モバP「夜食を食べようとするとアイドルとエンカウントする」

2017-07-10 (月) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/29(木) 00:41:11.51 ID:mlUI2ek70

モバP(以降P表記ダ!スシ食べるカ?)「……よし、この調子で…」

ガチャッ

凛「あれ、プロデューサーまだ残ってたんだ」

P「凛こそ、もうこんな時間なんだから早く帰らないと駄目だぞ?」

凛「収録がちょっと長引いちゃってさ。…あのさ、今、暇?」

P「見ての通りなんだが」

凛「何してるの」

P「何してるように見える?」

凛「卵をひたすら縦に重ねてるように見えるけど」

P「正解。よし、次7個目行くか」

凛「うん、壮絶に暇そうだね。ちょっといい?」




P「ご飯?こんな時間に?」

凛「うん。夕飯ちゃんと取れなくてさ。何か無い?」

P「お前ね、俺がいつでもどこでも食べ物常備してるとか思ってない?」

凛「え、無いの?」

P「オレオとハッピーターンとハイチュウしかねぇよ」

凛「常備してるじゃん」

P「…待ってなさい。さすがに年ごろの娘がオヤツを夕飯代わりにするのは捨て置けん」

P「確か給湯室の炊飯器に……お、あったあった。結構あるわ」

凛「わぁ…」クキュル~

P「随分可愛いお腹の虫やね」

凛「う、うるさいな。お腹空いてるんだってば」





3: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/29(木) 00:58:25.68 ID:mlUI2ek70

P「んでもって、何かオカズになりそうなものは、っと…」ガチャッ

P「…」

凛「うわ、卵で埋め尽くされてる」

P「そうだった、さっきドン引きするぐらい卵貰ってきたんだったわ」

凛「ああ、だから変な遊びしてたんだ?」

P「時々こうして仕事先から色んなもの貰えるのは有難いんだけどさ、みんな何故か量を手加減してくれないのな」

凛「どうする?オムレツ?オムライス?」

P「何で当たり前のように俺がお前のご飯を作る流れになってるん?」

凛「え、違うの?」

P「…フライパン出すの面倒だから卵かけご飯な」イソイソ

凛「ふーん…まあ、悪くないかな」

P「調味料はしこたまあるんだけどなぁ…あ、茶碗と箸持ってってくれ」

凛「うん」

P「醤油と、ポン酢と…お、こんなのもあったっけ。よし、これも持っていくとして…」

まゆ「お茶淹れますねぇ」

P「あ、うん」

凛「私コーヒーがいいなぁ」

まゆ「はぁい」

P「テーブル拭いといてくれー」

凛「もう拭いたよ」

P「よし、んじゃそっち持っていくぞー」

まゆ「お茶も行きますよぉ」

まゆ「…」

まゆ「あの、そろそろ突っ込んで貰えませんか?」

凛「わあ、いつのまに」

まゆ「棒読み!」

P「おーい蒼いのと紅いの。とりあえずコレ置かせてくれぇ」




4: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/29(木) 01:14:02.23 ID:mlUI2ek70

P「てか、まゆもこんな遅くまで残ってたのか。駄目だぞ年ごろの娘さんが」

まゆ「ごめんなさい、収録がちょっと遅れてしまって晩御飯食べてなくて…。Pさんなら何か持っているかと思ったので」

P「オヤツしか無いよ。てか凛と同じかよ」

凛「さっきまで一緒の仕事だったし」

P「じゃあさっきの茶番は何だよ」

凛「ノリ?」

まゆ「ノリですねぇ」

P「お前さん達って仲良いの?悪いの?」

凛「あ、私コーヒーって言ったのに」

まゆ「卵かけご飯にコーピは合いませんよ?お茶で我慢してください」

凛「むぅ…」

P「あ、やっぱ仲悪いのか」

凛「…ぬる目?」

まゆ「Pさんでも飲めるぐらいには」

凛「ありがと」

まゆ「いえいえ」

P「仲良しなの?」

凛「ふふ、ようやくちゃんとしたご飯が食べられるよ。…ああ、いいなぁ、この艶々の白いご飯」ジュルリ

まゆ「そこにシンプルに生卵が1つ。この無骨とも言える取り合わせが何とも言えませんよねぇ」

P「丁度俺も夜食食べたかったところだしタイミング良かったな。それじゃ、早速頂こうか」

凛「うん」

まゆ「それじゃあ」

P凛まゆ「「「いただきまーす」」」




5: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/29(木) 01:28:50.64 ID:mlUI2ek70

