宇崎「先輩!私が耳かきしてあげるッス!」桜井「要らん」

2020-08-10 (月) 19:01  その他二次創作SS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:07:40.80 ID:CL+yKrHw0

※「宇崎ちゃんは遊びたい!」短編




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:09:54.02 ID:CL+yKrHw0

宇崎「先輩! 聞いてくださいよせんぱーい!」

桜井「……」

宇崎「先輩? 聞こえてないんスかー?」

桜井「聞こえてるよ! 明日提出のレポートやってるから邪魔するな!」

宇崎「ちぇー、せっかく先輩のぼっちハウスに遊びに来てあげたのに」

桜井「呼んでないのにズカズカ上がり込みやがって……」

宇崎「またまたぁ、そんなこと言って一人寂しく過ごしてたんでしょ?」ウリウリ

桜井「……」

宇崎「先輩?」

桜井(無視無視、いちいち相手してたらキリがねーよ)

宇崎「ちょっとせんぱーい?」

桜井「……」

宇崎「ま、まさか先輩……」

宇崎「耳あかがたまっていて耳が遠い……?」ジー

桜井「うわぁ! 急に顔を近づけるなっ!」





3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:14:12.03 ID:CL+yKrHw0

宇崎「ちょっと動かないでくださいよ先輩、抜き打ち耳あかチェックしてんスから」

桜井「そんなもん抜き打たなくていいんだよ」

宇崎「どれどれー?」

桜井「やめろ人の耳穴を勝手にのぞき込むな」

宇崎「あーっ、手でふさぐの禁止ッス! 耳穴の情報開示を請求する!」

桜井「いーや耳穴はプライバシーだ! プライバシー保護だ!」

宇崎「先輩、男なら堂々と穴の一つや二つ晒してくださいよ!」

桜井「それは性差別的発言だ! お前に晒す穴は無い!」

宇崎「ジェンダー論に結びつけても無駄ッスよ! ほら穴ん中じっくり見せろッス!」ガシ

桜井「やめ……離せこの!」ジタバタ

ポヨンッ

宇崎「っ!///」

桜井「あ……」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:15:32.34 ID:CL+yKrHw0

宇崎「……」

桜井「……」

宇崎「……せんぱい」

桜井「……お、おう」

宇崎「……触ったッスね?」

桜井「触ったというか当たったというか……」

宇崎「……」

桜井「あー、いや……すまん」

宇崎「ば、罰として穴見せろッス!//」

桜井「う……わかったよ」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:17:11.46 ID:CL+yKrHw0

宇崎「ふむふむ……」ジー

桜井「あ、あんまジロジロ見るなよ……恥ずかしいだろ//」

宇崎「先輩、耳穴を見られたくらいで頬を赤らめないでくださいよ、キモいッス」

桜井「お前なぁ……」

宇崎「あー、けっこうたまってるッスね」

宇崎「先輩、いくらぼっちで普段人と会話する必要がないからって、耳のケアをサボるのはよくないッスよ」

桜井「サボってねーわ! ちゃんと定期的に耳掃除してるし!」

宇崎「じゃあこの前いつ耳掃除しました?」

桜井「耳掃除は毎月第二第四木曜って決めてるから……えーと」

宇崎「そんな資源ゴミの日みたいな決め方してるんスか……」

桜井「あ、今日が耳掃除の日だな、そういや」

宇崎「へぇ……」ニヤリ

桜井「……嫌な予感がする」

宇崎「しょうがないッスねぇ、ここは私が耳かきしてあげるッス!」

桜井「要らん!」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:19:26.20 ID:CL+yKrHw0

