上条「御坂、お前って白井以外に友達いんの?」

2012-07-16 (月) 19:52  禁書目録SS   20コメント  
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:17:15.98 ID:nUIHQkYG0

御坂「ちぇいさー!」ガコン

上条「よう、御坂」

御坂「あ、あんた、あんたも何か飲む?」

上条「いや、やめとく、蹴り入れて出てきたジュースってのはなんかな」

御坂「こいつは人のお金を飲み込む悪い自販機だからいいのよ。あんたも二千円札飲まれたじゃない」

上条「だからってなあ、こんなことしてて警備員に見つかったらどうするんだよ」

御坂「ま、まあその辺はうまくやるわよ」

上条「大体、一人で下校時に自販機に蹴り入れてジュース飲むってどうみてもやさぐれてるとしかおもえねーぞ?」

御坂「いちいちうっさいのよあんたは」ビリビリ

上条「こらこら電撃はやめろって、自販機が本当に壊れちまうぞ?」

御坂「む、ふん、今日のところは見逃してあげるわ」

上条(待てよ、ひょっとしてこいつは学校でうまくいかなくてそのイライラを何かにぶつけたいだけなんじゃ・・・)

上条「御坂、お前って白井以外に友達いんの?」

御坂「・・・・・は?」

上条「御坂、お前は一人なんかじゃないからな?」



eval.gif僕は友達が少ない ショボーン! (MFコミックス アライブシリーズ)




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:18:41.81 ID:nUIHQkYG0

御坂「い、いきなり何言い出すのよ!!」

御坂(と、友達・・・・えーっと・・・友達よね?)

御坂「あれ?」

上条(こいつがこんなに真剣に考えるなんて・・・やっぱり・・・)

上条「御坂、俺とお前は友達だからな!!お前は一人じゃないんだぞ!!」ガシッ

御坂「うっ!!」ジワッ

上条「御坂?」

上条(やっぱりか・・・)

御坂「ど、どさくさにまぎれて肩触ってんじゃないわよこの変態!!!!」

ドゴッ

上条「ごふっ・・・・ここに・・・・蹴りを・・・・」パタッ

御坂「何あんたの思い込みで決め付けてセクハラまでされなきゃいけないのよ!!ばっかじゃないの!!」

御坂「二度とあたしの前に顔見せんじゃないわよ!!」ダダッ

上条「ふ・・・こ・・・・う・・・」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:19:24.70 ID:ukO0F3dp0

続けてみて



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:19:41.75 ID:nUIHQkYG0

御坂「あの馬鹿いきなりなんなのよ!!!」

御坂「いきなり友達がどうたらって・・・」

御坂「はぁ・・・・・」トボトボ

御坂「学校に行けばミサカ様、寮に戻ればお姉様・・・・」

御坂「ひとつ下の佐天さんと初春さんは黒子の友達って感じだし・・・・」

御坂「・・・・・」ジワッ

御坂「・・・・・・なによ・・・・」ポロポロ

御坂「・・・・・・・なんなのよ・・・・」ポロポロ

御坂「うっ・・・・ぐすっ・・・・・・なんで・・・こんなに・・・」ポロポロ

 御坂さん?

御坂「えっ?」

御坂(あ、やばっ、涙!!)ゴシゴシ

御坂「あ、はい」クルッ

婚后「あの・・・・御坂さん・・・」

御坂「あ、婚后さん」ニコッ



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:20:50.40 ID:nUIHQkYG0

婚后(泣いてらしたのですわね・・・・)

婚后「何かありましたの?」

御坂「え?う、ううん、なんでもないのよ、ただ歩いてただけ・・・あはは」

婚后「そうですの・・・」

婚后(何か私にできることはありませんの?考えるのですわ婚后光子!!)

婚后「あ、御坂さん、よろしければ私とお茶でもいかがですか?」

御坂「え?いやそんなの悪い気が・・・」

御坂(あ、そうか・・・婚后さんがいるじゃない・・・あたし何考えてたんだろ・・・)

婚后「あ、そうでしたか・・・これは・・・」シュン

御坂(って婚后さんがすっごく落ち込んでるじゃないの!!!馬鹿かあたしは!!)

御坂「いやいやいや行きましょう!!私婚后さんとお茶したいわ!!!!」

婚后「え?」

御坂「さあいきましょういきましょう!!」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:21:43.88 ID:nUIHQkYG0

ファミレス

婚后「あの・・・・本当に私でよろしかったのでしょうか?」

御坂「もちろんよ!!えっと、なんかちょっとくだらないことで気が滅入っててさ!」

御坂「婚后さんとお茶できてなんかすっきりできるっていうか、とにかく一緒にいられてありがたいのよ!!」

御坂「婚后さんはオアシスていうかその大事な人だから!!」

婚后「み、みさかさん・・・・ //////」

ウェイトレス(やはり女子校・・・)

ウェイター(百合ハァハァ)

青ピ(ボクも混ざりたいでぇ・・・)

御坂「えっ? あ! あははははは!!!!」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:23:07.14 ID:nUIHQkYG0

婚后「・・・・・」

御坂「・・・・・」

御坂(やばっ・・・・すっごく気まずくなっちゃった・・・)

ウェイトレス「 」チラッ

ウェイター「 」チラッ

青ピ「 」チラッ

御坂(すっごく見られてる・・・・)

御坂 婚后「「あ、あの!!」」

御坂 婚后「「あっどうぞ!!」」

婚后「うぅ・・・・ ////////」

御坂(って婚后さんにすっごく恥ずかしい思いをさせてるじゃない!!)

