【神のみ×ガヴドロ】桂馬「僕は落とし神。天使さえもドロップアウトさせる神だ」

2017-05-28 (日) 20:01  その他二次創作SS 神のみぞ知るセカイ ガヴリールドロップアウト   0コメント  
1: ◆T98fjJVZhQMf 2017/05/18(木) 08:04:04.08 ID:sfl2JgBeo


桂馬「―――で、どうして僕の所に話が回ってくるんだ?」

ハクア「だから何度も言ったでしょ!? 悔しいけど、あんたとエルシィのコンビが一番成果を出してるし、上層部に信頼もされてるのよ!」

桂馬「答えになってないな。じゃ、僕は新作をプレイしないと」クルッ

エルシィ「お話くらい聞いてあげましょうよぉ、神にーさまぁ!」ダキッ

桂馬「ええい、このバグ魔どもが! だいたいなんだ!? 重要案件は僕に一任するってそれ組織としてどうなんだよ地獄!」

ハクア「こっちにも色々と事情があるの! 今回は舞島から舞天までちゃんと交通費も出るから!」

桂馬「まあわかるよ。悪魔が居るんだから天使も居るんだろうというのは別にゲーマーじゃなくても想像はつく」

桂馬「そんな天使たちの中に、人間界に紛れ込んでなんらかの活動をしている奴がいても設定に無理はない」

エルシィ「じゃあ!」パァァ

桂馬「だけどな、だからってなんで……」

桂馬「天使に駆け魂が入るんだよーーっ!?」




サターニャ「ねぇガブリール」 ガヴ「違う」

2017-05-27 (土) 22:01  その他二次創作SS ガヴリールドロップアウト   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 01:07:23.37 ID:Kgp2pJu/0


-廊下-



サターニャ「え?」

ガヴ「私はガブリールじゃない。ガヴリールだ」

サターニャ「……」



サターニャ「え、いや、何が違うの?」

ガヴ「全然違うだろ。ガ『ブ』リールとガ『ヴ』リールだぞ」

サターニャ「???」

ガヴ「……まさかお前、今までずっと勘違いしてたのか?」

サターニャ「勘違いも何も、違いが分からないんだけど」




サターニャ 「あれ、もしかして……」

2017-05-26 (金) 22:01  その他二次創作SS ガヴリールドロップアウト   0コメント  
1: ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/15(月) 15:22:34.47 ID:+uQBnYJc0

サターニャ (ラフィエルっていつも私にちょっかい出してくるけど、よく考えたらどうでもいい相手に普通はそこまで絡んだりしないわよね)

サターニャ (ラフィエルって上部では誰にでも愛想が良さそうだけど、それはあくまで自分の居場所を確保する手段の一つみたいな感じだろうし)

サターニャ (じゃあなんで私には所構わずちょっかい出してくるのかしら……まさか……)

ラフィエル「あれ、サターニャさんボーッとしてますけど、もしや寝不足ですか?」ニコニコ




サターニャ「正義の大悪魔、デビルズ仮面参上!」

2017-05-26 (金) 15:01  その他二次創作SS ガヴリールドロップアウト   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:04:54.97 ID:pE69QvKVo

『あれは 誰だ 誰だ♪』

『悪魔の力~♪ 』



サターニャ「か、カッコいいぃぃ……!」

サターニャ「正義の悪魔……悪くないわね!!」

サターニャ「私もこんな悪魔になりたい!!!」

サターニャ「でも私女だし…そうだ!魔界通販で買った仮面で…」スポッ

サターニャ「良いわね!今日から私は正義の大悪魔、デビルズ仮面よ!!」




「ヴィーネ……キスして」

2017-05-23 (火) 18:01  その他二次創作SS ガヴリールドロップアウト   0コメント  
1: ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/12(金) 14:48:09.90 ID:m98lnMJY0

私のその言葉にヴィーネは顔を赤くして戸惑っていた。

◇◇◇

今日は休日、月曜日の提出に間に合うようヴィーネに宿題を見せてもらおうと部屋にお邪魔したんだ。

季節は夏、殺意のこもった太陽の日差しが降り注ぐ外とは違い、この家はクーラーによって快適な温度に保たれている。
控えめに言って最高だ。

「はぁ、天国ってヴィーネの部屋にあったんだな」

「クーラーつけてるだけで絶賛ね」




ガヴ「ゼルエル姉さんからLINEがきたんだけど……」

2017-05-21 (日) 20:01  その他二次創作SS ガヴリールドロップアウト   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 00:22:53.75 ID:q6rrChiJ0


~ガヴの家~



ガヴ「………」カタカタ


ガヴ「お、やっと落としたか。ったく泥率低すぎだっつーの」カタカタ


ピローン♪


ガヴ「ん……?lineか」


ガヴ「ま、どうせサターニャだし無視するか」


ガヴ「………」カタカタ ピタッ


ガヴ「………いや待てよ。ヴィーネの可能性もあるな。明日何かあったっけ?」


ガヴ「一応確認するか……」ポチポチ




「サターニャって私のこと好きなの?」

2017-05-20 (土) 20:01  その他二次創作SS ガヴリールドロップアウト   0コメント  
1: ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/09(火) 01:54:29.84 ID:Q2WtBCkM0

昼休み。いつもの教室。
例によってサターニャが勝負を挑んできたので、私は呆れた顔で言った。
もちろん冗談のつもりで、ただそう言えばサターニャが勝手に恥ずかしがって引いてくれるだろうと予想していたんだ。

だけど

「うん、好きよ」

サターニャは出会ってから今まで私に一度も見せたことのない真剣そうな顔をしていた。




ガヴリール「サターニャ、好きです!」

2017-05-16 (火) 15:01  その他二次創作SS ガヴリールドロップアウト   0コメント  
1: か ◆aDRXZRX9R2 2017/05/05(金) 15:10:43.51 ID:QLvvP3vjo

「好きです」

 なんて言葉が私の口から出てくるとは。
 放課後、校舎裏。天使と悪魔が一人ずつ。

 ドキドキが止まらない。
 あいつの顔が見られない。
 私の顔を見せたくない。

 あいつが口を開いた。

「ごめん」
「あんたのことは好きだけど……」
「そういう目では見てなかったっていうか」
「でもこれからも友達でいましょう」

 これが私の最初の失恋。




サターニャ「悪魔的行為をしてやるわ!」

2017-05-16 (火) 07:01  その他二次創作SS ガヴリールドロップアウト   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/04(木) 22:24:24.00 ID:TsdvToGN0



サターニャ「最近のガヴリールは、少し私を馬鹿にしすぎな気がする……」

サターニャ「だからあいつに悪魔的行為をして、私が大悪魔だということを思い知らせてやるわ!」

サターニャ「クックック……待ってなさいガヴリール。今日があんたの命日よ!」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




ガヴ「……」ギュゥゥ ヴィーネ「……ガヴ?」

2017-05-13 (土) 12:01  その他二次創作SS ガヴリールドロップアウト   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:05:44.51 ID:lcr4n9k40


-ヴィーネ宅-


ガヴ「……」ギュゥゥ

ヴィーネ「どうしたの?急に抱きついてきたりして……」

ガヴ「……」

ヴィーネ「……ガヴ?」

ガヴ「……」



ガヴ「……この前」

ヴィーネ「え?」

ガヴ「この前、ネットで見かけたんだ」

ヴィーネ「……何を?」

ガヴ「……ハグには、リラックス効果があるって」ギュッ

ヴィーネ「え?」