クロロ「ヒソカを倒すために、健康に気を使うことにした」

2018-04-23 (月) 18:01  その他二次創作SS ハンターハンター   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/07(土) 10:57:28.88 ID:7F7NHThq0


クロロ「シャルとコルがヒソカに殺られた」

他メンバー「…………」

クロロ「オレたちはなんとしてもヒソカを殺らねばならないが、奴はあなどれない相手だ」

クロロ「ヒソカのペースにまんまと嵌り、全滅する恐れもある」

クロロ「念の戦いは、その時々のコンディションに大きく左右されるのは知っての通り」

クロロ「だからこそ、オレたちは常にベストコンディションを維持しなければならない」

マチ「具体的にはどうすればいいんだい?」

クロロ「具体的には――」




ガヴリール「ヴィーネ……」ヴィーネ「なに、ガヴ」

2018-04-21 (土) 21:01  その他二次創作SS ガヴリールドロップアウト   0コメント  
1: ◆3S8EZrcwro 2018/04/05(木) 16:35:28.00 ID:DPCegrI+0

ガヴリール「……お前さ、なんでラフィやサターニャと楽しそうに話してんの?」

ヴィーネ「え?」

ガヴリール「なんでって聞いてるんだよ」

ヴィーネ「ガ、ガヴ…?どうしたのよ急に」




阿良々木「忍野が怪談を解決して行く?」

2018-04-21 (土) 18:01  その他二次創作SS 化物語   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/30(金) 05:17:36.51 ID:kXRWmwK70

※ちょっぴりホラーです

忍野「あぁ、と言うか解決するのは二の次で、本当の所は蒐集がメインなんだけれどね」

阿良々木「うーん、そう言われてもな。知っての通り、僕は交友関係が広い方じゃないから、そういう都市伝説みたいな話を耳にする事自体少ないんだよな」

忍野「まぁまぁ、そう難しく考えなくても、阿良々木君が昔体験した不思議話でも良いんだ。語るのは得意だろう?何か試しに語ってみてくれよ」

阿良々木「……まぁ、そう言うなら。まだ上の妹が小 学生の頃の話なんだけれど」

阿良々木「当時はまだ、妹の道場通いに親がついて行ってたんだ。ただ、その日は仕事か何かで行けないから、代わりに僕が送迎係だった____」




恵那「リンとなでしこちゃんをくっつけようと思う」

2018-04-20 (金) 21:01  その他二次創作SS ゆるキャン   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/30(金) 17:42:05.28 ID:jLzFGC3PO

ゆるキャン△SS

クリスマスキャンプsideBといった感じ




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/30(金) 17:59:39.25 ID:jLzFGC3PO

千明「なるほど」

あおい「えっ?」

千明「でもあの二人、ほっとけばくっつくんじゃないか?」

恵那「う~んなんか微妙な距離感で終わりそうな気がするんだよねー、リンは素直じゃないし」

千明「あ~、なでしこも割と気を使うからな、一線は越えなそうな気がする」

恵那「だから、今度のクリスマスキャンプの時私達で後押ししようかと」

千明「うむ、乗った!」

あおい「ちょ、ちょ、ちょい待って」

千明「ん?どうした?」

あおい「何をどうするんやて?」

恵那「だから、リンとなでしこちゃんをくっつける」

あおい「くっつけるって・・・」

千明「要するに付き合うように仕向けるってことだ」

あおい「恋愛的な意味で?」

恵那「恋愛的な意味で」

あおい「えっ、それおかしない?」

恵那「おかしい?」

千明「何がだ?」

あおい「え、だって女の子同士やろ?」

恵那「ん?そうだよ?」

千明「それがどうかしたか?」

あおい「あれ、これ私がおかしいんか・・・?」

千明「で、とりあえず作戦はどうする?」

恵那「う~ん、その場で二人の様子を見ながらで良いんじゃないかな、時間はあるし」

千明「ほっとけばイチャイチャするだろうから適当に後押しする感じか、よしやるぞ!」

恵那「おー!」

あおい「えぇほんまにやるんか・・・」




【古畑x相棒】古畑「特命係~…?」【クロスオーバーss】

2018-04-20 (金) 12:01  その他二次創作SS 古畑任三郎 相棒   0コメント  
1: ◆0n24s4VnXw 2018/04/04(水) 12:53:51.19 ID:h4UO60Ru0

何となく思いついたので書いてみました




2: ◆0n24s4VnXw 2018/04/04(水) 12:55:07.73 ID:O+dju4MyO



……

………

古畑「えー…皆さんは人を信じたことはあるでしょうか?」

古畑「無いという方はほぼいないと思いますが、それと同時に信じたけども裏切られた事もあると思います」

古畑「人を信じても相手が自分を信じてくれるとは限らない。それが信頼という難しさだと私は思います。簡単に人を信頼なんかしちゃダメです」

古畑「しかし、本当に信頼できる人が目の前に現れたとしたら…あなたならどうしますか?私ならきっとこうするでしょう。それは…」

………

……





ヴィーネ「ガヴ…………」 ガヴリール「なに、ヴィーネ」

2018-04-19 (木) 21:01  その他二次創作SS ガヴリールドロップアウト   0コメント  
1: ◆3S8EZrcwro 2018/04/03(火) 02:09:36.96 ID:gLArRgsb0

ヴィーネ「ガヴ…………」

ガヴリール「なに、ヴィーネ」

ヴィーネ「ねえ……どうしてサターニャやラフィ、友達と楽しそうに話すの?」ハイライトオフ

ガヴリール「え?」

ヴィーネ「どうしてよ!?」バン!