凛「あれ、まゆって混ぜないでかける派なんだ?」カチャカチャ

まゆ「凛ちゃんは混ぜるてからかけるんですねぇ」

凛「普通そうでしょ。じゃないと白身がダマになったままだったりして気持ち悪いよ」

まゆ「それは混ぜ方が雑なだけですよ。ご飯の上に卵を落としてからでも、こうやってちゃあんとお箸で白身を切って…」

凛「面倒くさくない?それに味が均一にならないよ?」

まゆ「それがいいんですよ。ずっと同じ味より混ざってる部分混ざってない部分の変化があるほうがより深く卵の味を感じられるんですよ?」

凛「要するに一口一口に当たり外れがあるって事だよね、それ。ねぇ、プロデューサーは?当然先混ぜ派だよね?」

まゆ「後混ぜ派ですよねぇ?」

P「その日の気分派」マゼマゼマゼマゼ

凛「あ、見なよほら。プロデューサーも先に混ぜてる」フフンッ

まゆ「…よく見てください凛ちゃん」

P「よし、出来た」

凛「…あ、白身と黄身に分けて混ぜてる」

P「こうすると白身はフワフワになって口当たりよくなるし黄身の味も濃く味わえるんよ」

凛「まさかの分け混ぜ派なんてね…」

まゆ「先混ぜ、後混ぜに続くまさかの第3勢力の到来ですね」

P「そのワード流行らせようとしてる?」

P「さてと、じゃあ味付けするか」

凛「プロデューサー知ってる?ポン酢も結構美味しいんだよ?」

まゆ「めんつゆの方が美味しいですよぉ?」

P「すき焼きのタレ派なんで」タラーッ

凛「…卵かけご飯、奥が深いね」

まゆ「凛ちゃん凛ちゃん、そっち一口頂けませんか?」

凛「あ、じゃあそっちも頂戴?めんつゆ味興味あってさ」

P「あ゛~…夜中に食べる卵かけって何て言うかこう…罪な味だよなぁ」モグモグ

凛「…あ、めんつゆ合うね。今度やろっと」モキュモキュ

まゆ「ポン酢の酸味が良いですねぇ。ちょっとクセになりそうです」モシャモシャ




8: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/29(木) 01:45:26.39 ID:mlUI2ek70

P「…ふぅ」

凛「卵かけご飯にするとお茶碗一膳なんてあっという間に食べちゃうね」

まゆ「美味しかったです。…あらPさん?置いておいて下っていいんですよ?まゆが洗いますから」

P「え、2杯目にいくんだけど」

凛「卵かけご飯2杯?」

まゆ「コレステロール大丈夫なんですかぁ?」

P「ああ、それ俗説らしいぞ。むしろ沢山食べたほうが体に良いらしい」

凛「え、そうなの?テレビっていまいち信用できないよね」

まゆ「テレビでお仕事しているアイドルが言っちゃいます?」

P「2人もおかわりするならよそうけど、どうする?」

凛「んっ」スッ

まゆ「お願いします」スッ

P「そりゃ夕飯抜きで卵かけ1杯じゃ足りないよなぁ」

P「ほれご飯。あと追加の卵」

凛「うん、ありがと」

まゆ「ありがとうございます」

凛「…」パリッ ペチャッ

まゆ「…」マゼマゼマゼマゼ

凛「あれ、まゆって後混ぜ派じゃなかった?」

まゆ「凛ちゃんこそ、先混ぜ派だった筈ですよねぇ?」

P(ほんと仲悪いのか良いのか分からないなぁ…この超竜神コンビ)

