御坂「あんた、この体・・・」食蜂「見ちゃだめぇ!」

2013-05-25 (土) 00:07  禁書目録SS   12コメント  
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 19:11:28.06 ID:eRTzEYal0

御坂「うわぁ、すっごぉ・・・」

黒子「なんという立派なおちんちん・・・」

食蜂「いやあぁ!見ないでよお!」ビンビン

佐天「あたしの弟はもちろんお父さんよりも大きいですね」ゴクリ

初春「って佐天さん、見たことあるんですか?」

佐天「え?だって実家帰ったらお父さんと一緒にお風呂入るくらい初春だってやってるでしょ?」

初春「えっ?」

佐天「えっ?」


eval.gifぴくりる! 劇場版 とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟- トレーディングストラップ (BOX)





6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 19:16:14.45 ID:eRTzEYal0

黒子「初春と佐天さんはおいとくとして」

御坂「見れば見るほどすごいわねえ」ピンッ

食蜂「いたぁっ!」ビクッ

黒子「どう見ても女王の股間からがっちり生えてますわね」

御坂「はぁー、世の中には不思議な人間もいるのね」ピンッ ピンッ

食蜂「痛いのよぉっ!はじくのやめてぇっ!」ウルウル

御坂(あ、涙目のこいつ何かかわいいかも)ドキッ

黒子「お姉さま、はしたないですわ。常盤台のエースともあろうお方がよりにもよっておちんちんに直に触れるなどと」

御坂「って言われてもさあ、私だって健全な女の子なわけだしその・・・ ちょっとは興味あったりとか・・・」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 19:17:50.06 ID:Pt2VNRQJ0

佐天さんは俺のペニスじゃないと満足できない体になってしまったからな・・・



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 19:22:27.12 ID:eRTzEYal0

黒子「いけません!こんな!こんな汚らわしいものはお姉さまが触れるものではありませんの!」ピンッ

食蜂「いたっ!」ビクッ

初春「白井さん、御坂さんの言うとおりです。異性の身体に興味をもつことは何も間違いじゃないんですよ?」ピンッ

食蜂「いたぃっ!」ビクッ

佐天「そうですそうです。誰だって少なからず興味があるんですから安全に触れるチャンスがあるなら触っちゃうじゃないですか」ピンッ

食蜂「いたいっ!」ビクッ

御坂「そーそー、これが凶悪な男のを目の前で見せ付けられてるとかだったらあれだけどこいつ一応女の子なんだし」ピンッ

食蜂「うっ!」ビクッ

食蜂「やめてよおおお!!何でみんなして私のおちんちん指ではじくのよおおお!!」ウルウル



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 19:22:59.82 ID:mZauPjkM0

俺得スレ



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 19:24:00.60 ID:2//9BE/n0

今日のふたなりスレはここですか



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 19:29:36.01 ID:eRTzEYal0

御坂「だってそりゃおちんちんだし」

黒子「男はすべての女性の敵ですし」

初春「薄い本が大好物ですし」

佐天「お年頃ですし」

食蜂「答えになってないわよぉ!おちんちんは人体の中でも本当に弱い部分なんだからねぇ!!」

食蜂「防御力もほとんどないのよぉ!!

御坂「え?そうなの?」

佐天「そういえばどっかで誰かが言ってましたけど。どんな武術をマスターしていようと、男の人はおちんちんを握りつぶされたら確実に死ぬらしいですよ?」

黒子「なんと・・」

初春「つまり殺人術を極めようと思ったらいかにおちんちんを握りつぶすかを考えればいいというわけですね」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 19:33:54.33 ID:eRTzEYal0

食蜂「こわいこと言わないでよぉ!おちんちんが恐怖力でキュッってなっちゃうでしょぉ!ボールが当たった時よりも痛い思いするかと思ったら縮んじゃうでしょぉ!」ギンギン

御坂「どこが?」

黒子「さっきから大きくなりっぱなしですの」

初春「見事に血管も浮いてますし」

佐天「びっくんびっくんしてますもんねー」

食蜂「そ、それとこれとは別よぉ!」

御坂「つーかさ、あんた本当に女の子なの?」

食蜂「なによぉ!どう見ても女の子じゃなぁい!この豊乳力を見なさいよぉ!」ボイン

黒子「そのようなものおちんちんを見せられれば一発で吹っ飛んでしまいますの」

食蜂「ぐすん」

初春「男の人もホルモンを操作すれば胸が膨らむっていいますから・・・」

佐天「ここは女の子である証を見せてもらわないことにはねえ?」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 19:37:50.40 ID:eRTzEYal0

