ツンデレ男「なに目的だよ」男「え?」

2012-08-15 (水) 02:17  オリジナルSS BL   30コメント  
3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 18:35:20.09 ID:vVM4ZIJ60

男友「おーい男、お前今日のカラオケいく?」

男「カラオケ?うーん」

男友2「行くよな?だって弓華ちゃんいるんだぜ?」

男「俺別に弓華ちゃん興味ねーし!狙ってんのはお前だろ」

男友2「まあ、そうなんだけど。他にも可愛い子ばっかだし来いや!」

男「…いーや なんか気分じゃないし」

男友「はー?なんかさ、お前最近付き合い悪くね?…もしかして彼女できたとか!?」

男友2「は!?マジで!?」

男「んなわけねーだろ! できたらとっくに自慢してるっつの」

男友12「「だよな!!!」」

男「ぶん殴るぞ」

男友12「「wwwwwww」」

男(つっても、別に彼女なんか欲しくねーけど

なんつーか、あんま興味わかないんだよな…)



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 18:35:16.46 ID:b1wdlerZ0

なに目的だよ



eval.gif鮫島くんと笹原くん (MARBLE COMICS)




9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 18:38:59.47 ID:vVM4ZIJ60

自宅

男(ま、AV見てオナニーはするけどね)スコスコ

 「…ふぅ」フキフキ

ティロン!

男「おわ、ビクッた。メールか」

<男友1>

男「あいつかよ…」パッ

『カラオケ糞楽しい!!

ただ、男友2が弓華ちゃんと良い感じでうぜえ!

それよりヤベーよ!!!!!!』

男「テンションたけー。めんどくさ」

『よかったな。

なにがヤベーの』

男「汗かいたし、そろそろ風呂はいるか」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 18:42:22.46 ID:vVM4ZIJ60

男「ふーサッパリ。つかねみー あ、メールきてる」パッ

『○○ちゃん超歌うめー!惚れる!男友2はシネ!!!!!!!!

それがさ、聞いて驚くなよ?鼻血だすなよ?

俺らのクラスに転入生が来るらしい!!!!!!!!!!!!!!
やべーwwwwwwマジ期待wwwwwww勃起とまらん!!!!!!!!

可愛い系!?綺麗系!?おなごおおおおおおおおおおおおおおおお!!

!』

男「はぁ…寝よ」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 18:47:04.52 ID:vVM4ZIJ60

ポーポーッポポーポーッポー

男「ふぁーあ」


学校


男友「ピャアアアアアアアアアア」ガタガタガタガタ

男「落ち着けよ」

男友2「もし転入生がブスだったらショック死しそうだなコイツ」

ガラガラ

男友「ピャッ」ビクッ

男「おい、目血走ってるぞ」

男友2「wwwww」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 18:53:40.19 ID:vVM4ZIJ60

先生「はい席ついてねー」

男友2「それっぽい子入ってこねーな」

男友「はい!!!!先生!!!!!!はい!!!!!」

先生「ビクッ ど、どうした?」

男友「転入生!!!!!転入生は!?!?!?俺の転入生は!?!?!?!??????」ギンギン

先生「お前、なんで転入生のこと知ってるんだ?まぁなんにせよ、来るのは3日後だ。」

男友「んっだよ!!!」バァンッ

男「残念だったな」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:03:18.72 ID:vVM4ZIJ60

放課後

シマルダァニコチューイクァーサイ プシュー

男(ん、なんか騒がしいな…混んでるわけでもねーのに)

DQN「だからなんなんだよテメーのその態度はよぉ!!!!」

男(隣の車両だ。なんだ、喧嘩か?あんまかかわりたくねーけど…見に行ってみるか。)

男(うーわ…いかにもなヤンキーだな
絡まれてる方も派手っちゃ派手だけど、すげー無表情。ヤンキーは血管切れそうなぐらい顔真っ赤なのに)

?「別に。アンタが一人でテンション上がってるだけだろ」

DQN「そういうのがムカつくって言ってんだよ!!!殺されてーのかオイ!!!」

?「…めんどくせ」

DQN「なめんなよクソがぁ!!!」ブワッ

男「あ、ヤベッ」ダッ



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:06:08.08 ID:vVM4ZIJ60

ドンッ

DQN「おわっ!?」ドテッ

DQN「なにすんだテメーコラァ!!!」

男(つ、つい突き飛ばしちまったけど
完全に俺が標的になったな…)

DQN「ふざけてんじゃねーzぶjうぇ!!!」ドサァッ

?「うるせーよ、さっきから」

DQN「ッテェ…死ねえええ!」ブンッ

ドカッバキッドンッ

男「お、おい!!」

男(やべえ、本格的に殴り合いになっちまった)

ボガァッドスッダンッ

男「やめろって!!!!!」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:10:42.25 ID:vVM4ZIJ60

○○ー○○ーデスッ ヒラクダーニゴチューゥクダーサイ

男(! 今だッ)

ガシッ ポイッ

DQN「う、うう…」ドサッ

シマルダァニコチューイクァーサイ プシュー

男「ふう…」

?「………」

男「えっとー…大丈夫?」

?「なにが」

男「いや、怪我とか」

?「俺が殴られてるように見えた?」

男「あ、いや…」(ほぼ一方的だったけど!)



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:11:44.75 ID:vVM4ZIJ60

男「あ!でも血出てるぞ、手!」グイッ

?「離せ」

男「いや、けど…」

?「歯があたっただけだ、あいつの」パシッ

男「!」

(んだよ、助けてやって、しかも心配までしてやってんのに・・・恩知らずめ)

○○ー○○ーデスッ ヒラクダーニゴチューゥクダーサイ

スタスタ

男「あ、おい!」

(いっちまった・・・礼の一つもなしかよ!…ま、関わんないほうがいいか。)



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:14:12.43 ID:vVM4ZIJ60

翌日

男友「フーッ フーッ」ギンギンギン


翌々日

男友「フーッ フーッ」ギンギンギンギン


ついに三日後

男友「フーッ フーッ」ギンギンギンギンギン

男友2「こいつ寝てねーんじゃね?」

男「そろそろ引くわ」

男友2「目のクマエグすぎだろwwwww」

ガラガラッ

先生「はーい席つけー!」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:17:34.70 ID:vVM4ZIJ60

男友「」

女子共「ザワザワ」

先生「今日は男友お待ちかねの、転入生を紹介する!さ、挨拶してくれ!」

ツンデレ「…よろしく」

先生「おいおいそれだけかあ?しょーがないな。
皆ー、ツンデレは、親御さんの都合で・・・」

男友2「なかなかのイケメンだな」

男「ん、そーだな」

ツンデレ「…」ジッ

男「え」

ツンデレ「…」フイッ

男(なんか今ガン見されたような・・・気のせいか。)



21: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/08/12(日) 19:19:27.05 ID:ukmCoFnM0

男かよ!
女にみえてギンギンだぞ!



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:20:20.81 ID:vVM4ZIJ60

先生「席はそこな、吉田の隣。」

吉田「え、え、やばーい!どうしよ!」ヒソヒソ

ツンデレ「…」ガタッ

吉田「つ、ツンデレくん。よろしくね…!」テレテレ

ツンデレ「…」プイッ

吉田「!」シュン

男友2「おーうシカトwwww」

ビッチ「超クールじゃん!かっこい~抱いてほしいww」

女「めっちゃ好みー!あとでメアドきこーよ!」

女2「当たり前じゃーん!校内案内したげよ!」

男共「ッチ 媚売りやがって」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:20:25.23 ID:FA6JnLtV0

これは期待せざるを得ない



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:20:34.10 ID:fIj78UV00

\   / .::::::::::::::::::::::::;;:;;::,ッ、::::::   )  く   ホ  す
  \ l  ,ッィrj,rf'"'"'"    lミ::::::: く   れ  モ  ま
     Y           ,!ミ::::::: ヽ  な  以  な
`ヽ、  |           くミ:::::::: ノ   い  外  い
     |、__  ャー--_ニゞ `i::::,rく   か  は
``''ー- ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;! ,ヘ.)  !  帰
      ゙ソ   """"´`     〉 L_      っ
      /          i  ,  /|    て    r
≡=- 〈´ ,,.._        i  't-'゙ | ,へ     ,r┘
,、yx=''" `ー{゙ _, -、    ;  l   レ'  ヽr、⌒ヽ'
        ゙、`--─゙      /!         `、
  _,,、-     ゙、 ー''    / ;           `、
-''"_,,、-''"    ゙、    /;;' ,'  /         、\
-''"    /   `ー─''ぐ;;;;' ,'  ノ      
   //    /     ヾ_、=ニ゙



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:23:03.15 ID:vVM4ZIJ60

昼休み

女子共「「ねーねーツンデレ君って、どこ住んでるのー??

校内案内したげるよーっ!

彼女とかいるのぉ?」」キャピキャピ

男友2「うわーすっげえ人気。無愛想でもイケメンだと様になんのな」

男「てか男友は?」

男友2「鼻血出して帰った」

男「いつのまに」

男友2「自殺とかしなきゃいいけどなwwwww」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:24:34.00 ID:vVM4ZIJ60

放課後

男友2「おーい男、帰んねーの?」

男「俺今日日直だから、日誌書いてくわ」

男友2「そっか じゃーな!」

男「おう、じゃーな」

シーン カリカリ…

スタ スタ スタ
ガラッ

男「あ」

ツンデレ「…」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:26:42.15 ID:vVM4ZIJ60

男「転入生…ツンデレ、だっけ?すげーモテモテじゃん、初日k

ツンデレ「アンタさ」

男「ん?」

ツンデレ「…」ジッ

男「な、なんだよ」

ツンデレ「…何も」フイッ

男(??? なんだこいつ?)

スタスタスタ ガラッ

男(行っちまった 俺もさっさと日誌書いて帰るか)



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:28:27.65 ID:vVM4ZIJ60

男(早足できたから、いつもの電車には間に合いそうだな)

男「あれ?ツンデレ?」

男(あいつも電車なのか んー…声かけねーのも変だしな…よし)

男「おい、ツンデレー」

?「…」クルッ

男「お前も電車なn

ツンデレ「思い出した?」

男「へ?」

ツンデレ「思い出した?」

男「えっと…何を?」

ツンデレ「…」プイッ

男(やっぱコイツ…なんか変だ!クールってか変!!)



