佐天「私のほかほかうんちを」初春「私が保温しつつ」

2013-03-31 (日) 21:01  禁書目録SS   7コメント  
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:21:42.94 ID:HxVV3qJY0

黒子「私がお姉さまの体内に直接移動させて」

御坂「私がレールガンの要領でお尻の穴からうんちを飛ばして敵を倒す!」

四人「……」

佐天「か、完璧です…!」

初春「無敵です!すごすぎます!」

黒子「これならきっとお姉さまに勝てる相手なんていませんの!」

御坂「じゃあさっそくこの作戦で第一位をぶっ殺しに行くわよ!」

四人「おー!」


eval.gifGrow Slowly (TVアニメ「とある科学の超電磁砲S」エンディングテーマ)(初回限定盤)





2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:22:29.11 ID:KB35O38U0

天才か



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:22:41.56 ID:zOp91qB80

頭大丈夫?



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:22:58.09 ID:9RYZ3pUC0

何度手間だよ



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:23:05.88 ID:uRlK30jm0

あれ?初春いらなくね?



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:25:29.96 ID:KB35O38U0

>>6
いざって時に佐天さんのウンコが出ないと困るだろ
常に保温状態で弾薬庫になっててもらわないと



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:24:10.89 ID:aqVoQe4m0

黒子とサテンサンだけでいいんじゃね?



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:24:19.36 ID:JWxC1xAn0

ビリビリ一人でいいじゃないか



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:25:36.65 ID:+ioR6s+i0

一人だと弾数に不安があるだろ



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:28:54.96 ID:HxVV3qJY0

翌日

御坂「見つけたわよ!今度こそぶち殺してやるんだから!」

一方通行「ア゛?」

黒子「年貢の納め時ですの!」

一方通行「何の話

佐天「あなたが第一位を名乗るのも今日でおしまいです!」

一方通行「オイいきなり

初春「先手必勝です!さっそく準備にとりかかりましょう!」

黒子「佐天さん!」

佐天「はい!」スルッ

一方通行「……」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:28:57.18 ID:rFyf2QYP0

ワロタ



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:35:19.44 ID:I4K1Mz4j0

とある佐天の腸雲地砲



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:36:01.24 ID:HxVV3qJY0

佐天「じゃあいきますよ!」

黒子「まずは佐天さんがうんちを出すためにしゃがむ…」

佐天「御坂さん!紙!」

御坂「はい!」ビッ

黒子「すかさずお姉さまが念のため二回以上は拭ける量のトイレットペーパーを足元に置き…」

佐天「初春!手!」

初春「はい!」

黒子「初春が佐天さんのうんちを不純物が付く前に両手でキャッチ出来るよう構える…」

黒子「それを私が解説…」

黒子「ここまでは練習通り…!完璧ですの!」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:39:33.62 ID:HxVV3qJY0

佐天「出します!ふんっ!」ブーッ!