御坂(そうよ!!ここは早くこの場を離れないと!!!)

青ピ「もう我慢の限界や!!」ガタッ



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:24:24.62 ID:nUIHQkYG0

青ピ「君たち!!貝合わせをするならボクも混ぜてえな!!!」

婚后「え?」

御坂「え?」

青ピ「なんや、まだやったんか、ここはボクがひとつ丁寧に教えて」 シェフ「おい」ガシッ

青ピ「え?」

シェフ「はやとちりがすぎるんじゃないかお兄さん?」

青ピ「いや、ボクはただこの百合ん百合んな関係に一石を」 シェフ「黙れ」ズルズル

青ピ「やめてや!!どこにつれていくんや!!」

ウェイトレス「あ、ごめんなさいね、お代はいいからまたゆっくりしにきてね」

婚后「は、はあ・・・」

御坂「あ、はい・・・」


  アッーーーーーーーー!!!!!!



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:25:36.79 ID:nUIHQkYG0

御坂「・・・・・」

婚后「・・・・・」

御坂(ファミレスから出ても何も話せない・・・・何か・・・何か話さなきゃ・・・・)

婚后(私が動揺してしまったばかりに御坂さんに気をつかわせてしまいましたわ・・・これでは御坂さんのお友達として失格ですわ・・・)

御坂(あー・・・何話せばいいんだろ・・・ゲコ太・・・・はだめだ・・・笑われる・・・)

婚后(えっと・・・・何か・・・そう・・・)

御坂「婚后さん!!」

婚后「ひゃい!!」

御坂「お、おおおおちゃおいしかった!?」

婚后「え、えええええもちろんですわ!!!」

御坂「そ!そお!!よかったわああああ!!!」

婚后「・・・・・」

御坂「・・・・・」

御坂(って違うだろうがああああ!!!)



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:26:43.98 ID:nUIHQkYG0

婚后「あ!あののののあの!!」

御坂「なああにいいいい!!??」

婚后「あのケーキいかがでしたああ?」

御坂「あたしプリン食べてたからわかんないわあああ!!!」

婚后(なんたる失態!!!御坂さんのことをこれっぽっちも見ていなかったことが露呈してしまいましたわ!!)

御坂(おおおおい!!せっかく振ってくれた話題をつぶしてどうするううう!!!)

婚后「・・・・・・」ズーン

御坂(やばっ、婚后さんからどんよりとしたオーラを感じるわ・・・)

御坂「婚后さん!こっちに行きましょ!!ね?」ギュッ

婚后「え?は、はい」

婚后(あれ?御坂さんと・・・手つないで・・・ ////////)

御坂「さあこっちよおおお!!」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:28:09.35 ID:nUIHQkYG0

ゲームセンター

婚后「あの・・・ここは?」

御坂(やっぱり来たことなかったか!!)

御坂「ここはね、ゲームをするところなのよ!」

婚后「はぁ・・・お話には聞いたことはありますけど・・・ずいぶん狭いところなのですわね」

御坂(さすが婚后さんね、予想以上だわ・・・)

御坂「えっと、ほら、ああやってお金を入れて遊ぶんだけど・・・」

御坂(こりゃモグラ叩きからスタートしたほうがよさそうね)

婚后「まあ、これはどうやって遊びますの?」

御坂(っていきなりシューティングは難易度高くない?)

御坂「えっと、ちょっと難しいかもしれないんだけどやってみる?」

婚后「ええ、是非!!」

御坂(ま、やるだけやってみるか・・)



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:29:04.97 ID:nUIHQkYG0

婚后「とりあえず避ければよろしくて?」

御坂「そうね、このボタン押しっぱなしにしてれば相手がやっつけられるから・・・」

御坂「避けられないとすぐにやられちゃうからそこだけは細心の注意が必要ね」

婚后「わかりましたわ!!」

御坂「がんばって婚后さん!!」



婚后「むう・・・・もうちょっとでしたのに・・・」

御坂(いきなりラストステージまで行くってどんだけよ!!)

御坂「いや、すごいわよ婚后さん、あたしなんて二つ前のステージでやられちゃうもの」

婚后「え?そうですの?」

御坂「うん、婚后さんはすごいわ!」

婚后(御坂さんに褒められるなんて・・・  ///////)

御坂(婚后さんすごいな、これだとほかのやつもあっさりとやっちゃえるのかな)



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:30:28.03 ID:nUIHQkYG0

婚后「次はあれをやってみたいのですけれど」

御坂「あ、クイズゲームね、一緒に考えましょ」

婚后(はっ!そうですわ!!せっかく御坂さんといるのに私だけが楽しんでは御坂さんを退屈させてしまいますわ・・)

御坂「ねえ婚后さん、ジャンル何にする?」

婚后「え、えっと・・・えとお・・・・」

御坂(意外と婚后さん楽しそうね、ゲームセンターで成功だったみたいね)

御坂「あせらなくてもいいわよ、好きなの選んで」

婚后「え、えいっ!」

御坂「あ、ファンシー問題ね」

 第一問、ゲコ太の身長と体重は?

婚后「え?これは・・・」

御坂「これは2ね」ピッ

ピンポンピンポーン

婚后「え?」

御坂「よしっ!!次よ!!」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:31:55.74 ID:nUIHQkYG0

  ピョン子の好きな食べ物は?