P「さてと、2杯目は変化球で…バター醤油でいくか」

凛「え、そんなのアリ?」

P「オリーブオイルとブラックペッパーとか、食べるラー油とゴマ油とか、シンプルにマヨネーズとか色々あるぞ?」

まゆ「あっ、まゆラー油で食べてみたいです」

凛「マヨネーズ…卵と卵になるよね、それ…。美味しそうだけど」

P「塩昆布、という手もあるんだがなぁ」スッ

凛「あ、私それやる!塩昆布!」

まゆ「あわわ…ま、まゆはどうすれば…ラー油でピリッと、でも塩昆布の効いた卵かけご飯…あわあわあわ」

P「迷うなら3杯目いけば?」




12: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/29(木) 02:24:47.20 ID:mlUI2ek70



P「…よし、後はライフル部分を…」

ガチャッ

時子「…チッ、まだ居座っていたの」

P「あれ、こんな時間まで残ってたのか?」

肇「お疲れ様です。私達ついさっきロケから戻ってきたところなんです」

P「ああ、そうなのかお疲れ様」

肇「…あの、今少しお時間宜しいですか?」

P「今ちょっと手が離せないんだけど」

時子「オモチャで遊んでるだけじゃない。叩き壊すわよ」

P「やめろぉ!俺の渾身のヤクト・ドーガを!」

時子「仕事終わってるならさっさと帰りなさい。光熱費の無駄よ」

肇「まぁまぁ。時子さんだって分かってるんですよね?」

時子「アァ?」

P「えっと、それで何か用か?」

肇「…あの、改めてこんなお願いするのも恥ずかしいのですが…」

時子「スタッフがグズで撮影が遅れて夕食すら満足に取れなかったのよ。どこの養豚所に迷い込んだのかと思ったわ」

P「ああ、要するに腹ペコなのね」

肇「あの、もう少しオブラートに…」

時子「どうせ何かエサを持ち歩いてるんでしょう?1つくらい人間様の口に入れられるモノでもあれば出しなさい」

P「お前さん達ね、俺がいつでもどこでも食べ物常備してるとか思ってない?」

肇「え、無いんですか?」

P「エクレアと萩の月と灰汁巻きしかねぇよ」

時子「あるじゃないの」

P「…待ちなさい。流石にこんなので夕飯代わりにさせる訳にはいかん」

P「確か給湯室に…うわ、米ねぇや。中力粉ならあるんだけど…」

P「中力粉かぁ…」

肇「…?」キョトン

P「よし、うどん作るか」

肇「あ、あの。どうして私を見てうどんと思い立ったのですか?」

時子「当然ね」

肇「時子さん!?」




14: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/29(木) 02:43:38.67 ID:mlUI2ek70

P「じゃ、腹ペコ娘ズのためにもササッと作るよ」

時子「頭の悪い名称付けるんじゃないわよ。このオモチャ砕くわよ」

P「やめろぉ!俺の今日1日の集大成!」

時子「仕事しなさいな」

肇(なんて、じゃれながら凄い手さばきで粉に水を入れて混ぜてる…)