宇崎「なんでッスかー! 忠義あふれる後輩がご奉仕してあげるって言ってるのに!」

桜井「お前のどこに忠義があるんだよ! いいんだよいつも自分でやってるから!」

宇崎「けど、私が言わなかったら今日が耳かきの日だって気づかなかったじゃないッスか?」

桜井「気付くし! 『警視庁捜査一課長』を見ながら耳かきするのがルーティーンだし!」

宇崎「渋いッスね……」

桜井「とにかくお前にやってもらう必要はない! 俺はレポートで忙しいから帰れ!」

宇崎「……」

宇崎「さっき胸触ったのに……//」

桜井「……う」

宇崎「部屋に無理やり連れ込んで、身体だけ楽しんで用が済んだらポイッスか!?」

桜井「お前が無理やり上がってきたんだろ! このアパート壁薄いんだから大声で人聞き悪いこと言うな!」

桜井「はぁ……わかったよ、さっきの詫びも兼ねて耳かきさせてやる」

宇崎「させてやる?」

宇崎「『耳かきしてくださいお願いします』でしょ?」

桜井「お前追い出すぞマジで」

宇崎「ごめんなさいッス」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:21:38.22 ID:CL+yKrHw0

宇崎「わーい! 先輩に耳かきー!」

桜井「はいはい」

宇崎「それで、耳かき棒はどこッスか?」

桜井「そこの棚の一番下の段だ」

宇崎「そッスかー、じゃあ失礼して……」

宇崎「おっと手が滑ったぁー!」ガララッ ガララッ

桜井「だああ! 別の段を開けるな!」

宇崎「わあっ!? え、え、えっちなグッズが……!」

桜井「ふ、ふざけんなその棚には入ってねーよ!」

宇崎「『その棚』には……?」

桜井「……う」

宇崎「じゃあ別のところにはあるんスね、えっちなグッズが……!」

桜井「クソっはめられた……」

宇崎「っしゃあレッツ宝探し! ウザキィ・ジョーンズいざ冒険の旅へ!」ガサゴソ

桜井「やめろお前部屋をあさるな!」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:23:26.93 ID:CL+yKrHw0

桜井「お前な、人の家で勝手にものをあさるとか友達無くすぞ」

宇崎「すみませんッス……先輩みたくぼっちになるとこでした」

桜井「俺はぼっちじゃねぇ……」

宇崎「まあそれはさておき、耳かき棒ゲットしたので楽しい耳かきタイムと行きましょー!」

桜井「はいはい」

宇崎「ほら、じゃあ私の膝に寝っ転がるッス」

桜井「はいはい……え?」

宇崎「え、なんか変なこと言ったッスか?」

桜井「いや、うーん……」

桜井(いいのか? 付き合ってもない女子に膝枕してもらうとか……いやまあ本人はいいって言ってるが……)

宇崎「あれあれ? 先輩もしかしてテレちゃってるッスかー?」

桜井「て、テレてねーし!」

宇崎「女の子に膝枕してもらうなんて、初めての経験ッスか?」

桜井「は、初めてじゃねーし! もう慣れたもんだし!」

宇崎「え」

宇崎「慣れたもんスか……ふーん……」

桜井「なんだよ、急にテンション下げて」

宇崎「べっつにーッス」プイ




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:25:59.09 ID:CL+yKrHw0

宇崎「ほら、さっさと膝に寝っ転がるッス」

桜井「はいはい」

ゴロンッ

桜井(う……)

桜井(想像の3倍くらい柔らかい……)

桜井(何かいい匂いするし……)

宇崎「うわー、先輩の顔だぁ」ペタペタ

桜井「珍しい壺みたいに触るな」

宇崎「じゃあさっそく先輩の穴にこの固い棒を挿入して……」グフフ

桜井「言い方よ……ってちょっと待て」

宇崎「?」

桜井「お前さ、誰かに耳かきってしたことあんの?」

宇崎「無いッスけど」

桜井「おいおいおいおい大丈夫かそれ」

宇崎「どういう意味ッスか」




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:26:46.08 ID:CL+yKrHw0

桜井「手元が狂ってグサってなったりしないよな?」

宇崎「まあそんときゃそんときッス」

桜井「せめてウソでも『大丈夫』って言おう?」

宇崎「まあ手先の器用さには自信アリなんで」

桜井「なら信用するが……」

宇崎「じゃあいざ挿入ーっと」

ススス

桜井「うおお……入ってきた」

宇崎「さーてお掃除かいひ……へ……」

宇崎「へ……」ムズムズ

桜井「おいまさかお前」

宇崎「へっくち!」

桜井「ぎゃあああああ!」

宇崎「というのは冗談で……びっくりしたッスか?」

桜井「寿命縮んだわ!」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:27:42.70 ID:CL+yKrHw0

