【ガルパン】ダージリン「ペコの様子が変なの」まほ「エリカの様子が変なんだ」

2017-01-14 (土) 12:01  その他二次創作SS ガールズ&パンツァー   0コメント  
1: ◆3hqm7P36Pw 2016/12/26(月) 22:53:10.97 ID:rQlp64zxo


ダージリン「皆様ごきげんよう。聖グロリアーナ女学院、ダージリンですわ」

オレンジペコ「同じく、オレンジペコです」

ダージリン「ペコ、こんな格言を知っていて?」

オレンジペコ「知りません」

ダージリン「えっ」

オレンジペコ「それでは、さようなら」

ダージリン「お待ちなさいペコ」

オレンジペコ「はい?」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 22:54:06.36 ID:rQlp64zxo


ダージリン「どういうことなのペコ。私の格言を聞いてすらくれないなんて」

オレンジペコ「はあ」

ダージリン「も、もしかして私のことが嫌いになってしまったの?」

オレンジペコ「まさか。私がダージリン様を嫌いになるわけないじゃないですか」

ダージリン「じゃあなんでそんなに冷たいのかしら?」

オレンジペコ「ダージリン様、この前言っていたじゃないですか」

オレンジペコ「『世界に変革を求めるならば、自分自身を変えることだ』って」

ダージリン「ガンジーの言葉ですわね」

オレンジペコ「だから、私は自分自身を変えてみようと思ったんです。
これからもっと成長して、ダージリン様の聖グロリアーナの戦車道をいつか受け継ぐために!」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 22:54:43.55 ID:rQlp64zxo


ダージリン「それは素晴らしい心がけね。でも変えるベクトルをもう少し考えてほしかったわ」

アッサム「わかりましたわ」

ダージリン「アッサム、いたの?」

アッサム「冒頭からいましたよ」

ダージリン「アッサム聞いて。ペコの様子が変なの」

オレンジペコ「何がわかったんですかアッサム様」

アッサム「今日のオレンジペコは色々なことに挑戦する。つまりチャレンジペコね」

オレンジペコ「チャレンジペコ……!」

ダージリン「ダジャレじゃないの」

オレンジペコ「アッサム様!私気に入りました!今日はチャレンジペコになって色々なことに挑戦します!」





4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 22:55:38.50 ID:rQlp64zxo


ダージリン「ペコがそれで良いなら良いけど……そろそろ紅茶のおかわりを頂ける?」

オレンジペコ「かしこまりました。それでは」

オレンジペコ「ダージリン様。紅茶を注ぐので口を開けてください」

ダージリン「えっ!?何をするつもり」アーン

オレンジペコ「まずは茶葉を」ドザー

ダージリン「むほぉっ!?」

オレンジペコ「そしてお湯を。じっとしててください」ジョロロロ

ダージリン「ふがぁっ!熱ッッ!!あっつぅいっッッ!」ジタバタ




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 22:56:10.33 ID:rQlp64zxo


アッサム「ちょっと挑戦しすぎたわね」

オレンジペコ「ダージリン様ごめんなさい」

ダージリン「ふ、ふう。わかればいいのよオレンジペコ、いえチャレンジペコ」

アッサム「次は何にチャレンジするの?」

ダージリン「アッサム。余計なこと言わないで」

オレンジペコ「そうですね。ダージリン様、この紅茶をどうぞ」

ダージリン「見た目は普通ね……頂くわ」スチャ

ダージリン「……」

オレンジペコ「お味はどうですか」

ダージリン「ペコ、何を入れたの」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 22:56:59.91 ID:rQlp64zxo


オレンジペコ「ダージリンにコーラを混ぜてみました」

ダージリン「……にしては甘くないわね。変な味だわ」

オレンジペコ「コカコーラゼロなので」

ダージリン「せめて普通のコーラにして頂戴。なんでそんなアレンジしたの」

アッサム「なるほど。つまりこれはアレンジペコですね」

ダージリン「そういう感じ……」

オレンジペコ「私のアレンジいかがでしたか?」

ダージリン「飲み物を粗末にしてはいけませんわ。反省しなさい」

オレンジペコ「ごめんなさいダージリン様」シュン

ダージリン「わかってくれればいいのよ」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 22:57:35.97 ID:rQlp64zxo


オレンジペコ「それでは口を開けて下さい。紅茶を注ぎますので」

ダージリン「全然反省してないじゃない。ペコ、ちょっと変よ。何かあった?」

オレンジペコ「いえ全然。はい口開けて、ほら!」

ダージリン「もごごっぉ!!あっはふ!」

ダージリン「ペコの奇行を止めて!」

アッサム「あ、なるほど。これは変な行動をするオレンジペコ。つまりストレンジペコね」

ダージリン「あっっつう!!」ジタバタ

オレンジペコ「ごめんなさいダージリン様」ションボリ

ダージリン「わ、わかればいいのよ」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 22:58:17.42 ID:rQlp64zxo