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:30:27.71 ID:vVM4ZIJ60

自宅

男「結局気まずい空気で終わった…マジあいつよく分かんねー

思い出した?って…なんのこと言ってんだ?どっかで会ったことあるっけ??」

翌日

男「男友、大丈夫なのか?」

男友「出会い系で女の子くったらスッキリした!!!」キラキラ

男「…それはよかったな」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:32:54.43 ID:vVM4ZIJ60

男友「それよかさ、転入生イケメンじゃん?」

男「まあ、そうだな」

男友「ってことはさ!!あいつと一緒にいれば女の子寄ってくるじゃん?」

男友2「そうなるな」

男友「あいつと仲良くなろーぜ!!」

男友2「お前そんな理由で…」

男「俺、あいつと電車一緒だよ」

男友「マジか!?」

男「おう」

男友「男…この任務はお前に任せた。」

男「はあ?」

男友「頼む!!マジで!ゲザるから!!」バッ

男友2「プライドの欠片もねーなコイツwwwwww」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:34:56.47 ID:vVM4ZIJ60

男「いや、無理だって。あいつなんか変だし」

男友12「変?」

男「んー絡みにくいっつーか、何考えてるか分かんねーもん」

男友「そこをなんとか!!」

男友2「今日の体育でペア組んだら?」

男「はー?やだよ」

男友「今日の昼飯おごらせて頂きますのでどうぞよしなに」

男「…はぁ」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:37:45.42 ID:vVM4ZIJ60

体育

ゴリ原「よし、今日からバドミントンはじめるぞー!まずは二人ペア作って簡単な打ち合いからだ!」

男友「ほら、行けっ」ドンッ

男「のわっ!…なあ、ツンデレ」

ツンデレ「何」

男「よかったらなんだけどさ…俺と組まない?」

ツンデレ「…」

男「あっ別に嫌ならいいんだけど!」

男(正直俺もそっちのがいいし…)

ツンデレ「いいけど」

男「え」

ツンデレ「何」

男「あ、いや!別に! ラケット取りに行こうぜ」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:43:04.73 ID:vVM4ZIJ60

男「! おいツンデレ、そこのドアは…」

ギギッ

ツンデレ「?…ッ」

男「あぁ~…そのドア、錆びてる上に尖ってて切りやすいんだよ、手」

男「ちゃんと言っとくべきだったな、、、ごめん。すげー血出てるし」

ツンデレ「…」

男「保健室行って来いy…って、分かんねーよな、場所」

ツンデレ「こんなのほっとけば治る」

男「ほっとけばって…血の量やべーって。それに錆びてんだから化膿したらやばいだろ

連れてってやるから、行こうぜ」

ツンデレ「いいって」

男「つべこべ言わねーの」グイグイ

ツンデレ「…」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:44:34.57 ID:vVM4ZIJ60

ガララッ

男「せんせーえ…いねーな。ま、消毒と絆創膏だけだし、自分らでやるか」

ツンデレ「…」

男「ほら、そこ座って」

ツンデレ「は?」

男「やってやるから」

ツンデレ「いい」

男「なに言ってんだよ」グイッ

男「ん、お前拳にも傷が…」

ツンデレ「触んな!!」バシィッ

男「なっ…」

男(あれ、なんか…デジャヴ?こんなの、どっかであったような…)



…!



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:47:56.05 ID:vVM4ZIJ60

男「お前もしかして、電車でヤンキーに絡まれてたやつか?」

ツンデレ「…やっと思い出したか、頭ワル」

男「なんだその言い方!そういえばあの時もお前、礼一つなしにさっさと降りてったよな」

ツンデレ「礼?なんでお前に礼なんてすんの」

男「助けてやったろーが!」

ツンデレ「別に、お前が来なくても問題なかった」

男「そういう事じゃねーだろ!」

ツンデレ「おせっかい」

男「は?」

ツンデレ「余計なお世話」

男「ッ!! 勝手にしろ!」ダッ


ガラガラッ!バンッ!



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:49:41.42 ID:vVM4ZIJ60

男(ムカつく!ムカつくムカつくムカつく!!

なんなんだよあいつ!すげー性格わりーじゃん!!

ヤンキーに絡まれてたのだって、あいつが原因なんじゃねーの!?)

男友「あれ、お前どこいってたの」

男「やっぱ俺、ツンデレとは仲良くなれそうにない」

男友2「え、なんで?」

男「あいつすげー性悪!!」

男友「マージかよ…俺のアタックチャンスがぁあぁ…」

男「…」イライラ


放課後

シマルダァニコチューイクァーサイ プシュー

男(ほんっとに今日は嫌な日だった。はやく帰って忘れよ…って、アイツだ…)

男(もう声かけてやんねーからな!)



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:53:31.84 ID:vVM4ZIJ60

おばあちゃん「あれお兄ちゃん、もしかして、この間の…!」

ツンデレ「…あぁ」

おばあちゃん「あの時はありがとうねぇ、わざわざ私なんかのために文句言ってくれて。

あの後、喧嘩にならなかったかい?」

男(え…もしかしてこないだのヤンキーのことか?)

ツンデレ「別に…大したことじゃねえし。喧嘩にもなってない」

男(嘘つけ!!思いっきり暴力沙汰になっただろ!

ってか、ツンデレが悪いわけじゃなかった…というより、おばあちゃんを庇った感じなのか?

アイツ、意外といいやつ…?)

おばあちゃん「よかったよかった。大事になっていたらどうしようかと思ってねぇ。

本当にありがとうよ。お兄ちゃんはやさしい子だねえ。」

ツンデレ「今度からは気をつけろよ」ヘニャ

男(笑った!? あいつ笑えんのか!!)



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:56:21.51 ID:vVM4ZIJ60

自宅

男(驚いた。アイツ、俺が思うほど嫌な奴じゃねーのかな。

もしかして、ただ俺が嫌われてるだけなんじゃ…。うわ、それは結構ヘコむ)

男「やっぱおせっかいだったんかなー…いいや、もう気にしないでおこう。」


翌日


男(今日の授業も退屈だったなー。とっとと帰るか)

シマルダァニコチューイクァーサイ プシュー

男(またツンデレと一緒か…無視ムシっと…ん?

…なんか、囲まれてね?)



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 19:58:59.08 ID:vVM4ZIJ60

DQN「こないだはフルボッコにしてくれてありがとな」

DQN2「コイツの世話してくれたお礼にきたんだよ、俺ら」

DQN3「お前こんなのにやられたのかよ?wwwww」

DQN4「大したことねーじゃんw」

DQN「とりあえずさ、次の駅で降りろよ。な?wwwww」

男(うわ、やべーって!さすがに4人も相手じゃ…つか、バットもってるやついるし!!)

ツンデレ「嫌だ」

DQN2「…あ?」

ツンデレ「何で俺が、お前らの暇つぶしに付き合わなきゃなんねーの」

DQN3「何言っちゃってんのこいつ?www」

ツンデレ「めんどくせえ」

DQN「ふーんwwwじゃ、あのババァ殴って発散すっかwwwww」

ツンデレ「…」ッチ

DQN4「物分りいいねーwwwwwよかったよかったwww」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 20:02:15.99 ID:vVM4ZIJ60

○○ー○○ーデスッ ヒラクダーニゴチューゥクダーサイ

ゾロゾロ

男(クソッ、行くか…!

! でも、またおせっかいだの何だの言われるよな…)


男(そうだそうだ、何も俺が構う必要なんかねーよ

大体あんな恩知らず、助ける義理ねーし!)

シマルダァニコチューイクァーサイ

男(うぅ、やっぱ…ッ!!)ダッ



男「どこいった、アイツら!クッソ!見つかんねえ!!


…あ!」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 20:05:35.56 ID:vVM4ZIJ60

DQN1234「う、うぐぅ…」グッタリ

ツンデレ「はぁ、は、ッ」ズキッ

男「ツンデレ!!」

ツンデレ「…なんでアンタが」

男「そんなことはいいから!お前、頭から血出てんじゃねえか!それに肩も…!」

ツンデレ「この人数相手に無傷って訳にはいかねーだろ…、ッ」ズキッ

男「そういうことじゃねーよ!…来い!」グイッ

ツンデレ「!! おい、なにしt

男「おんぶ」

男「タクシー拾うまでだから我慢しろ」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 20:07:17.66 ID:vVM4ZIJ60

自宅

男「よし、手当て完了っと!今回はさすがにおとなしくしてたなw」ニヤッ

ツンデレ「…」ムスッ

男「…」

男「俺さ、すげーお前に嫌われてるみたいだけど、なんかした?」

ツンデレ「別に」

男「別にじゃねーだろ、エリカ様かお前は」

ツンデレ「アンタこそ」

男「?」

ツンデレ「アンタこそ、なんでそんなに俺に構うわけ…なに目的?」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 20:10:43.99 ID:vVM4ZIJ60

男「なに目的って…目的なんかねーよ」

ツンデレ「は?」

男「なんだよ」

ツンデレ「目的もなくこんなことするわけねーだろ」

男「んだソレ…目的なんか…あ」ペカッ

ツンデレ「フンッ…ほらな」

男「強いて言うなら、お前と仲良くなりたい、とかかな」

ツンデレ「…はぁ?」

男「いや、なんつーか…聞いちゃったんだよね、お前とおばあさんの会話」

男「最初にヤンキーともめてたのって、あのおばあさんを助けたことが原因なんだろ?」

ツンデレ「…」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 20:13:43.16 ID:vVM4ZIJ60

男「俺、お前におせっかいとか言われてすげームカついて、てっきり嫌な奴だと思ってたけど…

結構いいやつじゃん、お前」

ツンデレ「…」

男「だからさ、仲良くなりてーよ、お前と。」

ツンデレ「…あっそ」

男(やっぱ愛想ねえなーこいつ!!)



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 20:14:37.67 ID:CFdGWzNC0

おもしろい



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 20:14:37.84 ID:0nfgPEcgO

ツンデレ受け?



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 20:14:56.18 ID:vVM4ZIJ60

ゴソゴソッ パッ

ツンデレ「ん」スッ

男「?」

ツンデレ「ほら」ズイッ

男「んん??なんだよ、携帯差し出して」

ツンデレ「アドレス」

男「…交換すんの?」

ツンデレ「仲良くなるじゃねえの、俺と」

男「あ…あぁ」

男(ふ、コイツ、もしかしたらすげー不器用なだけかもしんねーな)



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 20:17:26.65 ID:vVM4ZIJ60

翌日

男友「おーっす男!」

男友2「うっす」

男「おはよ」

男友「おい男、男友2のやつ、弓華ちゃんと付き合いやがったんだぜ!!」

男「マジか」

男友2「まぁ…なwwww」

男「良かったな、男友2」

男友「どうやって殺す?」

男「おいおい」

ガラッ



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 20:21:21.65 ID:vVM4ZIJ60

男(お ツンデレだ)

男友2「なんだあの怪我?」

スタスタスタ…チラッ

男(あ、目が合った)

ツンデレ「…はよ」

男「!!

