ミルクボーイ「ガルパンの同人誌をいただきました!」

2020-02-22 (土) 00:07  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: ◆saI1ZNzQKuJn 2020/02/07(金) 23:09:31.48 ID:RUNve7HY0

ミルクボーイのコーンフレークネタをガルパンのカップリングに変換したものです
三つのカップリングで書いてます




2: ◆saI1ZNzQKuJn 2020/02/07(金) 23:11:41.59 ID:RUNve7HY0

【エリみほ】

「どうもミルクボーイです。お願いします」

「ありがとうございます」

「今、感想をいただきましたけどもね」

「ありがとうございます」

「こんなんなんぼあってもいいですからね」

「いうとりますけれどね」




麻子「……華、さん」 華「はい?

2020-01-30 (木) 12:01  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: 書き溜め投下します 2020/01/12(日) 19:13:40.65 ID:zPoxPRfb0

ー大洗女子学園演習場ー

ドォォォン… ヒュパッ!

『――アンツィオ高校CV33、全車走行不能! 大洗女子の勝利!』



ペパロニ「んあー負けちったかぁ! すいませんドゥーチェ~」

アンチョビ「も~、ちゃんと色鉛筆作戦の説明しただろ~?」

ペパロニ「や~作戦は聞いてたんすけど戦車乗ったら内容忘れちゃって!」

アンチョビ「ぐぬぅ……お前いつもそう言ってないかぁ?」

カルパッチョ「まぁまぁ、今日は親善試合ですから」

みほ「お疲れ様でした、アンツィオ高校の皆さん」

優花里「相変わらず勢いのある素晴らしい戦いでしたね!」

麻子「まぁいつものアンツィオだったな」

ペパロニ「そうっすか? いやーそこまで褒められると嬉しいっすね!」

アンチョビ「負けたのに喜ぶなーっ!」

沙織「まーまー楽しい試合ができたのは事実だし!」

アンチョビ「そ、そうか? なははは! では負け試合……じゃなかった、良い試合のあとは宴だー!」

華「やりましたぁ♪」

沙織「華、試合の時より楽しそうだね」

華「アンツィオの方々が作るお料理はどれも美味しいですから。わたくしもう試合の前からお腹が鳴ってて……」グギュルルルル

ペパロニ「いいっすねぇ~姐さん! 窯一杯にパスタ作るから遠慮しないでくださいっすね!」

華「はい、全部いただきます♪」

ペパロニ「……やっぱりちょっとだけ遠慮してほしいかもっす」




【ガルパン】エリカ「あの頃には戻れない」

2020-01-25 (土) 12:01  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 15:43:39.33 ID:fZRx73yjO


ーあんたホントに鈍臭いわねー

ーそれでも西住流なの?ー

ーあんたのせいで10連覇がなくなったじゃない!!!!ー

ーあんたなんか嫌いよ!ー



エリカ(あの時、酷いことを言ったものだわ。)




【ガルパン】角谷杏殺人事件【SS】

2020-01-25 (土) 00:07  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: ◆jPr03Kti1lbd 2019/11/06(水) 16:55:43.50 ID:C9OZbbsq0



桃「武部、今日もいいのか?仕事手伝ってもらって」

沙織「勿論です!なんたって私たちは次期生徒会ですから!」

優花里「お任せください!」

柚子「来年度の大洗女子は安堵だね~」

華「角谷会長に恥じないよう頑張ります」

桃「そりゃ頼もしい、さぁ生徒会室に行くぞ」

みほ「いいんですか?私たちもお邪魔しちゃって」

柚子「遠慮しないで、お菓子とお茶も用意するから」

麻子「では遠慮なく」

沙織「麻子ったら…」

柚子「桃ちゃんも今日、生徒会室の掃除当番の日なのにスッポかしてね~」

桃「ちゃんと掃除しただろっ」

柚子「言われなきゃ忘れてたクセに~」

桃「うぅ…すまない…」

優花里「まぁまぁ…」




アンチョビ「大学生活始めたのはいいが…」

2019-12-31 (火) 18:01  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/28(木) 00:00:49.65 ID:sS+zObMw0

