【ニューダンガンロンパV3】春川「本当ムチャクチャだよ」

2017-02-10 (金) 15:01  その他二次創作SS ダンガンロンパ   0コメント  
1: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 18:10:57.76 ID:NrQi56HX0

・ニューダンガンロンパV3のSS
・ネタバレ等注意
・短い

始まるってさ




2: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 18:14:11.67 ID:NrQi56HX0

最近、赤松が私に必要以上に関わってくる。
例えば三日前……。

赤松『春川さーん! さっき購買部のガチャガチャでこんなもの出たんだけどよかったらあげるよー!』

春川『……子供向けの絵本か。まあ受け取ってあげるよ』

春川『ここから出たら一応必要にはなるからね』

二日前……。

赤松『春川さーん! お昼ご飯まだ食べてない? よかったら一緒に食べようよ!』

春川『……別に構わないけど』

赤松『やったぁ! 東条さん、二人分のご飯よろしく!』

東条『依頼となれば断れないわね。全力を尽くすわ』

そして、昨日……。

赤松『あっ! は、春川さん! 階段を上がる時はスカート押さえないとパンツが……!』

春川『別にここには男子はいないんだから気にする必要はないでしょ』

王馬『えっ!? 春川ちゃんのパンツがなんだって!?』

赤松『王馬君!?』

春川『…………』スタスタ

正直言って、うざい。
ここまで冷たくされてどうして挫けず私に関わることができるのか、理解不能だ。理解するつもりもないのだけど。





3: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 18:16:27.58 ID:NrQi56HX0

春川「はぁ……」

とはいえこのまま赤松を放置していても現状が続くだけなのは明白だし……どうするべきなのか。

春川「うーん……」





真宮寺「ククク……それで僕に助言を求めに来たというわけだネ」

赤松の行動の真意を知るという点で言えば真宮寺ほど適した奴はいないだろうと思い、私は夜時間に真宮寺を校舎と城門を繋ぐ裏道に呼び出した。

真宮寺「だけど、確かに春川さんの考えは正しいかもしれないネ。僕は民俗学者という立場上、たくさんの人間を見てきた」

真宮寺「当然最近の赤松さんのことも観察していたし、そこから彼女がどういった理由で春川さんに接しているのか……おおよそ想像はしているヨ」




4: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 18:18:58.03 ID:NrQi56HX0

春川「それなら話は早いね。教えてくれる?」

真宮寺「でも、不思議だネ。春川さんはそんなこともわからないほど感情の薄い人間だとは思ってなかったけれど」

真宮寺「保育士ってことは小さな子供と接する機会が多いはずだよネ。心の成熟した高校生の気持ちも理解できないのに、幼い子供と接する仕事がこなせるとは……人間って不思議だよねェ」

春川「…………」

真宮寺「ククク……そんなに怖い顔をしないでヨ。春川さんはその程度の思考で読み取れるほど単純な性格をしていないってことだヨ? それは心が成熟しているってことだから、もっと喜んでいいと思うんだけどナ……」

真宮寺「まァそれはともかくとして、春川さんの疑問に答えるのだとしたら……『赤松さんは春川さんと親しくなろうとしている』って答えるヨ」

春川「親しくなろうとしているって……普通、あれだけ冷たくされたらもう関わらないでおこうと思うんじゃない?」




5: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 18:20:54.49 ID:NrQi56HX0

真宮寺「ンー……なら、赤松さんが普通じゃないのかもしれないネ」

春川「ちょっと。適当に言ってない?」

すると真宮寺が心外そうな顔をした。

真宮寺「まさか。僕は真面目に考えて真面目に答えているヨ」

真宮寺「考えてもみなヨ。彼女はこの状況下で、コロシアイを強要されているのにも関わらず他者と親しくなろうとしているんだヨ?」

真宮寺「まさに純真な心の持ち主だと思うけどネ」

真宮寺「凄く眩しくて……凄く美しくて……」

真宮寺「凄く狂った心の持ち主だヨ」

真宮寺「その狂った心が善と悪、どっちに転ぶかは実に興味深いネ……」

春川「あんたって、結構な変態だよね」

真宮寺「心外だなァ。確かに万人に受け入れられる考えじゃないことは自覚しているけど、大きな間違いを口にしているつもりもないんだけど」




6: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 18:22:23.31 ID:NrQi56HX0

真宮寺「誰かと関わりを持ち、誰かと絆を深める。しかしその結果他者に裏切られる可能性だってゼロじゃないでしョ?」

真宮寺「その可能性に気圧されず他者と関わりを持とうとする彼女は凄く美しいと思うヨ……外見とかじゃなくて、内面がネ」

春川「……真宮寺に話を聞こうとした私がバカだったよ」

的確な話をしてくれると期待したのが間違いであったと後悔する。
……いや、多分言っていることはあながち間違いじゃないのかもしれない。ただ真宮寺の言葉のチョイスが私にとって不快なだけの話か。

