにだしたことない!♡ こんなのしらない!♡♡」

金髪「またイくっ♡ ごめんなさい!♡ かつあげしようとしてごめんなさい!♡♡」

もみもみもみもみ

金髪「たしゅけて♡ イっちゃうから♡♡ おちんちんやめて♡♡」

金髪「イく♡♡ イくイくイくっ!♡♡♡」トピュッ♡ トパットパッ♡

金髪「これほんとヤバっ……!♡♡ だれでもいいかりゃっ!♡♡ おねがい――」




黒のリリス「六号……?」戦闘員六号「これからは俺がリリス様を守りますから」

2021-07-28 (水) 12:01  その他二次創作SS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/07/18(日) 20:36:45.92 ID:jLcWqk3bO

ようこそ『悪』の帷の内側へ。歓迎するよ。

まずは自己紹介からだ。僕の名前はリリス。
『黒のリリス』と言えば、お気づきだろう。
そう、僕こそが秘密結社キサラギの最高幹部にして人類最高の頭脳を持つ悪の科学者だ。

うん。生きたまま人体に改造手術を施し、数多の怪人や戦闘員たちを生み出した張本人。

その証に、世界最高額の賞金をかけられた僕は文字通り『世界最高の悪党』と言えよう。
ああ、怖がらなくてもいい。僕は科学者だ。

僕の行いは全て知的好奇心によるものであるが、そのついでに君達を救済してやろう。

病に侵されない丈夫な身体が欲しくないか?
何事にも屈しない、強靭な肉体はどうかね?
あるいは、理不尽な正義に抗う力はどうだ?

そんな君達の願いは今、叶う。
全てをこの僕に委ねるといい。
全身麻酔から醒めたその瞬間。

君は悪の組織の一員となれる。

さあ、改造手術を始めよう。
これで君は6番目の検体となる。
戦闘員六号。それが君の新たな名前だ。




裕美「私は」ほたる「ドジで」泰葉「強い」千鶴「つもり」

2021-07-28 (水) 00:11  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/07/16(金) 20:45:30.08 ID:nx2gSyyDO

裕美「さてと……準備はできたかな?」

ほたる「な、なんとか小麦粉の袋と玉子は割らずに持って来れました……」

千鶴(大丈夫かな……砂糖と塩を間違えたりとか」

ほたる「はぅ……」

千鶴「はっ、また私……口に出して……」

裕美「もう!二人共!今はそんは場合じゃないよ」

裕美「今からやることはわかってるよね?」

ほたる「えっと、明日の泰葉さんの誕生日に合わせて」

千鶴「みんなでメロンパンを作ること……だよね」

裕美「うん。さ、始めようか」



千鶴(でも大丈夫かな……今日に限ってみちるさんもかな子さん達もいないから、誰からも教わらずに作らないといけないし……」

千鶴「あ……え、えと……」

千鶴「また……声に出ていた?」

裕美「あは……あははは……」

ほたる「ふぇ……えと……」




【ミリマス】白石紬「ドッキリweak」

2021-07-25 (日) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆ncieeeEKk6 2021/07/17(土) 00:30:20.81 ID:PhW42Var0

17日なのでシアター17歳組のSS




2: ◆ncieeeEKk6 2021/07/17(土) 00:32:02.48 ID:PhW42Var0

【飼っている金魚がいきなり人間の言葉を話したら】

〜紬宅〜

白石紬「ただいま帰りました。今ご飯を用意しますね」

金魚「…………」

紬「あなたは本当に落ち着いていますね。Pにも見習っていただきたいものです。まったく、今日のあの人ときたら──」

金魚「まあまあ、そんなに責めないであげてください〜。Pさんもがんばっているんですよ〜」

紬「え……? な、何やら声はが聞こえるような……」

金魚「紬ちゃん、私です〜。紬ちゃんが飼っている金魚ですよ〜」

紬「!?」




貝木泥舟「竈門炭治郎? 誰だそいつは。知らん」

2021-07-25 (日) 00:07  その他二次創作SS 化物語   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/07/16(金) 20:52:53.31 ID:HHo7aQtFO

唐突ではあるが、出任せを語らせて貰おう。

日頃の行いのせいか、四六時中、嘘ばかりついていると思われがちな可哀想な俺であるがごく稀に、本当のことを口にする時がある。

俺が真実を口にする状況は限られており、周りが絶対に信じないような場合のみ、嘘みたいな本当の話をまるで嘘のように語るのだ。

たとえば今この時、俺が置かれている状況などは、まさにうってつけであると言えよう。

時は大正。場所は吉原遊廓。男と女の見栄と愛憎渦巻く夜の街。そんな嘘みたいな空間に俺は存在していて、ひとり酒を呷っていた。

遊廓という界隈がどのような場所で、どんなことをするところなのか気になったならば、両親に訊いてみるといい。近いうちに兄弟が増えるかも知れない。無論、真っ赤な嘘だ。

俺を呼び出したのは忌々しい臥煙伊豆子だ。
先程顔を見せたが奴は遊廓にも関わらず遊女の格好をしておらず、そのことに憤慨して思わず酒をかけて追い出そうとした俺に向かって、臥煙伊豆子は上司気取りでこう命じた。

「富岡義勇を一晩足止めして彼の命を救え。あとは余計なことをするな。わかったね?」

はて、余計なこととは、何のことだろうか。
賃金代わりのつもりか何人か部屋によこした遊女に「五月蝿い。黙れ。話しかけるな」と吐き捨てて追い出したのは余計だったのか。

しかし、安く見られては今後に支障を来す。
こう見えても俺は専門家であり、仕事をさせようものならば報酬はそれなりに高くつく。

遊廓から出る際、窓辺に佇む臥煙の視線を背中に感じながら、俺は仕事場へと向かった。