アンチョビ「授業がない日は暇だなぁ」

アンチョビ「大学の戦車道も今日は休み」

アンチョビ「新しい恋愛小説でも読むかな」

ピンポーン

アンチョビ「ん?誰だろう…大学に近いこの部屋を借りてるのはまだ知らせてないが」

アンチョビ「はーい」ガチャ

>>2




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/28(木) 00:01:43.77 ID:KuNBLrHbO

札束一杯のトランクを届けに来た黒服



西住まほ「昨日、面白いアニメを見つけた」逸見エリカ「アニメ?」

2019-12-25 (水) 12:01  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/01(日) 17:04:52.04 ID:R6qFAanHo

エリカ「隊長がアニメって珍しいですね。そういうのは見ないものだと思っていました」

まほ「ああ。普段は見ないんだが、たまたま昨日、インターネットのイヤッフゥゥゥで検索していたら偶然見つけたんだ」

エリカ「何でそんなはっちゃけてるんですか。マリオみたいになってますけど」

まほ「それで、これはかなり面白いアニメだったから、エリカにも是非見てほしいと思った訳だ。エリカもきっと私に阿鼻叫喚すると思う」

エリカ「共感の間違いでは? 何でアニメ見て隊長に泣き叫ぶんです」

まほ「ただ、これは知る人ぞ知るというマニアックなアニメらしいからエリカは恐らく知らないと思うが」

エリカ「何でしょう?」

まほ「『ガールズ&パンツァー』ってアニメを知っているか?」

エリカ「隊長、知らない方がどうかしています。私達をモデルにして作られたアニメじゃないですか」




【ガルパンSS】西住姉妹のオールナイトニッポン

2019-12-13 (金) 12:01  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: ◆oWubD6tB7k 2019/11/18(月) 01:55:04.19 ID:2xQRgIrh0

散々こすられ尽くしたであろうガルパンラジオものです。
熊本県出身のお二人ということで元ネタはあの人たち。


ポン、ポン、ポン、ポーン


みほ「皆さんこんばんは、西住みほです」

まほ「私だ」

二人「西住姉妹の、オールナイトニッポン!」

エーンターエーンターミッショーンはやくーここにおいでー♪


まほ「いや参ったな」

みほ「お姉ちゃん、毎週毎週何をそんなに参ることがあるの……」

まほ「昨日お母様から電話があった」

みほ「お母さんから?」

まほ「ああ、なんでも……今度グラビアに挑戦するそうだ」

みほ「それは参るね……わたしも参っちゃうもん」

まほ「水着グラビアだそうだ」

みほ「しかも水着……」

まほ「スクール水着を着るらしい」

みほ「ええ……」

まほ「……想像したくないな」

みほ「雑誌は?」

まほ「ヤンジャン」




まほ「みほ……お誕生日おめでとう」

2019-11-19 (火) 18:01  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/10/22(火) 20:06:09.61 ID:RUfgLs9bO