真宮寺「ククク……おやすみ、春川さん……」





次の日。私は赤松がいないことを確認して食堂にやって来た。

東条「あら、春川さん」

茶柱「春川さんじゃないですか! どうもです!」

春川「……ちょっと話があるんだけどさ。時間ある?」

茶柱はともかくとして、東条も物事を見る目には優れているはずだ。赤松のことを聞くにはうってつけの人物だと言えるかもしれない。




7: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 18:24:59.56 ID:NrQi56HX0

東条「もちろん構わないわよ」

茶柱「転子も構いませんよ! 男死ならともかく女子の頼みごとなら断るわけにもいきませんからね!」

春川「そう。なら早速聞きたいんだけど……」

東条と茶柱が座っていたところに相席すると、私はすぐに本題に切り込んだ。

春川「最近赤松が私に必要以上に接してくるんだけど……何か知らない?」

東条「赤松さんが春川さんに……?」

茶柱「ああ! 言われてみれば確かに最近二人がよく一緒にいるのを見ますね!」

東条「でも、別に不自然なことじゃないでしょう? 赤松さんがどういう人柄なのかは春川さんだって知っているはずだわ」

茶柱「赤松さんは他の人のことをよく考えていますしね! 素晴らしい人ですよ!」

春川「まあ、そうなんだろうけどさ」

東条「でも、確かに最近は不自然なくらいに購買部に入り浸っているわね」

茶柱「それと二階にある赤松さんの研究教室もよく出入りしてるみたいですね。赤松さん自身の研究施設ですし不思議なことではないんですが」




8: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 18:29:11.52 ID:NrQi56HX0

春川「そっか……購買部に、研究教室ね……」

春川「……それにしても、あのモノクマの顔が掘られた悪趣味なコインってどこで手に入れてるの?」

王馬「それはこうやってだよ! キーボ、ロケットパンチだ!」

キーボ「できませんよ!!」

声がした方を見ると、そこには王馬とキーボの姿が。

王馬「ちぇーっ、人間ではないのにロボットにもなれてないってどういうことだよ」

王馬「どっちつかずの中途半端な存在だなお前は!」

キーボ「ロボット差別も甚だしいですよ! 外に出たら然るべき場所に訴えますので覚悟しておいてください!」

茶柱「うぇ……男死が二人も来てしまいました……」

東条「それよりも王馬君。今の言葉はどういう意味なのかしら?」




10: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 19:03:54.12 ID:NrQi56HX0

王馬「ああ、モノクマコインをどうやって手に入れるのかって話でしょ? 部屋の中にある物を退かせば落ちてるからそれを拾ってるんじゃないかな?」

春川「へぇ……」

キーボ「それで、三人は何を話していたんですか?」

王馬「赤松ちゃんが春川ちゃんと関わりまくってくるからどうしようー、って話だよね?」

東条「王馬君は知っていたのね」

王馬「一昨日に偶然その現場と春川ちゃんのパンツを見ちゃったからね」

春川「…………」

キーボ「春川さん落ち着いてください! その振り上げた拳を下ろしてください!」

茶柱「デリカシーの欠片もないですね! これだから男死は嫌いなんです!」

王馬「なんて。嘘に決まってるじゃん」




11: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 19:11:00.89 ID:NrQi56HX0

春川「は?」

すると王馬は表情を一変させてつまらなさそうに言う。

王馬「赤松ちゃんと春川ちゃんの話し声くらいは聞こえてきたけどね。男子のオレがああやって言えば春川ちゃんも赤松ちゃんの言うことに従うかなって思って」

東条「嘘をついたってこと?」

茶柱「ぬぐぐ……転子は嘘が嫌いですが、王馬さんの嘘で春川さんが赤松さんの言葉に従ったのも事実……」

王馬「春川ちゃんを気遣った優しい嘘ってことだね!」

春川「嘘も方便、って言葉もあるけどね」

私の返答を聞いて王馬は小さく笑い、話を続けた。

王馬「まあそれは置いといて。赤松ちゃんがやっていることなら大方の予想はできてるよ」

春川「……本当なの?」




12: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 19:14:31.15 ID:NrQi56HX0

