男「余命1年?」女「……」

2017-09-03 (日) 12:01  オリジナルSS 男女   0コメント  
1: ◆PChhdNeYjM 2017/05/18(木) 22:00:09.21 ID:Mb2ft/yRO


男「あの、面会なんですけれども。女さんです。……ええ、分かりました」


エレベーターに乗り、階数表示が段々と数字を上げる様子を、ただ茫然と見つめていた。

やがて、目的地の5Fで床の上昇がゆっくりと止まる。

十数秒歩き、待ち合わせの部屋へ到着すると、彼女の姿が視界に入った。


女「……あ、今日は来てくださったんですね」


男「ええ、お邪魔します。それで……調子はどうですか?」


女「もちろん順調ですよ。……はい、これが原稿です。病院のコピー機で印刷させていただきました」


男「いや、その……具合の方は……?」


女「ああ……何も変わりません。可も不可も無し、と言ったところですね」




男「惚れ薬・・・ねぇ」

2017-08-12 (土) 18:01  オリジナルSS 男女   0コメント  
1: ◆Memo/g4n8M 2017/08/03(木) 22:51:15 ID:IXdJKO66


男「手に入れたはいいけどどうしろって言うんだこれ」

男「というか本物かこれ?」

『意中の子に飲ませればアナタにべたぼれ! 成功確率10000万パーセント!』

男「実に胡散臭い・・・」

男「・・・なんでこんなバカみたいなもん買っちまったんだ俺は・・・」




女「あっちむいてー……ほい!」 扇風機「ぶおーー」キョロキョロ

2017-08-03 (木) 21:01  オリジナルSS 男女   0コメント  
1: ◆Memo/g4n8M 2017/07/31(月) 00:32:18 ID:FEwHm5hc


女「ぐぬぬ。なかなか勝たせてくれないイジワルさんめ」
女「もう一回勝負だよ。あっちむいてー……」

女「ほい!」

扇風機「ぶおーー」キョロキョロ

男「……なにしてんの?」

女「あっち向いてほい」

男「そうか……」




女「5年間叶わない片想いなんてゴミくそでゲスwww」

2017-05-25 (木) 07:01  オリジナルSS 男女   0コメント  
1: 踏切交差点 ◆uw4OnhNu4k 2017/05/14(日) 16:55:01.27 ID:S7gli32O0

「ごめんなさい……」

男「うん……でも、また告白するよ」

「私の気持ちは変わりません」





女「ざまぁあああああああでゲスwwwww」

女「ま、また想い人にふられてるでげすwwwふぇぇご飯がとまらないでげすwwwwwふりかけいらないでげすwwww」ムシャムシャムシャムシャムシャ!!!

男「また見てたのか。本当に俺のことが好きなんだな」

女「そ、そうに決まってるでげすwww私と付き合ってほしいでげす!!!!!」

男「ごめんなさい」

女「おぇえええええ!!!げ、ゲロ吐きそうでゲス!!!!!」ビチャビチャ

女「吐いてしまったでげす……」

女「でも私の気持ちは変わらないでゲスよ」

男「本当にもったいないな。お前ほど美人なら、俺みたいな根暗じゃなくて、普通にモテる男子と付き合えるのに」

女「見た目が好みなら私と付き合ってくれないでゲスか?」

男「あの子の代わりはいないから」

女「私の性格が悪いからとかでゲスか?」

男「自分の親よりもお金持ちで、やさしくて教養溢れる人が現れて、本物の親の代わりになってあげるって言われたって断るだろ?」

男「いくらあんたが性格がよくなっても、あの子よりよくなっても、俺は好きにはならないと思うよ」

女「ほらな?見たか私?この世は地獄だろ?努力しても無駄なんだよウゲェエエエエ」ビチャビチャ…




男「絶対に失敗しない告白のセリフを考えてほしい」女「告白相手と一緒に?」

2016-12-06 (火) 18:01  オリジナルSS 男女   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/21(月) 01:30:26.68 ID:kVBMa8hs0