P「うどんはもちろん、麺モノはこの水回しっていう工程が一番肝心なのだよ。ダマにならないように素早く、丁寧にな」

時子「散々思っていたけれど、貴方職選び間違えてない?」

P「粉がそぼろ状になってきたら、こうして一まとめにしてだね…」

P「本格的にこねるにはちょっとスペースが足りないな…よし」ポチッ

ウィーン

肇「わっ!か、壁が開きましたよ!?」

P「いやぁ、この事務所の娘らよく食べる子ばっかりだろ?だからこの前晶葉に頼んで調理室作ってもらったんだわ」

時子「思い付きで部屋1つ作るんじゃないわよ」

肇「あの…それ、常務さん怒りませんでしたか?」

P「「時々おやつを作ってくれるのなら許可を出そう」、だってさ」

肇「わぁ、声そっくりです」

時子「この事務所は上も下もポンコツしかいないのかしら」

P「後は力いっぱい生地を捏ねて…んしょ、よいしょ…運営コノヤロ…!」

時子「妙な私怨を混ぜるんじゃないわよ」

肇「……」ウズウズ

P「ふう…こんなもんかな。後は30分ぐらい生地を寝かせて…」

芳乃「ほいさっ」ピロリンッ

P「…」

芳乃「でしてー」ニュルンッ

P「…寝かせたものがこちらになります」

肇「い、今…その調理台の引き出しから…」

時子「突っ込まないわよ」




17: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/29(木) 03:15:43.24 ID:mlUI2ek70

P「寝かせた生地を軽く捏ね直して引き締めてだね、伸ばしてだね、巻いて畳んで切ってだね」スタタタタタタタタッ

肇「て、手先が全然見えないんですけど」

時子「もう、プロデューサーなんて辞めなさいな」

P「ハハッ、縁起でもない」

P「あとはたっぷりのお湯で茹でれば完成ですよ。たっぷりのお湯ってのがポイントな」

肇「あ、私今のうちにお椀用意してきますね?」トテトテ

時子「私も飲み物買ってくるわ」

P「綾鷹でよろしくー」

時子「誰が豚の分まで買って言ったかしら」

肇「お椀持ってきましたっ」

P「ありがと。ちょっと退いてな、今湯切りするから」バシャーッ

P「んでもって、熱いうちにすぐ冷水で濯いで引き締めて…っと」

肇「あ、お箸も用意しないといけませんね」トテトテ

P「汁はどうしようか…あ、作り置きの一番出汁があった。これに醤油入れればいいか」

時子「何をグズグズしているの。テーブル拭いたわよ」

肇「飲み物も準備できましたー」

P「はいはい、今持っていくよー」

P「肇はもちろんだけど、時子も良いお嫁さんになりそうだよな」

時子「気色の悪い妄想垂れ流すんじゃないわよ」パシィッ

P「定規でビンタは地味に凶悪!」

肇(でもちゃんとPさんがうどんを置いてから叩くんですよね)

時子「くだらない事ばかり吠える豚は叩かれなければ学習しないのかしら」

P「叩いてから言うなよ…」

肇「はいはい、お2人とも仲良しなのは分かりましたから、食べましょう?」

時子「ちょっと待ちなさい。聞き捨てならない台詞が聞こえたわよ」

P「あ、そうそう。綾鷹ありがとな時子。はい120円」

時子「豚ァ!」バシィッ!

P「八つ当たりすんなよ痛い!」

肇「はいはい、時子さんがPさん大好きなのは分かりましたから。おうどん冷めちゃいますよ?」

時子「ちょっと待ちなさい」

P「あれ、俺の箸どこだ?あ、あったあった。時子それ取ってくれー」

時子「豚ァ!」バシィッ!

P「理不尽!」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/29(木) 03:39:16.67 ID:EDMxZfql0

深夜に食う炭水化物の旨さは異常



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/29(木) 09:03:50.06 ID:WrDQ9t/+0

代謝やら回復力が良い若い頃は出来たんだが、おっちゃんの年になるとな…(翌日に響く音)



27: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/30(金) 01:57:10.89 ID:pdz8LdQK0