アッサム「次はどんなオレンジペコを見せてくれるのかしら」ワクワク

ダージリン「アッサム。煽らないで」

アッサム「後輩の成長を見守るのは先輩の大事な役目ですわ」

ダージリン「成長の矛先が全部私に来てるのが問題なのよ」

オレンジペコ「ダージリン様、紅茶を注ぐので口を開けてください」

ダージリン「ほら来た!もうやられませんわよ」スタスタ

アッサム「オレンジペコから50メートル離れましたね」

ダージリン「これだけ距離があれば被害を受けずに済むでしょう」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 22:58:49.39 ID:rQlp64zxo


オレンジペコ「ダージリン様!口を開けててくださいねー!とりゃっ!」ポーイ

ダージリン「えっ」


ヒューン


バシャーン

ダージリン「ぽごぉっ!?」

アッサム「この距離で紅茶を投げてダージリンに命中させた!?」

アッサム「なるほど、つまりこれはロングレンジペコ……!」




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 22:59:19.32 ID:rQlp64zxo


オレンジペコ「お味はいかがですかー!!」

ダージリン「お、美味しいわ、味は、味はね……飲み物を粗末にするなと言ったでしょう」ビショビショ

オレンジペコ「ごめんなさーい!ダージリン様ーー!」

ダージリン「わかれば、い、いいのよ……」ビショビショ

オレンジペコ「ダージリン様、そろそろ戻ってきてください。遠いです」

ダージリン「ええ」ツカツカ トンッ

オレンジペコ「!!」

ダージリン「あら、ごめんあそばせ」

オレンジペコ「おい!今肩がぶつかったぞ!」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 23:00:05.68 ID:rQlp64zxo


ダージリン「え!?ちょっとぶつかっただけじゃない。それに謝ったでしょう」

オレンジペコ「許さねえ!ボコボコにしてやる!うおー!」

ダージリン「いい加減にしなさい」ペシッ

オレンジペコ「あうっ」コテッ

ダージリン「アッサム、今度は何レンジペコなの?」

みほ「これはオレンジボコですね。まるでボコのような性格になったオレンジペコさんです」

ダージリン「良く判断できたわね。さすがアッサムだわ」

アッサム「はい?私は何も言ってませんけど」

ダージリン「えっ」

アッサム「えっ」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 23:00:31.58 ID:rQlp64zxo


オレンジペコ「ダージリン様、すいませんでした。今日は色々と失礼なことを……」

ダージリン「いいのよ。刺激的で楽しかったわ。でも私は普通のペコの方が好きよ」

オレンジペコ「ダージリン様!私、ダージリン様に一生ついていきます!」

ダージリン「ええ、ついてらっしゃい。聖グロリアーナの未来は明るいわ」

オレンジペコ「はい!」


アッサム「めでたしめでたしですわ」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 23:00:59.89 ID:rQlp64zxo



その頃、黒森峰では……


まほ「エリカの様子が変なんだ」

小梅「変って、どんな風にですか?」





14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 23:01:28.94 ID:rQlp64zxo


まほ「この前一緒に食事してた時に……」


ホワンホワンホワン

まほ「……」モグモグ

エリカ「あ、隊長の食べてるやつ美味しそうですね。ちょっとください」ヒョイパク

まほ「!?」

エリカ「その飲み物も美味しそうですね。ちょっとください」ヒョイゴクゴク

まほ「!?」

エリカ「ふう。美味しい」

ホワンホワンホワン


まほ「という具合なんだ」





15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 23:01:57.45 ID:rQlp64zxo


小梅「食べ物が取られて嫌だったんですか」

まほ「嫌じゃない。それは良いんだ。だがあのエリカがなんの躊躇いもなく私の食べ物を持っていくというのは変だと思わないか」

小梅「そういう時もありますよ」

まほ「そんなものなのだろうか……」

小梅「その時の副隊長はきっとアレですね、逸見エリカならぬ味見エリカだったんでしょう」

まほ「あ、味見エリカ?!」

小梅「味見エリカは食べ物を味見しないと気がすまないんです」

まほ「そうだったのか……知らなかった」




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 23:02:35.13 ID:rQlp64zxo


小梅「では解決ですね」

まほ「待て。変な行動はまだある」

まほ「着替えている時、私をチラチラ見てきたり」

小梅「それはチラ見エリカですね」

まほ「いないと思ったら、外からわたしの部屋を覗いていたり」

小梅「覗き見エリカですね」

まほ「最終的には逆に堂々と私の着替えを見てきたり」

小梅「ガン見エリカですね」






17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 23:03:06.24 ID:rQlp64zxo


まほ「なんだそれは。そんな分類があったのか」

小梅「はい。だから変じゃないですよ」

まほ「私が変なのだろうか……」

エリカ「あ!隊長!奇遇ですね!これから一緒にランチでもどうですか?」

まほ「え、エリカ!?」

エリカ「どうしました?」

まほ「いやなんでもない。そうだな、お腹も空いてきたし行くか」

エリカ「ありがとうございます!……あなたも来る?」

小梅「はい、ご一緒させてもらいます副隊長」

エリカ「しょうがないわね」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 23:03:36.87 ID:rQlp64zxo