婚后「えっと・・・えっと・・・」

御坂「4!」

ピンポンピンポーン

  ケロヨンの得意技は?

婚后「けろ・・よん?」

御坂「1!」

ピンポンピンポーン

  ゲッコ族は生理的に?

婚后「げっこぞく?」

御坂「鳥が嫌いです!!」

ピンポンピンポーン

  ごたくはいいから、さっさと始めようぜ。これが終わったら海に帰って、新しい船を手に入れるんだ。その名も?

婚后「船?」

御坂「レイディラック2世だ」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:33:03.01 ID:nUIHQkYG0

  斬る 払う けさ斬り 斬る

婚后「何を切るのですか?」

御坂「マルチウェイ!!」

ピンポンピンポーン

  あんまりひどいことすると、おしおきよ

婚后「セーラー戦死というやつでしょうか」

御坂「ようせい!」

ピンポンピンポーン

  いまのあんたがいちばんみにくいぜ

婚后「みにくいといわれましても」

御坂「ヴィーナス!!」

ピンポンピンポーン



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:34:17.55 ID:nUIHQkYG0

婚后「全問正解・・・」

御坂「ふふん、こんなもんよ」

婚后(すごい・・・さすが御坂さんですわ、私よりも広い見聞を・・・)

御坂(やっば!!私だけが答えてどうするのよ!!)

婚后「・・・・」ウーン

御坂(婚后さんが楽しそうじゃない!!)

御坂「えっと、婚后さん?」

婚后「つ、つぎはどれを選べばいいんですの?」

御坂「あ、ジャンル・・・」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:35:26.74 ID:nUIHQkYG0

御坂「ふう、なんか疲れたわね」

婚后「ええ、私にも答えられる問題があって助かりましたわ」

御坂「そうね、あたしがわからないのフォローしてもらえてよかったわ」

婚后「それで、次は何をされますの?」

御坂「そうね・・・」


婚后「御坂さん、すごく楽しかったですわ」

御坂「そう?なんか婚后さんをああいうところに連れて行ってよかったのかなって少し不安だったんだけどね」

婚后「またご一緒させていただきたいくらいですわ」

御坂「ほんと?じゃあまたいこ?」

婚后「ええ!是非誘ってくださいまし!!」

御坂「うん!!もちろんよ!!」

婚后(これで御坂さんとの距離も縮まったような気がしますわ!!)

御坂(婚后さんがこんなに喜んでくれるなんて、誘ってよかったわ!)



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:41:37.62 ID:nUIHQkYG0

御坂「そろそろ寮の門限が迫ってるわね」

婚后「そうですわね、そろそろ寮に戻りませんと」

御坂「うん、それじゃあまたね、婚后さん」

婚后「はい、ごきげんよう」




御坂「いやー、楽しかった、常盤台に来てこんなに楽しかったのってなんかはじめてかも・・・」

御坂「まあしょうがないといえばしょうがないんだろうけど・・・」

御坂「友達・・・か・・・・」

御坂「うん・・・・やっぱりうれしい・・・」

御坂「今度はどこに行こうかな」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:41:54.56 ID:gDtujXJb0

あれ?婚后のくせに可愛い



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:44:32.22 ID:jwrCJK1l0

ばか、光子がかわいいのは当たり前だろうが



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:47:22.26 ID:nUIHQkYG0

御坂「ただいまー」

黒子「お帰りなさいませお姉様、お風呂にします?それとも私にします?」

御坂「はいはいシャワー浴びてくるわ」

黒子「お姉様ったら・・・私はもう準備万端いつでもお姉さまの愛をお待ちしてますのに・・・」

御坂「黒子ー、風紀委員の腕章こんなところにおいてたら無くすわよー」

黒子「え?ああ私としたことが!!」

バタン

黒子「お姉様・・・・」

黒子「たまには ”黒子、一緒に入りましょ” くらいは言ってくれてもいいのではないでしょうか」

黒子「まあ、お姉様はテレ屋さんですから黒子にストレートに伝えることができないのはわかりますけれども・・」

黒子「仕方ありませんわね、お姉様の汗が染みた衣類を拝借させていただくとしますか」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 20:55:04.49 ID:nUIHQkYG0

黒子「うぇっへへへへ・・・・・」ソロリソロリ

黒子「くんくん・・・・はぁ・・・・」ホワー

黒子「ああ、お姉様の温もりが残ったこの制服・・・そして・・・じゅるっ」

黒子「そ・し・て、お姉様の大切なところを守っていたこの・・・この・・・」

黒子「相変わらずお子様のような下着ですがまあここはいたしかたありませんわね」御坂「黒子?」

黒子「ひっ!!」ビクゥ

黒子「お、おねねねねおねえさま!!!これはそう!!洗濯前に汚れの具合をチェックしていたのであって!!」

黒子「決してこの下着をいただいて秘蔵のコレクションのひとつにくわえようなどとは!!」

御坂「・・・・・」

黒子「お姉様?」

御坂「・・・・・・・」ポロポロ

黒子「お・・・ねえ・・・さま・・」

御坂「ひぐっ・・・なん・・・でよぉ・・・・」ポロポロ



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 21:04:59.68 ID:nUIHQkYG0

黒子(やっべええええええええええ!!!!!マジ泣きしてますのおおおおお!!!!)

御坂「もぅ・・・・や・・・・」ポロポロ

黒子(ここは電撃がくるところではありませんのおおおお!!!!?????)

