御坂「佐天さんってさー」

2017-01-15 (日) 18:01  禁書目録SS   3コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/27(火) 23:43:51.51 ID:2/HJ+7jV0

御坂 「佐天さんて普通にレベル5なんかよりも
ずっと価値があると思うの」


初春 「どうしたんですか御坂さんいきなり?」


御坂 「いやいやだって佐天さんて完璧すぎない?」


初春 「パンツめくってくる佐天さんがですか?」


御坂 「いやいやあんなの可愛いスキンシップでしょ
あれだけ積極的に弄ってくれる友達なんてそう
いないわよ普通」


初春 「御坂さんもしかして白井さんのせいで
レズビアンにでもなりました?」


御坂 「違うわよ!私は佐天さんのことを一人の
人間として尊敬しているのよ!」


初春 「そんなに?」


御坂 「そんなに!」




皐月「流子、私はこれが良いんだ」

2016-09-04 (日) 15:01  禁書目録SS キルラキル   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/24(水) 01:38:47.83 ID:nslnL8DRo

皐月「生命戦繊から解き放たれた今、流子もまた旅立ちの時」

皐月「この鬼龍院皐月。流子に構って欲しくなどない」ウルッ

蟇郡「おのれ纏……」ギリッ

蟇郡「皐月様をほったらかしにしておくなど言語道断!!!姉妹の風上にも置けぬ愚行ぅぅ!!」

皐月「ほったらかしとか言うな蟇郡」ウルッ

蟇郡「も、申し訳ございません皐月様!!!」

犬牟田「やれやれ。これだから野生生物はデリカシーに欠ける……」

蟇郡「なんだと犬牟田ァ!!」

犬牟田「皐月様。今回の件はこの犬牟田宝火にお任せください」




上条「こんなの流れ着いてたぞ!」サローニャ「じゃあキャッチボールしよーぜ!」

2016-08-27 (土) 12:01  禁書目録SS   0コメント  
1: ◆3rfPz4lVbmKs 2016/07/25(月) 19:54:40.99 ID:OBqD5CZsO

・上条×サローニャ
・自己満SS。読むのがなんかもう面倒臭いところもあるから読みたいとこだけ読め
・短編だよ




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/25(月) 19:56:12.69 ID:OBqD5CZsO



サローニャ「そんでさ、幻想殺しちゃん」ヒュッ

上条「なんだよ」パシッ...ヒュッ

サローニャ「今こうして無人島ちゃんでサローニャちゃんとキャッチボールちゃんしてるわけなんだけどさ」パシッ..ヒュッ

上条「おう」パシッ..ヒュッ!

サローニャ「そっちはなんでこんな事になったんだっけ」パシッ...ヒュッ!

上条「んー?」パシッ




インデックス「とうまは頭怪我してるんだよ!!!」

2016-08-20 (土) 12:01  禁書目録SS   0コメント  
2: ◆lvQFgY.6F6lL 2016/08/01(月) 18:53:52.43 ID:my1L5GHlo


………第七学区・舞夏の巡回ルート………


インデックス「……」ムス

舞夏「お? そこにいるのは……」クルクル

インデックス「あ、まいか……」 

舞夏「なんだかご機嫌斜めみたいだけど、どうしたー?」

インデックス「昨日とうまと喧嘩した」

インデックス「だから出てきた」

舞夏「え、昨日から外に追い出されてたってことなのか??」

インデックス「違うよ、追い出されてないもん」

インデックス「朝になってから勝手に出てきたんだよ」

舞夏「たいしたことなさそうで安心したぞー」




フィアンマ「おえっ……」

2016-08-15 (月) 21:01  禁書目録SS   1コメント  
1: ◆lvQFgY.6F6lL 2016/07/18(月) 08:32:38.70 ID:HKfHlY2Ho

フィアンマに吐かせたかっただけ
後悔はしてない
原作確認しながらじゃないので少し違う可能性あり
22巻あたりです




2: ◆lvQFgY.6F6lL 2016/07/18(月) 08:34:42.82 ID:HKfHlY2Ho


………馬車の中………


フィアンマ「……ううっ」マッサオ

フィアンマ「うぅ、俺様ってこんなに乗り物酔いするタイプだったのか」オゲェ

ガララララッ

フィアンマ「おええええっ」ゲロロロロ

フィアンマ「はあ、はあ……こんなところで体力消耗は避けたいんだが」フルフル

フィアンマ「うっ……」

フィアンマ「ちっ、吐いたのにまだ治まらないのか」イライラ




絹旗「黒夜黒夜超かまちょ」黒夜「ウゼェ…」

2016-08-02 (火) 12:01  禁書目録SS   0コメント  
1: ◆3rfPz4lVbmKs 2016/07/15(金) 14:53:51.18 ID:shC8uuA6O