まほ「ところでどこで食べるかは決めてるのか?」

エリカ「はい!良いレストランがあるんですよ!前に一人で食べに行ったらもうすごく美味しくて」

小梅「隊長」ヒソヒソ

まほ「なんだ」ヒソヒソ

小梅「下見エリカです」ヒソヒソ

まほ「ぶふっ」

エリカ「??」

まほ「なんでもない。ではそこに行こう。案内してくれ」

エリカ「はい!」




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 23:04:16.61 ID:rQlp64zxo




エリカ「満席ぃ!?1時間待ちぃ!?」

小梅「美味しいだけあって大盛況なんですね」

まほ「仕方ない。残念だが他に行こう」

エリカ「うう、すいません」

まほ「気にすることはないさ。ほら、隣にも良さそうな店があるじゃないか。そこはどうだ」

エリカ「え、ええと、行ったこと無いんですよねぇ」

まほ「ならこの機会に入ってみよう」




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 23:04:47.49 ID:rQlp64zxo


エリカ「いやあ、でもぉ、いきなり入るのは恥ずかしいっていうか」

小梅「初めて行くお店に異様に怯えている。これは一見エリカですね」

エリカ「一見さんお断りされたらどうしよう」オロオロ

まほ「料亭じゃあるまいし……ほら行くぞ」

エリカ「嫌だ!なんかちょっと小洒落た雰囲気じゃないですか!ああいう店は女子高生なんてクソガキが来るな!とか思ってるんですよ!」

小梅「偏見エリカですね」

まほ「面倒だな。引きずってくぞ」

小梅「了解!」

エリカ「いやぁあああ!」ズルズル




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 23:05:22.00 ID:rQlp64zxo



エリカ「美味しい!!!」パァァ

まほ「すごい手のひら返しだな。だが確かに美味しい」モグモグ

小梅「来てよかったでしょ?」

エリカ「ええ。おかげで良いお店を見つけることが出来たわ」

小梅「発見エリカですね」

まほ「この店の庭、桜があるみたいだな」

エリカ「隊長、桜お好きでしたよね。春に来たら良い景色が見れるかもしれませんね」

小梅「花見エリカですね」

まほ「テラス席からは空がよく見えるみたいだ。秋に来ても良いかもしれない」

小梅「月見エリカですね」

まほ「そろそろ帰るか。ここは私に任せろ」

エリカ・小梅「ごちそうさまです!!!」






22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 23:05:55.97 ID:rQlp64zxo


エリカ「それで、午後からの訓練の……」

エリカ「一年の射撃精度が……」

まほ「お腹いっぱいになってエリカが元気になってきたな」

ドンッ

エリカ「痛いっ!」

まほ「ああ、私の方ばかり見て歩くから人にぶつかったじゃないか」

小梅「脇見エリカですね」




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 23:06:25.79 ID:rQlp64zxo


ツェスカ「いったぁ、ちょっとどこ見て……って隊長と副隊長と赤星先輩!?」

エリカ「おい!ぶつかったぞ!気をつけろ!」

ツェスカ「ごめんなさい!」

まほ「なんかまた変な雰囲気になってきたぞ」

みほ「これはボコ見エリカだね。まるでボコのような性格になったエリカさんだよ」

まほ「そうなのか。赤星は詳しいな」

小梅「え?何も言ってませんけど?」

まほ「えっ」

小梅「えっ」




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 23:06:52.99 ID:rQlp64zxo


ツェスカ「謝ってるんだからもういいじゃないですか!」

エリカ「いいえ!ちょうど良かったわ!あなたの腕試しも兼ねて、戦車で勝負よ!」

ツェスカ「え!良いんですか!」

まほ「エリカが後輩の指導を始めたぞ」

小梅「これは相手の実力を測ることに定評のある、御手並拝見エリカですね」

まほ「御手並拝見エリカ!?そういうのもあるのか」

エリカ「かかってきなさい!」




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 23:08:43.93 ID:rQlp64zxo


まほ「まあ、後輩たちが元気なのは良いことだ。来年が楽しみだな」

小梅「めでたしめでたしですね」




おわり




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 23:39:26.72 ID:Xd3NgEd30

おつ。 シリアスかと思いきやギャグだったwww



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/27(火) 19:47:48.18 ID:imwmtlYEo

オツレンジペコ



元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482760390/

4040688252ガールズ&パンツァー 劇場版Variante 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

KADOKAWA 伊能 高史,ガールズ&パンツァー劇場版製作委員会 2017-01-23

Amazonで詳しく見る

関連記事

その他二次創作SS ガールズ&パンツァー   コメント:0   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
コメントの投稿