佐天「あれ?だ、出します!」

佐天「ふんっ!ふんっ!」ブルルッ ス~

佐天「あれれ?あれあれ?」

御坂「ちょっと!どうしたの佐天さん!?」

佐天「それが…」

黒子「はっ!」

初春「もしかして!」

佐天「出ないんです…!うんちが…うんちがまったく出ないんです!」ポロポロ



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:41:45.20 ID:zD4mzF5M0

抜いた



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:47:01.64 ID:HxVV3qJY0

初春「そ、そんなはずありません!」

黒子「昨日ファミレスでご飯を何度もおかわりしましたし」

佐天「サラダバーも満喫しました」ポロポロ

御坂「牛乳だって今朝いっぱい飲んだし」

佐天「コーヒー牛乳ですけどいっぱい飲みました」ポロポロ

初春「便秘が治る体操だってしたのに」

佐天「あれヨガっていうんだって」ポロポロ

御坂「どうしてうんちが出ないのよ!」

佐天「わかりません…ふんっ!ふ~ん!ふんふんっ!」ス~~~

佐天「やっぱりおならしか出ないよー!」ポロポロ



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:47:59.49 ID:9RYZ3pUC0

これだから無能力者は



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:51:34.39 ID:XkqDDhQcO

御坂が電流責めして黒子がスパンキングして初春が浣腸すればいろいろ噴き出すんじゃないかな



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:52:07.55 ID:g4B17hWa0

いまこそレベルアッパーの出番



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 17:55:16.60 ID:HxVV3qJY0

一方通行「俺はどうすりゃいいンだ」

御坂「うるさい!ちょっと黙ってて!」

黒子「静かにしていてくださいな!」

初春「白い人のことは後にしましょう!今はうんちです!」

御坂「でも!うんちを出すことだけが取り柄の佐天さんがうんちを出せなのよ!」

黒子「もうどうしようもありませんの!」

佐天「私のせいで…うう…」ポロポロ

初春「…待ってください」

佐天「えっ」

初春「私がやります…!私がうんちを出します!」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 18:03:54.15 ID:HxVV3qJY0

御坂「本当に!?」

黒子「やってくれますの!?」

初春「約束したじゃないですか、みんなで協力して第一位ぶち殺すって」

御坂「初春さん…」

初春「たとえお尻の穴が切れようとも…それがクセになろうとも!」

黒子「初春…!」

初春「仲間のために!私はうんちを出してみせます!」スルッ



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 18:06:22.27 ID:HxVV3qJY0

佐天「待った待った!」

御坂「何よ」

黒子「いいところでしたのに」

佐天「初春が私の代わりにうんちを出してくれるのはいいよ!ありがとう!」

佐天「でもじゃあ誰がうんちを温めるの?」

三人「……」

御坂「はっ!」

黒子「はっ!」

初春「はっ!」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 18:09:11.44 ID:Ti5SF4Ik0

できたてホヤホヤだから別にいーだろ



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 18:10:36.80 ID:aqVoQe4m0

温める必要、なくね?



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 18:11:24.67 ID:wBipvZEk0

温める事に何の意味があるのか



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 18:12:34.27 ID:HxVV3qJY0

初春「そ、それは…」

御坂「佐天さんが…」

佐天「私そんな能力ないよ?」

黒子「じゃあ…電子レンジとかで…」

佐天「そんなもの近くにありません」

黒子「あっ!じゃあ私が電子レンジをテレポートで持って来て」

初春「コンセントを挿す穴がありません」

御坂「電源なら探さなくても私がなんとかするわ」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 18:18:31.08 ID:HxVV3qJY0

佐天「じゃあ最悪そのままでも…」

御坂「それだけはダメ!」

初春「うんちって以外と早く冷めるんですよ!」

黒子「そんなものを直接体内に送られたら…」

御坂「ごくり」

佐天「確かに…想像しただけでお尻の穴がキュンとしちゃいますね」

初春「だからテレポートされる直前に人肌くらいの温度である必要があるんです」

佐天「なるほどためになる」

一方通行「……」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 18:20:18.39 ID:MD/kVCQt0

頭おかしい



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 18:20:22.31 ID:wBipvZEk0

なるほど



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 18:22:48.68 ID:9RYZ3pUC0

どんなことでも理屈はつくんだな



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 18:23:14.24 ID:0l8G71ne0

あれ・・・この原理で行けば上条さんも倒せるんじゃね?



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 18:23:46.86 ID:HxVV3qJY0

御坂「改めて作戦をまとめてみましょう」

初春「私のほかほかうんちを出す準備をしている間に」

黒子「私がどこかしらから電子レンジを持って来て」

御坂「私の電気で電子レンジを稼働させて」

四人「……」

御坂「はっ!」

黒子「はっ!」

佐天「はっ!」

初春「はっ!」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 18:34:30.51 ID:HxVV3qJY0