黒子(お、落ち着くのよ黒子、少し予想外の事が起こったくらいで取り乱していては風紀委員は務まりませんの!!)

黒子(臨機応変、変幻自在に的確な対処ができてこそ風紀委員!!!)

黒子「おねえさま、いかがなさいましたの?くろこでよければおねえさまのおちからになりますわ」

黒子(あたかもあえて何事もなかったかのようにお姉様をそっと包み込む黒子、お姉様に頼られる黒子はそのまま!!)

黒子「さ、おねえさま、くろこにおはなししてくださいまし」ギュッ

御坂「・・・ひぐっ・・・ら・・・・ないで・・」ポロポロ

黒子「はい?」

御坂「さわらないで・・・えぐっ・・・・ぐすっ」ポロポロ

黒子「あ、こ、これは失礼しましたわ・・・」

黒子(これはシャレにならないレヴェルですわね・・・・)



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 21:12:35.30 ID:nUIHQkYG0

黒子(結局あのあとは一言も言葉を交わすことなく一晩が過ぎましたの・・・)

黒子(あまりに突然な出来事に気が動転したわたくしは気がついたらお姉様の脱ぎたての下着を装着していましたわ・・)

黒子(すごく気が動転していましたの・・・まさかお姉様があんなに取り乱されるだなんて・・・)

御坂「・・・・・」

バタン

黒子「一言も言葉を交わすことなく・・・・行ってしまわれましたか・・・」

黒子「お姉様・・・何かあったのでしょうか・・・」

黒子「明らかにいつものお姉様ではありませんでしたわね、つまり原因は私にではなく他にある・・・」

黒子「お姉様があれほどになる原因・・・・・」

黒子「はっ!!!」

黒子「あの類人猿に違いありませんわ!!」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 21:13:49.68 ID:ijYgPa0ji

なにその幸せ脳



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 21:14:04.41 ID:gDtujXJb0

黒子ぶれないなwwwwww



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 21:21:48.54 ID:nUIHQkYG0

黒子「あんの類人猿があああああ!!!!」

黒子「私とお姉様の甘い生活をぶち壊すなどどれだけふざけたことをしてくれますのおおお!!!」

黒子「これは聖戦ですわ!!!」

黒子「いいでしょう!貴様が私のお姉様をかどわかそうというのなら!!」

黒子「まずはそのふざけた妄想をぶち殺してさしあげますわ!!」

黒子「そうと決まれば早速!!」



御坂「はぁ・・・・・」トボトボ

御坂「なんなのかな・・・何がいけないのかな・・・」

御坂「こんなのもう嫌・・・・・・」

御坂「レベル5っていうのが・・・・・ううん・・・」

御坂「これはあたしが努力した結果だし・・・」

御坂「でも・・・・周りは・・・・・」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 21:33:39.15 ID:nUIHQkYG0

御坂「はぁ・・・・」

食蜂「御坂さん」

御坂(こいつも・・・・)

御坂「・・・・何?」

食蜂「ちょっとお話したくなっちゃったの」

御坂「ふーん」

食蜂「転入してきた子と仲よさそうじゃない?」

御坂「・・・・・で?」イラッ

食蜂「派閥を作りたがる子と仲良くするなんて御坂さんらしくないんじゃないかしら?」

御坂「婚后さんはもうそんなものに興味はないわ」

食蜂「そうかしら?御坂さんのそばにいればよからぬことを考えちゃうと思うんだけどな」

御坂「そんなことはさせないわ」

食蜂「気がついたらそうなっているかもしれないわよ?」

御坂「いちいちうるさいわね」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 21:36:17.89 ID:jwrCJK1l0

まーためんどくさいのがでてきた



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 21:37:59.92 ID:9JanDSUr0

ぼっちではないけど友達はいない子きたw



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 21:40:43.07 ID:mUtO5x9a0

みさきちが御坂妹を攫ったり美琴に突っかかっているのはかまって欲しいからだったら萌える
みさきちは口調が面倒だよな



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 21:45:58.22 ID:nUIHQkYG0

食蜂「こわいわぁ、そんなににらまなくてもいいじゃない」

御坂「はっきり言いなさいよ、何が言いたいの?」

食蜂「あなたにお友達なんて似合わないわ」

御坂「はあ?」

食蜂「御坂さんには孤高の存在でいてほしいの」

御坂「何よそれ・・・」

食蜂「そのままの意味よ、だから御坂さんに近づこうとする人は御坂さんから遠ざけてあげる」

御坂「・・・・」イライラ

食蜂「まああの風紀委員の子は特別に見逃してあげる、さすがにルームメイトとお話もできないなんてのはつらいでしょ?」

御坂「ふざけんじゃないわよ」

食蜂「え?御坂さんに近づいて利用しようとするかもしれないのに?」

御坂「あんたなんかにあたしの人間関係をどうこうしてほしくなんかないわ!!」

食蜂「ふーん、そう?」

御坂「手だしたらあんたの派閥壊滅させてやるわ」

食蜂「覚えておくわね」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 22:00:48.49 ID:nUIHQkYG0

