【バンドリ】ポピパの3人は取り込み中【SS】

2018-09-17 (月) 07:01  その他二次創作SS バンドリ!   0コメント  
1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)09:40:40 ID:RlO


※キャラ崩壊してます

 軽く百合してます

りみりんは傷心中 』と同じ世界の話です




【バンドリ】千聖さんは慕われたい【SS】

2018-09-16 (日) 07:01  その他二次創作SS バンドリ!   0コメント  
1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)16:39:43 ID:BxQ


※キャラ崩壊してます
 
 ちょっと百合してます




2: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)16:40:44 ID:BxQ


――花咲川女子学園 中庭――

白鷺千聖「…………」

千聖「はぁ……」

丸山彩「あれ? おーい、千聖ちゃーん!」

千聖「あら、彩ちゃん」

彩「どうしたの、ベンチでため息なんて吐いて?」

千聖「ちょっと考えごとをしてたのよ」

彩「なにか悩みごと?」

千聖「……まぁ、そうね。悩みと言えば悩みかしらね」

彩「そっか。隣、座るね」

千聖「ええ」

彩「それで、何に悩んでたの?」

千聖「……別に無理に聞かなくたっていいのよ、彩ちゃん」

彩「千聖ちゃんが放課後のベンチで黄昏てたら放っておけないよ。それにパスパレのみんなの悩みは私の悩みみたいなものだもん」

彩「だからさ、話せることなら聞かせて欲しいなって思うんだ」




【バンドリ】ゆるふわしてる珈琲店【SS】

2018-08-16 (木) 21:01  その他二次創作SS バンドリ!   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/05(日) 10:15:09.02 ID:5HOy4aDp0


※キャラ崩壊してます




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/05(日) 10:15:37.64 ID:5HOy4aDp0


――羽沢珈琲店――

羽沢つぐみ「どうですか、私が淹れた珈琲……」

若宮イヴ「…………」

松原花音「…………」

つぐみ「…………」

イヴ「……とても美味しいと思います!」

つぐみ「ほんと!?」

花音「うん。香りも良いし、あんまり珈琲は飲まない私でもすごく飲みやすいな」

花音「つぐみちゃん、上手になったね」

つぐみ「え、えへへ……そう言ってもらえると毎日お母さんと頑張った甲斐があります」

イヴ「これぞ日々の鍛錬のタマモノ、ですね!」

花音「ふふっ。そうだね、イヴちゃん」





【バンドリ】奥沢美咲「ちょっと話を聞いてほしい」市ヶ谷有咲「ん?」

2018-07-26 (木) 21:01  その他二次創作SS バンドリ!   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 09:22:35.86 ID:oXTXDiDq0


※キャラ崩壊してます




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 09:24:08.30 ID:oXTXDiDq0


――ファーストフード店――

市ヶ谷有咲「話って?」

奥沢美咲「罪悪感がヤバい」

有咲「はぁ?」

美咲「こころにキレちゃって罪悪感がヤバい」

有咲「……奥沢さんが弦巻さんにキレるってよっぽどだな。何かあったのか?」

美咲「うん、アレね、今日のお昼休みのことなんだけどさ」

美咲「知ってると思うけど、あたし、よくこころと2人でお昼ご飯食べてるんだ」

美咲「でさ、ここ1ヵ月はこころが毎日お弁当を作って来てくれてて」

美咲「それがまた美味しくてさ、あたしもそれを楽しみに日々を生きているって部分があるんだよね」

有咲「ふーん」

有咲(なんだいつものノロケか。話半分に聞こ)

美咲「でも今日は違ったんだよ」

美咲「あろうことかね、お弁当にパクチーが入ってたんだ」

美咲「もうキレたね。久しぶりにキレちゃったよ」

美咲「あたしがパクチー嫌いだって知ってるのに入ってるんだもん」




【バンドリ】ひまり「みんなで飲み会」

2018-07-12 (木) 07:01  その他二次創作SS バンドリ!   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 02:25:07.88 ID:n0iON9Pe0


※キャラ崩壊注意

※何でも許せる人向け

まったりやってきます。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 02:26:40.36 ID:n0iON9Pe0



