ハウ「えぇ!?リーリエが赤ちゃんになっちゃったのー!?」

2016-12-24 (土) 00:07  ポケモンSS   1コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:02:22.35 ID:tPpUjheb0

ククイ「ああ、朝リーリエを呼びに行ったら返事じゃなくてなきごえが聞こえてね」


ククイ「様子を見に行ったらそこにいたのはリーリエじゃなくて」


リーリエ「オギャー!オギャー!」


ハウ「この赤ちゃんだったってわけ?」


グラ爺オ「アルバムで見た赤ん坊のころのリーリエそのままじゃ。間違いない、本人じゃろう」


ヨウ「……」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:03:28.07 ID:tPpUjheb0

ハウ「何でリーリエが赤ちゃんになったの?」


ハウ「あと何でグラジオはおじいちゃんになってるの?」


グラ爺オ「ワシが一番知りたいわい」


ククイ「それが全くわからないんだ。それだけじゃなくバーネットからの連絡があったけど」


ククイ「こういう現象はアローラのあっちこっちで起きているらしいんだ」


ハウ「本当?」


ククイ「ああ、今バーネットが調査している途中だ。原因が見つかるまではとりあえずリーリエの面倒を見るしかない」


ハウ「面倒見るって言われても」


リーリエ「うぇぇぇぇぇん!!!」


ハウ「おれ赤ちゃんの世話なんてしたことないよ」


ククイ「ポケモンの世話ならともかく赤ん坊は流石に未経験だ」


グラ爺オ「リーリエの面倒は母上がやってた…。だからワシにはできんぞ」


グラ爺オ「肝心の母上も今は休養中…。まいったのう…」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:04:04.74 ID:tPpUjheb0

リーリエ「うぇぇぇぇぇん!!!」


ククイ「あーよしよし、困ったな、さっきからずっと泣き止まないんだ」


ハウ「ベロベロバー」


リーリエ「うぇぇぇぇぇん!!!」


ハウ「だめだ、ちっとも泣き止んでくれない」


ハウ「ねぇ、グラジオもなんかやってよ」


グラ爺オ「ワ、ワシもやるのか!?」


リーリエ「うぇぇぇぇぇん!!!」


グラ爺オ「チッ…」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:07:57.17 ID:tPpUjheb0

グラ爺オ「……」スッ


グラ爺オ「いないいない…ばぁ!!!」


リーリエ「ふぇ…?」


ハウ「からの?」


グラ爺オ「フッ、何してるんじゃ、ワシ」


リーリエ「………」


リーリエ「うぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!!!」


ハウ「ああ!いいところまで行ってたのに!」


グラ爺オ「バカな…。実の兄があやしているのに泣き止まないだと…!?」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:09:36.94 ID:tPpUjheb0