宇崎「まあまあ、今度は真面目にやるッスから」

桜井「最初から真面目にやれ!」

桜井「まったく……」ドキドキ

宇崎「あ」

桜井「なんだ?」

宇崎「いえ……」

宇崎「先輩の鼓動が膝に伝わってくるんで」

宇崎「先輩、今ドキドキしてるッスか?」

桜井「まあな」

宇崎「私の膝に頭乗せて緊張してるんスかー?」ニヤ

桜井「さっきの突き刺しフェイントのせいだよ!」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:28:49.87 ID:CL+yKrHw0

桜井「ったく……」

桜井(けど)

桜井(自分の鼓動が伝わってるってわかると……なんか意識しちゃうというか)

桜井(いやいや落ち着け俺、でなきゃアイツの思うツボだ)

宇崎(あれ、先輩の鼓動が大きくなったような)

宇崎(やっぱり先輩、緊張してる?)

宇崎(……ふふ)

宇崎「……」ナデナデ

桜井「なんだよ、頭なでたりして」

宇崎「いや、先輩髪サラサラだなって」

桜井「そうか?」

宇崎「世界の嫉妬する髪ッスよ」

桜井「おおげさな」

宇崎「あー、サラサラー」ナデナデ

桜井「あのな、耳かきするんじゃなかったのか?」

宇崎「もうちょっとだけッス……あっ!? 十円ハゲ発見!」

桜井「何ィ!?」

宇崎「冗談ッスよ」ケラケラ

桜井「お、お前な……」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:29:53.93 ID:CL+yKrHw0