王馬「これは本当だよ。何か企んでいるって感じの様子だったなぁー」

東条「何かを企んでいる?」

茶柱「めんどくさい言い回しをしますね! 男死なら男死らしくはっきり言ったらどうですか!!」

王馬「でもオレは当事者じゃないからなぁ」

王馬「よし、それなら最原ちゃんに聞いてくるといいよ! 最原ちゃんならさっき図書室で見たからさ!」

春川「図書室に?」

キーボ「ああ、確か天海クンも一緒にいましたね」

東条「それなら行ってくるといいわ。一度気になったことはすぐに解消するといいわよ」

春川「……わかった。それじゃあ行ってくる」

茶柱「武運を祈っています!!」





天海「あれ、春川さんじゃないっすか」

最原「あ、春川さん……」

図書室に行くと、王馬の言う通りそこには天海と最原がいた。




13: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 19:17:53.33 ID:NrQi56HX0

春川「ちょっと最原に話があるんだけど」

春川「あんた、赤松と一緒に何かを企んでるって本当?」

最原「え、ええっ!? 何の話!?」

春川「王馬が言ってたんだよ。赤松と最原が何かを企んでるって」

春川「それで、その企みに私も関わっているって」

天海「……へぇ、王馬君がっすか」

最原「べ、別に何かを企んでるとか考えてないよ! 春川さんの勘違いだよ!」

天海「そうっすよ。春川さん、王馬君の嘘に踊らされたんじゃないっすか?」

春川「王馬の嘘……?」

天海「彼、結構な嘘つきじゃないっすか。多分春川さんをからかおうとしてるだけっすよそれ」




14: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 19:20:03.68 ID:NrQi56HX0

天海「それに最原君はここ数日は俺と一緒に調べ物をしていたっすから、赤松さんと何かをするなんて時間はなかったと思うっす」

春川「……そう」

最原と違い堂々とした立ち振る舞いの天海の言葉を信用し、素直に引き下がる。

最原「あ、天海君……」

天海「それに、むしろ赤松さんと最原君の仲は今ちょっと悪いくらいなんすよ?」

天海「ちょうどこの図書室を数日前に二人が調べていたみたいなんすけど、脚立に上がった赤松さんを下から見上げまくってたみたいっすから」

最原「ちょっ!?」

春川「……クソヤローだね、あんた」

最原「あ、いやっ。その……」




15: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 19:21:43.72 ID:NrQi56HX0

天海「あははっ、まあそういうことっすから。最原君と赤松さんが組んで何かを企んでいるなんてことはないんじゃないっすかね」

春川「ふーん……そういうことならいいよ」

春川「迷惑かけたね。それじゃ」

結局は王馬の嘘に振り回されたってことか……。
まあ、王馬が嘘ばっかり言うのはこの数日でわかったことだし王馬の言葉を信じた私が悪いって思っておこう……。


最原『ちょっと、天海くん。助けてもらったのは有難いけど、もう少し違う方法があったんじゃないの?』

天海『いやー、春川さんを退けるにはああいう方法しかなかったっていうか』

天海『それに俺、嘘はついてないっすよ?』

最原『……それは、そうだけど』





赤松「春川さんっ!!」

春川「げっ」

地下から一階に戻った私を待ち伏せしていたのか、タイミングよく赤松が駆け寄ってくる。




16: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 19:28:17.19 ID:NrQi56HX0

春川「……何か用事? 用事、なんだろうね……」

赤松「あ、あれ? もしかしてテンション低い?」

春川「いつもこんなもんでしょ」

春川「それで? 今日は何の用事なの?」

春川「プレゼント? お茶の誘い? もうどうでもいいから早くしてよ」

数日に渡っての過度な接し方に思わず雑な言い方をしてしまったが、赤松はそんな私の言葉に負けず笑顔を浮かべていた。

赤松「ふふん。今日は一味違うよ! とにかく来て来て!」

春川「ちょ! わかったから引っ張らないでよ!」

私の言葉も届かず(届いたうえで無視しているのかもしれない)赤松は私の手を引っ張って廊下を走り出した。
結局私は抵抗もせずされるがままになっているわけだけど……どこへ向かうつもりなんだろうか?





赤松「ここだよ!」

春川「ここって……赤松の研究教室?」




17: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 19:31:05.34 ID:NrQi56HX0

無理 矢理連れてこられた先は赤松の研究教室だった。超高校級のピアニストという肩書きを持つだけあって、この教室の中にも一際大きなピアノがある。

春川「こんなところで何をするっていうの」

赤松「えーっ? ここまで来てまだわからないの?」

赤松「春川さんって意外と物事の把握が遅いタイプ?」

春川「…………」

赤松「ご、ごめん嘘だって。だからそんなに怖い顔で睨まないでよ……」

赤松「えっと。ここで春川さんに私のピアノを聴いてもらいたいんだよ」

春川「ピアノ?」

その素っ頓狂な話の展開に私は思わずそんな声を出していた。

春川「どうしてこの状況でピアノになるの? ……意味わかんないんだけど」

赤松「うーん……なんていうのかな。色々理由はあるんだけど……」

赤松「春川さんがちょっと元気ないっていうか……暗い感じだったから」




18: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 19:33:50.93 ID:NrQi56HX0

春川「……それじゃあ私が根暗っていう風に聞こえるんだけど」

赤松「そうじゃなくって! えっと、心が暗いっていうか!」

赤松「理由はわかってるつもりだよ。こんな状況になっちゃったら明るく振舞えっていうのは難しいかもしれない」

赤松「でもせめて、心は明るく行くべきだと思うんだよね」

心は、明るく……?