御坂「はあ・・・朝から疲れたわ・・・」

御坂「派閥の女王様ってのはなんでああなのかしら・・・」

御坂「理解できない・・・理解したくもないけど・・」

婚后「御坂さん」

御坂「あ、婚后さん」ニパッ

婚后「おはようございます御坂さん」

御坂「おはよう」

婚后「あの、今日はなんだかすごく明るくみえるのですけど」

御坂「え?ああうん、婚后さんに会えてうれしいなって」

婚后「え?あ、あの・・・ ////////」

御坂「あ、ああああいや、その!!友達の顔見るとうれしくなるじゃない?」

婚后「え?はい、そうですわね!!」

御坂「そういうことよ!!そういうことのなのよ!!」

女子生徒「御坂様に・・・・・チッ」

女子生徒「あの女・・・思い知らせてやりますわ・・・」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 22:08:02.26 ID:nUIHQkYG0

御坂「ねえ婚后さん、今日帰りどっか行かない?」

婚后「え?よろしいのですか?」

御坂「もちろんよ」

婚后「では、ご一緒させていただきますわ!!」

御坂「うん!!」



上条「ちくしょう、何で目覚ましが壊れてるんだよ・・・遅刻コースじゃねえか!!」

黒子「見つけましたわ!!」

上条「白井?」

黒子「私のお姉様をかどわかそうとした罪により個人的に極刑を与えますわ!!」

上条「え?」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 22:17:07.11 ID:nUIHQkYG0

女子生徒「ちょっとあなた」

婚后「はい?」

女子生徒「あなたは最近転入された方ですわよね?」

婚后「ええ、そうですが?」

女子生徒「御坂様に対して慣れ慣れしくなくて?」

婚后「そうなのですか?」

婚后(こういう方々のせいで御坂さんが苦しむことになるのですわね・・・)

女子生徒「どうやら、おわかりでないみたいですわね」

女子生徒複数「「「ふふふふふ・・・・・」」」

婚后「はぁ・・・」



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 22:23:20.05 ID:nUIHQkYG0

上条「がああああああ!!!!!」ミシミシ

黒子「おらあああああ!!!さっさと吐けやこの類人猿があああ!!!」」

上条「俺じゃねええ!!俺は何もやってねえええ!!!」

黒子「嘘をつくんじゃありませんの!!」ヒュン

ビシィ!!!

上条「ああああ!!!」

黒子「ほらほら!!さっさと吐かないとどんどん鞭をあたえますわよ!?」ヒュン

ビシィ!!! バチィ!!!

上条「ちがう!!俺じゃねえええ!!」

黒子「チッ、石を抱かせればすぐに吐くかと思いましたがなかなか強情ですわね・・・」

黒子「で・す・が、黒子の攻めはまだまだこんなものではありませんわ」

黒子「生まれてきたことを後悔させてやりますわ」ペッ ピチャッ

上条「う・・・・・なんでこんなことに・・・」

黒子「それでは石をもう一枚追加しますわね」ニコッ

上条「があああああああ!!!!!」ミシミシ



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 22:24:31.93 ID:nMPjWC7n0

ふぅ・・・



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 22:32:13.97 ID:nUIHQkYG0

婚后「あなた方が何をどのようにされたいのかはわかりませんが・・・」

婚后「私は御坂さんのお友達ですから」

女子生徒「まったくわかってないのですわね」

婚后「ええ、さっぱりわかりませんわ」

女子生徒「どうやら少しお灸が必要のようですわね」

女子生徒達「「「あらあら・・・・」」」ニヤニヤ

婚后「た・と・え!!」

女子生徒「はい?」

婚后「あなた方の力に屈してこの学校から去るとしても・・・」

婚后「私と御坂さんはお友達であることは変わりありませんわ!!!」キッ

女子生徒「このっ・・・」

婚后「あなた方になんて絶対に負けませんわ!!」

女子生徒「・・・・・」

婚后「・・・・・・」



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 22:37:52.86 ID:nUIHQkYG0

女子生徒「ふん、すぐに常盤台から追い出してみせますわ・・・・」

婚后「受けてたちますわ・・・・」


黒子「ほーら、いい加減素直に吐いたほうがよろしくて?」

上条「違う!!俺じゃない!!俺じゃないんだああ!!!」

黒子「おやおや、まだ素直になれませんのね?」

上条「はぁ・・・はぁ・・・・」

黒子「おや、背中から血がにじんでますわね?」

上条「もうやめてくれ!!俺は何もしてないんだ!!」

黒子「そうでしたの、それはそれは」

上条「だからはやく解放してくれ!!」

黒子「傷口にはそうですわね、これですわ」ヌリヌリ

上条「!!!!! がああああああああぐがおあがあああああ!!!」

黒子「あら?塩と唐辛子を混ぜた黒子特性の傷薬、そんなに喜んでいただけるなんて・・・」ヌリヌリ

上条「あごがぎじゃおああああ!!!!」

黒子「ふふふ・・・早く素直におしゃべりしてくださいまし」



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 22:38:53.86 ID:gDtujXJb0

これはひどい



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 22:39:30.30 ID:9CaY0smK0

上条さん早く吐いちまえよ…



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 22:44:56.08 ID:HnczBVoRO

上条反撃はよ



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 22:47:41.88 ID:nUIHQkYG0

教師「・・・ってことなのですが、何か知りませんか?」

御坂「いえ、寮を出たのは私が先なので寮にもいないなんてちょっと考えられません」

教師「そうですか、どこで何をしているのでしょうか・・・」

御坂「黒子が不登校だなんて・・・どうしたんだろ?」



上条「あがあああがおがおがえがえがおおあああ!!!!!」

黒子「全く、おしゃべりする気がないのに叫ぶことだけは一人前なのですわね」

上条「ぎぎあぎあいぎいいいい!!」

黒子「うるさい!!」

ドゴッ

上条「ごぐぇ!!」

黒子「あらあら、おなかを思いっきりつま先で蹴られると言葉が出なくなってしまいますの?」

黒子「これはいいことを知りましたわ」ニタァ

上条「がほっ・・ごほっ・・・・」

黒子「オラァ!!!」



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 22:52:55.65 ID:nUIHQkYG0

婚后「さて、これからどんなことが待ち受けていることやら・・・」

食蜂「はあい」

婚后「あ、はい」

食蜂「ねえ、あなた御坂さんのお友達なの?」

婚后「ええ、そうですけど・・・」

婚后(この方もですの?)