ガヴリール「ちょ、ちょっとヴィーネ、どうしたんだよ」




ヒメコ「鹿島くんかっこええわ~」ボッスン「鹿島くん?」

2018-04-19 (木) 18:01  その他二次創作SS スケットダンス   0コメント  
1: ◆LYNKFR8PTk 2018/04/03(火) 19:59:45.86 ID:0FdHS/Ns0

スイッチ『2年の鹿島遊さんの事か』

ヒメコ「A組の中谷さんがなー、鹿島くん鹿島くん毎日言うとんねん」

ヒメコ「そんでアタシも見てみたんやけど……ホンマかっこええわ~」

ボッスン「そんなかっこいいのかよ?」

スイッチ『あの生徒会の榛葉道流と肩を並べていると言っても過言ではないな』

ボッスン「へー……あの人と同じぐらいか」




西片「2人乗りはダメだって」高木さん「それじゃあ……」

2018-04-18 (水) 07:01  その他二次創作SS からかい上手の高木さん   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/30(金) 20:34:59.00 ID:z1ug6JEMO

帰り道


高木「体育の時の西片、ふふっ」

西片「うぅ……高木さんそれはもういいじゃん」

高木「ホント西片って……ふふっ」

西片「あっ」

西片「そう言えば高木さん、足大丈夫?」

西片「今日の体育で捻ったみたいだけど……」




丹生谷「あぁ……そこ♡はぁあん♡」

2018-04-17 (火) 00:07  その他二次創作SS 中二病でも恋がしたい!   0コメント  
1: ◆GmmpROaAcQ 2018/04/01(日) 13:23:18.15 ID:haRP0B0H0



丹生谷「あぁ……そこ♡はぁあん♡」

中二病でも恋がしたい!SS




カズマ「花粉症?」めぐみん「はい」

2018-04-16 (月) 12:01  その他二次創作SS この素晴らしい世界に祝福を!   0コメント  
1: ◆xW69XHZIXl2A 2018/03/31(土) 22:22:25.60 ID:37cMZ7l60

 それは、ウィズの胸をどうにか不幸の事故に見せかけて触ったりできないか? などと考えていたらすっかりお昼前になった日の事であった。

「カズマがこの時間まで起きてるなんて珍しいわね?」

 のどが渇き台所で水を飲んでいた俺を物珍しそうにアクアが見てくる。

「ちょっと考え事があって眠れなかったんだ」

「ふーん」


 そうだ。アクアがウィズをからかい、ウィズが死にかけている所でウィズを助けるふりをして胸を揉もう。
 と俺が考えをまとめていると、めぐみんが自室からやってきて嬉しそうに微笑む。

「カズマ。おはようございます。今日は早いんですね」

「いや、今から寝る所」

「こ、この男は……」

 おっと、さっきは天使みたいに微笑んでいたのに、蔑んで見てくるとか酷すぎだろ。
 ったく、俺は遊んでいたわけではない。

 俺達は魔王軍幹部を倒したカズマ一行なのだ。だから、いつ魔王軍から暗殺されてもおかしくない。
 そのために身を張って警備をしていたというのに……。


「ったく、俺はだな----」

 俺が警備の必要性を訴えようとめぐみん達の方を向くと、俺の言い訳タイムを邪魔するかのように警報が鳴り響いた。




グラン「ファンタジー世界に推理ミステリーモノは合わないッッ!!」

2018-04-15 (日) 00:07  その他二次創作SS グランブルーファンタジー   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/30(金) 19:46:29.35 ID:RRxtgYu10

★注意☆


・グランブルファンタジーSSです

・キャラ崩壊注意

・グラン=団長と表記します



以上がダメな方はブラウザバック推奨です




【SS】ズッコケ三人組の精通夜

2018-04-14 (土) 21:01  その他二次創作SS ズッコケ三人組   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/30(金) 00:18:13.25 ID:nRTWwLn10

「ひひひ…黒いブラジャーね」

少年は修学旅行の夜中、同室の少年たちから隠れてトイレでほくそ笑む。

浅黒い肌のぎょろり目の少年は八谷良平という。

彼は花山第二小学校の修学旅行中、昼間に若い女教師のブラジャーを見ていた。

友人たちとの自慢では同級生のパンツの方が良かったと言いながらも、しっかりと目には焼き付いていたのだ。

全く現金である。




【SS】「からかい下手の高木さん」

2018-04-14 (土) 18:01  その他二次創作SS からかい上手の高木さん   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/29(木) 18:33:19.01 ID:ZcjdFu2O0

やあ、オレは西片。どこにでもいる中学一年生。


ここは学校、いつもならオレはもう10回は高木さんにからかわれてもおかしくないけど…


どうやらオレは今、夢を見ているらしい。


え?何で夢だと分かるって?


