【SS】童話少女野崎くん~金の斧、銀の斧編~

2018-05-13 (日) 07:01  その他二次創作SS 月刊少女野崎くん   0コメント  
1: ◆LYNKFR8PTk 2018/04/21(土) 20:00:55.07 ID:EFfYCkx/0

ケース1

瀬尾「やっべー、ボール躱された所為で遠くまで行っちゃった」

瀬尾「ここら辺まで飛んで来たはずなんだけどなー……」

ザバー

瀬尾「ん?」

野崎「私はこの泉の女神です」

野崎「あなたが落としたのはこの金のボールですか? それとも銀のボールですか?」

瀬尾「いや、どっちでもないけど」

瀬尾「つーか金のボールって……金玉じゃん!! あはははは!!!」

野崎「……正直者のあなたには全部のボールを差し上げましょう」

瀬尾「マジで!!? サンキュー!!!」

瀬尾「よーし!! このボール全部若にぶつけるぞーー!!」

ガシッ

瀬尾「え」

野崎「彼の命が危ないのでこのボールは全部没収します」

瀬尾「えっ」




野崎「ドーブル、今日はここにベタを頼む」

2018-04-26 (木) 15:01  ポケモンSS 月刊少女野崎くん   0コメント  
1: 350 ◆LYNKFR8PTk 2018/04/09(月) 22:41:13.11 ID:+6JDisEtO

ドーブル「……」ベタベタ

野崎「ああそこだ、ありがとう」

野崎「……それと後はここに花も頼む」

ドーブル「……」スラスラ

野崎「ありがとう、助かる」

うちのドーブルはベタ、花、背景、トーンの四つの技を覚えている。

今の俺には必要不可欠の相棒だ。




野崎「そういえばどうしてマミコと鈴木は髪を染めているんだ……」宮前「えっ」

2018-04-12 (木) 21:01  その他二次創作SS 月刊少女野崎くん   1コメント  
1: ◆LYNKFR8PTk 2018/03/28(水) 20:04:10.15 ID:jX4GYmVr0

野崎「いや……そういえば金髪にした理由って……黒髪だと地味になるからってだけなんですよね」

野崎「なんか二人の性格だと髪染めてるのに違和感が……」

宮前「……そうだ、夢野さん」

野崎「なんですか?」

宮前「今度の話はそれでいきましょう」

野崎「えっ……?」

宮前「鈴木とマミコが金髪にしてる理由ですよ」

野崎「!」




野崎「今日は高校の同窓会だ」

2018-02-02 (金) 18:01  その他二次創作SS 月刊少女野崎くん   0コメント  
1: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/24(水) 20:03:15.63 ID:W5wSwahd0

野崎「俺が高校を卒業してから……何年経っただろうか」

野崎「久しぶりにみんなに会えることができる」

野崎「みんな変わってないだろうか、そして……」

野崎「恋愛ネタはいっぱいあるだろうか」サッ←メモとペンを取り出す音




御子柴実琴「ついにダブルキャストをクリアしたぜ!!」

2018-01-03 (水) 12:01  その他二次創作SS 月刊少女野崎くん ダブルキャスト   0コメント  
1: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:01:31.95 ID:CIB6gjW40

御子柴「達成率100%……ここまで来るのに長い月日を費やした甲斐があった!!」

御子柴「ギャルゲーというよりはアドベンチャーだけど……ヒロインが可愛くて思わず買ったんだよな……何ヶ月経ったかな……」

御子柴「けどやっぱ……どんなに古いゲームでも……面白え物は面白えな!!」




【月刊少女野崎くん】姉のアイドル~家に訪問編~【SS】

2017-10-29 (日) 15:01  その他二次創作SS 月刊少女野崎くん   0コメント  
1: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/16(月) 21:17:54.84 ID:+jAqpVfe0

野崎くんSS
アニメ未登場のキャラが出てくるのでアニメ派の人は注意




2: ◆LYNKFR8PTk 2017/10/16(月) 21:21:50.06 ID:+jAqpVfe0

僕の名前は佐倉十和、中学2年生です。

僕には高校生の姉がいます。

その姉は……





佐倉「そしたら野崎くんがねー……」



佐倉「野崎くんはいつも……」







佐倉「あ! そういえば野崎くんが……」











モデルの野崎さんが大好きです。




野崎「北風と太陽」

2017-08-02 (水) 12:01  その他二次創作SS 月刊少女野崎くん   0コメント  
1: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/30(日) 22:44:18.71 ID:ML14AxMA0

ある所に北風と太陽がいました。

北風「うーん……この後の展開はどうしようか」

太陽「よう北風、俺と勝負しようぜ」

北風「すまない、締め切りが近いんだ」

太陽「北風が漫画描くのかよ!?」

北風「そういうお前だって太陽なのにモテモテじゃないか」

太陽「モテモテ……? おいおい、もっとこの俺に相応しい言葉があるんじゃねえのか?」

太陽「……永遠のラブハンターって異名がよ☆」

北風「……」

太陽「///」ピカアア

北風「眩しいぞ太陽」




鹿島「堀先輩!!」野崎「堀先輩」堀「どうしたお前ら」

2017-07-31 (月) 15:01  その他二次創作SS 月刊少女野崎くん   0コメント  
1: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 22:51:35.76 ID:4uxC4XoA0

野崎「鹿島、お前から先でいいぞ」

鹿島「本当? じゃあお言葉に甘えて」

鹿島「今日部活サボります!!」

堀「堂々と笑顔で言うんじゃねえ!!」ドカァン!!

鹿島「ぐはっ!!」

堀「……で、野崎はなんだ」

野崎「今日のアシスタントは来れますか?」

堀「ああ、行ける。後、そういう話は鹿島が近くにいる時はメールで頼む」

野崎「分かりました……すいません」

鹿島「」グッタリ




御子柴「お、このヒロインは中二病か」野崎「なんだそれは?」

2017-06-25 (日) 22:01  その他二次創作SS 月刊少女野崎くん   0コメント  
1: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/10(土) 22:11:51.26 ID:hRN2QKUB0

御子柴「ん? なんだよ野崎、中二病知らねぇのか?」

野崎「あ、ああ……新種の病気か?」

御子柴「ちげえよ……いいか、中学2年ぐらいになると丁度背伸びしたくなるだろ?」

御子柴「その時に見られる症状を総じて中二病って言うんだよ」

御子柴「んで、ゲームやアニメで大抵扱われる中二病ってのが……」

『ふっふっふっ……どうやら私の左腕をそろそろ開放する時が来たようだな』

御子柴「所謂邪気眼系ってやつだ」

御子柴「野崎の周りにも中二の時にファンタジーめいたやつがいただろ?」

野崎「いない」




佐倉「鹿島くんを……」瀬尾「部活に来させたい?」堀「ああ」

2017-05-09 (火) 12:01  その他二次創作SS 月刊少女野崎くん   0コメント  
1: ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:31:00.78 ID:HydBp2KG0

堀「あいつの友人のお前らだからこそ頼めることなんだ」

堀「俺一人じゃあもうどうしようもないんだ……なんとかならねぇか?」

佐倉「うーん……」