ピーンポーン

みほ「うん? こんな時間に誰だろう?」ガチャ

小梅「みほさん! お誕生日おめでとうございます!」

エリカ「誕生日……祝いに来たわよ」

みほ「赤星さんにエリカさん……どうしてここに?」

エリカ「相変わらず鈍いわねぇ。貴方の誕生日だからに決まってるじゃない」

エリカ「私は別に貴方の誕生日なんてどうだっていいんだけどね」

エリカ「小梅がどうしてもって言うし隊……まほ先輩にもプレゼント渡すように頼まれてるから……それだけよ」

小梅「もーエリカさんは素直じゃないんだから」

小梅「エリカさん口ではこう言ってますけど本当は凄くみほさんに会える日を楽しみにしてたんですよ」

小梅「プレゼント選びの時だってどれにするか迷って何時間も……むぐ」

エリカ「小梅……これ以上何か言ったら晩御飯作ってあげないわよ」クチフサギ

小梅「んぐ……んー……んー!」ジタバタ

みほ「エ、エリカさん……このままだと赤星さんが……」

エリカ「あ、ああ……ちょっと力を入れすぎたみたいね」

エリカ「ごほん……ともかく私はまほ先輩のプレゼントと小梅の付き添いに来ただけだから……とりあえず部屋に入れて貰える?」

みほ「あ……ちょっとだけ待っててくれるかな。お部屋お片付けしないと」スタスタ

小梅「す、すみません。急に押し掛けちゃって」

みほ「ううん気にしないで……誕生日に人が来てくれるのって何だか新鮮だし私も赤星さんやエリカさんと話したかったから」タッタッタ




【ガルパン】女騎士エリカ「くっ、殺せ!」

2019-11-16 (土) 18:01  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: ◆saI1ZNzQKuJn 2019/10/19(土) 23:53:42.43 ID:AOsonBXw0

エリみほです
エリカの女騎士というキーワードだけで勢いに任せて書いたので至らないところは妄想力でカバーしてください




2: ◆saI1ZNzQKuJn 2019/10/19(土) 23:55:28.54 ID:AOsonBXw0

エリカ「お呼びでしょうか、姫様」

まほ「エリカ、よく前線から戻ってきてくれた。呼んだのは他でもない、みほとお母様のことだ」

エリカ「みほ……姫様と女王様の?そういえば姿が見えませんが……」

まほ「実は昨夜、山賊に拐われてしまったんだ」

エリカ「そんな!すぐに追わないと!」

まほ「落ち着け、エリカ。勿論あなたにも行ってもらうつもりだ。しかし知っての通り我々黒森峰王国と隣国のプラウダ連邦は戦争中……二人のために兵は多く出せない」

エリカ「構いません!私一人でもやり遂げてみせます!」

まほ「ありがとう。では二人まず預ける。あなたならば大丈夫だと思うが、危険だと思ったら無理はせず応援を要請してくれ」

エリカ「はい!必ずや救いだして帰ってきます!」




優花里「台風ですか!?」

2019-09-14 (土) 18:01  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: ◆o3qhmpCK4I 2019/08/14(水) 04:23:21.99 ID:+1GK1Sfh0

9月某日…台風の日。

優花里「ちょっと倉庫の様子を見てきます!」

みほ「大変!!優花里さんが行方不明になっちゃった!」

華「生徒会にも職員室にも電話が繋がりません!」

麻子「携帯もここに置きっ放しらしい」

沙織「どうするの!?外すっごい雨と風だよ!?」

みほ「探しに行こう!!このままじゃ優花里さんがっ…」

麻子「西住さんまで行方不明になるぞ」

沙織「そうだよみぽりん!危ないって!」

華「気持ちは分かりますが今はダメです!」

みほ「こうして優花里さんのいない日常が始まったのでした…」




【ガルパン】ミカ「そうだ、短期転校しよう」

2019-09-12 (木) 12:01  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/12(月) 23:38:38.56 ID:KvGTO33c0

アキ「おーい、キノコ採ってきたよー」

ミッコ「うえ…やめなよそのキノコ、前それ食べて2日寝込んだじゃん」

アキ「あれ、そうだっけ」

ミッコ「はぁ…毎日朝昼夜食料の確保に苦労するのはもうウンザリだよ」

アキ「愚痴ったってしょうがないじゃん」

ミッコ「華の女子高生が何が悲しくてサバイバルしなきゃなんないのさ」

アキ「文句言うなら食料探すの手伝ってよぉ」

ミカ「…」ポロン

アキ「ほら、ミカも何か言ってやって…」

ミカ「そうだ、短期転校しよう」




【ガルパン】西住みほ「(本当に転校しよ)」

2019-08-19 (月) 18:01  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: ◆SQqWWhlKYQ 2019/07/26(金) 18:24:07.26 ID:nrTVhi8mo

