馬場このみ「同級生はプロデューサー」P「ん?」【ミリマスSS】

2019-12-08 (日) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆kBqQfBrAQE 2019/11/11(月) 21:25:51.76 ID:TSW5RMPM0


ミリマスSSです。
プロデューサーはP表記。

一応、続き物です。
(前作)
P「同級生はアイドルに」馬場このみ「ん?」

(あらすじ)
地元でクラスメートだったPちゃんと馬場このみさんが数年ぶりに再会し、このみさんはPちゃんが務める765プロのアイドルになりました。




【モバマス】「燻る心に火をつけて」

2019-12-07 (土) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/11(月) 19:54:17.40 ID:UdWl212k0

※ライブを見た感想を見て浮かんだネタ



ヒーローが好きだ。

毎週朝のヒーローの活躍が大好きで、楽しみで。

女の癖になんて関係ない、私はヒーローが大好きなんだ。

でも、それを言うことなんてできなくて。

スマホの向こうの誰かさんに飛ばす言葉は一つのいいねもつきやしない。

クラスメイトは服に恋、化粧にお菓子で全くわからなくて。

空虚に響く感想も、凄いと思った感情も、誰にも届かず消えていく。




それならこの感情を持つ意味なんて、ないじゃないか?




凄いって言っても、カッコいいって思っても。

誰にも伝わらない、届かない。

ましてや私はヒーローなんかになれっこない。

画面の向こうで生き生きと動くヒーロー達が、余りにも遠くて、心が軋んで、痛くて。

胸の奥が、とても冷たい。




「3」




桃華「スピンオフ、ですわ!」

2019-12-07 (土) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/11(月) 19:05:27.63 ID:7SzumPe/0

アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。

短め、書き溜めありです。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/11(月) 19:06:00.97 ID:7SzumPe/0

(ガチャッ)

桃華「皆さま、ごきげんようですわ!」

梨沙「あら桃華、おはよ」

桃華「梨沙さん!ごきげんようですわ!」

梨沙「はいはい、ご機嫌よ♪」

桃華「うふふ、梨沙さんはいつも……いつもお元気で…グスッ」

梨沙「ええっ!?イキナリ泣き出してどうしたのよ!?」




【ゆるゆり】京子「あかりにバブみー・・・?ないない!」

2019-12-07 (土) 00:07  その他二次創作SS ゆるゆり   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/10(日) 11:18:50.35 ID:tacmDh5K0

(ごらく部)


京子「みんなさ、バブみって知ってる?」

結衣「バブみ?」

ちなつ「何ですかそれ?」

あかり「あの、お風呂に入れるやつ?」




【艦これ】ガリバルディ「妙だな……」

2019-12-06 (金) 18:01  艦これSS   0コメント  
1: ◆ag9TZfREZs 2019/11/09(土) 14:03:38.83 ID:idayMRKc0

キャラ崩壊注意



出撃――



天龍「んー……この先は雨雲が広がってるな」

摩耶「おいおい、作戦以外で雨は勘弁だぜ」

天龍「だな」

天龍「進路を変更して、西側から回り込むぞ」

雷「はーい!」

電「了解なのです!」

ガリ「あ、ああ、了解」

ガリ「……」

ガリ(やっぱりおかしい……)




園田智代子「BLackはお好き?」

2019-12-06 (金) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/09(土) 10:33:32.62 ID:p0kC2C320

プロデューサーさんに好意がなかったと言えば嘘になるけれど、私のこの気持ちは甘い夢を見ていたようなもので。

チョコアイドルを名乗る身としては、甘いものが溶けてなくなるのも仕方ないと、意外なほどすんなり受け入れられた。

「努さん、俺……」

「部屋の外ではただの社長とプロデューサーだと言ったはずだが?」

「す、すいませ……むぐっ」

「……っ、は。まったく私も甘いな。行け、これ以上私を甘くするな」

「はい!」

事務所の社長室の前。

たまたま陰から見てしまった、プロデューサーさんと社長さんの濃厚なキスシーン。




【男の娘】パワプロ「あかつき大附属との合同文化祭で犬河が女装することになった」

2019-12-06 (金) 00:07  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/11/29(金) 12:30:32.52 ID:Sbi6OJxro

あかつき大付属と帝王実業の親睦を深めるために行われた合同文化祭。
野球部の出し物はあかつき大附属の伝統に則って喫茶店をすることになったのだが一つ問題点があった。

「なんで僕が女装しなきゃいけないんですか!」

部員の1人が女装をしなければならなかったのだ。




モバP「喜多見柚がアイドルである理由」

2019-12-05 (木) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆qEJgO2U6bM 2019/11/08(金) 23:24:00.98 ID:i9TlnLDLO

P「はい。…はい。承知しました。メール、確認しますね。ありがとうございます」

P「失礼します」

P「…ふぅ」

ちひろ「お疲れさまです。順調そうですね」

P「あ…コーヒー、ありがとうございます。…おかげさまで、また忙しくなりそうです」

ちひろ「今度のバラエティ番組の件ですよね?すっかり人気アイドルですね、柚ちゃん」

P「本当に」

P「…来月はバースデーライブもあるし、本当はあまり無理はさせたくないんですけど」

ちひろ「……」

ちひろ「私たちがフォローしてあげないとですね」

P「ええ」




卯月「プロデューサーさんの」凛「膝の」未央「うえ」

2019-12-05 (木) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆WO7BVrJPw2 2019/11/08(金) 19:51:19.45 ID:YHG8tFY30


――事務所

こずえ「ぷろでゅーさー。ここー、こずえすわるー」

モバP(以下P)「んー、いいぞ」

島村卯月「……」

――別の日

雪美「……ここ、座らせて」

P「んー、いいぞ」

渋谷凛「……」

――また別の日

薫「せんせー! ここ座りまー!」

P「んー、いいぞ」

本田未央「……」

---

凛「ねえ」

卯月「はい」

未央「うん」




【R18モバマス】三船美優「恋の罪も恋の罠も気付かないまま」

2019-12-05 (木) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆K1k1KYRick 2019/11/28(木) 06:12:44.77 ID:AA+fkC/q0


>>3P、中出し要素あり




2: ◆K1k1KYRick 2019/11/28(木) 06:13:27.65 ID:AA+fkC/q0

部屋に入ったあの時の光景は今も忘れられない。

むせ返るほどの性臭の籠ったそこでは、見知った二人の男女が裸で折り重なっていた。

一人はプロデューサーさん、逞しく盛り上がったあの美しい筋肉質の肉体は

灯りの下で汗を宝石のように光らせている。

その下に組み敷かれているのは川島瑞樹さんだ。

彼女とはデュオでデビューした時からの大切な友達であり、模範としていた先輩アイドルだった。

「あはぁ……♪ やぁっ……抜いちゃ、やぁ……♪」

瑞樹さんは甘ったるい声でプロデューサーさんの腰に長い脚を絡ませていた。

私の前で彼は十数回腰を打ち込み、組み伏した彼女を弓なりに悶えさせた。

やがて彼女は虚空を眺めながらピンと四肢を強張らせた後、脱力してベッドに白い体を沈ませた。

彼は少し身を震わせた後、上体を起こして腰を抜いた。

白い粘汁を纏った肉色の塊が彼女の恥部からぬるりと滑り出た。

それはすぐに四十五度まで兜を吊り上げ、湯気の立っている

ぽっかりと開いた彼女の膣穴を名残惜しそうに見下ろしていた。

私は言葉が継げないまま、ショックで立ち尽くしていた。