婚后「何か御用でしょうか?」

食蜂「ええ、とりあえず、あなたには私と一緒に来てもらうわぁ」

婚后「お断りいたします」

食蜂「ふふっ、あなたの意見なんて聞いてないの」

婚后「お断りいたしますと申していますのよ?」

食蜂「だ・か・ら」

ピッ

婚后「・・・・・」

食蜂「あなたの意見なんて聞いてないのよぉ・・・」



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 22:58:21.65 ID:nUIHQkYG0

上条「うげぇ・・・・ごほっ・・・・」

黒子「さて、余計な言葉が出なくなったところで、お話していただけません?」

上条「お・・れ・・・は・・・なにも・・・」

黒子「あぁ!?」ヒュッ

ビシィ!!

上条「っ!! なにも・・・して・・・・」

黒子「ふう、鞭では反応が薄くなりましたか、飴と鞭で石を抱かせて傷薬を与えても口を割らないということは」

黒子「飴も鞭も足りないということですわね」

黒子「そういえば誰かがおっしゃってましたわ、縄は日本が独自に生んだ拷問のひとつであると・・」

上条「はぁ・・・・・はぁ・・・・」

黒子「ここからが本番とうことですわね・・」



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:04:07.59 ID:nUIHQkYG0

御坂「あー、今日も一日なんか長かったなー」

御坂「さ!婚后さんと遊びにいこっと!!」

ゲコゲコゲコゲコゲコゲコゲコゲコ♪

御坂「あ、メール・・・ 婚后さんから!!」

ピッ

御坂「!!!!」

御坂「あいつ・・・・・」


黒子「ほうら?どうですの?縄のお味は?」

ギリギリギリギリ

上条「うぐおおおおおお!!!」

黒子「唐辛子をたっぷりと塗りこんだ縄があなたの地肌に徐々に食い込んでいきますの」

上条「がっはっ・・・・・あぐぁ・・・」

黒子「そろそろ素直になっていただきたいのですわ」



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:08:26.38 ID:nUIHQkYG0

廃墟

食蜂「はあい、御坂さん」

婚后「・・・・」

御坂「あんた婚后さんに何したのよ!!!」

食蜂「まだ何もしてないわぁ、一緒にここまで歩いてきただけよ?」

婚后「・・・・」

御坂「で、今から何をしようというの?」

食蜂「え?何もしないわよ?」

婚后「・・・・」

御坂「じゃあ、何をさせるつもり?」

食蜂「とりあえずそうねえ、何をしたらいいと思う?」

婚后「・・・・」



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:11:43.97 ID:nUIHQkYG0

ジュウッ!!!

上条「があああああああああ!!!!」ジタバタ

黒子「あらあら、縄で締め付けられてえびぞりにされてますのにそんなに動きますと益々縄が食い込みますわよ?」

上条「ぐっぎいっぎいいいいいい!!!」

黒子「そんなにロウをかけられるのがお好きですの?ご褒美になるのならロウはいけませんわね」

上条「がっ・・・・はぁっ・・・・・・」

黒子「では下から炙ってさしあげますわ」

チリッ

上条「がああああああ!!!!!あがよあいぇがえああああ!!!!」ジタバタ

黒子「まあまあ炙られるのもお好きでしたの、困りましたわねえ・・・・」



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:13:06.13 ID:tnwZDBJv0

あ、あれ?これ黒子サイドいらなくね?



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:14:31.95 ID:gr4lNaEK0

なんか違う方向に突っ走ってるな



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:15:55.19 ID:nUIHQkYG0

御坂「何でもやるわ・・・」

食蜂「え?何?」

婚后「・・・・・」

御坂「何でもやるって言ってんのよ!!!!!!」

食蜂「へぇ?」

婚后「・・・・・」

御坂「なんでもやる!!どんな恥ずかしいことだって!!軽蔑されるようなことだってやってやる!!」

御坂「だからあたしの友達に手を出すな!!!あたしの友達を傷つけるな!!!」

御坂「あんたが何をどうしようと誰を盾にしようとあたしの友達を傷つけるようなことをすればあんただけは確実に!!!!」ビリビリ

食蜂「ちょっと・・・こんなとこで・・・・」

婚后「・・・・・」

御坂「ぜったいに許さないんだからああああ!!!!!!!」



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:21:27.22 ID:nUIHQkYG0

シュウ・・・・・・・

御坂「はぁ・・・・はぁ・・・」

食蜂「な、なによこれぇ・・・・建物が蒸発?」

食蜂(さっきまで廃墟だったのが・・・私たちの周囲を残して・・・あとかたもないなんて・・・・)