ーアンツィオー

アンチョビ「ようこそ!ノリと勢いとパスタと...アンツィオへ!」

みほ「....」

アンチョビ「どうした?元気がないけど何かあったか?」

みほ「いえ、大丈夫です。少し疲れてまして」

アンチョビ「そうか、しかし気にすることはないぞ」

アンチョビ「なぜならアンツィオの料理を食べたらそんなこと吹き飛ぶからだー!」ババーン

アンチョビ「湯を沸かせー!釜を焚けー!」ドゥーチェ

みほ「っ!凄く美味しそう!」

アンチョビ「ふっふっふ、そうだろそうだろ~」

アンチョビ「さあ!食べるぞ~!」

みほ「頂きます!」フォーク




【ガルパン】みほ「誰かがおならした」

2019-08-18 (日) 18:01  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: ◆jPr03Kti1lbd 2019/07/26(金) 17:06:56.77 ID:+DH4xDXv0



・みほ宅でパジャマパーティするあんこうチーム


沙織「ねー明日休みだし、どっか行こっか」

麻子「昼くらいから行けるところがいい」

華「麻子さん、朝は寝ていたいだけですよね」

優花里「久しぶりに戦車喫茶行きませんか?」

麻子「行く!」

華「行きたいです」

沙織「もー、麻子も華も食べることばっかり」

みほ「あはは、明日はお昼に戦車喫茶でノンビリしよっか」

沙織「しょーがないなー」



ぷすぅ…



みほ「!?」

沙織「!?」

華「!?」

優花里「!?」

麻子「!?」




【ガルパン】西住みほ「(転校しよ)」

2019-08-16 (金) 18:01  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/25(木) 13:42:58.05 ID:GO9M7iUro

みほ「プラウダ高校との試合...私のせいで負けちゃった」

みほ「ははは...お姉ちゃんやお母さんになんて言われるかな...」ガチャ

まほ「みほぉぉぉぉぉぉ!!みほぉぉぉぉぉ!!」クンカクンカ

みほ「」

まほ「ああ可愛いよみほ!なんて優しいみほ!みほみほみほみほぉぉぉぉ」ドプリュリュ

みほ「お姉ちゃん?」

まほ「?ああ、みほか。待っていたよ。大事な話がある」クンカクンカ

みほ「ここ、私の部屋だよね?」

まほ「先程のプラウダとの試合だが、残念ながらあれで黒森峰の10連覇は無くなってしまった」ハスハス

みほ「いやあのお姉ちゃん?」

まほ「しかし気にすることはない。みほの行動は間違ってなんかいない。むしろ間違っているのはあのプラウダの連中だ!大体...」ペロペロ

みほ「私のパンツを被って何してるの?」

まほ「ん?ああ、これはみふぉが責任ふぉ感じ!ていりゅと思って私のぉ匂いで安心させようとぉお」スーハースーハ

まほ「したわけだ。決してみほのおパンツの温みや香りを堪能していたのではない!!」キリッ

みほ「(転校しよ)」




【ガルパン】麻子「沙織のらぶらぶ作戦」

2019-08-16 (金) 00:07  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: ◆jPr03Kti1lbd 2019/06/28(金) 00:57:06.31 ID:r3/Rzka80




麻子「…」ムッスー

みほ「…」

華「…麻子さん、どうしたんでしょう」

優花里「機嫌悪いみたいですね」

麻子「いや、別に機嫌が悪いわけではない」

麻子「私は沙織が心配なんだ」

みほ「沙織さん?」

麻子「昨日、大洗の海岸を沙織と歩いていたら…」




沙織「みーぽりん!S○Xしよ!」みほ「え!?」

2019-08-14 (水) 00:07  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/22(月) 22:09:48.78 ID:08zeeolQ0

華「まあ///」

優花里「武部殿!?」

麻子「暑さでとうとうおかしくなったか」

みほ「と、突然そんなこと言われても…」

沙織「違うって、東京ラブストーリーの台詞であったじゃん!元はカンチだけど」

優花里「タイトルは聞いたことありますが…」

華「内容までは知りませんね」




アンチョビ「一万回目の二回戦」

2019-08-06 (火) 02:16  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: ◆JeBzCbkT3k 2019/07/13(土) 21:23:54.56 ID:l6pE73h60