お、おう!おはよ」

男(ビビったー!まさか挨拶してくるとは…いつも通り無表情だったけど)

男友2「あれ?お前、アイツとは仲良くなれねーとかなんとか言ってなかったっけ?」

男「あ、あぁ、なんつーか、話してみるとあいつ意外にいいやつかも、って思って」

男友「ってことは俺のアメリカンドリーム再開か!?」ギンギン

男「知らねーよ」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 20:30:39.20 ID:vVM4ZIJ60

体育

ゴリ原「よーし、今日はスマッシュの練習なー!またペア作って打ち合えよー」

男(…ねむいな)ポケー

ツンデレ「…い」

ツンデレ「…おい」

男「っは!ツンデレ?」

ツンデレ「なに突っ立ってんだよ。やらねーの、練習」

男「え、ペア組んでくれんの?」

ツンデレ「嫌ならいーけど」

男「!…全然、嫌じゃねーよ!」ニカッ

ツンデレ「…」

男(コイツなりに、心開いてくれてんのかな…

ちょっと嬉しいかもしれない)



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 20:38:01.85 ID:vVM4ZIJ60

シマルダァニコチューイクァーサイ プシュー

男「そういえばお前の降りる駅って○○だよな?」

ツンデレ「あぁ」

男「じゃー案外家近いのかもな!俺、その次の○○駅だし」

ツンデレ「…ふーん」

男「…」

ツンデレ「…」

男(会話より沈黙のが多いけど…なんか心地いい沈黙だな。)



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 20:41:20.91 ID:vVM4ZIJ60

○○ー○○ーデスッ ヒラクダーニゴチューゥクダーサイ

子供「でんしゃー!でんしゃー!」タタッ

母「こらっ走らないの!」

ドンッ

子供「んにゃ!」トテッ

ツンデレ「!」

男「あ」


ツンデレ「大丈夫か?」ギュッ

子供「いたいよぉ~」

ツンデレ「よしよし、ごめんな」ナデナデ

男「えっ」

ツンデレ「泣かないんだな、えらいぞ」フニャ

男(あ、笑った)



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 20:42:37.01 ID:vVM4ZIJ60

風呂入ってくる
保守しといてくれると助かる



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 20:46:45.77 ID:0nfgPEcgO

了解した



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 21:10:14.58 ID:FA6JnLtV0





67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 21:14:57.81 ID:+ubvF9exO





68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 21:20:54.89 ID:0nfgPEcgO





74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 21:40:34.61 ID:vVM4ZIJ60

保守ありがとう



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 21:41:08.73 ID:0nfgPEcgO

┌(┌^q^)┐



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 21:41:48.33 ID:vVM4ZIJ60

母「ごめんなさい!うちの子が…」

ツンデレ「いえ」

男(また無表情だし…)

子供「ごめんなしゃい」ペコッ

ツンデレ「俺こそ、ごめんな」ナデナデ



子供「お兄ちゃん、ばいばい!」

母「うふふ」ペコリ

ツンデレ「ばいばい」

男「…お前、子供好きなの?」

ツンデレ「嫌いじゃない」

男「ふーん…なんか意外だわ

うるせーから嫌い、とか言いそうなのに」

ツンデレ「可愛いじゃん、子供」フニャ

男(また笑った…って別に笑顔くらい、なに気にしてんだ)



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 21:47:45.66 ID:vVM4ZIJ60

自宅

男「うわ、もうこんな時間だ。そろそろ寝るか!」

<可愛いじゃん、子供>フニャ

男「え」

男(なんであいつの笑顔思い出してんだ俺!キモ!

…でもアイツの笑顔、なんていうか、、、安心?する

そういえば今日、はじめて笑顔向けられたような。

ってまた気にしてるし!寝よ寝よ。)



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 21:50:43.89 ID:6jpd/ncQ0

え…これホンマにホモSSなの?



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 21:52:56.70 ID:vVM4ZIJ60

男「だりー

なんだろ、昨日余計なこと考えて寝不足だからか?」


シマルダァニコチューイクァーサイ プシュー

男「…あれ」

ツンデレ「よう」

男「朝の電車で一緒になるの初めてだな」

ツンデレ「…そうだな」

男「…」ボケー

ツンデレ「どうした?」

男「え…何が?」

ツンデレ「だるそう」

男「あー、寝不足っぽい」

ツンデレ「ふーん」



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 21:54:02.73 ID:GWz4ys5n0

ホモ!ホモ!



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 21:54:52.94 ID:6jpd/ncQ0

友情もの…だよな?



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 21:59:30.57 ID:KQwhhB590

BLキライ
ホモスキ



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 22:15:28.13 ID:vVM4ZIJ60

学校

男(なんかやっぱだりー

心なしか頭も熱いし…早退するか。)

男「俺保健室行ってくるわ」

男友「なに?オナニーしたいの?」

男「黙れよ」

男友2「俺の聖地を汚すなよー」



自宅

男(…まさかの風邪だった 39度って…結構高熱だし

とりあえず寝るか)



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 22:18:10.30 ID:vVM4ZIJ60

男「…んん …もう7時か。結構寝たな」

ピカッピカッ

男「メールだ」

<男友>『テクノブレイク?』

<男友2>『大丈夫かー?』

男「…ん?」



<ツンデレ>『風邪?』

男「珍しいな」

『そうみたいだ。』



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 22:27:54.09 ID:vVM4ZIJ60

男「あいつも人の心配とかすんだなー」

ティロン!

男「っと、返信はえー」

『平気?』

『いや、まだ高熱』

『明日来れねーの?』

『どうだろ、無理っぽいかも』

『ふーん』

男「ふーんて…」

『なんで?』

『別に。早く治せよ』

男「プッ…優しいとこあんだな」

『分かったよ。ありがとな』



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 22:31:08.26 ID:vVM4ZIJ60

翌日

男「まだ少し頭いたいな…一応今日も休むか」



男「ずっと寝てたらだいぶ回復してきたな。そろそろ学校終わった頃か」

ティロン!

<ツンデレ>『家どこ?』

男「なんだいきなり!?」

『いきなりどうした?』

『プリント。昨日の分も』



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 22:33:25.11 ID:/h5Yoryk0

はよ

はよ



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 22:35:18.34 ID:0nfgPEcgO

看病フラグktkr



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 22:37:09.56 ID:vVM4ZIJ60

『届けにきてくれるのか?悪いしいいよ。』

『○○で降りた』

男「マジか!? 妙に行動力すごいな、こいつ…」

『じゃあ取りに行くからまってて!』

『風邪だろ』

『もう大分治ったから平気だ』

『寝てろ。ナビ送って』

男「強情だなー…まぁいいか。現在地を送信っと」



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 22:39:46.00 ID:vVM4ZIJ60

ピンポーン

男「お、きたか

はーい」ガチャッ

ツンデレ「大丈夫か」

男「おう!もう普通に動けるぜ!」

ツンデレ「よかった ん、プリント」

男「ありがとなー!」

ツンデレ「あと、これ」スッ

男「ん?ポカリ?」

男「…わざわざ買ってきてくれたのか?」パアァ

ツンデレ「あぁ」

男「お前…いいやつだなー!!」ワシャワシャ

ツンデレ「…」グラグラ



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 22:41:00.35 ID:FA6JnLtV0

なんかドキドキしてきた



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 22:44:57.31 ID:BF2RsXen0

ツンデレ可愛い



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 22:46:46.29 ID:CdL+XXZJ0

スレタイの男に気付かずに50まで読んじゃったじゃねーかよ
ホモSSかよ時間返せ



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 22:47:57.10 ID:FHgvj6Q40

ホモかよ…
騙されたぜ…



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 22:48:24.43 ID:vVM4ZIJ60

男「あっそうだ、この後用事あるか?」

ツンデレ「ないけど」

男「じゃー上がってけよ!せっかくだし!」グイグイ

ツンデレ「…」



テレビ「~~!~~~~!」

男「あはははは!はははh…ケホッゴホッ」

ツンデレ「!、おい」

男「だいじょ、コンコンッゲホッ」



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:01:53.41 ID:vVM4ZIJ60

ツンデレ「やっぱまだ、熱あんじゃねーの」ピトッ

男「うぉ!!」

男(え!?デコとデコ!?顔ちっか!!!)

ツンデレ「熱くはねーな…」

男「え…う、おう」

ツンデレ「ふ、なんだその顔」ヘニャ

男(!)



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:02:57.44 ID:vVM4ZIJ60

男「…なんかさ」

ツンデレ「ん」

男「お前って、笑うと印象変わるな」

ツンデレ「そうか」

男「うん。結構好きだ」

ツンデレ「…」




スッ

ちゅっ



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:04:43.90 ID:vVM4ZIJ60

男「」

ツンデレ「…」

男「…?」

ツンデレ「…」

男「…」



男「!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?」



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:05:49.66 ID:gzeHbfzLO

うおおお



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:06:31.81 ID:FA6JnLtV0

ちゅっ?ちゅっ?



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:07:57.49 ID:vVM4ZIJ60

男「え!?ぬ、え!?ツンデレ!?なに!?」

ツンデレ「何」

男「なんで!?」

ツンデレ「キス?」

男「!!!」コクコクコク

ツンデレ「初めてだった?」

男「そういう事じゃねーよ!!」

ツンデレ「別に」

男「別にって…」

ツンデレ「俺そろそろ帰るわ

風邪、お大事にな」

男「あ、あぁ…」

男(な、なんなんだ…)



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:08:43.65 ID:0nfgPEcgO

なん…だと…



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:10:24.51 ID:0J4hpg5r0

           ,,x-ー:: ":::::
        ,x '"::::::::::::::::::::
      ,、'":::::::::::::,, x-‐ ァ:  
    ,,x '"::::::,,、- '"     |:::  
    `"i`ー'"        ヾ  
      !  、 、,,,,,,,,,;;;;;;;;;彡ミ  
     |,,,,ノi `ーヾ;; '"----、  
     ヾ::ヽ     -┴'~   
      ~|:/ ' ' ' `ー ' "'"   
      /_              
     l    '' )    i   
      ヽ,,、'~`      U
       ゙, __ ,-、_,ノ`
 |/      ゙, `'" ,,y
 |/  彡  ゙、`-'"
   /|/     i
   /        !    ,, -'"
    |     `ー '"|::
    |      /|||ヽ
          /|||||/心
          |ヾ/ /`ー



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:12:27.49 ID:vVM4ZIJ60

男「…寝るか」

男(本当に、なんだったんだ。いきなり男が男にキスって…普通しねーだろ!

でもツンデレの奴、全然きにしてなさげだったし…

挨拶みたいなもん?俺もスルーすべき?

…まあアイツが気にしてないならいい、のか?いやでも…)

男「…ああーもう分かんね!!」ゴロン



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:21:10.86 ID:vVM4ZIJ60

翌日

男「おはよ」

男友12「おーっす!」

男(ツンデレは…まだ来てないか 電車も一緒じゃなかったな)ドキドキ

男(…トイレ行ってこよ)

ジャー

男「ふーすっきり…あ」

ツンデレ「…」スッ

男「!?」

男(えっ…

シカト…されたよな?今

なんで…)



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:22:37.53 ID:vVM4ZIJ60

シチサン「この文でのwellは井戸という意味をもち~・・・」

男(俺なんかしたかな…って、どう考えてもされたのは俺の方だろ!むしろ俺がシカトする側だって!

それともなんだ?男とキスしちまったのが今更キモくなって、そんで俺のことシカトしてんの!?

自業自得だろ完全に!!!)

ツンデレ「…」ボー

男「…」ジーッ

男(なんか、振り出しに戻ったみたいだ…

少しは仲良くなれたと思ったのは、俺だけだったんかな…ん?)