ククイ「がむしゃらにやってもまるでだめだ。まいったな」


ハウ「ああもうどうしよう、ねぇヨウどうしたらいい?」


▶心当たりがある
いい考えがある


グラジオ「何か策があるのか?」


ヨウ「……」コクリ


グラ爺オ「…わかった、リーリエはお前に預けよう」


グラ爺オ「どうやら今回の件はワシたちではどうにもできないからのう」


ククイ「それじゃあヨウ、リーリエを頼むよ」


ヨウは リーリエを 抱いた




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:10:16.40 ID:tPpUjheb0

リーリエ「ふぇ?」


ヨウ「……」


リーリエ「……あは」


グラジオ「!?」


リーリエ「きゃっきゃっ!あー!」


ハウ「あ!リーリエが笑った!」


ククイ「これは驚かされた。あんなに泣き止まなかったリーリエがヨウに抱かれただけで笑うなんて」


グラジオ「バカな…!?」


ハウ「でもこれでひとまず問題は解決したね!」


ククイ「いやまだだ、まだ子守りの仕方がわかってない」


ククイ「だけどそれを含めていい考えがあるんだろ?」


ヨウ「……」コクッ




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:11:06.45 ID:tPpUjheb0

ママ「ふ~ん、テレビでも結構話題になってたけどリーリエちゃんもそんなことになってたのね」


ママ「それで子守りの仕方がわからないから私に尋ねてきたと」


ヨウ「……」コクッ


ハウ「なるほどね~、確かに子供の世話の仕方を聞くには母親が一番だもんね~」


リーリエ「きゃはは!」


グラ爺オ「何でワシではなくあいつにあの笑顔を見せるんだ…」


ママ「わかった。それじゃあ一通り説明するからちゃんと聞きなさいよ」


ヨウ「……」コクッ




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:13:13.14 ID:tPpUjheb0

ハウ「行っちゃったけどなんとかなりそう?」


もちろん
▶大丈夫


ハウ「なら安心だね!」


リーリエ「うぅ…」


ヨウ「!?」


リーリエは泣き出した


リーリエ「うぇぇぇぇぇん!!!」


ヨウ「……」オロオロ


ハウ「うわっ!一体何!?」


ロトム図鑑「きっとお腹が空いているロト、ミルクを飲ませないといけないロ」


グラ爺オ「ああ、そういえばいたのう、お主」




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:14:34.81 ID:tPpUjheb0

急いでミルクを作って飲ませて上げた


リーリエ「むっ…んっ」ゴクゴク


リーリエ「んぱぁ!」


泣き止んだ。お腹がいっぱいになったみたいだ


トントン


リーリエ「ゲプッ」


ハウ「ふぅ、これで一安心だね」


リーリエ「ふわぁ……ZZz…」


グラ爺オ「飲むだけ飲んだら眠ったようじゃな」


ハウ「それにしてもリーリエは赤ちゃんになっても可愛いね」


グラ爺オ「当たり前じゃ、妹じゃからな」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:15:34.40 ID:tPpUjheb0

バタン


ククイ「大変だ!」


ハウ「うわっ!ククイ博士どうしたの?」


グラ爺オ「言ってる傍から!今リーリエが寝付いたところなんじゃ!」


リーリエ「ZZz…」


ククイ「おっとすまない、だけどその大変なんだ」


ククイ「バーネットから連絡があった。この一連の騒動の原因がわかったんだ」


グラ爺オ「何!?」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:17:34.85 ID:tPpUjheb0

ククイ「ラナキナマウンテンに突如巨大な時空の歪みが観測された。そしてその歪の中からディアルガが出てきたのを見たんだ」


グラ爺オ「ディアルガ!?」


ハウ「ディアルガってあのディアルガ?」


グラ爺オ「なぜディアルガがアローラに…」


ククイ「わからない。ただディアルガは時を司る伝説のポケモン」


ククイ「リーリエが赤ん坊に、そしてグラジオがお爺さんになった原因はきっとディアルガと関係している」


ククイ「僕はすぐにラナキナマウンテンに向かう。手伝ってくれないか?」


ハウ「もちろん!グラジオはどうするの?」


グラ爺オ「当然行くに決まっておる。リーリエにこんな姿にさせたやつはワシが倒す!」


ククイ「ヨウは…無理そうだな」


リーリエ「ZZz…」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:20:20.83 ID:tPpUjheb0

ククイ「仕方ない、ヨウはリーリエの面倒を見ていてくれ」


ククイ「何かあったら連絡するんだぞ」


ヨウ「……」コクン


ハウ「それじゃあ行ってくるね」


グラ爺オ「ディアルガ、相手にとって不足はない…!」


バタン




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:21:02.99 ID:tPpUjheb0

リーリエ「ZZz…」


ロトム図鑑「行っちゃったロト」


ニャース「ニャ―」


ヨウ「……」


ロトム図鑑「とても気持ちよさそうに寝てるロトね」


リーリエ「ZZz……んまぁ……」


ロトム図鑑「この寝顔は取っておくべきだロ」カシャ


リーリエ「んぅ…ZZz…」


意外と重い


このまま抱いているのは結構疲れる、ベッドに寝かせよう




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:22:09.66 ID:tPpUjheb0

ヨウの部屋


リーリエ「ZZz…」


ヨウはリーリエをベッドに寝かせた


リーリエ「!!」パチッ


ロトム図鑑「もう目が覚めたロト!?」


リーリエ「……ふぇ」


ヨウ「!?」


リーリエ「うぇぇぇぇぇん!!!」


ロトム図鑑「大変ロト!なんとか泣き止まさないト!」


ヨウ「…!」




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:23:05.30 ID:tPpUjheb0




リーリエ「うぇぇぇぇぇぇん!」


ヨウ「…」


ポン!