それは、普段ならありえないことが起きてるからさ。


確かにいつもと同じ授業、同じ教室、そして隣には高木さん。


これらは何ら不自然なことではない。


では、なぜそれだけで夢だと結論付けたのか?その答えはすぐに分かるだろう。


高木さん「あ…あれれぇ?おかしいぞぉ…?」


この高木さん…ちょっぴりおバカさんなんだ。




メリーさん「私メリーさん、スマホに買い替えたの!」

2018-04-13 (金) 00:07  その他二次創作SS   1コメント  
1: ◆9isO1MiEwMGC 2018/03/28(水) 23:50:02.65 ID:rdx0RHsU0

メリーさん「今ケータイショップの前にいるの!」

プッ、ツー、ツー…

男「なんかメリーさんからメッチャウキウキで電話来た」




野崎「そういえばどうしてマミコと鈴木は髪を染めているんだ……」宮前「えっ」

2018-04-12 (木) 21:01  その他二次創作SS 月刊少女野崎くん   1コメント  
1: ◆LYNKFR8PTk 2018/03/28(水) 20:04:10.15 ID:jX4GYmVr0

野崎「いや……そういえば金髪にした理由って……黒髪だと地味になるからってだけなんですよね」

野崎「なんか二人の性格だと髪染めてるのに違和感が……」

宮前「……そうだ、夢野さん」

野崎「なんですか?」

宮前「今度の話はそれでいきましょう」

野崎「えっ……?」

宮前「鈴木とマミコが金髪にしてる理由ですよ」

野崎「!」




【からかい上手の高木さん】「テレビ」

2018-04-12 (木) 00:07  その他二次創作SS からかい上手の高木さん   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/27(火) 16:59:00.90 ID:tDdjLjH80

《学校》

木村「西片がテレビに出る!?」

高尾「本当かよ!」

西片「ふっ…まあね!」


そう…このオレ、西片は、昨日街を散歩していたらテレビの人にインタビューをされてしまったのさ!


正直緊張してしまって何を話したのか忘れたけど…


インタビューされた後にテレビの人もこれ、使うかもね。と言っていたんだ!間違いない!


オレはついに、テレビデビューするんだ!


西片「はははは、はははははは!」


高木さん「…」


※作者は小豆島エアプなので、んなわけねぇだろ!って流れもあるかもしれません。ご了承ください。




【SS】宮永咲と恋バナ

2018-04-11 (水) 07:01  その他二次創作SS 咲-saki-   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/26(月) 09:31:35.67 ID:+1srTh4r0


お風呂で今日1日を振り返って「あ〜あそこでああ言えばよかったなあ」とかなんとか反省しちゃったりするくらいには人見知りの咲さんのお話だったりします.


たぶん短いです.
よろしくお願いします.




翠星石「エイサーイハラマスコーイ!」

2018-04-08 (日) 21:01  その他二次創作SS ローゼンメイデン   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 11:01:49.64 ID:Mi7Ca+zE0

翠星石「エイサァァァアァァァイハラマスコォォォォオ~~~~イ!(良い声)」

水銀燈「……なに怪しげな呪文唱えてるのよ。春の陽気で頭までジャンクになったのかしら」

翠星石「おっ!水銀燈!よく来たですね!これはエイサイハラマスコイ踊りですよ!」

水銀燈「は?」

翠星石「エイサイハラマスコイ踊りですぅ。これ流行りますかね!?」

水銀燈「はぁ?そんなもの流行るわk……」


水銀燈「……」




【ポプテピピック】ポプ子「金をください」

2018-04-08 (日) 07:01  その他二次創作SS ポプテピピック   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 16:10:46.79 ID:d9QT9OLC0

実況「さあ冬期オリンピック、スキージャンプ、続いては若干14歳、期待のエースのポプ子選手です。
   今オリンピックでも金を狙いにいくと自信を持っていましたが、一体いかなるジャンプを見せてくれるのか」

解説「2年前の事故で出場すら危ぶまれていましたが、見事に乗り越えて、今回がオリンピック初参加です。
   全然緊張した様子がなく、強い精神力がうかがえます」

ポプ子「行ってくるよ!コーチ!」

ピピ美「気をつけてな!」

実況「さあ今滑り出して……飛んだあ!」




【SS】高校生、城ヶ崎美嘉の一週間

2018-04-06 (金) 12:01  その他二次創作SS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:16:29.40 ID:OWWAlEFI0

・誤字脱字がありましたらすみません
・書き溜めをどんどん投下していきます
・作内の季節は夏になります

・本作は

中 学生、城ヶ崎莉嘉の一週間

のスピンオフ的なものになりますが、見ていなくても問題ありません