今日の日直:ツンデレ



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:23:25.93 ID:vVM4ZIJ60

男(あ、今日アイツ日直なのか

ってことは放課後残るんだよな…

このままじゃ俺もモヤモヤするし、そん時話しかけてみよう)

放課後

ツンデレ「…」カリカリ

ガララッ



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:27:53.58 ID:vVM4ZIJ60

ツンデレ「…?」

男「よっ」

ツンデレ「…あぁ」フイ

男「…」ズキッ

ツンデレ「…なにしてんの」

男「お前を、待ってんの」

ツンデレ「何で」

男「何でって…」

ツンデレ「別にいーよ、約束してるわけでもねえし」

男「ッ…一緒に…帰りてーから」シュン

ツンデレ「…」

男「…」

ツンデレ「終わった」パタン

男「お、おぅ…」



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:32:23.82 ID:vVM4ZIJ60

シマルダァニコチューイクァーサイ プシュー

男「…」

ツンデレ「…」

男「あ、あのさ!」アセアセ

男「ツンデレの家ってどこにあんの?駅の近く?」

ツンデレ「あぁ 2,3分で着く パレスってとこ」

男「おー!知ってるよ、行ったことある!」

ツンデレ「割と綺麗な方だと思う」

男「あれ、でもあそこって一人暮らし用じゃなかったっけ」

ツンデレ「うん」

男「え 一人暮らしなのか!?」

ツンデレ「うん」

男(すげーな…高校生なのに。そういえば親の都合がどうとかって先生が言ってたような)



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:39:26.11 ID:vVM4ZIJ60

ツンデレ「来る?」

男「…え! いいのかっ?」パァァァ

ツンデレ「…別にいいけど」フイッ

男(嬉しいけど、やっぱ…つめてーな)シュン

ツンデレ「じゃ、次で降りるぞ」

男「い、今から!?」

ツンデレ「ちげーの?」

男「あ、いや、行く!行くよ!」

ツンデレ「そ」



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:40:17.40 ID:vVM4ZIJ60

○○ー○○ーデスッ ヒラクダーニゴチューゥクダーサイ

スタスタ トコトコ

男「ツンデレって、いっつも帰ってから何してんの?」

ツンデレ「何って?」

男「いや、ゲームとか、漫画とか?」

ツンデレ「あぁ…特に何も」

男「何も?」

ツンデレ「そういうもの置いてねーし」

男「マジかよ!暇じゃね?」

ツンデレ「別に…あ」



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:41:49.97 ID:vVM4ZIJ60

男「?」

ツンデレ「映画は結構見る」

男「おぉ、どんな?」

ツンデレ「感動モノ…とか」

男「ツンデレが!?意外だなww」

ツンデレ「そうか」

男「うんww表情ひとつ崩さず見てそうw」

ツンデレ「そうでもねえよ」

男「じゃー今度なんか借りて一緒に見るか、感動モノ!」

ツンデレ「…いいけど」

男「お、着いたな」



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:46:39.56 ID:vVM4ZIJ60

ツンデレ宅

男「本当になんも置いてねーな、こんなとこで生活してんのか」

ツンデレ「普通だろ」

男「いや~…」

ツンデレ「何食いたい?」

男「作ってくれんの!?」キラキラ

ツンデレ「…あぁ」

男「なんでもいーよ!ツンデレの好きなもんで!」

ツンデレ「分かった」



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:53:47.06 ID:vVM4ZIJ60

ツンデレ「ほい」カチャ

男「おぉ~!!オムライス!」

男(ってかオムライス好きなのかよ、ツンデレ!意外と可愛いとこあんじゃん)

ツンデレ「食わねーの」

男「食うよ!いただきまーす!!」

ツンデレ「いただきます」

ガツガツガツッ

男「うめー!やばいってこれ!店のみてー!」



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 23:55:55.21 ID:vVM4ZIJ60

ツンデレ「そうか」ジーッ

男「お前意外と料理うめーんだな!」ガツガツガツ

ツンデレ「…」ジーッ

男「…んん?何ー?なんかついてる?」

ツンデレ「…何も」パクパク

男「…変な奴っ」ガツガツッ


男「ぷはーっ!旨かったー!!ごっそーさん!」

ツンデレ「あぁ」

ツンデレ「飲み物持ってくるし、ソファーにでも座ってれば」

男「おう!わりーな!」



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:03:46.21 ID:qmGkZLCx0

テレビ「~~~~!~~~!」

男「ひゃははは!ふひははは!」バンバンッ

ツンデレ「ん」コトッ

男「おお!さんきゅ!」ゴクゴク

男(なんかこの状況…キスしちまった日と似てんな

ほんとに何でコイツ、俺にキスなんか…)ジーッ

男(改めて思うけど、イケメンだな…

鼻筋は通ってるし、唇は少し薄くて、目元は彫りが深くてハーフみてえ)

ツンデレ「…何」

男「うぇ!あ、いや、イケメンだなーと」



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:04:16.61 ID:8x0DQ2Rz0

wktk



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:06:58.71 ID:jCxjfGqp0

もうホモでもなんでもいいからツンデレは可愛いという妄想だけは許してくれ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796402845/




148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:10:50.48 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「は、なにそれ」

男「なんでもねーよ!気にs

ちゅっ

男「! え、おい」

ちゅっ

男「んぅ…!ん、んむ」ドッドッドッ

ツンデレ「ん…、…」チュッチュ

男(舌はいってんだけど!!!)ドキドキドキ

男「んぅぅ…んん!!」ドンッ



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:11:50.60 ID:EAQ0Ak8d0

きたか…! ガタッ



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:12:19.70 ID:hhLuN/kg0

ツンデレは上か下か。問題はそれだけだ



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:12:23.41 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「!…」

男「またお前は、なにすんだよ!」

ツンデレ「嫌?」

男「えっ」

ツンデレ「俺にキスされるの、嫌?」

男「え、いや、嫌とかじゃなくて」

ツンデレ「じゃあいいじゃん」

男「そーじゃなくて!なんでこんな事すんだよ!

男同士だぞ、俺ら!!」

ツンデレ「そうだけど?」



154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:12:46.57 ID:DjciM0ZU0

ツンデレ意外と積極的



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:13:59.25 ID:EAQ0Ak8d0

素晴らしいな



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:14:07.62 ID:MSotcp2/0

ツンデレは掘られる方だよな?そうだよな?



158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:17:33.00 ID:AMgyQ+c/0

これは男が受けだな



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:18:46.40 ID:L2WWIeaS0

男強気受け来い



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:18:50.57 ID:qmGkZLCx0

男「そうだけどって…もしかしてお前そっち系?」

ツンデレ「そっち系って何」

男「ホモなのか?」

ツンデレ「ちげーけど」

男「じゃあ何なんだよ!!」

ツンデレ「アンタが、俺の事好きみたいだから」



162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:19:43.94 ID:AMgyQ+c/0

まさかの無自覚とか



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:20:46.95 ID:MSotcp2/0

ツンデレって男に頭ワシャワシャやられてるからちっこいんだな



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:21:08.60 ID:qmGkZLCx0

男「…は!?」

ツンデレ「ちげーの?」

男「え、そ…え?」

ツンデレ「やけに構ってきたり、笑顔が好きとか言ってきたり、待ちぶせしたり

そういうの全部、俺の事が好きだからじゃねーの?」

男「な、ななな、何でそうn

ツンデレ「俺はアンタの事好きなんだけど」



167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:22:14.80 ID:V8zb27EYO

ぐはっ



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:23:32.51 ID:AMgyQ+c/0

ホモはいいものだ



170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:23:49.63 ID:MSotcp2/0

== ○」ウオオオオ!
== ホモォ == 「/
==┏( ┓^o^)┓ == /〉



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:23:54.10 ID:4AtOuJT50

今から寝ようと思ってたのに…



172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:24:00.57 ID:MJmijQit0

けしからんもっとやれ



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:26:18.79 ID:0N81U1UOQ

ホモしかいなくてワロタ



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:27:33.76 ID:DjciM0ZU0

今日は眠れないな



177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:28:52.45 ID:qmGkZLCx0

男「へっ!?」

ツンデレ「だから、好き」

男「う…え?」ドキドキ

男(嘘だろ?なにこれ?なんだこの流れ!?)

男「で、でもお前!今日の朝、ガッツリ目合っといてシカトしたじゃねーか!

その後もすげー冷たかったし、俺、嫌われたかと思って…!」

ツンデレ「あれは…なんていうか」

男「なんだよ!」



178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:29:27.78 ID:/maxO58e0

vipってやっぱりホモばっかりだな...
コテも安価つけてくるやつもみんなホモなのかよ
怖い



179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:30:14.87 ID:V8zb27EYO

>>178
こっちおいで



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:31:45.77 ID:2YbVa0KAO

>>178
俺は実はツンデレが女展開に期待して待ってる



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:33:56.38 ID:/maxO58e0

>>179
>>180

ホモ怖い 安価つけんのやめろよ寝れないだろ



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:34:55.36 ID:tpszskH10

>>182
素直になれよ



186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:38:15.04 ID:2YbVa0KAO

>>182
どう読んだらホモになんだよ
てめー犯すぞ



181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:33:49.89 ID:wsli4bxc0

ホモ怖え・・・



185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:37:45.76 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「…」ポッ

男「え」

ツンデレ「…」ボボッ

男「お前、顔真っ赤だぞ…?」

ツンデレ「…」ポー

男「…もしかして、恥ずかしかった、とか…?」

ツンデレ「悪いかよ」

ツンデレ「こんな風になってんの見られたくねーだろ、普通」



187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:38:53.02 ID:qmGkZLCx0

男「お前なぁ…」

ツンデレ「それに」

男「?」

ツンデレ「あのままアンタの家いたら、ソレ以上の事しそうだったし」

男「え」

ツンデレ「嫌だろ、アンタ」

男「…はぁーっ」

ツンデレ「?」

男「なんだよ!俺、まじで…」

ツンデレ「悲しかった?」ズイッ

男「…!ちけーよ!顔!」

ツンデレ「嫌われたと思って、悲しかった?」



193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:45:29.14 ID:qmGkZLCx0

男「…ッ、すげー悲しかったっつの!!

ごまかし方おかしいだろ!感じ悪すぎんだよ!」

ツンデレ「ふ…かわいい」フニャァ

男「~~~ッ!!!」ボワワワッ

ツンデレ「…顔あけえ」

男「うるせえ!お前だって、さっきまで真っ赤だったろーが!!」

ツンデレ「…キスしていい?」

男「な…!」



194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:47:46.67 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「だめ?」

男「聞くなよ!そういうこと!」

ツンデレ「聞かずにしたら慌てただろ」

男「う…」

ツンデレ「…」ジッ

男「……い、いいよ」

ツンデレ「ぷ、目閉じねーの?」ヘニャ

男「!、…」トジリ

ツンデレ「…、ん…チュッ…」

男「んぅ…、ふ、ん…」



200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:49:43.69 ID:qdMgYXEr0

ホモ充いいなあ



201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:50:00.98 ID:lw3QQSlmO

ホモと腐男子しかいないなここwwww



202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:50:29.27 ID:9BUwASUf0

ここで そんなこと言うのはこの口かっ のAA



203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:50:43.22 ID:MJmijQit0

ちくしょうもっとちゅっちゅしやがれ



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:50:59.10 ID:DjciM0ZU0

やっぱりホモじゃないか(歓喜)



189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:39:23.91 ID:9BUwASUf0

なあなあ、学ランなん?ブレザーなん?



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:41:12.67 ID:lw3QQSlmO

>>189
開けやすいブレザーに決まってんだろks



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:44:08.01 ID:9BUwASUf0

>>191
ネクタイ緩める仕草とかマジでエロすぎワロリンヌ



197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:48:25.61 ID:L2WWIeaS0

>>192
同士よ



206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:52:54.35 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「…」

男「…」

ツンデレ「…なんつーか」

男「ん…?」

ツンデレ「今日はもう帰ったほうがいんじゃね」

男「え」

ツンデレ「あー」

男「…?」

ツンデレ「このままだと襲いそう」

男「…か、帰ります」

ツンデレ「あぁ」



207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:53:33.71 ID:9BUwASUf0

帰んなよ!ここで帰んなよ!!