肇「わぁ、打ち立てうどんです」

時子「こんな時間にうどん打つ豚は貴方ぐらいでしょうね」

P「そもそも豚はうどん打たないと思うけど」

時子「口答えするんじゃないわよ」

P「ブヒ」

肇「それでは、頂きます」

時子「チッ…食べてあげるわ」

P「ブヒ」

時子「いただきますぐらいキチンと言いなさい豚ァ!」パチンッ

P「いただきます痛い!」

肇「はふほふ…コシが凄く強いです」

時子「…」ズルズル

P「ダシは各自そこの鍋から取ってかけてくれ。釜玉にしたかったら卵持ってくるけど、どうする?」

肇「お、お願いひまふ」

時子「さっさと持ってきなさい」

P「マッテローヨ」スタスタ

時子「…」ズルズル

肇「はふっ…美味しいですね、時子さん」

時子「ハッ、それなりってところね」

肇「Pさんの手料理なんて、昔は考えられなかったですよね」

時子「…どうでもいいわ」ズルズル

P「ん?今埼玉県の話した?」

時子「どうしたらそう聞こえるのよ。耳に狭山茶詰まってるのかしら」

肇「あ、卵ありがとうございます」

P「バターと明太子も持ってきたけど明太バター釜玉にしたかったら言ってくれな」

肇「え、そんなの反則じゃないですか」




28: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/30(金) 02:37:11.99 ID:pdz8LdQK0

P「シンプルにゴマ油で、というのも案外イケるんだよなぁ…」ズルズル

肇「あぁ…これ駄目です。明太子とバターと卵とか、間違いないに決まってるじゃないですか…」ズルズル

時子「豚」

P「ん?ああ、バターね」スッ

時子「チッ」

肇「出汁にバターを溶かしてみるのも…あ、駄目ですこれ。絶対太りますこれ」

P「同じ炭水化物だから米に合うものは大体うどんにも合うんだよなぁ…なめたけとか納豆とかもイケるし」チュルルッ

時子「豚」

P「うん?ああ、明太子ね」スッ

時子「チッ」

肇「あ、お茶が空ですよ。入れますね」

P「ありがと。肇は仕事外のフレデリカばりに気遣いできるなぁ」

肇「えへへ」

時子「豚」

P「んあ?ああ、ワサビね」スッ

時子「チッ」

P「牛乳があったらチーズと卵でカルボナーラうどん作ろうと思ったんだけどなぁ。昼間藍子と紗枝がしこたま飲んだから切らしてたの忘れてたわ」

肇「こんな時間にそんなのを食べたら確実に太ってしまいますね」

P「お手軽に作れるカロリーの権化だからなあ。しかも美味い」

肇「わぁ、性質が悪いです」

時子「豚」

P「はいよ。お茶が無くなったから廊下の自販機で伊右衛門買ってくればいいんだな?」

時子「チッ」

P「肇も何かいるか?ついでに買ってくるけど」

肇「あ、私はまだ残っていますので」

P「ん。それじゃちよっと行ってくるな」トテトテ

時子「…」ズルズル

肇「…何で「豚」の一言で意思疎通できるんですか?」

時子「私が聞きたいわよ」




42: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/07/01(土) 01:05:39.97 ID:cljWHYzs0