佐天「た、大変です!私の仕事がありません!」

初春「あわわわ…」

黒子「しかもこれだとお姉さまがレールガンを撃てませんの!」

御坂「ほんとだわ!」

一方通行「ンなこたねェだろ」ボソッ

御坂「うるさい!あんたに何がわかるっていうの!?」

黒子「私たちはこの作戦をみんなで協力して成功させると決めてますの」

佐天「だから!みんなで一人一役ずつ役割を持たなきゃ意味がないんです!」

初春「仲間っていうのはそういうものなんです!あなたは何もわかってない!」

一方通行「…そうか」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 18:36:41.49 ID:Y1Hz95Nb0

一方通行さん待っててあげてるのか
優しいなwwww



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 18:41:42.97 ID:HxVV3qJY0

一方通行「じゃあうまくいッたら教えてくれ、俺は少し寝る」

御坂「もちろんそのつもりよ!」

黒子「あなたが次に目覚めるのはあの世ですの!」

佐天「絶対にぶち殺してやりますからね!」

初春「白い人のことは後にしましょう!今はうんちです!」

佐天「そうだ!私の体内にうんちを送るっていうのはどうですか?」

御坂「だめよ、佐天さんレールガン撃てない」

佐天「いや、でももしかしたら」

黒子「だめですの」

佐天「一か八か」

初春「佐天さん」

佐天「奇跡が」

御坂「あきらめましょう」

佐天「……」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 18:56:14.31 ID:HxVV3qJY0