宇崎「さーて、そろそろ本題の耳かきといくッスかね」

桜井「今度はおふざけは無しだぞ」

宇崎「へいへい、っと」

ススス

桜井「おおお……入ってきた」

宇崎「さーてお掃除かいひ……へ……へ……」ムズムズ

桜井「天丼やめろ」

宇崎「ダメッスか」

宇崎「じゃあ真面目にお掃除っと」

カリ……カリ……

桜井「……うっ」ピク

宇崎「あ、痛かったッスか?」

桜井「いや、いい感じだ」

宇崎「あれあれ? じゃあもしかして感じちゃった? 先輩感じちゃったッスか?」

桜井「感じてねーし! お前ごときの耳かきで感じねーし!」

宇崎「ふふ、その強情さがいつまで持つッスかねー?」




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:31:24.71 ID:CL+yKrHw0

~3分後~


桜井「う……あ……」ピクン

宇崎「気持ちいいッスか?」

桜井「悔しいが……気持ちいいな畜生……」ピクッ

宇崎「即堕ち2レスッスね」

桜井「あー……人にやってもらうって案外いいもんだなー……」

タラー

桜井「あ」

宇崎「ん、どうかしたッスか先輩?」

桜井「すまん宇崎」

桜井「よだれ垂らしちまった」

宇崎「何してんスかああ!」




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:32:33.40 ID:CL+yKrHw0

宇崎「もう……先輩の体液で私の身体がビチャビチャッスよ」

桜井「言い方! しかもそんな大量に垂らしてねーし!」

宇崎「まあそれは大目にみるんで、攻守交替ッス」

桜井「え?」

宇崎「ほらほら、早く私を膝枕してくださいよ」

桜井「俺もやんの?」

宇崎「私もやったんッスから」

桜井「まあいいけど……」




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:33:49.03 ID:CL+yKrHw0

桜井「ほら、正座したぞ」

宇崎「わーい!」ボフッ

桜井「ためらわねぇなお前……」

宇崎「……硬っ」

桜井「あ?」

宇崎「なんスかこの膝……トラックのタイヤッスか?」

桜井「悪かったな硬くて」

宇崎「水泳部時代に鍛え上げた筋肉はいまだ健在ッスねぇ」

サスサス

桜井「んおぁ!」ビクッ

桜井「さするなバカ!」

宇崎「あれあれ? 感じちゃいました?」

桜井「か、感じてねーし!」

宇崎「『んおぁ!(低音)』ww『んおぁ!(低音)』ってwww」ケラケラ

桜井「真似すんな!」




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:34:50.51 ID:CL+yKrHw0

桜井「ってか、俺も人には耳かきやったことないんだがいいのか?」

宇崎「えー、先輩って人の穴に棒を突っ込んだことがないんスか? さくらんぼなんスか?」

桜井「言い方!」

宇崎「まあ大丈夫ッスよ」

宇崎「先輩の棒になら……私の膜を破られてもいいッス……」

桜井「だから言い方!」

桜井「はぁ、まったく……じゃあ入れるぞ」

宇崎「はいッス」

桜井(しかしまあ)

桜井(改めて、こうして無防備に俺の膝に横たわる宇崎を見ると)

桜井(何か変に緊張する……)ドキドキ

宇崎「? どうしたんスか先輩」

桜井「い、いや……なんでもない」

桜井「よし、入れるぞ……」ドキドキ

宇崎「どんとこいッス」

桜井(ああ、誰かに耳かきしたことないから勝手がわからん……上手くできるだろうか……痛がらせたりしないだろうか……)

桜井(下手をこくと嫁入り前の女子を傷物に……って何言ってるんだ俺は)

桜井(まずは深呼吸して……)スーハー

宇崎「先輩」

桜井「ん?」

宇崎「耳かきくらいでそんなガチガチなっちゃって……なんかウケるッス」プッ

桜井「て、てめえ……」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:37:57.64 ID:CL+yKrHw0

桜井「ええい! もうどうにでもなれ! 入れるぞ!」

ススッ

宇崎「あっ」ピク

桜井「! 痛かったか!? 大丈夫か!?」

宇崎「い、いえ……大丈夫ッス、くすぐったいだけッス」

桜井「そ、そっか……痛かったら遠慮せずに言えな?」

宇崎「は、はいッス」

桜井「じゃあ続きやるぞ」

カリ

宇崎「あぅ! はぁ!」ピクンッ

桜井「い、痛いのか? 平気か?」オロオロ

宇崎「い、痛くはないんスけど……」

宇崎「さっきから先輩がやらしい動きで……//」

桜井「やらしくない!」




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:38:47.79 ID:CL+yKrHw0

桜井(ま、まずい……変に意識しちゃいそうだ)

桜井(クソ、毎度毎度なんでこいつにこんな振り回されなきゃならないんだチクショウ)

桜井(いや待てよ……ここはさっきの意趣返しで)

桜井「まったく、さっさと終わらせてレポートやらなきゃいけないのに」

宇崎「えー、レポートなんて今度でいいッスよ」

桜井「よくないっての、じゃあ再かひ……へ……」

桜井「へ……」ムズムズ

宇崎「……」

桜井「へっくしょーん!(棒)」

宇崎「……」

桜井「……」

宇崎「先輩演技ヘタッスねー」

桜井「う、うるせえ……」




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:40:02.01 ID:CL+yKrHw0

桜井「ってかお前、耳がちっこいから中が見えにくい……ちょっと広げるぞ」

フニ

宇崎「んんっ!」ピク

桜井「大丈夫か?」

宇崎「は、はいッス」

宇崎(……うう、そうは言ってもくすぐったい)

宇崎(しかもいちいち気遣ってくれるのが……なんか余計に恥ずかしいというか)

宇崎「……」ドキドキ

桜井「お?」

宇崎「な、なんスか?」

桜井「宇崎お前、今ドキドキしてるな?」

宇崎「えっ、いや! 別にしてないッスけど!」

桜井「いーやこっちにはお前の鼓動が伝わってくる!」

宇崎「……っ!//」

桜井「さてはお前、さっきの俺の突き刺しフェイントに内心ビビったろ!」

桜井「強がってても鼓動は正直だぞ!」フフ

宇崎「……」

宇崎「あー、バレちゃったッスか」

桜井「ふふ、仕返し成功ってところだな」

宇崎(にぶちんで助かった)