男「ちなみにこういう告白に弱い、とかある?」

女「ちょっと待って」

男「……」

女「……」

男「……」

女「……」

男「できれば2、3個に絞ってもらった方が……」

女「いや、今取捨選択の途中じゃなくて…………」




男「くくく…」 女「あ、あぁ…」

2016-06-30 (木) 00:07  オリジナルSS 男女   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/06/23(木) 20:17:58.11 ID:L4RcneQp0

女「あッ!あンッ!」


女「らめえぇぇぇっ!!」ビクビク


男「くくく…」クチュクチュ


男「どうだ?気持ちいいだろう」クチュクチュ


女「い、イ、クっ…!」ビクビクッ


女「もうっ!イッちゃ……!!」


男「…」スッ




男「もしもし?また仕事間に合わなさそう・・・」セフ子「いいよ手伝う」

2016-01-08 (金) 00:07  オリジナルSS 男女   0コメント  
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/02(土) 01:20:50.441 ID:22JXEmeY0.net

セフ子「来たわよ!」ドヤァ

男「飯は?」

セフ子「まだだけど?」

男「カレー作ったから食えよ」

セフ子「わーい」

 モグモグモグ

男「あー食った。さあやるか」

セフ子「なになに・・・?今回は何かの組み立てかな?」

男「おもちゃの部品な。明日までに1500個」

セフ子「あと何個!?」

男「1200個」

セフ子「もっと計画的にやれないの?ほんと」アキレ

男「まー、でもとりあえず景気づけに一発やろーぜ?」

セフ子「はぁ?それどころじゃないでしょ」

男「いいから」ガバッ
セフ子「やぁーん、もぉ~♪」クネクネ
 
 ギシギシアンアン!




男「アンタが許嫁か?」許嫁「ソレが何か?」

2015-12-21 (月) 15:01  オリジナルSS 男女   5コメント  
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/12/19(土) 00:49:40.93 ID:FhtJ9H3w0.n

許嫁「アンタみたいのがねぇ…」

男「ふうん、普通にかわいいのな」

許嫁「ハァ?アンタ何当たり前なことを言ってるの?」

男「はぁ、すみませんでしたねぇ」

許嫁「まあいいわ、さっさとお父様とお母様に挨拶するわよ」スタスタ

男「…ハァ」

男父「いやぁ~まさかこんなべっぴんさんとは…」

男父「よかったな、男!」

男「まあ、そうだな」

男母「これからも末永くよろしくね」

許嫁「こちらこそ…」ペコッ

男母「あら、礼儀正しくて男にはもったいないわ」

男「失礼だな…」

男「まあ、よろしく」

許嫁「よろしく、男さん」

男「(外面は最高だな…)」




嫁「セックスは嫌です。不潔です不愉快ですお断りします」

2015-12-21 (月) 00:07  オリジナルSS 男女   8コメント  
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/12/14(月) 02:33:27.44 ID:qHQ6yEEAd.n

嫁「あなたとのセックスなど考えられません」

嫁「無理です嫌です駄目です」

嫁「絶対にお断りしますありえません」

嫁「半径1メートル以内に近づくのもダメです。謎の動悸がします」

嫁「わかりましたか。必要以上に近づかないでください嫌ですお断りします」

嫁「でも私の視界の中にはいてください」

嫁「なぜって?監視です決まってるじゃないですか」

嫁「……」ジー

嫁「何か文句がありますか?」




男「挿入れるよ…」女「うん、来て…」ヌププ

2015-11-13 (金) 00:07  オリジナルSS 男女   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:09:15.63 ID:rXGp62J90

ブチンッ

男「!?」

女「…」ニヤリ

男「ッ!!ば、馬鹿な…!」

女「フフフ…あーっはっはっは!!!」

男「俺の…俺のムスコがああああああああ!!!」ボタボタ


流れ出る大量の血液!本来そこにあるはずの男の象徴が、噛み千切られたように消えていた