女騎士「なんという冷静で的確な判断力なんだ!」

2017-02-02 (木) 15:01  オリジナルSS 女騎士   3コメント  
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:08:54 ID:8imVuQLg

― 町 ―

女騎士「――くっ!」ザッ

オーク「ぐへへへ……追い詰めたぜ」ジュルリ…

女騎士「私に近づくな!」

オーク「近づくな、と言われて近づかないヤツがいると思うかよ~?」

オーク「拒まれれば拒まれるほど、興奮してくるぜぇ~……」

女騎士「くっ、殺せ!」





2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:11:02 ID:8imVuQLg

ザワザワ…… ドヨドヨ……





オーク「ん? なんだなんだ?」

女騎士「なにやら騒ぎが起きているようだな」

女騎士「行ってみよう!」タッ

オーク「おうっ!」タッ




3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:14:22 ID:8imVuQLg

強盗「げへへ……このガキを殺されたくなきゃ、金持ってこい! 食い物持ってこい!」

強盗「腹が減ってるから、まずは食い物だ! とっととしねえと、このガキの命はねえぞ!」

子供「うわ~~~~~ん!」



ザワザワ…… ガヤガヤ……



オーク「なにがあったんだ!?」

女騎士「どうやら、あの強盗が子供を人質に民家にたてこもっているらしいな」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:17:25 ID:8imVuQLg

母「お願いします! どなたか、息子を助けて下さいっ!」



ドヨドヨ…… ドヨドヨ……

「んなこといわれても……」 「ナイフ持ってるし……」 「どうしようもないよ」



女騎士「なんという薄情な奴らだ……!」

女騎士「こうなったら、騎士であるこの私が――」

オーク「待て」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:20:57 ID:8imVuQLg

女騎士「なぜ止める!?」

女騎士「そうかキサマはしょせん魔物……あの子供を見殺しにするつもりだな!」

オーク「そうじゃねえ」

オーク「今、お前が飛び込めば……強盗を刺激しちまう」

オーク「そうなりゃ、子供の命が危ねえだろ」

女騎士「!」

女騎士(まず何よりも子供の命を気づかうとは……なんと優しい奴……!)

オーク「ここはオレに任せときな」スタスタ




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:22:36 ID:8imVuQLg

おっさん「ふい~……寒い。こうしてたき火にあたってると温まるぜ……」

パチパチ… パチパチ…

オーク「オヤジ、火を借りるぜ」

おっさん「ヘ、ヘイ……」



女騎士(いったいどうする気だ……!?)




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:25:23 ID:8imVuQLg

オーク「むんっ!」ゴロン…

ジュゥゥゥゥ… ボワァァァァ…

オーク「ぐっ……!」メラメラ…

おっさん「うわっ、火の上に寝転がるなんて! なにやってるんですかい!?」

オーク「騒ぐなオヤジ……これぐらいなんともねえさ」メラメラ…



女騎士(火に寝そべって、自分を焼いている!? 焼身自殺でもするつもりか!?)

女騎士(いや、これは――)