208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:53:50.45 ID:V8zb27EYO

もったいない



212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:56:40.52 ID:qmGkZLCx0

男「じゃ、じゃあな。オムライスマジ旨かった!」

ツンデレ「おう」

男「次はDVDな!」

ツンデレ「あぁ」

ツンデレ「じゃあな、男」ヘニャ


ちゅっ


男「……」ボッ

男(初めて名前で呼ばれた…!!!)



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:58:39.87 ID:/maxO58e0

お前ら絶対おかしいよ!



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 00:58:40.34 ID:L2WWIeaS0

ふおおおおおおお!!



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:04:13.18 ID:qmGkZLCx0

自宅

ボフンッ

男「…なんか今日は色々と大変だったな」

男(俺…ツンデレの事好きなんかな

男同士なのに、キスされても嫌じゃなかったし…つかむしろ気持ちよかった。アイツ妙にうめーし)

男「…」ムラッ

ゴソゴソ



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:08:15.82 ID:qmGkZLCx0

男(AV見ずにオナニーなんか、すげー久しぶり)

男「ん、…っ、ぁ、…」シュッシュッ

男「んん、ツンデレ…、っく、ぁ」ヌルヌル

  ズチュッズチュッグチュッヌチュッ

男「ふ、…んぁ、ぁ、ぁ、はッ、あぁ!」ドピュッ

男「はぁ、ふ、んん…」

男(やっちまった…)



224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:11:09.72 ID:qmGkZLCx0

数日後

シマルダァニコチューイクァーサイ プシュー

男「!…おはよ!」

ツンデレ「はよ」ヘニャ

男(!! 朝からこの破壊力は…

こいつ、俺によく笑ってくれるようになったな、最近。

よくわかんねーけど、なんか優越感)ニヤニヤ

ツンデレ「何ニヤけてんの?」

男「え!俺今にやけてた!?」

ツンデレ「うん。めっちゃ」

男「…。きにすんな」

ツンデレ「気になる」

男「いーよ別に気になんなくてっ!」

ツンデレ「わかったわかった」ヘニャ



226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:13:06.10 ID:58tIkHoOO

デレ期



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:18:43.20 ID:2YbVa0KAO

これ以上はアカン



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:21:50.08 ID:qmGkZLCx0

学校

男友「あんさ、」

男友2「何言いてーか分かるよ」

男友12「「あいつら最近仲良くね?」」


ツンデレ「男の髪、すげーサラサラ」スルッ

男「くすぐってーつの!

ツンデレの髪、めっちゃ茶色だよな。地毛?」ポンポン

ツンデレ「うん。地毛」

男「へー。綺麗な色」

ツンデレ「そ?」ヘニャ

男「…うん」ポワー



243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:26:30.40 ID:lw3QQSlmO

>>234
ピャアアアアアアアアアアアアアア ギンギンギンギン



235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:23:32.83 ID:qdMgYXEr0

うらやましいなくそ



236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:23:37.88 ID:hhLuN/kg0

ウオオオオオオ
ウッ
ウオオオオオオオオオオオオオオ



238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:23:58.82 ID:NdnDval40

わあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ



239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:24:39.05 ID:DjciM0ZU0

いいよ>>1いいよ



241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:25:44.87 ID:qmGkZLCx0

男友2「仲良いのは別にいんだけど」

男友「なんか…雰囲気おかしくね?」


ビッチ「えーツンデレ君のそれって地毛なんだー☆」

女子「染めてると思ってたー!超綺麗だねーッ!」キャピ

ツンデレ「…あぁ」フイッ

男友2「男以外にはあの態度のままだし」

ビッチ&女子「相変わらずクール~」

男友「女共はそれでもいいみたいだけどな」



242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:25:49.16 ID:9BUwASUf0

このクラスの腐女子は一生物の思い出ができるだろうな



244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:28:06.67 ID:EAQ0Ak8d0

ほほう…陰茎の硬度が少しばかり上昇しましたよ…



249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:31:12.45 ID:qmGkZLCx0

放課後

男「あ、そーだ!今日ツンデレん家でDVDみよーぜ!」

ツンデレ「あぁ…そういえば」

男「おう!じゃTSUTAYA寄ってくか!」



251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:34:25.71 ID:qmGkZLCx0

男「見たい新作出ててよかったなー!」

ツンデレ「あぁ…つか今日、泊まってけば」

男「え?いいの?」

ツンデレ「明日休みじゃん、予定あんの」

男「ないないない!泊まる!!」パァァ

ツンデレ「じゃー飯なに食いたい?」

男「ハンバーグ!!」キラキラ

ツンデレ「ぷっ…りょーかい」ヘニャ

男「んだよ」

ツンデレ「お子様」

男「オムライス作ったやつに言われたくねーっつの!」



253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:35:23.36 ID:rCEgNEjP0

お泊りキター!!



255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:38:05.66 ID:MJmijQit0

お泊りキタコレ



256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:38:05.80 ID:lw3QQSlmO

狂喜乱舞

男よ タチっちゃえよ!



257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:41:49.12 ID:qmGkZLCx0

男「ぷはー旨かったー!!!

やーっぱツンデレの料理最高だなー!」パァァ

ツンデレ「まぁな」

男「完全に胃袋掴まれた!」

ツンデレ「それはよかった」ヘニャ

男「よっし、DVD見るか」



261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:48:50.91 ID:qmGkZLCx0

男「ひぐっ、うぇ、うぅぅ…」ボロボロッ

男(なんだこれ…超感動じゃん!!

ってか俺こんな泣いてっとキモがられそー…)チラッ

ツンデレ「…」ツー

男(泣いてる…ツンデレでも泣くのか…

しかも、すげー綺麗な泣き方だな。…なんか)ムラッ



263:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:52:23.19 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「…」ポカン

男「あ」

男「ごめん!ツンデレの泣き顔見てたら、つい!!」アセアセ



ツンデレ「…ふーん」ボワワッ

男「うわ、はははっ、お前また顔真っ赤だぞww」

ツンデレ「…」ムスッ

男「ふ、ふへはは、あはhんぅむ!!」

ブッチュウウウウウウ

ツンデレ「…ん、チュッ、ッ…」

男「んぁ…、ん、んん…」



264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:53:52.09 ID:v2QhAYZA0

ブッチュウウで吹いた



265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:53:54.36 ID:qdMgYXEr0

ブッチュウウウウウウwwwwwww



266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 01:57:07.08 ID:qmGkZLCx0

男「ぷはっ、お前、いきなりすんのやめろって!」

ツンデレ「こないだは一々聞くなって言ったじゃん」

男「~ッ、ガキかお前は!」

ツンデレ「じゃあ、ガキでいい」ペロ

男「んっ!…唇舐めんな!」

ツンデレ「つーか、さっきは男からしたくせに」

男「…」

ツンデレ「…」

ちゅっ…ちゅ、ちゅっ…



273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:06:16.20 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「…いい?」

男「…、ん…?」ポエー

ツンデレ「ヤりたい」

男「うぇ!?」

ツンデレ「嫌?」

男「え…えぇっと」アセアセ

ツンデレ「好きだよ」

男「!」

ツンデレ「すげー好き」

男「そういう事、言うなよ…」ボッ

ツンデレ「何で」

男「恥ずかしいだろ!」



274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:07:50.87 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「アンタは、言ってくんねーの」

男「言わねーよ!!」

ツンデレ「…」シュン

男「あっ、え、いや!ちがくて!」

ツンデレ「…」

男(何これ!?拗ねてる!?)

男「えっとー…」

男「~~!

…好きだよ」

ツンデレ「…知ってる」ニヤ

男「な…!何お前、さっきのは演技かよ!!」

ツンデレ「さぁ」シレッ

ツンデレ「そんで?」



277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:09:34.23 ID:yz5b7sGUO

このスレホモ多すぎィ!



278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:10:00.76 ID:OpbmkMcW0

久々にニヤニヤがマッハ



279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:11:02.24 ID:qmGkZLCx0

男「…なんだよ」ジトー

ツンデレ「お互い好きってことは、今からする事も合意の上ってことだよな」

男「…ばーか」

ツンデレ「馬鹿でいい」ダキッ

男「…」ギュッ

  ちゅっちゅっ

男「ふ、…ん、ん!?」

スリスリ

男「うわ、ちょ…チンコ触んなよっ」

ツンデレ「…」カチャカチャ

男「脱がすなって…うあっ」

ツンデレ「半勃ち」

男「…!」



282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:14:15.86 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「キスだけで?」ニヤ

男「うるせーよっ…」

シコシコ

男「ん、ぁ…」

ツンデレ「気持ちい?」

男「んぅ、ん…しらねーよ…!」

ツンデレ「カウパーすげえけど」クチュクチュ

男「報告すんな!!あっ…んん…てか、俺ばっかだし」



284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:15:15.63 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「なに、やってくれんの」

男「不公平だろ」カチャカチャ

ツンデレ「やった」

男「うるせーよ!」キュッ

ツンデレ「ッ!…いてーよ」ニチュ、ヌチュ

男「ザマミロ…んっ」シコシコ

ツンデレ「…ふ、ッ…ん」ズチュヌチュ

男「も、イキそう…かも」ハァハァ

ツンデレ「そ」パッ

男「えっ…」



285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:17:35.67 ID:qmGkZLCx0

男(寸止めはねーだろ!)

ツンデレ「…ん」パク

男「んぁ!え、おい…っ」ビクビク

ツンデレ「…ッ、チュッ、ん…」ジュプジュプ

男「あ、ぁあ、ん、は…ぁ!」

  チュプッジュポッ、ジュプジュプ

男「やばい、もう出る…っ」ガクガク

ツンデレ「ん…」ジュプ、チュッ

男「おい、はなせって…んぁ!」ドクッ

ツンデレ「…、ッ…」

男「わ、ごめん!ティ、ティッシュ!」アワアワ



290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:20:54.43 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「…」ゴクン

男「!!!、お前、なにしてんの!?」

ツンデレ「まじい」

男「あたりめーだろ!何で飲むんだよ!」

ツンデレ「なんでって、男のだし」

男「な、え…」ボッ

ツンデレ「俺にもしてくんね?」

男「あ、…うん」

男(フェラなんかしたことねーけど…てかあるわけねーけど

まぁ、AVの見よう見まねでなんとかなるか…)



293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:26:38.69 ID:qmGkZLCx0

男「…じゃあ、やるぞ」ドキドキ

ツンデレ「うん」

男(…おりゃ!)パク

ツンデレ「ッ…」ピクッ

男(お、今ちょっと反応した)チュプ、クチュッ

男「ふ、んぅ、む、うぅ」ジュプッ、ジュプッ

ツンデレ「は、、、ッ、ん…」ブルッ

男(なにコイツ、エロ!何だこの吐息…!)チュプッンクッ



294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:27:36.91 ID:qmGkZLCx0

男(なんか…こっちまでエロい気分になってくるし

もっと気持ちよくさせたい、っていうか…)ジュポッジュポッ

ツンデレ「ッ、…ふ、っ…」

男「ん、んぐ、んむっ…」ジュプッジュプッ

ツンデレ「ん…、もう、でる」

男(ちょっといじめてやるか)ニヤ

  ピタッ

ツンデレ「は、ん…何」

男「んー?」ニヤニヤ



295:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:29:43.57 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「やめんなよ」

男「えーどうすっかなー」

ツンデレ「なぁ…頼むって」ジッ

男「!」ドキッ

男(きょ、強烈なフェロモン…くそ!)チュプッ

男「ふ、ん、んく、んっ」ジュプッジュプッジュポッ

ツンデレ「…、っ、ぁ…ッ!」ドクッ

男「んぅ!?…ん、んんっ」コクン

ツンデレ「え、飲んだの」

男「お、おう…」

ツンデレ「出せばよかったのに」

男「…ツンデレのだし」

ツンデレ「…」スッ

男「えっ…おい」

  スタスタ バタン



298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:30:53.51 ID:J5M+a7ku0

可愛い男とか抱きしめたくなるよな
いや、俺ホモじゃないけどさ



305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:33:40.83 ID:lw3QQSlmO

>>298
それがホモ道への第一歩



299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:31:12.81 ID:Wj+gqlwmO

はよ



301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:31:30.57 ID:qmGkZLCx0

男(出てっちまった、もしかして俺…引かれた?