~居酒屋~

上原ひまり「ん~みんなまだかな~」

みなさんこんにちは上原ひまりです。高校を卒業して早二年、今や私も花の女子大生! 今日はアフターグロウのメンバーと久しぶりの飲み会なんですけど……。

ひまり「リーダーを待たせるとは……。まったく、リーダーに対する敬意が足りないよ!」

まあ、連絡は貰ってるんですけどね。―――おっ、連絡だ『ついたよ!』か。

「ごめん! おまたせ! ひまりちゃん!」

この鈴を転がすような声は―――

ひまり「久しぶりだね! つぐ!」

羽沢つぐみ「久しぶり! あれ? みんなまだ着いてなかったんだ」

ひまり「モカが遅刻して蘭と一緒に来るって、あと巴は電車寝過ごしたみたい……」

つぐみ「あはは……。巴ちゃんらしいや」

久しぶりにあったつぐはなんだか大人びていました。つぐ……絶対モテモテだろうなぁ。

ひまり「つぐは彼氏とかできたの~?」

つぐみ「えっえええええ!? いやいや、か、彼氏なんてまだ早いよ……」

これはモテますね。まあ変な虫がつくようならアフターグロウ総出で潰すけど。





【バンドリ】おたえと別れ話をする話

2018-07-10 (火) 07:01  その他二次創作SS バンドリ!   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 11:15:22.55 ID:sSgW6r690


※キャラ崩壊してます

  戸山香澄「沙綾とデートしてる気分になれるCD」 と同じ世界の話です




【バンドリ】湊友希那「にゃーんちゃん、にゃーん」

2018-06-30 (土) 00:07  その他二次創作SS バンドリ!   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/10(日) 11:29:48.48 ID:W3NTtEvY0


※キャラ崩壊してます。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/10(日) 11:30:54.17 ID:W3NTtEvY0


――花咲川女子学園 中庭――

戸山香澄「ふぅー今日も学校疲れた~! ねぇねぇ有咲、寄り道して何か食べてかない?」

市ヶ谷有咲「またかよ。最近毎日買い食いして帰ってねーか、お前。太るぞ」

香澄「えー大丈夫だよ~! その分しっかりギターの練習して、あと朝とかたまに走って学校に来てるし!」

有咲「それ寝坊して遅刻しかけてるだけだろ……」

香澄「あはは~、バレた? って、あれ……」

有咲「あん? どうしたんだよ」

湊友希那「…………」

香澄「やっぱり友希那先輩だ。おーい、友希那せんぱーい!」

有咲「ちょ、おまっ……」

友希那「……あら? 戸山さんに市ヶ谷さん」

香澄「こんにちはっ、友希那先輩」

有咲「ど、どうも~……」

友希那「ええ、こんにちは」

香澄「珍しいですね、友希那先輩が花女に来るなんて! 何かあったんですか?」

友希那「ええ、ちょっと燐子に用事があるのよ」

有咲「…………」

香澄「ん? 有咲、どうかしたの?」

有咲「べ、別に……」

有咲(……友希那先輩って苦手なんだよなぁ。ポピパの練習見てもらった時ほどじゃないけど、あの射抜いてくるような視線がなぁ……)

有咲(猫好きなとこがあるとか意外な一面は知ってるけど、やっぱ怖ぇんだよなぁ)




【バンドリ】羽沢さんの懺悔室

2018-06-28 (木) 12:01  その他二次創作SS バンドリ!   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/07(木) 08:03:11.64 ID:rpOJnS4j0


※地の文があります。

 少し百合百合してます。

 羽丘女子学園の生徒会長に勝手なキャラ付けをしています。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/07(木) 08:04:21.78 ID:rpOJnS4j0


「はぁ……」

 薄暗く少し埃臭い教室の一角で、私は一人ため息を吐き出した。

 耳を澄ますと、窓の外から微かな喧騒が聞こえてくる。今日は羽丘女子学園の文化祭だ。きっとここの生徒や外部からのお客さんが大いに楽しんでいることだろう。

 だというのにどうして私は人気のない教室に――羽丘女子学園の敷地の中でも外れの方、今はほとんど使われていない古い校舎の最上階の教室にいるんだろうか。しかも、四方をペニヤ板の壁に覆われた個室のような空間の中に。

