カテゴリー  [ オリジナルSS ]

子供「将来はお医者さんになりたい!」大人「絶対ムリ! なれるわけない!」

2017-07-18 (火) 15:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/10(月) 20:56:50.79 ID:tQ42vfWKo


子供「ぼく、将来はお医者さんになりたい!」





大人「あ~、絶対ムリ! なれるわけない!」




【男女】男子「助けて!レ〇プマン!」【R18】

2017-07-14 (金) 00:07  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/07/09(日) 00:14:01.75 ID:9q4dj1660



女子「ちょっと男子!まじめに掃除しなさいよ!」

女B「ホント同級生の男共はガキ臭くて嫌い!」

女C「わたし先生に言ってくる!」

男子「あ゛!ふざけんなよ!先生に言うのは違うだろ!」

女子「いいえ正しいわ!サボってる奴は怒られたらいいのよ!」

男子(最悪だ。集団女子に逆らえば男子は必ず大人に悪の烙印を押される)

男子(こんな時、問答無用で女子を退治してくれるヒーローがいてくれれば...)

男子「クソ!助けてくれー!レ○プマァァァァァン!!!!!!」




台風のリポーター「らめええええええっ! 風が激しいのぉぉぉぉぉっ!」

2017-07-13 (木) 12:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/05(水) 01:53:13.27 ID:CfwqkmKqo


アナウンサー「それでは、台風の情報です」

アナウンサー「史上最大規模ともいわれる台風が、つい先ごろ日本列島に上陸しました」

アナウンサー「さっそく、現場と中継がつながっています」

アナウンサー「リポーターさーん?」




女王「お主は……本当にバカじゃな?」騎士「うはwwおkww」

2017-07-10 (月) 20:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/01(土) 12:31:04.58 ID:ewGlznHSO

とある王国に一人の騎士がいた
孤児だった騎士は幼い頃に騎士団長に才能を見出だされ養子となる
そして今では国内最強の名を欲しいままにしていた

女王「……またもやあやつが手柄を立てたか」

団長「……はい」

女王「……」

団長「……」

女王「……で、いつになったら来るのじゃ?」

団長「すぐに女王様の元へ向かうように伝えたのですが……」

女王「ふぅ……妾を待たせるとはな……」

団長「申し訳ありません……」

その時、謁見の間の扉が勢いよく開かれた




ガキ「ギャァァァァァ! ギャァァァァァ!」男(うるせえなぁ……なんで親は注意しねえんだよ)

2017-06-28 (水) 22:01  オリジナルSS   4コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 02:00:01.90 ID:Ao39kv8ro


ガキ「ヤダァァァァァァァァァァ!!!」

ガキ「イヤァダァァァァァァァァァァァ!!!」

ガキ「コレホシィィィィィィィィィィィ!!!」

ガキ「オガァサァァァァァァァァァァン!!!」

ガキ「ギャァァァァァァァァァァァ!!!」





男(うるせえなぁ……)




魔女「死者に会いたい?」

2017-06-27 (火) 18:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 21:55:03.16 ID:WhiCH+lDO

剣士「はい」

魔女「どうして?」

剣士「…大切な人に一目でいいから再会したい。その一心です」

魔女「ふーん」

剣士「あなたなら、それが出来ると伺って参りました」

魔女「」パチンッ

ゴォォォオオ

剣士「」ビクッ




スナイパー「ククク、標的にこの赤い弾丸を食らわせてやるぜ……」

2017-06-24 (土) 12:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/09(金) 20:47:18.96 ID:fECP82zxo


男は超一流のスナイパーである。

凄腕として裏社会で名を轟かせており、ひとたび彼に狙われれば、
マフィアの大親分や一国の元首とて、命の保証はない。



金さえ詰まれれば、男はどんな標的だって狙うし、どんな弾丸でも発射する。




男「俺はゲームの主人公の名前を決めるのが苦手だ」

2017-06-22 (木) 22:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 00:06:35.95 ID:c6+MLQ3/o


ただ待っている時間というのは長いものだ。

そこで俺は携帯ゲーム機で、新しく買ったゲームをプレイすることにした。



内容は、典型的なファンタジーRPGというやつだ。




男「ブラック企業の中のブラック企業といわれる会社に入社することになった」

2017-06-22 (木) 18:01  オリジナルSS   1コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/07(水) 02:18:34.81 ID:EU/vD+Ido


就職活動をもののみごとに失敗した俺は、
≪ブラック企業の中のブラック企業≫といわれる会社に入社することになってしまった。


ホームページを見ると、そこには死んだような目つきで働く社員たちの画像が得意げに飾られている。
「先輩たちの体験談」というページでは、若手社員の残業自慢が書き連ねられている。

まったくなんという会社なのだ。



しかし、こうなったら覚悟を決めるしかない。身から出たサビというやつだ。

俺はもう、この奴隷たちの仲間入りをする他ないのである。




重力使い「重力100倍!!!」 敵「うぎゃあああああああ!!!」バキボキメキ…

2017-06-17 (土) 12:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 01:42:58.20 ID:+kk3zfSUo


魔獣「ギャァァァァァス!」

ズガァァァン! ドゴォォォン! バゴォォォン!