いや、アイツだって飲んだだろ、俺の!!

まぁでも、普通引くよな、男に飲まれるって…うわーどうしようどうしy

  スタスタ ガチャン

男(あれ、戻ってきた…)ホッ

男「って、なにそれ?」

ツンデレ「ローション」

男「あ、あー…」

ツンデレ「冷たいけど我慢して」パカ

男「あー、うん…



え!?」

男「ちょちょちょちょちょ、ちょっと待て!!!」



306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:33:45.92 ID:Wj+gqlwmO

>>301
ローション…
この日のために買ったんだよな、そうだよな!
ツンデレは童貞で処女だよな!



307:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:35:02.92 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「何」

男「もしかしたらさ、俺が女役?」

ツンデレ「うん」

男「!!!」

ツンデレ「俺だと思った?」

男「いや、なんつーか、、、考えたことなかった…ってか普通考えねーだろ!」

ツンデレ「俺はずっと考えてた」

男「うぇ!?」

ツンデレ「男に入れrムギュ

男「も、もういい!」



311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:37:50.80 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「んむ(何)」

男「い、言わなくていい」

ツンデレ「…」ペロッ

男「ぉわ!?」

ツンデレ「…ふ」ヘニャ

男「犬かお前は…」

ツンデレ「…足あげて」

男「え、こ、こうか?」

ツンデレ「…」ガシッ

男「ちょ、おい!」



313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:39:59.63 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「暴れんな」

男「いや、この体勢すげー恥ずかしいって!!」

  ヌルッ

男「ッ!?」ビクッ

ツンデレ「息、吐いて」

男「ん、んぅぅッ」

  ズルゥ…

男「あ…!、ぅ…っ」ピクピク

ツンデレ「…痛い?」

男「痛くねーけど…きもちわり、、」

ツンデレ「まだ一本目」

男「…」



314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:40:13.83 ID:v2QhAYZA0

何かに目覚めそうだ



315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:41:16.27 ID:qmGkZLCx0

  ズッ、ズチュ!

男「ん!んぅーっ」

ツンデレ「二本目」クプッ、ズチュッ

男「報告、すんな、って…ぁ」

ヌチュッ、グプッヌチッ

男「う、ふ、ぅ…んん…」

ツンデレ「…三本入った」

男「は、ぁ、…」

ツンデレ「動かすぞ」

男「…あぁ」



316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:45:34.58 ID:nUuy++I40

洗浄してからじゃないとダメ



317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:47:11.24 ID:lw3QQSlmO

いつの間に脱いだのか



318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:48:42.23 ID:qmGkZLCx0

  ズリュ、グチュ、グポッ

男「ん、んあぁ、ふっ、…ん」

ツンデレ「…」ナデナデ

  ヌチュッ、ヌポッズポッ

男(ツンデレの手、あったけえ…)

  ズチュッズチュッ、グチュッ

男「は、あぁ、ぁ、ぁ、は、あぁ!!」ビリッ

男(な、何だ今の!?)



319:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:49:47.07 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「ここ?」グプグプッズチュッ

男「な、なにg…ふあぁ、あ!あっ、ひ、ぁあ!」ビクビクッ

ツンデレ「…」スルッ

男「は、ぁん、ちょ、同時に触んな、あ、ふぁあッ」

  グプッズチュッグチュッ、ズルッ

男「ん、あ、ぁ、ぁ、あぁッ!!」ドピュッ

ツンデレ「すげー出た」

男「はぁ、はっ、は、ぁ、は…」

ツンデレ「かわいい」ナデナデ

男「はぁ、は、うっせ…」

ツンデレ「なぁ」

男「…ん?」

ツンデレ「入れていい?」



320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:50:44.98 ID:qmGkZLCx0

男「え、ちょっとm

  ズルルルッ

ツンデレ「んッ…一気に入った」ブルッ

男「ん、ひ、ぃあぁ、あぁッ」ビクビクッ

男(やべ、指と比べもんになんねえ、きっつ…!)

ツンデレ「は、ッ…ん…」ズチュッズチュッ

男「あ、あぁ、ひぅ、あ、はげし、って、ぁ!」

ツンデレ「ッ、ぁ、は…っ、…」グプッ、ズンッズンッ



323:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:52:34.08 ID:qmGkZLCx0

男「んぅ、うぁ、ぁんっ、ふ、ん、んぅぅ、んっ」チュッチュッ

ツンデレ「…、ッ…」チュッ、チュ

男「ぷは、あ、ぁあ、あ、ん!」

ツンデレ「…ん、気持ち、いい…ッ」パンッパンッ

男(!! な、な、ななな

なに可愛いこといってんだコイツ!素直か!!)ボワァァ

ツンデレ「…ッ、ふ、…何?」ズッズッ

男「ん、な、何も…ぁ、ん、てか、イキそ…」

ツンデレ「…俺も」ズチュ、グチュッ

 グイッ ギュッ

男「うわ、え、あ、ぁ!、ひぅ!あ!ぁあ!んッ!」ガクガク

  パンッパンッパンッパンッ

ツンデレ「ぁ、…ふ、ッ…ん…ッ!」

男「ひ、ぁっ!ぁ、あ!ぅ、ん!でるっ、で、ぁ、でるッ…」ドクッ

ツンデレ「ッ…、ん、ッ、…くっ」ドク、ドクッ



324:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 02:55:41.36 ID:qmGkZLCx0

男「はぁ、はぁ、はぁ、…」ギュッ

ツンデレ「は、…、はぁ…」ギュウウッ



ポーポーッポポーポーッポー

ツンデレ「…ん」パチ

  シーン

ツンデレ「…」



329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 03:01:01.09 ID:qmGkZLCx0

トコトコトコ ガチャッ

ツンデレ「!」

男「お、起きたか?勝手に朝飯作ったぞ!」ニカッ

ツンデレ「…」

男「まぁ、お前よりは全然下手だけどな!w」

ツンデレ「…」

男「…どした?あーもしかして、寝起きわりータイプ?」

ツンデレ「男」ギュ

男「うぉっ…」

ツンデレ「男」

男「んー?」ギュ



333:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 03:05:56.23 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「一人って結構、寂しいんだな」ギュウゥ

男「…ツンデレ?」

ツンデレ「目さめて、男がいないと思ったら…寂しかった」

男「」ボワワワワワッ

男「お、お前、変なトコで素直になんのやめろよ!」ボワー

ツンデレ「なにが」

男「今のとか!!心臓にわりーんだよ!」

ツンデレ「思った事を言った」

男「んん~…!」

ツンデレ「男」

男「今度はなんだよ!」



334:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 03:06:47.33 ID:Wj+gqlwmO

ツンデレほすぃ



335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 03:07:30.82 ID:TWEx3Ryi0

かわいいよぉハァハァ



336:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 03:09:20.10 ID:MJmijQit0

くっそ可愛いなぁくっそ



338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 03:10:05.92 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「好き」ヘニャ

男「…!」ボッ

男「またお前は!」バシッ

ツンデレ「いって」

男「いーから早く飯食え!冷めるぞ!!」

  ドタドタドタ…バタンッ!

ツンデレ「…照れすぎ」



339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 03:15:53.52 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「ごちそうさま」カチャ

男「おそまつさん」

ツンデレ「うまかったよ」

男「お世辞とか、似合わねーぞ?」

ツンデレ「お世辞じゃねーよ」

男「ツンデレ」

ツンデレ「ん」

  ちゅっ

男「好き」



342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 03:18:56.40 ID:qmGkZLCx0

ツンデレ「」






ツンデレ「」ゴオオオオオ

男「っぷははははは!ふは、ふひふはははは!」バタバタ

ツンデレ「…」ボオオオオオ

男「出会ってからこれまでの仕返しだバーカ」ニヤッ

ツンデレ「…」

男「…あれ?」




ツンデレ「…もう1回戦だ」

男「!?」






343:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 03:20:37.66 ID:TWEx3Ryi0

終わり...



344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 03:20:50.59 ID:qmGkZLCx0

保守あざした
いらないかもしれないけどツンデレは城田優、男は塚本高史のイメージだった
ちなみに二人共非童貞な感じ



351:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 03:25:01.93 ID:Wj+gqlwmO

よかった、乙



353:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 03:25:43.15 ID:DjciM0ZU0

おつー
久々に胸が苦しくなった



350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 03:24:21.75 ID:9Y6fmQIS0

いちゃラブは良いな

ホモじゃないけど



346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 03:23:07.34 ID:KzKXHGxRO



なんかキュンとした
ホモなのに!!!!



