コッコロ「動物化の罠、ですか……?」 キャル「にゃお~ん♪」

2019-06-23 (日) 18:01  その他二次創作SS プリンセスコネクト   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/12(水) 00:28:50.70 ID:xJmtanq/0

キャル「にゃお~ん……♪」

コッコロ「……」

キャル「ふしゃーっ!」

コッコロ「ペコリーヌさま……? これはいったい……」

ペコリーヌ「街で猫化の罠を踏んじゃったんですよ~……」

コッコロ「はあ……えぇっと、街で……?」

ペコリーヌ「どうも怪しげな罠を仕掛けて回っている人がいるらしくてですね?」

コッコロ「しかしペコリーヌさま……。猫化とは言ってもこれは……。どう見てもにゃあと鳴くだけのキャルさまでございますが……」

キャル「ふみゃぁっ!」

コッコロ「あぁっ……! 痛いですキャルさま……! ガリガリしないでくださいまし……!」

ペコリーヌ「キャルちゃんの魔法耐性のおかげで、中身とニオイだけ猫ちゃんになっちゃったんですよ」

コッコロ「そんな適当な……。キャルさまはもともと猫の獣人ではないですか。それに……ニオイとは……?」

ペコリーヌ「クンクンしてみたら分かりますよ! 猫ちゃんのニオイですから!」

コッコロ「な、なんと申し上げればよいのやら……。困りましたね……」




キャル「……」ペラッ ペコリーヌ「じー……」

2019-06-20 (木) 18:01  その他二次創作SS プリンセスコネクト   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/07(金) 22:45:27.52 ID:RboYLDbb0

キャル「……」ペラッ

ペコリーヌ「キャルちゃんキャルちゃん」

キャル「んー?」ペラッ

ペコリーヌ「お腹空きません?」

キャル「んー」ペラッ

ペコリーヌ「お茶にしましょうか♪ おいしいお菓子があるんですよ~♪」

キャル「んー」ペラッ




【プリコネR】ノゾミの体に淫紋が刻まれる話

2019-02-10 (日) 18:01  その他二次創作SS プリンセスコネクト   0コメント  
1: ◆yNuKsgEQofry 2019/02/05(火) 13:05:04.53 ID:G+JwjJoU0

ノゾミ「あっ、遅いよユウキ君!」

ユウキ「ごめん、それにしても早いね」


ある日のお昼前、僕はノゾミとランドソルのはずれにある森の前で待ち合わせをしていた

この森を今から二人で冒険するのだ

ノゾミが久々のオフということで、1ケ月前程前から計画していた

僕はノゾミが指定した時間とほぼピッタリに到着したはずだが、彼女は既に待ち合わせ場所で待機していたようだ


ノゾミ「だって、折角のオフだしキミとも久々に遊ぶから、少しでも早く会いたくって」


顔を赤らめながら言うノゾミは、アイドルではなく普通の女の子モードだ

普段ステージで輝いている姿とはまた違ったノゾミに、自然とこちらも頬が緩んだ


ユウキ「それなら、早速出発しようか。僕もノゾミといる時間は大切にしたいから」

ノゾミ「うん!行こう!」


何の気も無しにノゾミは僕の手を取って歩き出した

ノゾミは焦ったり照れていると僕の手を取って歩き出す癖がある

そこまで嬉しがってくれるのは僕としても同じく嬉しい

僕に比べれば少し小さい、だが柔らかいその感触を楽しみつつ、同じく歩き出した




【プリコネR】ノゾミ「私が深夜に徘徊してる?」

2019-01-14 (月) 12:01  その他二次創作SS プリンセスコネクト   0コメント  
1: ◆3zicXuP.Gvsl 2019/01/10(木) 03:14:11.28 ID:uthRXowYO

注意事項

プリコネRのSS

騎士君そこそこの知能あります

名前はデフォルトネームの「ユウキ」です

地の文有り




【プリコネR】主人公逆レ○プ!野獣と化したアイドル【R-18 SS】

2018-09-28 (金) 18:01  その他二次創作SS プリンセスコネクト   0コメント  
1: ◆3zicXuP.Gvsl 2018/09/09(日)04:18:11 ID:p7b

(タイトル思いつかなかっただけで淫夢要素は)ないです。

エロ要素はありますあります




2: ◆3zicXuP.Gvsl 2018/09/09(日)04:18:44 ID:p7b

最初はただの興味本意だった


自分を知らない人がいるだなんて滅多になかったし、知った後でも一人の女の子として傍に居てくれる人なんて初めてだったから


だから、私が彼に異性として好意を寄せるのにはそう時間はかからなかった


でも、同時に辛くもあった


アイドルという自分の夢と、一人の男性を選ぶということは相反するからだ


それに、彼が私が好きかどうかというのは全く分からない


もしも彼がアイドルとしての自分を応援してくれているだけで、異性としてとは別だったとしたら


恐らく私は立ち直れない


そう、ある意味で答えは出ているのだ


アイドルではなくなっても、彼さえいてくれれば私はそれでいいのだ


それでも未練がましく両方にすがり付いているのが今の私


だけど、一番いいのは、この状態を維持していくこと




草野優衣「騎士くんがお泊りに来る!」

2018-09-24 (月) 00:07  その他二次創作SS プリンセスコネクト   0コメント  
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/21(金) 23:33:34 ID:acap8H5I

プリンセスコネクトRe:Dive、というスマホゲームのSSです。
以前前作を原作にしたものを別の掲示板に書いています。

よろしくお願いします。




2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/21(金) 23:34:52 ID:acap8H5I

ある日、草野優衣は悩んでいた……


草野優衣「うーん……」

安芸真琴「どうしたんだ、優衣?」

優衣「真琴ちゃん、実はね……今度騎士くんが私の家にお泊りに来るの」

真琴「は、はぁぁぁーー!? マジかよ、なんでいきなりそんなことが」

優衣「実はね、この間実家のお店で働いていた従業員の1人が飲酒運転して人を轢いたけど、停車しないでその場から立ち去って逮捕されちゃったの」

真琴「おい待て、それすげー大問題だよな!?」

優衣「それでね、一応うちのお店の従業員がしちゃったことだから、何かお詫びをしたいって私が言い出して、そしたらお母さんが自宅に招いておもてなしをしようってことになったの」

真琴「はぁ!? それって轢かれたのアイツってことかよ!?」

優衣「うん。幸いにもかすり傷程度で済んだけど」

真琴「よくかすり傷で済んだな」

優衣「で、どうやっておもてなししようか悩んでいてね」

真琴「なるほど……あいつ、優衣の家に泊まるんだよな」

優衣「うん」