P「トランキーロ。あっせんなよ…」

ガチャッ

加蓮「あれ、まだ残ってたんだ」

P「そりゃこっちの台詞だよ。随分遅くまでかかったんだな」

奈緒「聞いてくれよPさん!撮影は何のトラブルも無く順調だったのに加蓮のせいでさぁ」

加蓮「だからアレは謝ったじゃない。もぉ~しつこいなぁ」

奈緒「何度注意しても直さないからだろ!」

P「何だ何だ姦しい。どうしたんよ、また加蓮がポテト詰まらせて六文銭の船に乗っちゃったか?」

加蓮「それは先週でしょ。Pさんまでいちいち掘り返さないでよ」

奈緒「今日はナゲット詰まらせたんだもんな」

P「マジか」

奈緒「マジ。しかも運悪く今日のスタッフさん達は加蓮の生態に免疫の無い人達でさ。そりゃあもう現場が大パニックになっちゃって」

加蓮「だって、15ピースのクーポンがあったんだもん」

P「気持ちはわかるけど、せめてよく噛んで食べろよ…お前さんこの前なんか舌噛んだショックで昇天したろ」

奈緒「迎えに行ったらルシファー達とフットサルしてたって芳乃から聞いたぞ?何あっちの世界を満喫してんだよ」

加蓮「だって向こうだと肉体という縛りが無いからさぁ」

加蓮「で、Pさん今ヒマ?」

P「見ての通りだよ」

奈緒「ダンボール好きのオッサンが敵地に潜入するゲームやってるだけじゃんか」

加蓮「Pさんお腹空いたー。何か食べるもの持ってない?」

P「お前さん達ね、俺がいつでもどこでも食べ物常備してるとか思ってない?」

奈緒「え、無いのか?」

P「ぽたぽた焼きとエブリバーガーとヤンヤンつけボーしかねぇよ」

加蓮「あるんじゃん」

P「…待ちなさい。流石にこんなので腹を満たさせる訳にはいかん」

P「確か給湯室に…くっそ油断した!焼きまんじゅうで埋め尽くされてやがる!」




43: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/07/01(土) 02:06:29.18 ID:cljWHYzs0

P「えーっと、何か残っていないか……お、焼きそばがあったぞ」

奈緒「お、いいな焼きそば」

加蓮「ふーん、悪くないかな」

奈緒「プッ、似てね」

加蓮「加蓮ぱんちっ」シュッ

奈緒「いたっ」

P「えーっとホットプレート、ホットプレートは…あったあった」

P「焼きそばで良かったらちゃちゃっと作るけど、どうする?」

奈緒「あたしは構わないけど」

加蓮「あ、ちょっと待って。手首が粉砕骨折した」

奈緒「マジか」

加蓮「うん、ありがと。もう治った。アタシも構わないよ」

奈緒「マジか」

P「よーし、んじゃ作るぞー」

加蓮「うん。お腹空いたから早めにお願いね」

P「焼きまんじゅうでも食べてなさい」

奈緒「あ、それじゃあたしも1個貰おうかな」

P「さてと、まずは麺をほぐさないとな」

加蓮「え、そのままジューッて焼けばいいんじゃないの?」

P「ほぐさないと大抵コゲたり固まったりして失敗するぞ?ちなみにほぐす時は水でもいいけど料理酒を使うとほぐれやすくなる」

奈緒「へー」モグモグ

P「本当に焼きまんじゅう食ってるし」

P「まずは麺を表面がパリッとするまで焼いてだね…」ジュゥゥゥ

加蓮「ひっくり返さないの?焦げない?」

P「ワザと焼き目をつけてモチモチ部分とパリパリ部分を作ってるんだよ」

P「てか、さっきから横からヒョコヒョコと何さ。退屈なら向こうでメタルギアでもやってなさい」

加蓮「えー、駄目?」

奈緒「加蓮、Pさんの邪魔すんなって」

加蓮「しょうがないなぁ…じゃ、あっちで奈緒で遊んでるから。早めにねー?」

奈緒「あたしで?あたしと、の間違いだよな?」

P「よし、両面焼き目がついたら一旦麺は退けて…豚バラを焼くでごぜーますよ!」ジュゥゥ




45: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/07/01(土) 02:53:02.03 ID:cljWHYzs0