御坂「・・・・」ギロッ

食蜂「ひっ!・・・・」

御坂「婚后さん、帰りましょ・・・」ギュッ

婚后「・・・・」

食蜂「あ、あの・・・・」

御坂「黙りなさい」

食蜂「あ、はい・・・」

婚后「・・・・」



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:26:12.25 ID:nUIHQkYG0

御坂「ごめんね婚后さん・・・・」

婚后「・・・・」

御坂「あたしのせいで・・・・巻き込んじゃった・・・・」ジワッ

婚后「・・・・」

御坂「ひぐっ・・・ぐすっ・・・・ごめ・・・んね・・・・」ポロポロ

婚后「・・・・」

御坂「あっ・・あぁっ・・・・あたし・・・・」ポロポロ

婚后「・・・・」

御坂「すぐに・・・元にもどすから・・・・・だからっ・・・・えっ」ポロポロ

婚后「・・・・」

御坂「・・・ぁっ・・・・また・・・・どこか・・・・いこ・・・?」ポロポロ


おねえええええさまああああ!!!!!!



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:30:02.75 ID:K6O/bWPO0

(あかん)



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:31:04.61 ID:nUIHQkYG0

御坂「この声・・・黒子?」

御坂(まずい!!こんなひどい顔なんて見せられない!!!)ゴシゴシ

黒子「お姉様!!やりましたの!!お姉様の心を乱す類人猿は黒子が成敗いたしましたの!!」

御坂「へ、へえ」クルッ

上条「ボクガヤリマシタ」ボロッ

御坂「えっ?」

黒子「ほらこのとおり!!きちんと罪を認めてますわ!!おらっ!!きちんと懺悔しろや!!」ゲシッ

上条「モウシワケゴザイマセン」フラッ

御坂「あっ」

黒子「あらっ?」

ガシッ ピキーン!

婚后「あら?私は・・・・」

上条「う・・・俺は・・・」ムニュッ

御坂「え?」

黒子「え?」



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:35:06.28 ID:nUIHQkYG0

上条「こ、この暖かいふくらみは・・・・」ムニュムニュ

婚后「い、いや・・・・・」

上条「なんて暖かいんだ・・・それにいいにおい・・・」クンクン

婚后「いやあああああああああ!!!!!」

上条「え?あれ?ええええええ!!!!」ムニュムニュ

御坂「ちょっとあんた・・・」

上条「待て御坂!!これは不可抗力だ!!!」ムニュムニュ

御坂「じゃあなんでそんなにしっかりとわしづかみにしてるわけ?」

上条「え?」ムニュムニュ

婚后「いやぁ・・・・」ジワッ

上条「う、うわああああ!!!!違うんだ!!これは違うんだああああ!!!」

御坂「こ、の、地獄に落ちろおおおお!!!!!」



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:36:07.42 ID:Nrs9xJxU0

心神喪失により無罪



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:36:57.96 ID:CjPS6pTL0

まーた上条さんが美琴の前で母性の塊に甘えてんのか
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B007VM3Z70/




134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:37:23.23 ID:CcS6UznE0

もとを辿れば上条さんがスレタイみたいなことを言ったのが原因なんだから黒子は正しい



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:38:31.61 ID:jwrCJK1l0

>>134
原因はどう考えてもパンツ漁ってたHENTAI



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:38:29.95 ID:nUIHQkYG0

翌日

御坂「それじゃあ婚后さん、行きましょうか」

婚后「はい、ご一緒させていただきますわ」

御坂「昨日はごめんね?あたしのせいで嫌な思いさせちゃって」

婚后「いえ、あの殿方には困りましたけど・・・」

御坂「あ、あいつは今度会ったら徹底的に懲らしめてやるわ」

婚后「で、ですが・・・その・・・」

御坂「うん?」

婚后「御坂さんが私のためにあそこまで・・・」

御坂「・・・・覚えてるの?」

婚后「ええ、ばっちりと・・・ /////」

御坂「忘れて!!」

婚后「いえ!!忘れませんわ!!」

御坂「うぅ・・・・お願いよぉ・・・・・」



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:42:24.28 ID:nUIHQkYG0

婚后「だって!!御坂さんが私のために!!!これは一生忘れることはできませんわ!!」

御坂「いやあああ!!」

婚后「嫌なのですか?」シュン

御坂「そうじゃないの!すっごく恥ずかしいの!!恥ずかしくてもう穴に入りたいの!!」

婚后「では・・・」

御坂「うぅ・・・」

婚后「二人だけの秘密にいたしません?」

御坂「うん・・・それなら・・」

婚后「ご安心してくださいまし、私誰にもいいませんわ」

御坂「お願い、絶対よ?」

婚后「ええ、だって私は御坂さんのお友達ですもの!!」

御坂(友達・・・・そっか・・・そうよね!!)

御坂「うん!!私と紺后さんは友達だもの!!」



144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:47:44.13 ID:nUIHQkYG0

黒子「お姉様が元通りになって黒子は幸せですわ・・・」

初春「白井さーん?ボーッっとしてどうしたんですか?」

佐天「御坂さん絡みなのは間違いないんじゃないの?」

初春「そんなこと言ったら毎日そうじゃないですか」

佐天「そうだね」


上条「なあインデックス」

インデックス「なあに?とうま」

上条「俺を縄で縛ってくれないか?」

インデックス「 」

おわり



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:49:40.17 ID:EJTEunTB0

>>144
あぁ・・・次はそのスレだ・・・



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:50:53.24 ID:F3RBnenA0

終わった…だと




150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:50:53.77 ID:9JanDSUr0

上条さんなんも悪くないのに一番不幸な目にあってんのはやっぱ上条さんだからか



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:51:23.51 ID:nUIHQkYG0

みさきちとか常盤台の生徒が御坂や婚后さんにひどいことするとすっごく不愉快じゃない?