第一夜




プルルルル。プルルルル。


黒夜「…ふぁい?」ガチャ

絹旗『黒夜黒夜!』

黒夜「なんだようるせぇ…」

絹旗『今から映画超観に行きましょう!?』

黒夜「………ハァ…?」

黒夜「…絹旗ちゃぁぁん?今何時だと思ってんの?」

絹旗『はい!夜中の3:00です!』

黒夜「そーだろそーだろ?悪い子はもう寝る時間なんだよ」

黒夜「だから他ぁ当たれ。お休み」プチ

黒夜「ったく…なんかあったかと思ったじゃねぇーか…」ゴロリ




上条「とある一日の積み重ね」

2016-07-19 (火) 21:01  禁書目録SS   1コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 00:15:04.05 ID:PpygWh+d0

 ──とある一日──



上条「おいインデックス!」

禁書「なにかな? ととととうまにいきなり怒鳴られるいわれは、
   私の完全記憶の中を洗いだしてもなななないんだよ?」

上条「完全記憶がついにショートしたのかは知らねえが……
   言語が麻痺していらっしゃいますけどインデックスさん!?」

禁書「ち、違うよっ! 
   これは西洋魔術ではしょうがないことなのっ、
   長い呪文は言い辛いからわざと同じ発音のものを連続させて……」

上条「適当なこと言ってんじゃねえ!」




佐天「牛乳を注ぐときの腕の筋肉の負担を一割減らす能力かぁ」

2016-06-18 (土) 18:01  禁書目録SS   4コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 12:34:31.05 ID:6nyskeh40

フィクションです。



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 12:36:28.50 ID:6nyskeh40

初春「佐天さん!能力者になったって本当ですか!?」

佐天「…うん。まぁ…そうみたい…」

初春「よかったですね!おめでとうございます!それで一体どんな能力だったんですか?」

佐天「『牛乳を注ぐときの腕の筋肉の負担を一割減らす能力』だって…」

初春「……はい?」

佐天「牛乳を注ぐときの腕の筋肉の負担を一割減らす能力だよ…」




心理定規「スクールでお花見に来たんだけど……」

2016-04-03 (日) 12:01  禁書目録SS   0コメント  
1: ◆HXBj5WZs3c 2016/03/27(日) 12:25:51.63 ID:k8L8/881o

時系列は気にしないでください。
スクールは最新の設定で書いてます。
というか、その設定を使ってみたいがために書きました。
ゴーグルの少年=誉望くん
スナイパー=弓箭猟虎




2: ◆HXBj5WZs3c 2016/03/27(日) 12:26:41.68 ID:k8L8/881o

………とある駅前………

心理定規「ごめん。遅れちゃった」

垣根「遅い。誉望が待ちくたびれちまうだろ」

猟虎「大丈夫ですよ。きっと、多分」

垣根「お前……妙に浮かれてるよな」

垣根「何かあったか?」

猟虎「い、いえ、浮かれてるなんてそんな」

猟虎「ただ、昨日楽しみで眠れなくて、深夜のテンションが今まで続いてるだけです!!」

垣根「そ、そうか。それは良かったな」

心理定規「猟虎ちゃんぼっちだもんねー」

猟虎「はうっ」ピクッ

垣根「あんまいじってやるなよ」

心理定規「はいはい、分かったわ」




上条「扉を開けたらそこはキャバクラだった」インデックス「いらっしゃいませ」

2016-04-01 (金) 18:01  禁書目録SS   3コメント  
1: ◆eh41cWImoQ 2016/03/16(水) 22:56:38.59 ID:wTSouO5J0