P「小さめにカットした豚バラとキャベツをよく炒めて…」ジュゥゥゥ

P「程よいところでさっき焼いた麺を再投入!豚バラから出た脂を絡ませるようにして」

P「んでもってソースをドバッと。後はソースが焦げないようにササッと混ぜて焼いて最後にちょっぴり塩コショウで味付けですよ」

P「…うし、こんなもんだろ」

P「おーい、出来たからそっち持ってくぞー」

奈緒「あ、ちょっと待ってー。加蓮が死んだー」

P「おいおいまたか」

奈緒「焼きまんじゅう詰まらせたー」

P「あれほどよく噛んで食えと…。ほれ、焼きそば出来たぞ」

奈緒「おおっ、すごく良い匂いっ。おーい加蓮ー生き返れー。Pさんが焼きそば作ってくれたぞー」

加蓮「」

加蓮「」ピコーン

加蓮「……んにゅ?…もう現世?」

奈緒「乗り過ごし感覚で天と地を行き来すんなよ」

P「天空時タケルばりに命の定義が軽いな」

加蓮「アハハッ、命燃やしちゃってる?アタシ」

奈緒「お前の命よく燃えすぎだろ。ほら、箸配るから加蓮はグラス持って来いよ」

加蓮「はぁーい」

P「冷蔵庫の中に作り置きしてるウーロン茶あるから」

加蓮「わかったー」

奈緒「おおっ、ちゃあんと青のりまでかかってる!」

P「クカカカ、まだまだここからだよ奈緒やん」

P「更にこの上にたっぷり目の紅しょうがをだね」ドサッ

奈緒「うわぁ、うわぁ…!」

P「更に更に目玉焼きをも乗っけてやろうではないか!」

奈緒「うわぁぁ!駄目だろこれ!夜に食べたら駄目だろこれ!」

加蓮「えー、何なに?どうしたの?」

奈緒「見ろよ加蓮!目玉焼き乗せ焼きそばだぞ!」

加蓮「」

加蓮「・あ、ごめん。感激して一瞬逝っちゃった」

P「おでこにお札でも貼っとけば?」

奈緒「キョンシーかよ」




46: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/07/01(土) 03:09:31.46 ID:cljWHYzs0

奈緒「こんな時間にこんなガッツリ食ったら絶対太るだろ…」

P「ハハッ、ちょっとだけバターも入れたぞ」

奈緒「確実!コーラを飲んだらゲップが出るくらい確実!」

加蓮「ちゃちゃっと作る夜食にしては手が込んでない?」

P「何だろな。作り始めるとスイッチ入っちまうんよ。そういうのって無い?」

加蓮「あー、ちょっとわかるかも。面倒くさいんだけどいざ始めると終わるまで止められなくなるみたいな」

奈緒「お前の場合終わらせる前に生命活動が一旦止まるじゃんか」

加蓮「アハハッ」

奈緒「いやいや。笑って済ませられないからな?それで片づけられるのウチの事務所の中だけだからな?」

P「まぁいいや。冷めちまうから食べようかトライアドプリム」

奈緒「凛の要素「ス」一文字なのかよ!」

加蓮「」ブフォッ

P「いただきまーす」

加蓮「ゲホッ…ちょ、今の、ツボっちゃった…」ゴホゴホ

P「おいおい、大丈夫か?プリ」

加蓮「アタシ2文字!?」

奈緒「ちょちょちょ!ほとんどあたしメインじゃんかそれ!」

P「あー、やっぱ付属の粉末じゃなくてちゃんとソース作ると美味い…」ズルズル

奈緒「投げっぱなしにして食い始めるなよ!」

加蓮「げほっ…ちょ、ごめん奈緒…そこのティッシュ取って。鼻から肝臓出そう」

奈緒「お前が言うと冗談かどうか判断し辛いんだよ」

奈緒「ほら。大丈夫か?プリ」

加蓮「」ブフォッ

P「食事中に遊ぶなお前ら。流石に食ってる横でアイドルが臨終するのは嫌だぞ」

奈緒「ゴメン。つい……普段の恨みで」

P「意外とお前も黒いとこあるよな」

加蓮「げほっ…あ~……死ぬかと思った」

奈緒「昼寝感覚でちょいちょい死んでる癖に…あ、ホントだ。ソース美味っ!」ズルルッ

加蓮「どれどれ?………わっ、美味しい!ペヤングより美味しい!」

P「カップ焼きそばと焼きそばは別物だろが」




47: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/07/01(土) 03:32:13.28 ID:cljWHYzs0