 ここへやってきてから約二十分。どうにも誰も来なさそうな雰囲気だ。手持無沙汰の私は発端の出来事を回想する。


――――――――――――




【バンドリ】湊友希那「バンドやらない?」美竹蘭「……は?」

2018-06-03 (日) 18:01  その他二次創作SS バンドリ!   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/14(月) 08:43:28.45 ID:EZCEfSpa0


――羽丘女子学園 中庭――

美竹蘭(友達とはどういうものだったか)

蘭(きっとそれはどうでもいいことで笑い合えたり、お互いのことをよく知っていて、突然のお願いとかも簡単に了承できるとか、そういう関係だと思う)

蘭(気の置けない仲で、だからこそたまにぶつかり合ったりして、でもすぐに仲直りして、また笑い合える。一種の信頼関係だろう)

蘭(少なくともあたしはそう考えている)

蘭(ただ、今目の前にいる人物とはそういう関係ではないと思うから、あたしに放たれた言葉がすんなりと頭に入ってこなかった)

湊友希那「聞こえなかったかしら? バンドをやらないか、と言ったのよ」

蘭「いや、聞こえてますよ。聞こえた上で思ってるんです。『何言ってるんだこの人』って」

友希那「あら、随分な言葉ね」

蘭(湊さんはそう言うと、『やれやれ』というニュアンスの入ったため息を吐きだしていた)

蘭「大体、バンドをやらないかって……もうやってるじゃん、あたしも湊さんも」

友希那「そうね」

蘭「そうねって……」

蘭(明らかに言葉足らずな返事に少しだけいらつく。アフターグロウのみんなならその言葉だけで大体のことは伝わるし、それなりに付き合いがある友達なら何となく意図が汲めないこともない)

蘭(ただ、もう一度言うけれど、湊さんとはそういう関係ではない。だからあたしに何が言いたいのかさっぱり分からなかった)

蘭「わざわざ中庭にまで呼び出して、話はそれだけですか?」

友希那「そうよ」

蘭「分かりました。それじゃ、あたしはもう教室に戻りますので」

友希那「まだ返事をもらってないわよ」

蘭「察してくださいよ。あたしはやりませんからね」




【バンドリ】紗夜さんはめんどくさい【SS】

2018-04-28 (土) 07:01  その他二次創作SS バンドリ!   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/11(水) 03:46:18.73 ID:6Qb3sXdf0


※キャラ崩壊してます




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/11(水) 03:46:56.94 ID:6Qb3sXdf0


――朝 恋人のアパートの前――

氷川紗夜「…………」ピンポーン

紗夜「…………」

紗夜「…………」

紗夜「…………」ピンポーンピンポーンピンポーン

――ガチャ

紗夜「おはようございます」

紗夜「はい? どうしてここにいるか、ですか?」

紗夜「恋人の家に赴いて、一緒に学校へ行く。何かおかしいことでもありますか?」

紗夜「時間? 今は……朝の6時半ですね。それが何か?」

紗夜「早すぎる……そうでしょうか。そんなことはないと思います」

紗夜「ところで、あなたはまだ準備も何も済んでいないようですね。ええ、その寝ぐせのついた頭と寝間着姿を見れば分かります」

紗夜「上がりますね」

紗夜「なぜって……早く準備をしないと遅刻しますよ」

紗夜「ただでさえ、あなたは1人暮らしだからと怠けている姿が目立つのです」

紗夜「ですから私がこうしてわざわざあなたの家にまでやってきて、準備を手伝おうとしているんです」

紗夜「感謝こそされど、非難をされる謂れはありません」

紗夜「分かって頂けましたか?」

紗夜「……はい。それではお邪魔します」

紗夜「部屋の中は……ちゃんと綺麗にしているようですね」

紗夜「ええ、ちゃんと私が言った通りにしているようで安心しました」

紗夜「さぁ、早く着替えて、顔を洗ってきてください。その間に私は朝ご飯の支度をしておきますから」

紗夜「……何をそんなキョトンとしているんですか?」

紗夜「恋人のために手料理を振舞うのは当然のことではないでしょうか」

紗夜「大丈夫です。食材はきちんと持参してきましたから。台所だってもう勝手は知っています」

紗夜「遅刻しますよ。早く準備をしてきてください」

紗夜「まったく……仕方のない人ですね」


……………………