上条「ふんふーん♪」フキフキ

インデック「とうま。まだユニットバスで寝るつもりなの?」

上条「今更なに言ってんだインデックス。ここが俺の寝床だろ?」

インデックス「お風呂場はお風呂に入るための場所なんだよ。それにもう冬だよ?寒くて凍えちゃうかも」

上条「知らないのかインデックス?浴槽の中は意外と温かい」

インデックス「絶対嘘なんだよ。朝起きたらとうまが凍死してるなんて私は嫌だよ」

上条「ハッハッハッ!ロシアもデンマークも乗り切った上条さんはそんなやわじゃないですのことよ」

インデックス「うぅ……」

オティヌス「やめてやれ禁書目録。男には一人で密かに作業できる場所が必要なんだ」

上条「おいやめろ」




【艦これ】鈴谷「鈴谷と熊野の横須賀鎮守府放送局!」

2016-03-23 (水) 07:01  禁書目録SS   1コメント  
1: ◆BAS9sRqc3g 2016/03/17(木) 23:26:57.39 ID:uF0wyZmeo

鈴谷:おたより頂きましたー。

熊野:はい。

鈴谷:ラジオネーム前髪トリプル三角提督から。

「鈴谷さん熊野さんこんばんわ」

熊野:こんばんわ。

鈴谷:「先日、僕の友人は僕のラジコンを壊してしまいました。」

熊野:あらまあ。




麦野「シャケと」フレンダ「サバ缶なわけよ」

2016-03-10 (木) 15:01  禁書目録SS   0コメント  
1: ◆HXBj5WZs3c 2016/03/05(土) 07:15:58.06 ID:xc+amu1Po

………とあるファミレス………



麦野「サバぁ?」


麦野「何言ってるんだよ、魚類のトップはシャケに決まってんだろ」ケッ

麦野「能力のトップが一方通行に決まっているようになぁ!」


フレンダ「はぁ?」

フレンダ「麦野の発言だとしてもそれは許容できないってわけよ」ムカー


フレンダ「結局サバは魚類の中でも頂点に君臨するんだよ」




上条「俺がモテる?」五和「好きです」白井「デートしましょう」

2016-02-29 (月) 21:01  禁書目録SS   2コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 21:25:37.94 ID:eEKfJgpl0


2月14日


一方通行「助けろ三下ァ……」

上条 「こんな時間にどうしたんだ?」

一方 「いいから入れろ」

上条「どうしたんだ?」

一方通行「バレンタインにチョコ貰ったンだが…」

上条「誰から!?」

一方通行「あわきン♪」

一方通行「ホント、愉しいねェ……この街は」




上里「食べ物は争いのもとになる、とはよく言ったものだ」

2016-02-04 (木) 18:01  禁書目録SS   0コメント  
1: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 17:45:43.05 ID:9GC7PJoJo

上里勢力をほのぼのと書いてみたいと思っただけです。
キャラ崩壊はあると思います……




2: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 17:47:11.26 ID:9GC7PJoJo

上条「今日のご飯はどうしようか……」ウ-ン

インデックス「とうまー! 食べ物のことで悩んでるならまず私に相談なんだよ!」トテトテ

上条「はいはい、火傷しちゃうから戻れー」カンカン

オティヌス「くくくっ、馬鹿にされているな」

インデックス「むー! そんなことないんだよ!」

インデックス「とうまは私のことを心配していってくれてるに違いないよ」

オティヌス「さて、それはどうかな……」

オティヌス「私とあの猫のことに関しては全く心配してくれないからな」

インデックス「……とうまは私のことを心配してくれてたんだよね?」チラ

上条「……小麦粉……はあるか」ブツブツ

オティヌス「……ふっ、まあ当然だな」

インデックス「むう……行け! スフィンクス!!」ビシッ

スフィンクス(了解したぜ!)ダッ

オティヌス「は!? 八つ当たりはよせ!! おい!!」




上条「第一回童貞妄想選手権?」

2016-01-24 (日) 00:07  禁書目録SS   1コメント  
1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 23:23:40.70 ID:S1xNXavT0

土御門「第一回童貞妄想選手権~!!」パチパチッ

上条「……なにこれ?」

土御門「司会は土御門元春だにゃー」

上条「お前が司会なんだ」

土御門「そして審査委員長のカミやんだにゃー」

上条「え? 審査委員長なんだ、俺。どうも、上条です」

土御門「審査委員長に学園都市で一番モテる童貞こと、上条当麻さんを迎えて始まったわけですけども」

上条「学園都市で一番モテる童貞、って二軍のホームラン王みたいだな」

土御門「審査委員長ことカミやん、意気込みをよろしくお願いします」

上条「意気込み? えっと、優勝目指して頑張って欲しいですね。で、どういう大会なの?」

土御門「世界津々浦々から童貞達が自慢の妄想を引っさげて、学園都市に来ているんだにゃー」

上条「童貞自慢!? 力自慢的な!?」

土御門「今大会で『童貞・キング・チャンピオン』が決まるわけだぜい」

上条「キングかチャンピオン、どっちかにしとけよ!」

土御門「略して、『ドキンちゃん』だぜい」

上条「それが言いたかっただけだろうが!!」




佐天「光操作?」

2016-01-12 (火) 00:07  禁書目録SS   1コメント  
1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 15:17:12.07 ID:PNg14pft0

