孫「おじいちゃんの運転でドライブ」

2017-04-26 (水) 12:01  オリジナルSS   1コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 20:35:52.59 ID:HAzfVJJfo


おじいちゃんが新しい車を買った。


「ジャーン! どうじゃ!」


車はぼくの姿が映るぐらい、ピカピカと光ってる。

ぼくはすごく喜んだが、パパとママはなぜか苦い顔をしていた。





3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 20:36:51.90 ID:HAzfVJJfo


「まだわしも運転しとらんのじゃが、明日にでもこいつでドライブに行かんか?
 もちろんわしの運転でな」


にっこり笑うおじいちゃん。

ぼくはさらに喜んだが、パパとママはさらに顔を曇らせていた。




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 20:39:43.23 ID:HAzfVJJfo


その夜、パパとママは口ゲンカをした。


「嫌よ、わたし! お義父さんの運転でドライブだなんて!」

「そりゃま、俺もあの年で新車だなんてビックリしたけど、大丈夫だって」

「大丈夫!? お義父さん、もう70過ぎてるんでしょう!?
 もしものことがあったらどうするのよ!」

「さすがに運転ミスるほどボケちゃいないよ。心配することないって……」

「しかも、あの新車のメーカーって、こないだ大規模リストラしてたとこじゃない。
 もっといいメーカーのを買えばいいのに……お義父さんって、いつもそう!」

「おい、あまり人の親を悪く言うなよ……」


ぼくはこのやり取りをビクビクしながら聞いていた。




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 20:41:14.84 ID:HAzfVJJfo


「分かったよ。親父を説得して、近くの大きな公園に行って戻ってくるだけにしよう。
 それぐらいだったら、道路で難しいところもないし、大丈夫だろ?
 近々、免許も返納させるし、最後の思い出作りだと思ってさ……頼むよ」

「…………」



二人が静かになる。

どうやらこのパパの提案を、ママも受け入れたらしい。
だが、納得はいってないというようすだった。




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 20:43:31.17 ID:HAzfVJJfo


翌日、おじいちゃんはいつもよりオシャレをしていた。

そのおかげか、いくらか若く、そしてかっこよく見えた。


「さ、ドライブしようかのう」


腕を振り回し、はりきるおじいちゃん。

ただし、山ほど交通安全のお守りをつけたママを見て、少し顔をしかめていたが。




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 20:45:54.37 ID:HAzfVJJfo


ぼくは後ろの席に座り、おじいちゃんに声をかける。


「おじいちゃん、早く早くー」

「分かっとるわい」


おじいちゃんの目つきが変わる。
まるでレーサーみたい。

少しの迷いもなく、ギアを入れ、ペダルを踏み、新しい車を出発させた。


はしゃぐぼくをよそに、助手席のパパは不安そうな顔をし、ぼくの隣に座るママは祈っていた。




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 20:47:34.43 ID:HAzfVJJfo


ぼくらを乗せた車はスイスイと目的地に向かっていく。

危なっかしいところなんか少しもなかった。



むしろ、パパの運転の時よりあまり揺れないし、心地よささえ感じた。

機嫌が悪くなるからいわないけど、パパの運転、正直いって乱暴なんだよね。




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 20:49:13.29 ID:HAzfVJJfo


ママも上機嫌になる。


「お義父さん、あなたより運転うまいんじゃない?」

「そんなことないだろ」


パパも笑っていた。

おじいちゃんはパパのパパでもあるのだ。
自分のパパが褒められるというのは、やっぱり嬉しいのだろう。




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 20:51:10.34 ID:HAzfVJJfo


出発してからおよそ20分ぐらいで、公園についた。


今は春で、この公園には桜の木もあるので、お花見に来てるらしい人で少し混雑していた。


おじいちゃんは滑らかなバックで、よその人の車と車の間に車を止めてみせた。




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 20:53:41.81 ID:HAzfVJJfo


公園では桜を見たり、おじいちゃんやパパとキャッチボールをしたり、
アスレチックをしたり、とても楽しかった。


最初はドライブに乗り気じゃなかったママも、ぼくたちが遊んでるのを見て微笑んでいた。


とても楽しい一日になった。




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 20:56:24.95 ID:HAzfVJJfo


夕方になり、なごりおしいけど帰宅の時間。

おじいちゃんは帰りの運転もとても上手だった。


「今度から、お義父さんに買い物の運転頼んじゃおうかしら」

「ハッハッハ、わしゃかまわんよ」

「おいおい、俺の立場はどうなるんだ」


車の中が笑い声でいっぱいになった。

おじいちゃんは年をとってもまだまだ元気で、しっかりしている。
ぼくも自分がおじいちゃんになったら、こういう風になりたいな、と思った。




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 21:00:38.78 ID:HAzfVJJfo


夕ご飯は、ご飯とみそ汁とトンカツとキャベツだった。

とてもおいしかった。


食べ終わって、みんなであれこれ話してると、テレビにおじいちゃんの車が映った。

一番に気づいたのはぼくである。


「あれ、これおじいちゃんの車じゃない?」

「おお、本当じゃ。なんとも奇遇じゃな」




14: ◆dMSOKnwgwE 2017/04/09(日) 21:01:59.02 ID:HAzfVJJfo


テレビに映ってるスーツを着た人がニュースを伝える。


「今回メーカーからリコールがあったのは、このタイプの車です。
 不具合の内容は、なんとアクセルとブレーキの位置が逆になっているというものです。
 生産台数も少なく、発売されたばかりで、ほとんど市場には出回っていないとのことですが、
 リストラ対象にされた内部の人間が、意図的に細工をした可能性もあり……」


ぼくとおじいちゃんはこのニュースに大笑いしたけど、
パパとママの顔はなぜかものすごく青ざめていた。







~おわり~




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 22:07:13.97 ID:0vKsUP2co

ジジイは全て見切った上で運転していた可能性が微レ存…?



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 21:03:33.29 ID:u1mGaOeeo

逆にすげーよwwwwww



元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491737752/

関連記事

オリジナルSS   コメント:1   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
47924. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2017/04/26(水) 19:37 ▼このコメントに返信する
致命的すぎるだろw
コメントの投稿