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:40:44.35 ID:CL+yKrHw0

桜井「さーて、じゃあ動かしてくぞ」

カリ

宇崎「んっ!」ピク

桜井「痛いか?」

宇崎「いえ、大丈夫ッスから……遠慮しなくていいッスよ」

桜井「そ、そうか……じゃあ続けるぞ」

カリ カリ

宇崎「あ……ふっ!」

宇崎「あっあっ……んんっ!」モゾモゾ

桜井「あ、あんまり動くと危ないんだが……」

宇崎「が、我慢するッス……」

ススス カリッ

宇崎「~~! ふー、ふーっ!//」フルフル

桜井(顔を隠して身体の震えを必死に我慢する宇崎……いやいやあんまり見るな俺、平常心だ平常心)




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:42:15.72 ID:CL+yKrHw0

カリッ コリッ

宇崎「あっ! はっ!」

宇崎「きもち、い……そこ……あ」

宇崎「もっとこすって……ぁ……や」

宇崎「~~~っ!//」ギュー

桜井「……」

桜井「……」

桜井(無になれ……無になれ俺)

宇崎「せ、せんぱ……さいご、ふーって……」

桜井「え、え?」

桜井「耳を吹けばいいのか?」

ふーーー……

宇崎「~~~~っ!//」ゾクゾクゾクゾク

宇崎「あ、は……」ビクビク

桜井(……あっ)

ムクムク

宇崎「はぁ……予想以上に気持ち良かったッス! 先輩初めてにしては結構上手いんスね……」

宇崎「ん、あれ?」

宇崎「先輩、なんか私のほっぺたに硬いものがあたって──」




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:44:06.71 ID:CL+yKrHw0

桜井「うおおおおおおおお!」

ドンッ

宇崎「うわああっ!?」

宇崎「な、なんスか急に突き飛ばして! 危ないでしょ!」

桜井「い、いや……あれだ」

桜井「ご、ゴキブリがいたから、うん」

宇崎「え、ゴキブリ!?」

桜井「そうだ! だから今日は終わり! また今度! なっ!」

宇崎「は、はあ……」

桜井「じゃあ俺はこれからゴキとタイマンだから! 気を付けて帰れよ!」

宇崎「……いやッス」

桜井「は?」

宇崎「私もゴキ退治、お供させてもらうッス! それが忠実なる後輩の役目!」

桜井「忠実ならもう帰って!」

宇崎「出てこいゴキめ! ここか!? ここなのか!?」ガララッ ガララッ

桜井「だからむやみやたらに引き出し開けるなって!」

宇崎「あ」

桜井「え?」




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:53:01.70 ID:CL+yKrHw0

宇崎「なんか面白そうなグッズ発見! なんスかこれ?」

オナホ「……」

桜井「……」

宇崎「なんかグニグニしてて柔らかいッス! なんスかなんスか!」ニギニギ

桜井「……」

桜井「リラックス……グッズ的な……うん」

宇崎「リラックス!? じゃあ耳かきついでにこのグッズで私が先輩を癒してあげ──」

桜井「ああああ強制退場おおおお!」

宇崎「うわああああ!」ポーイ


その日書いたレポートは散々な出来で再提出を食らった



おわり




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/26(日) 17:53:52.72 ID:CL+yKrHw0

宇崎ちゃんss増えろ



元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1595750860/

B088HL7Y32プリンセスコネクト! Re:Dive 4 [Blu-ray]

Happinet ペコリーヌ:M・A・O(出演), コッコロ:伊藤美来(出演), キャル:立花理香(出演), ユウキ:阿部敦(出演), 金崎貴臣(監督) 2020-11-06T00:00:01Z

Amazonで詳しく見る

関連記事

その他二次創作SS   コメント:0   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
コメントの投稿