ソルガレオ「ラリオーナ!」


リーリエ「ふぇ?」


ソルガレオ「ラリオーナ!」


リーリエ「……」




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:24:04.68 ID:tPpUjheb0

リーリエ「あぶぅ!」ニコーッ!


ロトム図鑑「リーリエの機嫌がよくなったロト!」


ソルガレオ「ラリオーナ!」


ソルガレオはリーリエを乗せたがっている


リーリエ「あう!」


ソルガレオの上に一緒に乗りますか?


▶はい
いいえ


ソルガレオ「ラリオーナ!」


ひょい


リーリエ「あいやいやー!」


ドドドドドドドドドド!!!




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:25:46.01 ID:tPpUjheb0

一方


ディアルガ「グギュグバァッ!!」


ハウ「これがディアルガ!?」


ククイ「神話の存在が目の前にいるなんて、身体の震えが止まらないよ」


グラ爺オ「ハァ…ハァ…、年を取ると山に登るのが辛くなる…」


ディアルガ「グギュグバァッ!!」


グラ爺オ「答えるのじゃディアルガ!なぜ島の人たちの年を変えた!」


ディアルガ「グギュグバァッ!!」ピカーン


グラ爺オ「ぐわっ!」


ハウ「頭が痛い!」


ククイ「一体何するつもりだ!」


ディアルガ「グギュグバァッ!!」


ピカァ!




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:27:55.30 ID:tPpUjheb0

グラ爺オ「これは…」


異次元に関係しているポケモンのレポート

空間の繋がりを自在に操るパルキア
破れた世界と呼ばれる異空間に棲むギラティナ
異次元から雨を呼んだドータクン


「おい、ディアルガはぶられてるぞw」


「まあ空間操れないから仕方ないねw」


「ドータクンにポジション取られたディアルガカワイソス…」


「ざまぁw」


「真の伝説はドータクンだったのか」


ディアルガ「…」プチッ




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:29:27.34 ID:tPpUjheb0

グラ爺オ「は!今のは一体!」


ハウ「なんだったの?なんかすごいポケモンたちがいた気がしたけど」


ククイ「どうやらディアルガの怒りの原因を俺たちに見せてくれたらしい」


ディアルガ「グギュグバァッ!!」


グラ爺オ「ようするに神としての威厳を見せつけるために島の人間たちの年を操ったわけか、ふざけるな!」


グラ爺オ「貴様の身勝手な理由でワシらがどんなにひどい目にあっているのかわかるか!」


グラ爺オ「この怒りを全力で貴様にぶつけてやる!行けシルヴァディ!」


シルヴァディ「グォン!」


ハウ「いけ!ライチュウ!」


ライチュウ「ライラーイ」


グラ爺オ「いくぞ!ディアルガ!」


ディアルガ「グギュグバァッ!!」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:30:40.11 ID:tPpUjheb0

ソルガレオ「ラリオーナ!」ドドドドドドド!!!


リーリエ「きゃははは!」


ロトム図鑑「伝説のポケモンをライドポケモンに使うなんて伝説の無駄遣いロト」


リーリエ「あーぶー!!!」


ロトム図鑑「だけどとっても楽しそうロト」


ヨウ「……」


ヨウはさらにソルガレオのスピードを上げた!


ドドドドドドドド!!!


ソルガレオ「ラリオーナ!!!」


リーリエ「あはははは!!!あっ………」




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:31:36.68 ID:tPpUjheb0

リーリエ「……!!!」ビクッ


ロトム図鑑「おや?リーリエの顔がなんか青ざめているロト」


リーリエ「うっ…んんぅ…!」プルプル


ロトム図鑑「顔が随分強張ってるロト、何か踏ん張って見えるロト、ふんばリーリエロト」


リーリエ「んん!!!」


ヨウ「!?」


びちゃびちゃびちゃ


ロトム図鑑「ん?」


リーリエ「あうぅ…」スッキリ


ロトォオオオオオオオオ!!!




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:32:14.86 ID:tPpUjheb0

実家


ロトム図鑑「早く何とかするロト!!!うへぇ…どこかショートしてないロ?」


ヨウ「……」


リーリエ「うぅ…」


リーリエが気持ち悪そうな顔をしている


おむつを外しますか?


