ミーナ「お邪魔しま~す」

2017-08-22 (火) 07:01  その他二次創作SS ストライクウィッチーズ   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 20:58:58.24 ID:IAFYoX3s0


―扶桑―


芳佳「えへへ~....ようこそ宮藤診療所へ」

ミーナ「なんだかとても不思議な感じね~」

芳佳「はい!ミーナ中佐がわざわざ扶桑まで来て私の家に来てくれるなんて」

ミーナ「自然豊かでとても落ち着くところだと思うわ」

芳佳「あ、ありがとうございます....ただの田舎なんですけどね....アハハ」

ミーナ「でものんびりしてて過ごしやすいんじゃないかしら?」

芳佳「そうかもしれませんね」

芳佳「そういえば坂本さんとは会ったんですか?」




坂本「扶桑の焼き鳥を紹介する」

2017-02-23 (木) 12:01  その他二次創作SS ストライクウィッチーズ   2コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/03(土) 22:45:05.16 ID:qdmYZmVD0


坂本「よし、皆揃ったな........今日はお前たちに扶桑の焼き鳥をこの私が振舞ってやるぞ」

芳佳「坂本さん焼き鳥なんて焼けるんですね!」

坂本「ああ!まかせろ!」

ペリーヌ「少佐の作ったお料理が食べれるんですの!?」

坂本「楽しみにしてくれ~」

リーネ「芳佳ちゃん、焼き鳥って何?」ボソボソ

芳佳「えっとね、簡単に言うと串に色々な部位の鶏肉を刺して焼いたものかな?」ボソボソ

リーネ「へぇ~、ありがとう芳佳ちゃん!(ケバブみたいな感じなのかな)」




ルッキーニ「親愛なるミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ中佐へ」

2016-12-13 (火) 18:01  その他二次創作SS ストライクウィッチーズ   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 13:30:21.55 ID:PtMayXE+O

~2月末~

坂本「宮藤!リーネ!ペースが落ちてきてるぞ!」

宮藤「はぁはぁっ」

リーネ「も、もう限界」


ドダタッ


宮藤「うわぁあああ」ドテッ

リーネ「ごめん芳佳ちゃん」

坂本「全く、仕方のない奴らだ。今日はここまでにするか」

芳佳「よかった~」ボソ

坂本「ん?なんか言ったか?」

芳佳「い、いえ、、なんでもないです!!」




【ストパン】 芳佳・リーネ「サラダチキンを使ってスパゲティーを作ります!」

2016-12-09 (金) 18:01  その他二次創作SS ストライクウィッチーズ   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 11:34:14.80 ID:g01IjR9a0


~501基地~

芳佳「ん~、もうこんな時間!?朝ご飯の仕度しなくちゃ!」

芳佳「リーネちゃん、起きて~」モミモミ

リーネ「よ、芳佳ちゃん、、、、、」

芳佳「リーネちゃん、はやく朝ご飯の仕度しないとまずいよ!!」

リーネ「ほんとだ!ごめんね芳佳ちゃん、私すぐ追いかけるから先行ってて!」

芳佳「わかった!」タタタッ




バルクホルン「 I have a 芳佳♪ 」「 I have a バルクホルン♪ 」 フリフリフリフリ

2016-11-13 (日) 00:07  その他二次創作SS ストライクウィッチーズ   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/09(水) 00:28:04.33 ID:Z95pwsmk0

■■談話室■■


バルクホルン「 アァ! 芳佳・バルクホル~ン♪」クルッ

(何と・・・いとも簡単に芳佳を我が妹に出来てしまったぞ)ワナワナ

(凄い・・・凄すぎだ!天才的だ! コレで全てが解決可能だ!)