春川「こんな状況でそんなことやれっていうの? バカじゃないの」

赤松「私はピアノバカだからね。根っこのところはバカかもしれないよ確かに」

赤松「おかげで最原君にも結構手伝ってもらっちゃったしね」

春川「最原って……やっぱりあんたと最原ってグルだったんだ」

赤松「グル……まあそういう言い方もあるかもね」




19: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 19:36:41.85 ID:NrQi56HX0

赤松「ちなみに最原君にはモノクマコインを探してもらってたんだ。いくら見習いって言ってもさすが探偵だよね、おかげでザクザク手に入ったよ」

春川「ああ、そういうこと……」

っていうことは、天海の言っていたことは嘘ってことか……。
……王馬といい天海といい、当たり前のように嘘を言う奴が多すぎでしょこの学園。私も人のこと言えた義理じゃないけど。

赤松「でも、それでも私は春川さんの心を明るくしたいんだよ」

その赤松の顔を見て昨日の真宮寺の言葉が蘇る。


真宮寺『考えてもみなヨ。彼女はこの状況下で、コロシアイを強要されているのにも関わらず他者と親しくなろうとしているんだヨ?』

真宮寺『まさに純真な心の持ち主だと思うけどネ』

真宮寺『凄く眩しくて……凄く美しくて……』

真宮寺『凄く狂った心の持ち主だヨ』

真宮寺『その狂った心が善と悪、どっちに転ぶかは実に興味深いネ……』


春川「…………」

真宮寺の言葉は多分正しい。これだけ他人を信じきっている赤松は、ある意味で狂っているのかもしれない。




20: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 19:38:19.57 ID:NrQi56HX0

春川「……じゃあ、早くしてよ。私だって暇じゃないんだからさ」

赤松「え?」

でも、そもそも今の状況が既に狂っているんだ。ならこの際赤松の行動をどうこう言うのはあまり意味がないだろう。
ここで大事なのは赤松の行動を見て自分がどう思うか。購買部でガチャガチャを回して私が喜びそうな物が出てきたらそれを私に渡してきて。ご飯やお茶の時はほぼ毎回誘ってきて。些細なことでも私を気にかけて。
私自身がどう思っているか。赤松の行動を見て、何を感じているのか……。

春川「だから、演奏。聴いてあげるから」

その一連の流れを想像していると、思わず私の顔に笑みが浮かんでいることに気付いた。
何てバカな奴なんだろう。私なんかのために購買部に入り浸って。事あるごとに私を捜して話しかけて。




21: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 19:39:20.74 ID:NrQi56HX0

赤松「わ、わかった! それじゃあ座って待っててね!」

春川「ったく……」

壁際で体育座りの要領で座り、赤松の準備が整うのを待つ。

春川「本当、ムチャクチャだよ」

底抜けの明るさとお人好しはまだ慣れないし、完全に慣れるまでにもまだ時間が必要かもしれない。
でも……以前赤松が言っていた『ここから出たらみんな友達になろう!』という言葉は信じてやってもいいと思えていた。
そのためにはいつかは赤松に真実を言う必要があるけれど……その時は心を決めるしかない。

赤松「それじゃあ始めるよ!」

赤松のそんな言葉を合図に、教室全体にピアノの音色が響き渡った。
音楽には疎い方の私だったけれど、それでも赤松の演奏するピアノは凄く上手いと思えた。私の心を揺さぶるような、そんな音色。
もし本当に友達になれたら、この演奏もまた聴けるのだろうか。
それなら、孤児院にいる子達にも演奏してもらいたい。そんなことを思う私だった。




22: ◆yucx3sH2JA 2017/01/26(木) 19:40:59.34 ID:NrQi56HX0







――数日後にはそんな想いも無残に引き裂かれるというのに。






終里




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/26(木) 19:42:38.55 ID:JD7VgX4c0

乙!

…ハルマキと楓のイチャコラを期待していたころが自分にもありました




元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485421857/

関連記事

その他二次創作SS ダンガンロンパ   コメント:0   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
コメントの投稿