▶はずす
はずさない


ヨウはおむつをはずした




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:33:25.34 ID:tPpUjheb0

リーリエ「うぅ…」ジワッ


ロトム図鑑「これはすぐに処理をしてっと…」ポイッ


ロトム図鑑「それじゃあ早速おむつ替えるロ!」


ヨウ「……」


替える
▶替えない


ロトム図鑑「え?変えないロト?じゃあどうするロ?」


やっぱ替える
▶お風呂に入る


ロトム「えっ、いやいくらかなり汚れたからと言ってそれは流石にまずいロト、そもそもそれって完全な変態…」


ヨウ「……」ポイッ


ヨウはモンスターボールを投げた


ロトム図鑑「ちょっ!」ポン!


ポン ポン ポン カチッ


おめでとう! ヨウはロトムをゲットした!




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:36:12.04 ID:tPpUjheb0

お風呂


シャアアアアアアア


リーリエ「きゃっきゃっ!」バシャバシャ


火傷しないように、しかし風邪も引かないように適温なお湯をリーリエに浴びせた


ヨウ「……」ふきふき


ヨウはリーリエの小さすぎる身体を綺麗に洗った


傷をつけないように丁寧に洗う


頭から足の指まで細かいところは全部綺麗にした


ヨウ「……」


リーリエ「あふぅ…」


リーリエは気持ちよさそうだ!


リーリエ「ふ~…」スッキリ


リーリエはとてもすっきりしたようだ




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:39:59.16 ID:tPpUjheb0

チャポン


リーリエ「きゃっきゃっ!」


リーリエは湯船につかって最高にリラックスしている


リーリエ「ばぶー!」


リーリエは最高に懐いているようだ


リーリエ「きゃあ!!!あはは!!!」


ヨウ「……」


ヨウはリーリエの手を握った


湯船につかっているせいか、リーリエの小さな手は物凄く暖かかった


リーリエ「きゃっきゃっ!」




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:40:31.13 ID:tPpUjheb0

ピカーッ


リーリエ「う?」


おや?リーリエのようすが…




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:41:43.80 ID:tPpUjheb0


ディアルガ「グギュグバァ…」ドォン…


グラ爺オ「はぁ…はぁ…やった…勝った…」


ハウ「はぁ…はぁ…もう…これ以上は無理…」


ククイ「さあディアルガ、僕たちの勝ちだ。今すぐ島の人たちを元に戻すんだ」


ディアルガ「グギュグバァ…」ピカァ!


グラジオ「おお、元に戻っていた」


ディアルガ「グギュグバァ!」ビュン!


ハウ「ああ、行っちゃった」


ククイ「ディアルガ、恐ろしい相手だった」


グラジオ「あれが神話のポケモンの力か…。ウルトラビーストより恐ろしい」


ハウ「本当だねー。鍛えてなかったら一瞬でやられてたよ」


ククイ「さて、そろそろ帰るか。リーリエも戻っているみたいだし」




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:43:11.46 ID:tPpUjheb0

チャポン


リーリエ「……え?」


ヨウ「……」


おめでとう!リーリエが赤ちゃんから元の姿に戻った!


リーリエ「えっ……えっ……?」ジロジロ


ヨウ「……」


リーリエ「……」ジーッ


リーリエ「…!!!」ボッ///


キャアアアアアアアアアアアア!!!




30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:44:19.03 ID:tPpUjheb0

十数分後


リーリエ「……」


ヨウ「……」


リーリエ「…それで、お漏らしした私の身体を洗うために一緒にお風呂に入ったんですか?」


ヨウ「……」コクン


リーリエ「そんなの嘘です!嘘に決まってます!信じられません!この私がお漏らしなんてするはずないですし」


リーリエ「ましてや私が赤ちゃんになっていたなんてそんなの在り得ません!」プンスカ!


ヨウ「……」


リーリエ「確かに途中から記憶がありませんがだからって赤ちゃんになったなんてそんな話があるはずないです!」


リーリエ「証拠はあるんですか!」


ヨウ「……」スチャ


ヨウはロトムを繰り出し……




31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:45:17.86 ID:tPpUjheb0

ガチャ


ハウ「ただいまー」


グラジオ「リーリエ!元に戻ったか!?」


リーリエ「兄さま!ハウさん!ククイ博士!元に戻ったってどういうことですか?」


ククイ「さっきまでリーリエは赤ちゃんになっていたんだ」


リーリエ「えぇ!?」


ヨウ「…」


グラジオ「驚くのも無理はない、覚えてないだろうが今までお前は赤ん坊にされていたんだ」


グラジオ「ちなみに俺も爺にされていた」


リーリエ「ほ、本当に?」


グラジオ「俺がつまらない冗談をいうタイプに見えるか?」


リーリエ「い、いえ…だけどだとしたら一体何で…」


ククイ「それはディアルガがかくかくしかじかで…」




32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:46:25.83 ID:tPpUjheb0

リーリエ「…そうだったんですか…それじゃあヨウさんの言ったことは全部本当だったんですね」


リーリエ(私と一緒にお風呂に入ったのも私のお世話をするためだったなんて…。それじゃあ私、とんでもない勘違いを…)