・長いです。
・ガルパンです。
・なるべく調べるようにはしましたが、文献との相違あるかもしれません。
 ご容赦いただければ幸いです。




2: ◆JeBzCbkT3k 2019/07/13(土) 21:29:55.42 ID:l6pE73h60


『フラッグ車、P40、走行不能!』

 審判長の声が響く。
 自車の白旗が見え、辺りを見渡して確認すると、アンツィオの車両からは全て同じものが揚がっていた。

 みんな怪我はなさそうで安心はしたけれど――、

『大洗女子学園の、勝利!』

 つまり、アンツィオ高校の敗北。敗北だ。
 アンツィオは今年も二回戦を突破できなかった。

 口からは無意識に「うあー」と声が漏れる。

 もしかしてとは思った。
 このままではとも思った。
 けれど実際にその瞬間を迎えてしまうのは悔しかった。

 ――あぁ、本当に、胸がきつく締め付けられるようだ。
 私たちには何が足りなかったのだろう。




【ガルパン】みほ「お姉ちゃんお誕生日おめでとう!」

2019-07-19 (金) 00:07  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/06/29(土) 00:18:16.17 ID:SeDIubDm0

まほルーム

しほ「まほ……準備はよろしいですね」

まほ「はい……お母様」

しほ「何度も言いますがこれは戦車道のためでもあるのです」

しほ「戦車道とは立派な良妻賢母を育てる為の競技」

しほ「つまりそれは逆説的に言えば良妻賢母になれば戦車道を極めたことと同じ」

しほ「だからこそまほが今から行うことも戦車道を極める手段の一つなのです」

しほ「分かっていますね?」

まほ「はい。分かっております」

まほ「最初は戸惑いましたがもう慣れたことです。安心してください」

しほ「良い返事です。では早速ーー」

しほ「哺乳瓶の用意をしなさい!」

まほ「はい……お母様哺乳瓶の用意が出来ました」サッ




【ガルパン】小島「遂に私の名前が決まりました!」

2019-07-18 (木) 18:01  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/30(日) 16:06:20.35 ID:VjnCuPooO

ーー無限軌道杯マジノ戦後

エリカ「ミーティングは以上よ。他に何かある?」

小島「はい!」

エリカ「エミ、どうぞ」

小島「私事で申し訳ありませんが、この度遂に私の名前が決まりました!」

エリカ「……はぁ?」

小島「これもすべて皆様のお陰だと思っています。本当にありがとうござ……」

エリカ「ちょっ、ちょっとまって!あんた何訳分かんない事言ってんの!?名前決まったって、あんたずっと小島エミでしょ?」

小島「そう、私は小島エミ。生まれてこの方ずっと小島エミ。でもある時から私は小島エミではなかった」

エリカ「さっぱり分からないわ……」

小島「……質問しますが大洗との決勝戦からこの試合が始まるまで私を何と呼んでいましたか?」




【ガルパン】みほ「黒森峰での戦車道」

2019-07-12 (金) 12:01  ガールズ&パンツァーSS   1コメント  
1: レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/06/22(土) 01:10:54.56 ID:A531SyzG0

まほ「みほ……大丈夫か?」

みほ「……あ、お姉ちゃん」

みほ「やっぱり……間違いだったのかな」

みほ「プラウダとの試合の時……助けなきゃって体が勝手に動いちゃって」

まほ「…………」

みほ「でもそのせいで負けちゃったんだよね……」

みほ「本当にごめんなさい……」

まほ「……みほ。謝る必要なんて無いんだ」

まほ「みほはそれが正しいと思って行動に移したんだろう?」

まほ「確かに今回の戦いはその隙を突かれ優勝を逃してしまったが」

まほ「優勝は次の戦いですれば良い」

みほ「は……ははは。ありがとう……わざわざ私なんかの為に気を使ってくれて」

みほ「やっぱりお姉ちゃんは優しいな……」

みほ「でもね……本当は分かってるんだ。私はお荷物だって」

まほ「別にお荷物だなんて……」