モバP「まゆにごめんなさいと言いたい」

2018-05-18 (金) 21:01  アイドルマスターSS   1コメント  
1: ◆Rq7OakyBmg 2018/04/29(日) 19:34:44.68 ID:1zRy4e0V0

まゆ「はあ……」

P「ごめんなさい」

まゆ「い、いえ……その、突然謝られても、一体何がどうなのか……」

P「実はさ、シンデレラガール総選挙ってやってるじゃん。アレ、まゆに投票してないんだよね……」

まゆ「……なんでですか?」

P「オッケー。落ち着こう。とりあえず、座ろう。俺は地面に座るから、まゆは椅子に座ってほしい」

まゆ「……」

P「座らないのか……」





2: ◆Rq7OakyBmg 2018/04/29(日) 19:37:33.03 ID:1zRy4e0V0

まゆ「だって、おかしいですよね?」

P「……うん」

まゆ「まゆとPさんは、互いにアイドルとプロデューサーさんですよね?」

P「うん」

まゆ「まゆとPさんは、今まで沢山の苦難や過酷を二人で乗り越えてきましたよね?」

P「うん!!」

まゆ「まゆとPさんは、お互いに将来を誓い合った仲ですよね?」

P「うん!!!!!!」

まゆ「指輪とか、もう買ってるんですよね?」

P「ゼクシィまで買ってある」

まゆ「うふ♡」




3: ◆Rq7OakyBmg 2018/04/29(日) 19:39:50.29 ID:1zRy4e0V0

P「何ならこの前式場見に行った」

まゆ「そこまでの執念があって……でもまゆには入れてくれないんですか。なら……」

P「……」

まゆ「Pさんなりに、何かしらの考えがあるんですよね。だって……そうじゃないと、わざわざまゆを呼び出して、二人っきりでお話しようなんて考えませんよね」

P「うん。まゆは大切だし、好きだから、伝えないといけないなって思ったんだ」

まゆ「うふふ。それで、まゆに入れないということはほかの誰かに入れてるってわけですよね。誰に?」

P「安部菜々」

まゆ「あー……」




4: ◆Rq7OakyBmg 2018/04/29(日) 19:41:38.57 ID:1zRy4e0V0

P「なんつーかさ。これは俺の勝手な推測なんだけど、菜々さん」

まゆ「菜々さん?」

P「……ウサミン」

まゆ「ウサミン?」

P「……安部さん」

まゆ「はい、菜々さんがどうしたんですか?」

P「卑怯」




5: ◆Rq7OakyBmg 2018/04/29(日) 19:45:16.77 ID:1zRy4e0V0

P「今回じゃないと、シンデレラガールになれない気がするんだ。もう本当に勝手な話だけど……」

まゆ「……かも、しれませんね」

P「……」

まゆ「菜々さんのファンからの熱い声援は過去トップレベルです。中間発表も見事一位をたたき出し、そしてその勢いは一向に耐えることがない」

P「でも、きっと来年はもうこんな勢いが出ない。何より、今まで辛酸を舐め、泥水だってすすりながら、泥を掴みながら前に進んできたんだ。絶対にシンデレラガールにしたい」