リーリエ「あの…ヨウさん、勘違いをしてしまってごめんなさい…」


リーリエ「てっきり私は…」


グラジオ「勘違い?てっきり?おい、リーリエになんかしたのか?」


リーリエ「あ、いえ!こっちの話です!ちょっと戻ったときにアクシデントがあっただけなので」


グラジオ「?…ならいいが」




33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:47:55.60 ID:tPpUjheb0

ククイ「さて、元に戻ったことだしそろそろ帰るか…と言いたいところだけど」


ククイ「ディアルガのおかげで時間の乱れが不安定になってるらしいから調査にいかないと」


グラジオ「俺はエーテルパラダイスに戻る、財団も今回の騒動について調査を行うらしい」


ハウ「おレはハウオリシティでマラサダでも食べに行ってくるよ」


リーリエ「私は、ちょっと気分がすぐれないのでしばらく潮風にあたります」


グラジオ「無理はするなよ」


ハウ「じゃあねー」




34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:49:56.09 ID:tPpUjheb0

リーリエ「……あの、ヨウさん」


ヨウ「……」


リーリエ「疑ってごめんなさい。そしてありがとうございました」


リーリエ「さっきまでてっきりヨウさんのこととんでもない変態だと思っていましたので」


ヨウ「……」


リーリエ「でも、今の話を聞いてわかりました」


リーリエ「ヨウさん、私のために頑張ってお世話をしてくれたんですね。非力な赤ん坊となった私のお世話を」


ヨウ「……」


リーリエ「はぁ…私ったら、結局最後の最後までヨウさんの力を借りないと何もできませんでした」


▶そんなことはない
見てほしいものがある


リーリエ「え?そんなことはない?」




35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:52:57.28 ID:tPpUjheb0

ヨウ「……」スチャ


ポン!


ロトム図鑑「うへぇ…モンスターボールは狭いロト…」


ヨウ「……」ピピッ


ポケファインダー起動


ロトム図鑑「ロ!?」


リーリエ「これって…ヨウさん?そして抱いているのは…赤ちゃん?」


リーリエ「えっ、これって…もしかして私?」


ヨウ「……」


リーリエ「寝ているときの私の笑顔は本当にかわいかった?」


リーリエ「この笑顔のおかげでヨウさんのやる気がぐぐーんと上がったんですか?」


リーリエ「あの、覚えがありませんしかなり恥ずかしいですけど」


リーリエ「そう言ってくれると……こっちも嬉しいです///」


ヨウ「……」




36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:54:25.58 ID:tPpUjheb0

リーリエ「あの…それじゃあ、私はそろそろ行きますね」


リーリエ「それと、あの出来事は、くれぐれも内緒にしてくださいね///」


ヨウ「……」コクン


リーリエ「じゃあ、私はこれで」




リーリエ「……」


リーリエ「はぁ、やっぱりお風呂の件のことがどうしても頭から離れません」


リーリエ「これからどんな顔をしてヨウさんに会えばいいんでしょう…」


リーリエ「もう一度、気合い入れて頑張らないと!」




37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:56:00.11 ID:tPpUjheb0

ヨウ「……」


ギュウッ


リーリエのあの小さな手のぬくもり


柔らかい肌、つぶらな瞳


ヨウは新たに赤ちゃんリーリエの感触を覚えた!


ヨウはこの記憶と感触を永遠に刻み込むことにした


ヨウ「……」




ロトム図鑑「変態じゃない、ド変態ロト」


終わリーリエ




39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 00:03:12.63 ID:sBIcCTye0





元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480860142/

関連記事

ポケモンSS   コメント:1   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
47687. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2016/12/24(土) 14:45 ▼このコメントに返信する
ディアルガwww
コメントの投稿