佐天「…………………」

ペカー

佐天「…………………」

ペカー

佐天「…………………」

ペカー

佐天「…何これ?」




佐天「御坂さん、本当にサンタさん信じてるんだ……」

2016-01-02 (土) 15:01  禁書目録SS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/25(金) 01:11:59.30 ID:H5Tzml+d0


佐天「どこもかしこもクリスマス一色ですね」

美琴「そうね。それであと数日経ったら、お正月ムード一色でしょ? 忙しないというかなんというか……」

佐天「そうですね」

美琴「…………」

佐天「…………」

美琴「あ、そうだ。佐天さん」

佐天「はい」

美琴「サンタさんにプレゼントは頼んだ?」

佐天「……え? プレ、ゼント……ですか?」


佐天(もしかして、御坂さんってサンタさんを本気で信じてる?)

佐天(いや、でも御坂さん今年で14才だし、さすがに本気ってわけじゃ……)

美琴「どうしたの?」

佐天「い、いえ……」

佐天(あの純粋な目……本気で信じてるんだ……)

佐天(だったら、あたしが御坂さんの夢を壊していいはずがない!)




上条「インデックスにオナニーを見られた……」

2016-01-01 (金) 18:01  禁書目録SS   2コメント  
5: >>3 ありがとう 2015/12/24(木) 00:41:56.76 ID:db5qEf0w0


上条「インデックスが小萌先生のとこに行っちゃったし、しばらくは1人か……」

上条「冬休みの課題……は一月から始めればいいか」

上条「だったら掃除でもするかなぁ」

上条「いや、せっかく1人なんだし……、オナニーでもするか」

上条「じゃあ、早速ベットで横になってケータイでオカズでも探しますか」

上条「ってか、普段はインデックスにベッドを譲ってるから、オナニーのときにしかベッドつかってねぇな」

上条「俺のベッドなのに。あぁ、でもなんだかいい匂いがする」

上条「俺と同じシャンプー使ってるはずなのになー」

上条「なんか匂いだけで興奮してきた」

上条「でも、匂いだけで出したら、もったいないような気がする」

上条「久々のオナニーだし、じっくり楽しまないとな」




浜面「JCスタッフいい加減にしろ…」

2015-12-31 (木) 18:01  禁書目録SS   1コメント  
1: ◆.kNQhxNn5U 2015/12/07(月) 00:20:33.17 ID:J0xucp1i0

浜面「ぶっ殺すぞ」

滝壺「急にどうしたの?はまづら」

浜面「どうしたもこうしたもねぇよ滝壺。アニメ禁書3期がいつまで経っても始まらねぇんだよ!」

滝壺「ああ、そのこと。アニメ業界も難しいんだよ、きっと」

浜面「だってさ、原作未読側からすれば、俺ってただの一児の母を殺そうとしたクズって認識なんだろ?」

滝壺「実際はまづらはクズだよ」

浜面「えぇー…。ここは滝壺が例の台詞で俺を慰めてくれる所じゃねぇのかよ」

滝壺「そんなの知らない」

浜面「いつもの穏和な滝壺はどこに行った…」




ココア「英語の宿題が分からないって? お姉ちゃんに任せなさい!」

2015-12-04 (金) 18:01  禁書目録SS ご注文はうさぎですか?   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:09:45.84 ID:4A1gm+lio

※ごちうさ短編



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:10:30.89 ID:4A1gm+lio

チノ「この問題です」

マヤ「3人で考えたんだけど分からなくってさー」

メグ「ココアちゃんなら分かるかもって思って……」

ココア「まあ中学英語ならお茶の子さいさいだよ!」

マヤ「おお、自信満々!」

ココア「そりゃあ高校生ですから!」


チノ(この前英語で赤点取ってましたけどね)