まゆ「ずいぶん肩を持つんですね」

P「うん。だって……菜々さ」

まゆ「菜々さん?」

P「……安部さんは、俺がデレマスに手を出して、二人目に好きになった人だったんだ」

まゆ「……うふ」




6: ◆Rq7OakyBmg 2018/04/29(日) 19:48:45.03 ID:1zRy4e0V0

P「彼女の苦労は知っている。彼女の努力は知っている。彼女の謙虚を知っている。彼女のやさしさを知っている。だから……」

まゆ「シンデレラガールに?」

P「うん。あと、これを言うとまゆは怒るかもなぁって思うんだけど、折角なので正直に言う。でも、多分、酷いことを言うよ」

まゆ「……はい。Pさんが思うのでしたら、きっとそれは事実です」

P「まゆなら……」

まゆ「……」

P「まゆなら次だって、シンデレラガールになれると思ったんだよ」

まゆ「……っ」

P「いつだってなれると思う。自信がある。次だって、何なら二連続でシンデレラガールになるような偉業だって、目指せないアイドルじゃないんだ」

まゆ「それ、褒めてるんですか?」

P「最上級にね」




7: ◆Rq7OakyBmg 2018/04/29(日) 19:52:17.02 ID:1zRy4e0V0

まゆ「それで、菜々さんに入れた、と……」

P「うん。殴られる覚悟で言った。というか、殴ってくれた方が気が楽かも……」

まゆ「そんなことしませんよ。あ、でも……Pさんが望んでいるというのなら、話は別ですが」

P「なんかその言い方、どうでもいいみたいな感じじゃないか」

まゆ「だって、事実大したことのないお話ですからね。それを大袈裟に言われただけで」

P「……」

まゆ「一応、次の持ち越すという意見が出てきたときは、胸がちくりと痛みましたが」

P「……ごめん」

まゆ「謝っちゃ嫌ですよ」

P「……」

まゆ「Pさんが熱意を以て望み、そして何かを成そうとしている。その後ろ姿はとても格好良いですから」

P「まゆ……」




8: ◆Rq7OakyBmg 2018/04/29(日) 19:54:14.04 ID:1zRy4e0V0

まゆ「ですから、まゆには謝らず、どうぞ御心のままに。アナタが歩む道を、まゆは後ろから着いていきます」

P「……そっか」

まゆ「むしろ、今からまゆに入れちゃったりする方が怒ります」

P「お、怒る?」

まゆ「ぷんぷんです。ぷんぷんまゆになります」

P「語感からして伝わる可愛さ」

まゆ「……とまあ、大した話じゃありません。まゆは、気にしていませんから」




9: ◆Rq7OakyBmg 2018/04/29(日) 19:57:28.11 ID:1zRy4e0V0

P「とりあえず、ゼクシィでも読もうぜ。初めて買ったんだ、これ」

まゆ「そうですね。未来のお話でもしましょうか。白い家に、大きなわんちゃんを買いましょう」

P「表紙が美優さんだ……」

まゆ「なんでうどん食べてるんですかね……」

P「あの人、丸亀製麺好きだからな……」

まゆ「結婚情報誌なのに、食レポまで載ってる……」

P「というか、ウエディングドレスって、結婚する前に着たら婚期を逃すとか」

まゆ「まあ、ウエディングドレス着てうどん食ってる女性に婚期も何もないとは思いますけど」




10: ◆Rq7OakyBmg 2018/04/29(日) 19:59:49.06 ID:1zRy4e0V0

P「……あとさ。一つ思ってたんだけど」

まゆ「なんですか?」

P「俺、まゆってもっと近いものだと思ってた」

まゆ「……?」

P「後ろから歩いてくるの、止めてもらっていいかな?」

まゆ「……隣、ですか?」

P「うん。俺が菜々さんに票ぶち込んだ理由、もしかしてそうかもしれないし……」

まゆ「そうっていうと……」

P「近すぎて気付かなかった」

まゆ「……き、今日は、気障なことを言う日、なんですか?」

P「やい照れるなこっちまで照れるわ」

まゆ「うぅ……」




11: ◆Rq7OakyBmg 2018/04/29(日) 20:03:46.42 ID:1zRy4e0V0

P「しかし困ったことになった」

まゆ「?」

P「結婚したらアイドル続けられるのかな……」

まゆ「まゆは、Pさんがプロデュースしてくれる限り、いつまでもアイドルですよ」

P「いや、結婚したら流石に多少なりともファン減るだろうしなぁ。シンデレラガールにしたいし、やっぱ今年も結婚は無理かぁ」

まゆ「うふ、残念ですね」

P「なんだ、嬉しそうな言い方するなぁ」

まゆ「この関係性、まゆ嫌いじゃないんですよ」

P「……そっか。じゃあ、結婚指輪はまた今度な」

まゆ「はい」

P「あ、今日のお弁当は?」

まゆ「ここですよぉ」




12: ◆Rq7OakyBmg 2018/04/29(日) 20:08:30.73 ID:1zRy4e0V0

一方全てを見ていた二人……

ちひろ「なんでうどん食いながらゼクシィ撮ったんですか?」

美優「だ、だって、最近の好みのモノを持ってこいと仰られたので……」

ちひろ「それで器ごと持ってくるような図太い精神してたんですね、美優さん。というか、存外に庶民派アイドル……」

美優「この前10万円もらってしまいまして」

ちひろ「トップアイドルが10万円の臨時収入で浮かれたんですね?」

美優「やっぱり手元にあると、重みが違うなぁって……」

ちひろ「それでゼクシィ撮ったんですね?」

美優「ごめんなさい……」




13: ◆Rq7OakyBmg 2018/04/29(日) 20:11:20.26 ID:1zRy4e0V0

ちひろ「ところで、あの二人。どうします?」

美優「埋め立てます?」

ちひろ「初手殺処分はアイドルが思っていい考えじゃないと思います」

美優「だって、事務所で結婚の話なんて……」

ちひろ「ま、最初は結構シリアスな話をしていたようですが……」

美優「Pさんには、まだ結婚してもらうわけにはいきませんからね」

ちひろ「ええ。寿退社など以ての外。恐縮ですが、来年来る可能性のある結婚も……」

美優「ごめんなさいって感じですね」




14: ◆Rq7OakyBmg 2018/04/29(日) 20:13:03.33 ID:1zRy4e0V0

おしまいです。
読んでくれた方、ありがとうございました。そうです、私が一億円の人です。
佐久間まゆダイマと見せかけた、安部菜々ダイマと見せかけた三船美優ダイマです。
皆さん、是非ともクラリスさんに清き一票を。




元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524998084/

関連記事

アイドルマスターSS   コメント:1   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
48555. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2018/05/20(日) 23:50 ▼このコメントに返信する
奈々さん40万票の差をつけての圧勝でワロタ
コメントの投稿