8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:28:24 ID:8imVuQLg

焼けオーク「…………」ホクホク…





女騎士「オークがこんがり焼けた! ほのかにいい匂いが漂う!」クンクン

女騎士「しかし、あれでどうするつもりなんだ!?」




9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:31:24 ID:8imVuQLg

強盗「オラオラーッ! どうしたどうした! とっとと食い物持ってきやがれ!」

強盗「このガキ、刺しちまうぞ!」

子供「ひっ、うえぇ~~~~~ん!」

強盗「――ん?」



焼けオーク「私はチャーシューです。あなたに食べられに来ました」



女騎士「!」ガーン

女騎士「なるほど! 自分の体を焼いて、チャーシューになることで」

女騎士「腹を空かせた強盗に近づこうというわけか!」

女騎士「なんという冷静で的確な判断力なんだ!」




10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:35:52 ID:8imVuQLg

強盗「ほぉう、なかなか美味そうなチャーシューだな」

子供「うっ、うっ……」

焼けオーク「ありがとうございます」

強盗「しかし、チャーシューよ」

強盗「オレは言葉を話し、二足歩行するチャーシューなど見たことがねえ」

焼けオーク「!」ギクッ

強盗「それに、えらく筋肉が発達してらっしゃるが、どこで鍛えられたんですかい?」

焼けオーク「!」ギクギクッ

強盗「てめえ、オークだなーっ!!!」



女騎士「ああっ、完璧な作戦が見破られてしまった!」




11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:37:15 ID:8imVuQLg

強盗「よくも騙そうとしたな、ぶっ殺してやる!」

焼けオーク「くっ……!」ジリ…



女騎士(オークの作戦が見破られた以上、私がなんとかしなければ!)




12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:41:19 ID:8imVuQLg

おっさん「温まったし、ペンキ塗りを再開するか」ヌリヌリ…

女騎士「ご主人、このペンキは白だな?」

おっさん「ヘ……ヘイ……」

女騎士「すまないが、ペンキとハケを貸してもらえないだろうか」

おっさん「分かりやした」

女騎士「かたじけない」ヌリヌリ…



焼けオーク(騎士にとって鎧は、命ともいえるくらい大切なものだろうに)

焼けオーク(それを白く塗っちまうなんて……なに考えてんだ?)

強盗「おい、どこ見てんだ!」




13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:43:32 ID:8imVuQLg

白女騎士「これでよし、と……」





焼けオーク(全身の鎧を白く塗った……あんな格好してどうするつもりなんだ!?)




14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:46:22 ID:8imVuQLg

白女騎士「どこだ~っ! オークはどこだ~っ!」タタタッ



強盗「ん?」

強盗「オークならここにいるぜ!」

強盗「チャーシューのフリをしようとしたバカオークがな!」

焼けオーク(剣を振りかざし、オレを探すフリをし始めた……!?)




15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:50:09 ID:8imVuQLg

白女騎士「おお、そんなところにいたか! 探したぞ、オーク!」

強盗「てめえ、このオークのなんなんだ?」

白女騎士「私はこの包丁と白いコック服を見て分かる通り、料理人だ」

白女騎士「しかし、食材にするために焼いたオークが途中で逃げ出してしまい、困っていたのだ」

強盗「なにっ……! つまりこのオーク、本当にチャーシューだったってわけか!」

焼けオーク(なるほど……!)

焼けオーク(女騎士は自分の鎧を白く塗り、さらに剣を包丁だと言いはることで)

焼けオーク(コック服を着た料理人になりきったんだ!)

焼けオーク「なんという冷静で的確な判断力なんだ!」




16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:51:09 ID:hJkW75fQ

もうダメだこいつら…



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:53:41 ID:8imVuQLg

強盗「しかし……」ジロジロ

白女騎士「む?」

強盗「そのコック服、なんだか鎧っぽい形をしているが……」

白女騎士「!」ギクッ

強盗「しかも、その包丁……包丁にしては長すぎるんじゃないんですかい? まるで剣だ」

白女騎士「!」ギクギクッ

強盗「てめえ、女騎士だなーっ!!!」



焼けオーク(ちくしょう! あの完璧な変装でさえバレちまったか!)




18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:56:49 ID:8imVuQLg

白女騎士「やむをえん! こうなったら戦うぞ!」チャキッ

焼けオーク「おう!」

白女騎士「はあっ!」シュバッ

ザシュッ!

強盗「ぐおっ!」

焼けオーク「どりゃあっ!」ブオッ

ドゴォッ!

強盗「ぐげっ!」

強盗「へっ、この程度でやられるかよ! オレをなめるなよーっ!」グオッ

バキィッ! ドカァッ!