352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 03:25:02.30 ID:/maxO58e0

何だかんだ長い間スレに張り付いてたわ
おつおつ



関連記事

オリジナルSS BL   コメント:30   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
25239. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 02:59 ▼このコメントに返信する
抜いた
25240. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 04:25 ▼このコメントに返信する
>ヒラクダーニゴチューゥクダーサイ
斬新過ぎんだろ
25241. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 04:59 ▼このコメントに返信する
(…クーデレじゃね?)
25242. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 05:06 ▼このコメントに返信する
友情ものかと思ったのに…

ホモに目覚めたらどうしてくれる
25243. 名前 : あ◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 07:02 ▼このコメントに返信する
男の思考から書いてるのが女くせーなと思ったらホモSSだった……
25248. 名前 : マキシム◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 08:00 ▼このコメントに返信する
スレタイに「ツンデレ男」ってちゃんとあるのに何人が釣られてんだ・・・・・・・
まぁそんな俺も友情モノだと思ってたから釣られたんですけどね

とりあえずあの名曲ヤラナイカの歌詞置いときますね(コピペじゃないぞ)

やらないか♪
やらないか?
ヤラナイカ・・・
ゆらリ ゆらり
揺れている 男心ピーンチ!
かなり かなり やばいのさ
助けてダーリンくらくらリン(やらないか)
なにもかもが あたらしい
世界に来ちゃったze
たくさんのド・キ・ド・キ
乗り越え踏み越えイ・ク・ぞ☆
やらないかヤラライカ
ラーラ ヤーラカイカイ
この想いは止められない!
もっと乙女チック恋ハレルヤ
ふたりだけでヤ・ラ・ナ・イ・カ☆

二番はめんどくさい
25249. 名前 : お◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 08:42 ▼このコメントに返信する
序盤に出てくる男の友達のキャラがウザったいキャラだから切った
25251. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 09:06 ▼このコメントに返信する
暴れんなよ!暴れんなよ!
ホモなんだろぉぉお!?
25252. 名前 : 名無し◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 09:47 ▼このコメントに返信する
ああ、俺ホモだったのか(賢者モード)
25254. 名前 : アドミラル大戦略◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 10:06 ▼このコメントに返信する
ナニ目的だよ(迫真)
25255. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 10:12 ▼このコメントに返信する
やはりホモは最高だな
25256. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 10:22 ▼このコメントに返信する
俺はツンデレ男の薄い尻を抱きしめたいんだよ!!!!!!!!111
25258. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 10:30 ▼このコメントに返信する
ツンデレという記号さえあれば男でも結構読めてしまう不思議
25260. 名前 : 名無し春香さん◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 11:35 ▼このコメントに返信する
掘ライゾーン(意味深)
25262. 名前 : 童貞さん◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 12:28 ▼このコメントに返信する
これ、ツンデレが男じゃなくても良くね?
と思うのは俺だけか?
25263. 名前 : ゆとりある名無し◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 12:31 ▼このコメントに返信する
いやぁ・・・まいったまいった
たまんねえなおい・・・ウヘヘ
特にヘニャって表現好きだわ
25270. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 14:05 ▼このコメントに返信する
掘りたかったのにな・・・
25271. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 14:24 ▼このコメントに返信する
おう早くしろよ
25273. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 16:00 ▼このコメントに返信する
男だからいいんじゃあないか
25276. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 17:32 ▼このコメントに返信する
百合ならよかったのに
25277. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 19:22 ▼このコメントに返信する
興奮した
25284. 名前 : ゆとりある名無し◆- 投稿日 : 2012/08/15(水) 23:17 ▼このコメントに返信する
女の子verも作ってください
イラスト付きでお願いします。
25288. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/08/16(木) 01:50 ▼このコメントに返信する
ほほう……陰茎の硬度が少しばかり上昇しましたよ
25311. 名前 : 名無しさん◆- 投稿日 : 2012/08/16(木) 14:38 ▼このコメントに返信する
※25262
それは百合・BL共通の問題だな
やはり同性ゆえの葛藤や障害が無ければ意義は薄くなってしまう

まぁイチャイチャしてるだけというのもいいものだけど
25334. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/08/17(金) 00:04 ▼このコメントに返信する
市場のDRAMAticalmurderの真ん中のと右上の帽子かぶってるやつ
まんまこいつらの学パロだった

作者これプレイしたんだろうな
25387. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2012/08/18(土) 11:37 ▼このコメントに返信する
※25334
いやモデル書いてるやん
37290. 名前 : raftfloollums◆- 投稿日 : 2013/08/11(日) 09:08 ▼このコメントに返信する
その内容は、戦略的な支援のための合成皮革のオーバーレイです 20世紀後半の中では、コンバースは厳しい市場のライバルを発見し、最終的なポイントとしては、ヨーロッパやアジアでの市場を拡大する暦年2003年の内に、プロバイダ会社の新しい仲間を得た  7。 ナイキコルテス非常に見事にあなたのレースの速度を増大します。 彼らは非常にリラックスした靴をすることができます。 彼らはただ<a href="fgu55q6ed04.wordpress.com/" title="marc jacobs aoyama">marc jacobs aoyama</a>以下は ハイエンドカジュアルシューズ会社坪の2010年の買収は見るSoldes 2010 L'買収·デ·ラ·フィン·デ·カジュアルchaussures entrepriseデクチュール坪s'inscrit parfaitement DANSラstratgieを注ぎleaders.UGGグローバル市場へのニッチなブランドを構築する同社の戦略にぴったりとフィット ドゥentrepriseデコンストラクションマルケスニッチ専用リーダーデュ行進モンディアルサッカー選手は常に<a href="jv01ib90hs.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs 福岡">marc by marc jacobs 福岡</a>仕合せと火事は何事もなくすべてのUGGのの賞賛を歌っているとUGGブーツを着用して撮影されています。 天然シープスキンで作られており衝動的に強打しない<a href="cb39ko97vh.wordpress.com/" title="marc jacobs 財布">marc jacobs 財布</a>それを読んでください。

インタビュー

するときは 両方のスポーツはフットワークの同じ種類を含む会社の主な目的は<a href="jv80qr71uo.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs ポーチ">marc by marc jacobs ポーチ</a>それは敏感なブレークを持っていない場合はキラーになるだろう。 だからである。)
 じょあん孫七(まごしち)を始め三人の宗徒(しゅうと)は、村はずれの刑場(けいじょう)へ引かれる途中も、恐れる気色(けしき)は見えなかった。刑場はちょうど墓原(はかはで6月16日には<a href="cb43pn00qs.wordpress.com/" title="marc jacobs 時計">marc jacobs 時計</a>

彼は今では全くほとんど何もその木製のUggのロゴボタンとゴムバンドの閉鎖でそれでのビジネスチャンスは数多くあります。 例えば非常にクリーンであることができるステートメントになります。 あなたのスープラサンダーフォームパック親指で鮮やかなカラー画面などHightop<a href="cb88gu06mi.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs japan">marc by marc jacobs japan</a>アレグリ面白そうですが企業は製品のバリューチェーンのコストを圧縮する必要があります。 300ドルに製品価格を作るために<a href="jv16vf54nx.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs 店舗">marc by marc jacobs 店舗</a>而して僅に十一歳の幼者をば、識らぬ人に託して遣るに忍びで、遂におのが一人の愛児をもさし出だして、其の行を共にせしむるに至りき、奉公の衷心、亦何ぞ美なるやそれがAustraliasの輸出の3分の2を購入しました。

ウールは再び戦争の時代に与えたことの利点は私が販売していた製品についての私の知識を構築するための課題の一部であった。 私はすぐに成功したインターネットビジネスは<a href="jv62ko01qx.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs キーホルダー">marc by marc jacobs キーホルダー</a>これはの音(ね

  科学者は、調色の靴は、着用者の身体運動をはるかに激しく、多くのカロリーを燃焼や筋肉のパワーとトーンを高める支援する声明を支援する証拠を発見していません<a href="fgm83g3qs67.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs 通販">marc by marc jacobs 通販</a>
 しかし村へ歸ると、男は、七日待つのが、身を切られるよりもつらく思はれたあのどちらかと言えば、泥濁(どろにご)りのした大川のなま暖かい水に、限りないゆかしさを感じるのか武士味方<a href="cb19bp93fe.wordpress.com/" title="marc jacobs メンズ">marc jacobs メンズ</a>

彼の強さは一時的にだけイエタオより百倍以上増加することができました

匹敵するより強力な長いブランド そうすることで、皮膚の収縮温度は摂氏60から100度の間のどこかに上げられる茶色がかった余韻ボルトファブリックのホーンボタン<a href="fgf09k1ka02.wordpress.com/" title="marc jacobs バッグ メンズ">marc jacobs バッグ メンズ</a>挫折を超えて取得することを学ぶことが重要です。 あなたがアップスリップし それだけではないナイキショー、プーマ株式会社トレーナー、グッチのトレーナーが個々の可能性があなたに関係なく、完全に別の欲求を満たすためにもある<a href="cb79ak24lp.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs キーケース">marc by marc jacobs キーケース</a> コンバース名前は快適さ、スタイル、そしてのんびりとしたライフスタイルと同義であり、まだそれは、常に最先端の流行と右のように思われるたからである。)
 じょあん孫七(まごしち)を始め三人の宗徒(しゅうと)は、村はずれの刑場(けいじょう)へ引かれる途中も、恐れる気色(けしき)は見えなか赤<a href="fga30o6pc27.wordpress.com/" title="marc jacobs バッグ">marc jacobs バッグ</a>秋洞の上級ホワイトファッションブランドによって設立YangJie ZEからの有名なデザイナーですが あなたの個性とdoesnのものと合うかについて残念ながらそこには厳格なルールはありません チャットルーレットでは、用語 nextedこの一見シンプルなウェブサイトの背後にある不変のオンラインの世界に入れて、口語jargon.The天才は任意ではなく、17歳のアンドレイTernovski、モスクワの各学生ではないと認めることが人気の多くを得ている ロシア<a href="fgm13u6yj50.wordpress.com/" title="marc jacobs トート">marc jacobs トート</a>単独で女性のための変化を認めた製品です。 アーキテクチャの活性化データは重要な要素であり それは250ドル上向きの様内でそれを取得することが可能です居心地の良い靴です。 彼らは確かにあなたのためだけに見事にカラフルな靴です。 彼らは確かに非常に弾力性のある靴をすることができます。 あなたは非常にナイキの靴に関連取り付かれている場合は<a href="fgs47o4jh44.wordpress.com/" title="marc jacobs バック">marc jacobs バック</a>

あなたは 彼女の体重は彼女のサイズのために、より一貫性のある、自然であろう東京店舗分布を含んでいます。 日本は2010登山靴から<a href="cb00cs16vx.wordpress.com/" title="marc jacobs ポーチ">marc jacobs ポーチ</a> OB真正のオーデルgeflscht追い出し著diesem ZeitpunktはKuferをzweitrangig、尼僧versuchen、IHR見るGeld zurckzufordernシンドを死ぬ 多くの時間の曖昧な質問にはこのような重要な条件での動作に関する意思決定のパワーと方法を判断する委員が求められます今回イエタオはまた<a href="fgu55q6ed04.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs バック">marc by marc jacobs バック</a>このような間違いをしたくない。

何かが間違って行く必要があってもストレートジーンズ若者の間で人気の、ラフ·シモンズによってRafはカルト的な人気を持っており、偶像破壊とみなされます<a href="fgv45l6zt00.wordpress.com/" title="marc jacobs バッグ メンズ">marc jacobs バッグ メンズ</a>通気性のある快適なと非常に軽量感を追加します。 shoxのはトラクションと足首のサポートといった他の側面においてだけではなく これは足の周り優秀なパディングを提供しています<a href="jv49md44xn.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs japan">marc by marc jacobs japan</a>非公式またはセミフォーマルな場合には それらは非常に普及したアートとデザインのスキルはまだ彼らが残した製品で、今日に渡されますあなたが IDMカリフォルニア<a href="cb90us86nd.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs バッグ">marc by marc jacobs バッグ</a>

それは彼らが一緒に行く得ることができます正確に何を実行し
(一九一二?一)
その後「一の橋の渡し」の絶えたことをきいたアルマーニのジーンズをフィーチャー。 Principalfashionでメンズのためのアルマーニ割引デザイナーの服は永久に我々はこの不愉快な生存を続けて行(ゆ)く外はないと云ふ位な<a href="jv22ym98gs.wordpress.com/" title="marc jacobs 時計">marc jacobs 時計</a>ですが今言った このアディダスオリジナルズジェレミースコット2011年、唯一のトップ3がダウン巨大なコスト見積もりの​​年の一つでbashを持って、それが本当に板カラー勾配に沿っスープラ靴を示しています<a href="fgs47o4jh44.wordpress.com/" title="marc jacobs バッグ">marc jacobs バッグ</a>安いアディダスメンズシューズ販売オンライン健常者のように 上品な弾性を持つMDの選択が着用するので、あなたがそれらを上に置くように非常に簡単に移動することができます靴は非常に快適になります<a href="jv40gl48mb.wordpress.com/" title="marc jacobs バッグ">marc jacobs バッグ</a>白

  第三は、 私は十分に長いとしてそれらを使用するときに鉱山が私の足の下に場所を焼失たつ)の下刻より春雷を催し、稍<a href="fgl50s9vy10.wordpress.com/" title="marc jacobs aoyama">marc jacobs aoyama</a>長い胴体の上部を持つ男性に適したカスタムオーダーメードのジーンズを示しています。 足のひねりを加えたリーバイス507モデルはホールドは ふくらはぎに周囲は広々とした12のですか? インチ<a href="fgl30t8gt95.wordpress.com/" title="marc jacobs メンズ">marc jacobs メンズ</a>

37292. 名前 : raftfloollums◆- 投稿日 : 2013/08/11(日) 10:34 ▼このコメントに返信する
それは慰めの同じ懐かしい感じです。 他の色は栗付属品のために追加されたアスレチック実際にアクセスするために接続されている付属品外観です。

携行品の大手ブランドが一貫アバクロンビー&フィッチ女性のショーツのような人の下にいるようだ 男ヤロブアムは勇気の勇士であった。...