黒子「お姉さまが電源役をやめたらいいのでは?」

御坂「じゃあどうやって電子レンジを使うのよ」

黒子「私がレンジと一緒に延長コードも持って来て近くの穴に挿してきて」

初春「待ってください!それだと白井さんだけ二役になってしまいます!」

佐天「それはいけません!そんなのチームワークじゃないです!」

御坂「はっ!そうだわ!だったらみんなの役割を2つずつにしたらいいじゃない!」

御坂「初春さんはうんちと保温で2つで」

御坂「私は電源役とレールガンで2つ」

黒子「あら?初春が保温をするなら電源役はいらないのでは?」

御坂「…はっ!」

初春「そうなると白井さんの役割もテレポートだけの1つに」

佐天「それに私はただでさえ役目がないのに!ここから2つ探しだすなんて無理です!」



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 19:07:40.51 ID:HxVV3qJY0

御坂「そうね…まずは佐天さんが出来ることを探しましょう!」

初春「解説とかはどうですか?」

佐天「私は別にそれでもいいけど」

御坂「だめよ、端から見ると仲間外れにしてるみたいになっちゃう」

黒子「うんちが出る気配はありませんの?」

佐天「それが全然…」

御坂「レンジを佐天さんに手配してもらえば」

初春「佐天さんだけ走らせるなんてありえません可哀想すぎます」

御坂「どうしようもないわね」

佐天「す、すみません…」

黒子「新しい作戦がことごとく破綻してしまいますの」

初春「いったいどうすれば…」



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 19:22:07.04 ID:HxVV3qJY0

その後、作戦会議は三時間にも及んだ



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 19:26:02.42 ID:HxVV3qJY0

御坂「待たせたわね!」

一方通行「ンァ」

黒子「私たちが練りに練ったこの無敵の作戦で」

初春「これからあなたをぶち殺してやります!」

佐天「覚悟してくださいよ!」

一方通行「お、おう」

御坂「じゃあいくわよみんな!」

三人「はい!」



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 19:30:59.19 ID:HxVV3qJY0

佐天「まずは白井さんがうんちを出すためにしゃがむ!」

黒子「ですの!」スルッ

佐天「そこにすかさず私が三回は拭ける量のトイレットペーパーを足元に置く!はい!」ビッ

佐天「ここで初春が白井さんのうんちを不純物が付く前に両手でキャッチできるようにしゃがむ!初春!」

初春「はい!」スッ



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 19:37:21.71 ID:HxVV3qJY0

佐天「白井さん!うんちお願いします!」

黒子「ふんっ!」モリモリモリモリ

佐天「初春!」

初春「少し小さめのころころうんちはまるでアルプスに広がる大草原に転がる牛糞に群がる糞虫を彷彿とさせるようなそんな感じです」

御坂「う~ん、20点!」

佐天「白井さん!お尻拭けましたか!?」

黒子「バッチリですの!」

佐天「初春温度!」

初春「完璧です!」

佐天「了解しました!ではテレポートお願いします!」

黒子「はいな!」シュン



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 19:41:18.70 ID:HxVV3qJY0

佐天「御坂さん!」

御坂「ひぎぃ!は、入ったわ!」

佐天「それではみんなで御坂さんの体を持ち上げます!」

佐天「白井さんは後ろから、私と初春は両足を広げて持ち上げましょう!」グッ

初春「はい!」グッ

黒子「ですの!」グッ



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 19:44:28.06 ID:qLokRmLw0

やったあ



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 19:52:26.18 ID:AEyOvHxj0

おま○こ丸見えだぁ



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 19:55:24.04 ID:afT2svX10
95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 19:58:03.04 ID:HxVV3qJY0

佐天「これで完成です!」

初春「どうですか!?すごいでしょう!」

黒子「お尻の穴が丸見えですの!」

御坂「は、恥ずかしいわ」

一方通行「……」

佐天「わかってます、役割分担の件ですよね?」

御坂「これにはもめたけどなんとかみんな納得するかたちにすることができたわ」

初春「白井さんがうんちとテレポートで2つ、私が保温とうんちソムリエで2つ」

御坂「私は初春さんの採点とレールガンで2つで」

佐天「私は解説だけです!」

一方通行「……」

黒子「佐天さんには妥協してもらいました」

初春「本人が納得したのでいいんです」

御坂「それに佐天さんは二役と言っても過言ではないほどの頑張りを見せてくれたし」

佐天「どうですかこの究極の作戦は!これが友情パワーです!」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 19:59:52.66 ID:afT2svX10

一人ぼっちの一方通行には理解しがたいだろうな



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 20:07:01.96 ID:yD+Xfl0j0

マジキチ



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 20:07:07.41 ID:HxVV3qJY0

一方通行「……」

御坂「ふん!びびって声も出ないのね!」

佐天「こんなやつとっととぶち殺しちゃいましょう!」

黒子「死ね!」

初春「地獄に落ちろ!」

一方通行「……」

黒子「ではお姉さま!」

御坂「OKいつでもいけるわ!」

初春「みんなの力で…御坂さんを第一位に!」

黒子「私たちの全てを…お姉さまに!」

佐天「届け!私たちの想い!」

御坂「いっけえええええええええええ!!!!」

バッシュゥーーーーーーーン!!!



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 20:10:23.73 ID:HxVV3qJY0

あっさり跳ね返されて四人は消し飛んだ





104: 忍法帖【Lv=25,xxxPT】(1+0:15) :2013/03/22(金) 20:12:49.62 ID:aN0xWGLM0

えっ



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 20:10:26.67 ID:afT2svX10

勝ったな



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/22(金) 20:10:40.93 ID:96QnWYuY0

感動した



B00ALNOM4Gとある科学の超電磁砲 DVD_SET2

ジェネオン・ユニバーサル 長井龍雪 2013/04/24

Amazonで詳しく見る

4041203708 B00AYSO9LY 4847037847
関連記事

禁書目録SS   コメント:7   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
32852. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2013/03/31(日) 21:56 ▼このコメントに返信する
天才の発想
32853. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2013/03/31(日) 22:08 ▼このコメントに返信する
ごめん、天才すぎて笑った
32871. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2013/04/01(月) 10:27 ▼このコメントに返信する
今までにないくらい感動した
32879. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2013/04/01(月) 14:38 ▼このコメントに返信する
なんでこんなの最後まで読んじまったんだろ
32894. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2013/04/01(月) 23:07 ▼このコメントに返信する
うっわ~…
34461. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2013/05/20(月) 03:25 ▼このコメントに返信する
くっそwww
47628. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2016/11/30(水) 17:38 ▼このコメントに返信する
落ちのあっさり感すこ
コメントの投稿