「ひええ、化け物が暴れてる!」

「あんなもん警察でも手に負えねえ!」

「あっ、だけど……能力者組織の人たちが駆けつけてきたぞ!」



炎使い「みんな、後はオレたちに任せてくれ!」




男「ハンバーガーください」女店員「その他にご注文は?」男「え?」

2017-06-16 (金) 18:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 20:39:35.95 ID:iuEEb3dfo


女店員「いらっしゃいませー」

男「えーっと……ハンバーガーください」

女店員「その他にご注文は?」

男「え?」

女店員「その他にご注文は?」

男「え……えぇっと……」




男「店で小銭を払う時、囲碁みたいにパチッて置くの楽しすぎwwwww」

2017-06-13 (火) 07:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 02:18:13.41 ID:B8CzsKpCo


コンビニにて――

店員「1020円になります」

男(あれ、10円玉ないな……)ゴソゴソ

男「だったら1000円と……」

男「50円で」パチッ

店員「!」




男「嫌じゃ!!わしは絶対にやらんぞ!」

2017-06-08 (木) 12:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 21:38:52.95 ID:0BtJotKk0

息子「そう言うなよ父さん。抵抗あるのはわかるけど、これすげえ便利なんだぜ?」

嫁「そうよ。私達はお父さんのためを思って…」

男「嫌じゃ!!絶対にやらん!!お前たちが何をするのも好きにすればいいと思うが、それをわしに押し付けてくれるな!」

息子「今のままだったら、こうやって連絡取り合うの一つすらも面倒なんだよ、わかってくれ」

男「なら、もううちには来んでええわいっ!」

息子「な…」

嫁「お父さん…」




男「俺の幼馴染は英語の教科書の和訳みたいな喋り方をする」幼馴染「私は幼馴染です」

2017-06-06 (火) 12:01  オリジナルSS   1コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 01:07:58.59 ID:XkblBh7so


男「おはよう!」

幼馴染「おはようございます」

男「元気?」

幼馴染「はい、私は元気です」

男「相変わらず堅苦しい喋り方だな~」

幼馴染「いいえ、そんなことはありません」

男「……」




女「5年間叶わない片想いなんてゴミくそでゲスwww」

2017-05-25 (木) 07:01  オリジナルSS 男女   0コメント  
1: 踏切交差点 ◆uw4OnhNu4k 2017/05/14(日) 16:55:01.27 ID:S7gli32O0

「ごめんなさい……」

男「うん……でも、また告白するよ」

「私の気持ちは変わりません」





女「ざまぁあああああああでゲスwwwww」

女「ま、また想い人にふられてるでげすwwwふぇぇご飯がとまらないでげすwwwwwふりかけいらないでげすwwww」ムシャムシャムシャムシャムシャ!!!

男「また見てたのか。本当に俺のことが好きなんだな」

女「そ、そうに決まってるでげすwww私と付き合ってほしいでげす!!!!!」

男「ごめんなさい」

女「おぇえええええ!!!げ、ゲロ吐きそうでゲス!!!!!」ビチャビチャ

女「吐いてしまったでげす……」

女「でも私の気持ちは変わらないでゲスよ」

男「本当にもったいないな。お前ほど美人なら、俺みたいな根暗じゃなくて、普通にモテる男子と付き合えるのに」

女「見た目が好みなら私と付き合ってくれないでゲスか?」

男「あの子の代わりはいないから」

女「私の性格が悪いからとかでゲスか?」

男「自分の親よりもお金持ちで、やさしくて教養溢れる人が現れて、本物の親の代わりになってあげるって言われたって断るだろ?」

男「いくらあんたが性格がよくなっても、あの子よりよくなっても、俺は好きにはならないと思うよ」

女「ほらな?見たか私?この世は地獄だろ?努力しても無駄なんだよウゲェエエエエ」ビチャビチャ…




名医「あなたの病気を完璧に治してみせましょう」

2017-05-21 (日) 07:01  オリジナルSS   1コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 02:45:40.24 ID:m6dZEESFo


私はある医者のもとを訪れた。

ただの医者ではない。
どんな難病や不治の病にも挑み、たちまち治してきたといわれている名医である。


「……いかがでしょうか?」

「ご安心下さい。あなたの病気を完璧に治してみせましょう」


診察を終えた名医は力強くいった。




幼馴染「またヌいたの? 飽きないわね」 男「……うるせえな」

2017-05-19 (金) 12:01  オリジナルSS 幼馴染   0コメント  
1: ◆TMTTBwd/ok 2017/05/07(日) 21:44:25.76 ID:PXnXfmpB0

女「くしゃみのあと」

2017-05-16 (火) 20:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 17:58:49.40 ID:mK7oCKVg0

友「ふぁ……ふあ……」

友「ぶしっ!」

友「……ぷあっ」

女「…………」

友「ふあ、ぶしっ!」

友「…………ぷあっ」

女「ねえ」

友「ふぇ? なに?」

女「前から気になってたんだけどさあ」

友「うん?」

女「くしゃみのあと」

友「え?」

女「ぷあっ、って何?」




【SS】股間から竜が生まれた話

2017-05-16 (火) 12:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 11:55:16.41 ID:8DsDoAX50

5月に入ってから急に暖かくなった。
窓から見る天気はまさに五月晴れであった。冬の寒さもここまでは追ってくることはない。

自分の陰毛をすべて剃り落としたときのような、すがすがしい空気だった。




孫「おじいちゃんの運転でドライブ」

2017-04-26 (水) 12:01  オリジナルSS   1コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 20:35:52.59 ID:HAzfVJJfo


おじいちゃんが新しい車を買った。


「ジャーン! どうじゃ!」


車はぼくの姿が映るぐらい、ピカピカと光ってる。

ぼくはすごく喜んだが、パパとママはなぜか苦い顔をしていた。