焼けオーク「ぐおぉっ!」

白女騎士「ぐっ……!」



実況『あーっと、一進一退の大攻防戦が繰り広げられているーっ!』




19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:59:52 ID:8imVuQLg

オーク「くそっ、強盗の激しい攻撃で、せっかく焼いた皮膚がはがれちまったぜ!」

女騎士「私の鎧のペンキもはがれ落ちてしまったようだ……」

強盗「げへへへ……やっと正体を現したな。トドメを刺させてもらうぜ!」

女騎士「くっ!」

女騎士「こうなったら、オーク! 合体技だ!」

オーク「おうっ!」




20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 01:02:55 ID:8imVuQLg

女騎士「私が剣を構え!」チャキッ

オーク「オレが女騎士の両足を掴み、振り回す!」ブオンッ

ブンブンブンブンブン……!

強盗「ゲェーッ!」

女騎士「喰らえッ!」

オーク「オレたちのツープラトンッ!」

女騎士&オーク「クッコロトルネード!!!」ギュンギュンギュンギュンギュン

ザシュゥッ!

強盗「ぐはあぁぁ……っ!」



実況『珠玉のツープラトン、クッコロトルネードが炸裂したーっ!』




21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 01:05:37 ID:8imVuQLg

強盗「クッコロトルネード……恐るべし……」ガクッ



女騎士「やったな、オーク!」ガシッ

オーク「おう!」ガシッ

女騎士「――あれ? ところで子供は……?」

オーク「そういえば! まさかクッコロトルネードの巻き添えになっちまったのか!?」




22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 01:09:09 ID:8imVuQLg

子供「もうとっくに安全な場所に逃げてるよ」

女騎士「なにぃーっ!?」

オーク「ゲェーッ、いつの間に!?」

子供「えーっとね、『てめえ、オークだなーっ!!!』あたりで逃げたの」

子供「あれで強盗がスキだらけになったから」

女騎士&オーク「なんという冷静で的確な判断力なんだ!」




23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 01:12:17 ID:8imVuQLg

母「息子を助けていただいて、ありがとうございました……!」

子供「どうもありがとう!」

オーク「オレはアンタらを助けたかったわけじゃねえ」

オーク「ただ……子供を人質に取るような卑劣なヤロウを許せなかっただけだ」

女騎士「私も騎士の務めを果たしたまでだ。礼をいわれることではない」

オーク「じゃあ行こうぜ」スタスタ

女騎士「うむ」スタスタ




24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 01:15:52 ID:8imVuQLg

オーク「女騎士……さっきはすまなかった」

オーク「嫌がるお前を、ムリヤリ誘おうとして」

女騎士「こっちこそ……すまなかった」

オーク「えっ……?」

女騎士「キサマがこれほど高潔な魔物とは知らずに、見かけだけで判断していた」

女騎士「どうだろう……私と組まないか?」

女騎士「クッコロトルネードで、世の中にはびこる悪党どもを成敗してやろうではないか!」

オーク「ぐへへ……そりゃいいな!」



これこそ、後にさまざまな悪人や魔物と戦い世界を救うことになる最強タッグ、

『クッコローズ』誕生の瞬間であった……!







~おわり~




25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 01:33:51 ID:4DmCkbmw


クッコローズの活躍も見たいw




26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 04:36:03 ID:Mfg6UFf.

序章が終わったんだな
本編はよ




29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 13:42:00 ID:Vjl3Bm.g

一番賢いのは子供だった



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/07(土) 23:37:38 ID:DQCcAGRQ

なんという冷静で的確なSSだ!



元スレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1481555334/

関連記事

オリジナルSS 女騎士   コメント:3   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
47800. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2017/02/02(木) 23:45 ▼このコメントに返信する
突っ込みどころが多すぎるw
47807. 名前 :  ◆- 投稿日 : 2017/02/05(日) 03:34 ▼このコメントに返信する
ダメだ、面白いw
47837. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2017/02/19(日) 21:43 ▼このコメントに返信する
キン肉マンww
コメントの投稿