エーリカ「 ・・・。 」


シャーリー・ルッキーニ「アッハッハッハッハ」 




ルッキーニ「にゃ…? 少佐ってきのう誕生日だったの?」

2016-09-09 (金) 07:01  その他二次創作SS ストライクウィッチーズ   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 17:56:55.28 ID:03HCGJzfO

 
ルッキーニ「ふーん」

ペリーヌ「あぁ……本当でしたらわたくしから御祝いと感謝の気持ちを是非ともお届けしたかったのに…」モンモン


ルッキーニ「…? 言えばよかったじゃん、“おめでと”って」

ペリーヌ「はぁ~~。無神経な貴方には解りっこありませんわね…」

ルッキーニ「なにそれ? 少佐は誕生日嫌いなの?? 芳佳とサーニャのお祝いは一緒にやったじゃん」

ペリーヌ「……もういいですわ。とにかく、用事が済んだのならとっととお帰りなさいな」ガク

ルッキーニ「うん。ありがとペリーヌー」スタタ


ペリーヌ「いい加減、寝癖の手入れくらい自分でやりなさいな。わたくしもそう毎日手が空いてる訳ではありませんわよー!?」


――――
――




宮藤芳佳「人を怒らせる方法?」

2015-11-15 (日) 21:01  その他二次創作SS ストライクウィッチーズ   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 10:11:50.83 ID:YmhuN4Vz0

宮藤「この“人を怒らせる方法”っていう番組面白いな~」

宮藤「中澤くんで思わず吹き出しちゃったよぉ」

宮藤「501のみんなにやってみよっかな」

宮藤「でも怒られるの怖いなあ。動画の中の上司の人、心広すぎだよぉ。坂本さんとかにウィスパーやったら斬られそうだよ」

宮藤「手始めにリーネちゃんから何か試してみよっかな」



”人を怒らせる方法”を観てから読むことをおすすめします




相良宗介「駆け抜けるフルメタル・ストライク・ウィッチーズ」

2015-08-27 (木) 21:01  その他二次創作SS フルメタル・パニック! ストライクウィッチーズ   2コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 21:18:16.77 ID:SPrZEycQo

北大西洋 某所 デ・ダナン 発令所

マデューカス「そろそろです、艦長」

テッサ「ええ。良い頃合いですね」

マオ『こちらウルズ2。目標に到達』

クルツ『こちらウルズ6。所定の位置についたぜ』

宗介『こちらウルズ7。いつでも行ける。合図をくれ、ウルズ2』

マオ『了解。っていうわけだけど?』

テッサ「よろしい。作戦を開始します」

マオ『作戦開始だ。派手にいくよ!』

クルツ『ヤッホー!! まずはズドンといくぜぇ!!』

宗介『ウルズ7、突入する』

カリーニン「情報通りなら、あの施設には……」

テッサ「ええ。捕えられてるウィスパードがいるはず。必ず、助け出さなくてはいけません」

カリーニン「勿論です。それに彼らなら失敗はないでしょう」

テッサ「そこは全くもって心配していませんよ、カリーニンさん」




バルクホルン「くっ!殺せぇ!」シャーリー「うわぁ……」

2015-05-31 (日) 21:01  その他二次創作SS ストライクウィッチーズ   0コメント  
1: ◆1OLuRH9.aA 2015/05/20(水) 14:53:11.56 ID:ZAR1Y1/l0


坂本美緒の部屋


シャーリー「とりあえず手首を縛って両腕もですね。足はどうします?」

坂本「万が一、ネウロイが来た場合に迅速に行動できるように足の自由は残しておこう。椅子に座らず地面に倒れてくれ」

バルクホルン「了解した。でははじめていいか?」

坂本「時計が20をさしたらだ…よしいいぞ」




バルクホルン「……何をしているんだ?」 ルッキーニ「ソリティアだよ」

2015-05-18 (月) 18:01  その他二次創作SS ストライクウィッチーズ   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 12:14:13.58 ID:1GPmN6UDO

 
ルッキーニ「うじゅ~…」ペラ

バルクホルン「……」




天気も良くネウロイ襲撃の気配もない、何となく平和な日だった。

私は喉の渇きを潤そうと寄った台所で、ひとりトランプカードを広げているルッキーニ少尉を見つけた。

訓練はどうしたとか待機任務は遊び時間じゃないとか、そもそもダイニングテーブルを遊戯台にするなとか……毎度の通り色々と言いたい事はあったが、この平和な日和のせいかその時の私は彼女をなんとなく静観してみる事にしたのだ。




バルクホルン「……(ひとりで遊んでいるのか。 …そういえばシャーリーの奴は宮藤達と買出しに出ているんだったな)」スタスタ

ルッキーニ「やた! 赤の4!」

バルクホルン「……(あの並びと山札に場外スペース、…フリーセル形式か?)」ガタ

ルッキーニ「らくしょ~♪」ピラ