奈緒「カリッカリに焼けてるところとモチモチしたところがあって良いなぁ。でもゃっぱソースが良いよソース!」ズルルルッ

加蓮「ホント。これ何か秘伝のソースとか?」

P「ウスターソースとケチャップとオイスターソース」

奈緒「お手軽っ!」

P「オススメはウスター4:オイスター4:ケチャップ2ぐらいの割合かな」

加蓮「うわぁ、簡単」

P「夕飯ならまだしも、夜食にそこまで手をかけないっての」

奈緒「…目玉焼きどうしよっかな…黄身を潰して麺にトロッと絡ませるか…目玉焼きは目玉焼きでチュルッといくか…」

加蓮「アタシ潰しちゃおーっと」ブスッ

奈緒「躊躇ねぇなぁ。加蓮って目玉焼きの黄身容赦なく割って食うよなぁ」

加蓮「奈緒は最後まで取っといて一口でいくよね」

奈緒「なぁ、Pさんはどっち派なんだ?割る?取っておく?」

P「結果的に割れてションボリする派」

加蓮「不器用か」

奈緒「精巧な立体チョコ作ったりする癖に何でピンポイントで不器用なんだよ」

P「あ、マヨネーズ持ってくるけど使う人ー」

加蓮「使うー」スッ

奈緒「あたしも」スッ

P「あいよ。ついでに七味とカラシも持ってきて七味マヨとカラシマヨも出来るようにするか」

奈緒「やめろよぉ!そこまでされたら太るだろぉ!絶対太るだろぉ!」

加蓮「むしろ太らせようとしてるよね?モッチモチにしようとしてるよね?」

P「ハハッ、まさか。そんなこと」

P「あ、ゆで卵刻んでタルタルソース作ったら合うかな、焼きそばに」

奈緒「やめろよぉ!絶対確実に太るだろぉ!」スッ

加蓮「間違いなく太らせようとしてるよね?え、なに?Pさんはもっとお肉ある娘がタイプ?」スッ

P「ササッと作ってくるからマッテローヨ」




48: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/07/01(土) 03:55:20.12 ID:cljWHYzs0



P「…スパロボの新作情報無いなぁ…ワイルドアームズもまだかなぁ…」カタカタカタカタ

ガチャッ

ちひろ「あれ、まだ残っていたんですか?」

P「あ、お疲れ様です」

ちひろ「ふぅ…もうこんな時間になっちゃいましたか。晩御飯食べ損ねちゃいました」クキュゥゥ

P「それはそれは」

ちひろ「プロデューサーさん、何か食べるもの持ってません?」

P「俺がいつでもどこでも食べ物常備してるとか思ってない?」

ちひろ「思ってますけど」

P「即答かよコイツ…。チタタプとカネ餅と細かく刻んだ沢庵を乗せた茶漬けしかありませんよ」

ちひろ「何ですかそのラインナップ。あ、そう言えばプロデューサーさん、最近よくアイドルの娘たちと一緒にお夜食食べてるそうじゃないですか」

P「…仕方ないなぁ。ちょっと待ってて下さい。確か給湯室に…お、あったあった」

ちひろ「何があるんですか?」ワクワク

P「志希の作ったビビット色のドリンクとイチゴパスタと法子秘蔵のドーナツがありましたよ」

ちひろ「どれ1つとして食べたらアウトじゃないですか!」

P「あ、俺そろそろ失礼しますね。アメトークに間に合わなくなるんで」

ちひろ「ちょっ」

P「戸締りお願いします。それじゃあお疲れ様でしたー」ステテテテテテ

ちひろ「ちょっ!待って私だけ扱い悪くありません!?何か作ってくださいよぉ!てかアメトークは録画しろ!」

ちひろ「うわぁ…本当に帰ったよあの鬼畜社畜」

ちひろ「……ふーんだ、海無し県民なんか録画予約ミスってカンブリア宮殿撮れてればいいんですよーだ」

ちひろ「…」

ちひろ「……おなかすいたなぁ」クゥゥゥ

ちひろ「……」

ちひろ「…お茶漬け食べよ」クスン





この後「冗談ですよ」と戻ったら無茶苦茶ログインボーナス貰った







アッキー「終わりだ」

芳乃「バニラアイスにー、砕いた歌舞伎揚げをぱらぱらとー」アムアム




元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498664471/

B072WQSTS9異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース)

KADOKAWA / 角川書店 ヴァージニア二等兵,蝉川 夏哉,転 2017-07-04

Amazonで詳しく見る

関連記事

アイドルマスターSS   コメント:0   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
コメントの投稿