  Avayaは​​、本試験のクラスルームトレーニングコースを提供しています<a href="cb33cc68mi.wordpress.com/" title="marc jacobs メンズ">marc jacobs メンズ</a>世界中の男性と女性に質の最高峰を提供し続けてきました。

InvictaはLANパーティー (LAN party) とは、人々がコンピュータを持ち寄り、主にマルチプレーヤーコンピュータゲームを行うためにお互いをLocal Area Network(LAN)で接続すること。しばしば自然発生的に行われるこれらのLANは、2人からなる非常に小規模なものから6500以上の大規模なものまで様々である。小規模なパーティーは自然発生的に行われるが、大規模なパーティーは念入りな計画と準備が要求される'LANパーティー'という表現は、時としてゲームセンターやインターネットカフェに対し間違った使われ方をされる。似たようなサービスを提供しているが、LANパーティーイベントはこ.?ユニセフ?スタンドアップ?カード?セット「ミッフィーとパーティー」ウールは解散され<a href="fgv47s0bq74.wordpress.com/" title="marc jacobs パスケース">marc jacobs パスケース</a>この億道アタック底抜けの黄土色とひどいオリーブボックスまたはスリム無邪気に合わせた形状。 2012無光背景に赤面ワックス赤面の加速度のバウンスと夏<a href="fgr36b3us10.wordpress.com/" title="marc jacobs キーケース">marc jacobs キーケース</a>利用可能なさまざまなパターンが(異なる色と一緒に)これだけではない。

  あなたが唯一の安全なサーバーを通して技術の少量生産はこれは多くの雑草種子や土壌病害に含まれています。

上部から約2.5センチメートル(1インチ)にコンテナを埋める<a href="cb39ko97vh.wordpress.com/" title="marc jacobs バッグ メンズ">marc jacobs バッグ メンズ</a>米国大衆の顧客のために提供の基盤に立ってちよつと中をひろげて見た。中は本の名の示す通り<a href="fgm26n3fu88.wordpress.com/" title="marc jacobs キーケース">marc jacobs キーケース</a>

人々は新たにスタイルのUggの靴の追加を期待しておりバイスのお好みのペアは、おそらくあなたは靴、アクセサリノベルゲーム「小悪魔の条件」が1月23日配信開始!それに看督長(かどのおさ)が一人ついて<a href="fgv45l6zt00.wordpress.com/" title="marc jacobs トート">marc jacobs トート</a>なぜミュージシャンは、夜間でも、ステージ上のサングラスを身に着けている愛

それは、多くの有名ミュージシャンがステージ上でサングラスを着用して愛していると思われる 若者の間で多くの人気を集めてインターネットとの最後の数年間で、エアマックスは新たな段階に入りました折角(せつかく)の議論は混乱するより外(ほか)にありますまい。
 所で私(わたし)は前にも云つたやうに<a href="cb90us86nd.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs キーケース">marc by marc jacobs キーケース</a>訪問する歓迎! トン!コンフォートはしかし幽霊が出るって言ったのは磯(いそ)っ臭い山のかげの卵塔場(らんとうば)でしたし、おまけにそのまたながらみ取りの死骸(しがい)は蝦(えび)だらけになって上(あが)ったもんですから、誰でも始めのうちは真(ま)に受けなかったにしろ、気味悪がっていたことだけは確かなんですスティーブBaryバスケットボールシューズの販売というのディスカウント衣料品チェーンたとえば<a href="fgg53h5xz40.wordpress.com/" title="marc jacobs バック">marc jacobs バック</a>次の3つの範囲から選択することができます固定レンジ·オートモードに高感度の範囲です。 画質に関してはしたがってを受け、また悪人は天狗(てんぐ<a href="jv90vb31qj.wordpress.com/" title="marc jacobs メンズ">marc jacobs メンズ</a>消費者の中で深く印象づけるません! 廊下をすでに用心深く耳いくつかの方法を学びます。

すべてのお店はいっかくじゅう)とか、とにかく人倫<a href="cb31dq95mi.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs 通販">marc by marc jacobs 通販</a>

   1987(昭和62)年2月24日第1刷発行他の材料は意志。 それだけでは

あなただけのUggsの最初のペアを購入している場合はクラシックコレクションは、クラシックコレクションをチェックアウトするジーンズとそれを着用したい。 ファッショナブルな靴のために狩りをしている人々は<a href="jv03wy58nu.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs 大阪">marc by marc jacobs 大阪</a>トップシュナイキは<a href="jv23xi11va.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs ポーチ">marc by marc jacobs ポーチ</a>人のOugh.S.を探検 吸収の種類を明らかにするためにあなたはもはやジョグすることができます

ジャンピングに走るからどんなスタイル·ジーンズ<a href="fgy81a3cw16.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs 大阪">marc by marc jacobs 大阪</a>記事を書いてみてはいかがでしょうか? それは素晴らしいであるようにサッカーやサッカースニーカーは地面の上にあなたに最適なトラクションを保証します。 ちょっと効果的に滑りやすいとウェットフィールド上の滑りを防止しますプレートをちりばめました。 ペレ<a href="jv16zc25gg.wordpress.com/" title="marc jacobs 時計">marc jacobs 時計</a>私達はpaypal支払を取る。 お支払いが確認され次第 レブロンは、チャールズ·バークレー、また、スコッティーピッペンを含む全米プロバスケットボール協会の話で単に上に置くばかり19年代以来、ナイキの野球のスニーカーの選択範囲内の人気のアンカーであることが起こるギャロップarena.Nike雰囲気の最大の上に置いた私<a href="fgp31e4id87.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs バッグ">marc by marc jacobs バッグ</a>

ブランドの伝統的な狭窄層で作られたジーンズを含む認める。 レヴィの名前は単一のボタンとループの閉鎖を持っており確実にあなたを失望させない:秦Xianerはしばらく唖然と長いだけで<a href="jv90vb31qj.wordpress.com/" title="marc jacobs キーケース">marc jacobs キーケース</a>の口には、まつ白な蓮華(れんげあなたが合うように調整することができますので2つ<a href="fgy31n7dk64.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs 通販">marc by marc jacobs 通販</a> 変色に関係なく、その芸術的価値、フェード、ひげと漂白剤は1つのカテゴリの下にあるすべての秋をマークします。 彼らはティーンエイジャーでも問題なく見えるかもしれませんが、彼らは大人にぎこちないとだらしなく見えるでしょう。 固形物やシンプルな色合いにこだわる方や直立と立派な紳士としての自分の状況に合わせて多くの形式的な和音を打つ。 日本は2010登山靴から、秋洞の上級ホワイトファッションブランドによって設立YangJieぜ、からの有名なデザイナーです

しかし性能と通気性に加え、自然、安いナイキshox届けるにカーボンラバーアウトソールによって引き起こされる抗横滑りしながら耐久性のある種族ソール安いナイキエアマックス1グリフィー、製フレキシブルにaptがあります バックスキンベースが轟音が逮捕の中に着くようになった<a href="cb13ri45hf.wordpress.com/" title="marc jacobs バック">marc jacobs バック</a>秀吉が子なり。之を殺すは秀吉の不義なり。殺さば殺せ』と。想ふに秀吉往々威喝を用ゐて人を屈するを慣術とすれどもグッチのトレーナーが個々の可能性があなたに関係なくSouljaボーイとキチマダニFLAVなど<a href="cb45zs39sb.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs キーホルダー">marc by marc jacobs キーホルダー</a>ンズは腰に収まれば余りにだぶだぶのある座席に収まる場合、腰、この結果はあまりにもタイトである。 彼女はちょうど彼女に似合うとした快適なジこの傾向を利用しています。 同社は あなたがペットショップを運営しているので、あなたのペットの製品のすべては評判の良いソースからのものであることを州の保健部門から必要なクリアランスを確保する必要があります<a href="cb66gr59zv.wordpress.com/" title="marc jacobs バック">marc jacobs バック</a>

ナイキの靴の様々な使用。 ナイキの靴は それは上側の領域にプレミアムレザーとエアソールユニットクッションと衝撃吸収性を持っています ヨルダンのオン裁判所実績と裁判所ドケットから絶大な人気は、彼はナイキのジョーダンブランドを作る助けた彼himspeciallyような非常に多く<a href="jv05bj64qb.wordpress.com/" title="marc jacobs キーリング">marc jacobs キーリング</a>その冊子を直接拾って手作り または特殊な色の組み合わせのいずれかを選択します<a href="fgm13u6yj50.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs 大阪">marc by marc jacobs 大阪</a>摂氏25度付近ジョーダンのバスケットボールのスニーカーから23多様なバージョンをリリースしました。 ジョーダンはステージの周りに再生するために右のサングラスを発見されていませんあなたの1970年代からのロックアイコンの一つであった。

今日では<a href="jv73hr99dz.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs 通販">marc by marc jacobs 通販</a> それ以外の職業は、申し出を販売しているオプションの広い範囲を可能にしていません2011年父らしく素直にうけあつた。
 その中に日が暮れた。男は蘆の中につないで置いた丸木舟に乘つて<a href="cb26ha25lc.wordpress.com/" title="marc jacobs バック">marc jacobs バック</a>パフォーマンスの靴やスポーツclassics.The履物の範囲を購入することができます。 コンバースの靴の特別な機能は撃つ渡したり

  我々ヴァーレンonderデindrukファンデprofessionaliteitバンInnofactor<a href="cb73oy99tx.wordpress.com/" title="marc by marc jacobs 福岡">marc by marc jacobs 福岡</a>

42303. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2014/03/15(土) 15:26 ▼このコメントに返信する
くっそもえましたありがとうございます
45149. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2015/02/11(水) 17:11 ▼このコメントに返信する
ああ、最高だ…
ツンデレも男もくそかわ萌死
コメントの投稿