だからそういう描写を極力控えめにして・・・・黒子が暴走したわけですよ

黒子ならここまでやってもギャグの範囲だし上条さんがひどい目にあってもギャグの範囲内かなあと

つまり二人には体を張っていただいたわけなんですよ、やりすぎましたごめんなさい



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:48:39.55 ID:HnczBVoRO

上条さんにちゃんと救いがある形での完結を



152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:51:39.09 ID:K6O/bWPO0

いや、新たな道を見つけ出したんだから幸せだろ



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/15(日) 23:52:41.19 ID:Ij29jEtB0

マゾ条さんか
おつ



関連記事

禁書目録SS   コメント:20   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
23986. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/07/16(月) 20:22 ▼このコメントに返信する
黒子死ね


ってか絹旗荘まだ?焦らせないでよ…
23987. 名前 : 名無しのフィール◆- 投稿日 : 2012/07/16(月) 20:46 ▼このコメントに返信する
黒子こそ痛めつけられてもギャグで済むキャラだろうに
謝りもしないわ御坂も何も咎めないし何だこれ
23991. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/07/16(月) 21:55 ▼このコメントに返信する
笑える方向でのキャラ崩壊なら歓迎するが、こういう方向はダメだな。
黒子&上条サイドが気分悪いまま終わってる。

カレーにウ◯コ混ぜてるようなもん。
23997. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/07/16(月) 22:20 ▼このコメントに返信する
>>上条さんがひどい目にあってもギャグの範囲内
禁書全否定wwまぁギャグラノベではある
23998. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/07/16(月) 22:31 ▼このコメントに返信する
うん。黒子サイドが不快だ
まったくギャグになってない
24001. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/07/16(月) 23:12 ▼このコメントに返信する
まあコメ欄落ち着け
違うSSを催促したりあまり否定してやったりするな

だからもう少し最初の感じで百合路線をだにゃー。して欲しかったぜよ。
24004. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/07/17(火) 00:01 ▼このコメントに返信する
上条さんは四肢損壊させて両目くりぬいて歯を全部麻酔抜きで抜いて腹掻っ捌いて内蔵を自分で食わせるくらいしてあげないと喜ばないよ
24005. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/07/17(火) 00:06 ▼このコメントに返信する
そんなことないよ
24006. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/07/17(火) 00:07 ▼このコメントに返信する
作者は上条さん嫌いなんだろう
だから黒子と上条サイドが不愉快とか言われても理解できないだろうな
24007. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/07/17(火) 00:17 ▼このコメントに返信する
婚后さんはいいね
24014. 名前 : 名無し◆- 投稿日 : 2012/07/17(火) 02:35 ▼このコメントに返信する
面白くないものをギャグとはいわないのでは?
24017. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/07/17(火) 03:24 ▼このコメントに返信する
作者語りをいれる書き手は総じてクズ
24042. 名前 : 名無し◆wb1Dxy.6 投稿日 : 2012/07/17(火) 14:47 ▼このコメントに返信する
上条さんと黒子の所は鬱フラグかと思ったんだが違ったな
婚后もどらず
上条黒子によって精神崩壊
黒子とは不仲に
そしてこれを聞いた食峰佐天や初春に手をだし御坂孤独
孤独の末に食峰を殺して御坂精神崩壊

辺りかと
無理矢理終わらせた感がする
24081. 名前 : 名無し◆- 投稿日 : 2012/07/18(水) 06:20 ▼このコメントに返信する
上条さんと黒子の絡みで完全に引いた。
いくらなんでもこれはないだろ…。
24082. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/07/18(水) 06:50 ▼このコメントに返信する
これってさぁ、黒子と食峰をぶっ潰したら美琴は幸せなんじゃね?

ってゆーかさぁただでさえ黒子嫌われてるのにさ、コレ黒子嫌いの人が読んだらもっと嫌われるでしょ!!
24112. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/07/19(木) 00:54 ▼このコメントに返信する
上条が黒子に酷い拷問を受けて瀕死の重傷を負っていることはひと目で理解出来ように、しかも目の前で蹴りを入れられて倒れこんだ上条が婚后に触れたからって不可抗力なのは一目瞭然だし、何よりもまずは上条の凄惨な姿に驚きもしていないしそのような目に合わせた黒子に対しても怒りの感情一つ見せずに婚后に向かって倒れこんだ事のみに逆上して瀕死の傷を負った上条に電撃を食らわせてオチにするなんて、御坂の行動が異常過ぎて正直見ていて個人的には不快なSSだった(だったら見なきゃいいかもしれんがタイトルで期待して読み始めてしまってこれではね…)
上条を痛めつけてギャグにするといっても読むものに不快を催させるレベルまで行ってしまってはもはやギャグの範疇を超えているだろう
24325. 名前 : 名無しさん@ニュース2ちゃん◆- 投稿日 : 2012/07/23(月) 17:17 ▼このコメントに返信する
いやいやギャグじゃ済まねえって
36395. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2013/07/16(火) 19:50 ▼このコメントに返信する
まぁ、途中から面白くなくなったのは事実
42239. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2014/03/13(木) 12:41 ▼このコメントに返信する
これ上条さん幸福じゃね?
44590. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2014/10/28(火) 04:48 ▼このコメントに返信する
良いと思うぞ。
コメントの投稿