御坂「ってわけだから、足を開きなさい」

食蜂「い、いやよぉ!これ以上私の身体好き勝手するのはだめぇ!」

黒子「と、言われてもここまで来てやめるわけにはいきませんの!」ガシッ

食蜂「やぁぁっ!」

御坂「暴れんな!!暴れんなって!!」ガシッ

佐天「この人力ないからあたしたちでも」ガシッ

初春「力づくです!」ガシッ

食蜂「いやああああっ!!」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 19:43:38.33 ID:eRTzEYal0

食蜂「もうやめてよぉ・・・」

御坂「うーん・・・」

黒子「お姉さま、いかがですの?」

御坂「たまたまの袋で何も見えないわ」

佐天「おちんちんだけでなくこっちも大きいですからねー」ムニッ

食蜂「ひいっ!」ビクッ

初春「佐天さん大胆ですね、私さすがにそこ触るのは抵抗があります」

佐天「そう? 優しく触ってあげないと本当に痛いから注意が必要なんだけど慣れればどうってことないよ?」

黒子(佐天さん、あなたは実家でいったいどのような・・・ いや、ここは詮索しないでおきましょうか)

黒子「おっほん、と、いうことはたまたまの袋をめくってみればいいのではないでしょうか?」

御坂「あ、そういうことか」

佐天「んじゃ、やっちゃいまーす」ムニッ



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 19:47:32.60 ID:eRTzEYal0

佐天「えいっ」ムニン

食蜂「やっ!」

ひく ひく

御坂「うっわぁ・・・本当にある・・・」ゴクリ

黒子「どれどれ・・・ なんと・・・」ゴクリ

佐天「これ、あたしたちと同じなんですよね?」ツンッ

食蜂「ひゃんっ!」ビクッ

ぴゅっ!

初春「うわっ!」

御坂「えっ!? おちんちんから何か出て来た!?」

黒子「こ、これはもしや・・・精液というものでは・・・」オロオロ

佐天「違いますね、これは精液ではありません」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 19:53:43.59 ID:eRTzEYal0

黒子「と、いいますと?」

佐天「これはカウパー液とかよばれるものです。男性が興奮すると男性器から分泌されてしまうものなんですよ」

御坂「ってことは・・・ ////////」

黒子「私たちが興奮すると・・その・・・ //////」

佐天「そうです。それに近いものですね。これだけでは女の子を妊娠させることはできません」

初春「これがそうなんですかぁ、また一つ勉強になります」フムフム

佐天「それにしても、おまんこつつかれただけでここからぴゅっって出しちゃうなんて、おちんちんおっきくしてるだけあって興奮しやすく感じやすい体質なんですか?」

食蜂「そんなこと聞かないでよぉ!どうだっていいじゃない!」

佐天「いやいやどうでもよくありませんよ。こんだけおちんちん大きくしてるってことは普段どうやって処理してるんですか?」

食蜂「しょ、しょりって・・・」オロオロ

佐天「おちんちん ”抜いて” るんですよね?」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 20:00:20.69 ID:eRTzEYal0

御坂「え?え?どういうこと?」

佐天「男の人は性欲が溜まって溜まってどうしょうもなくなると痴漢やら最悪レイプなんかに走ったりしてしまいます」

佐天「そうならないように男の人が性欲を処理するためにあんなことやこんなことがそれこそえっちななんたらかんたらがあるわけですが」

佐天「問題はこの女王様がこれだけ巨大なおちんちんをいつどのようにしているかということです」

黒子「佐天さん、さすがにそこまでは無粋というものでは」

佐天「甘いですね白井さん、この人は常盤台の女王様なんですよ?女子中学生に囲まれている環境の中でしかもこの人の能力は・・・」

御坂「なるほど」

黒子「風紀委員として詳しくお話を聞かせていただかねばなりませんわね」キリッ

初春「さあ!素直にお話してください!お上にも慈悲はあるんですよ?」

初春(今後の参考にさせていただくとしましょうか)



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 20:06:22.09 ID:eRTzEYal0

食蜂「してないわよぉ!特に何もしてないわよぉ!!」

佐天「うそをつかないでください!!」ニギッ

食蜂「んひっ!!」ビクッ

ぴゅっ!

御坂「あ、また出てきた」

佐天「何もしてないならこのおちんちんはいつでもどこでもおっきしっぱなしってことじゃないですか!!」ニギニギ

食蜂「あぁ・・・あ・・あぁ・・・」ガクガク

とろとろ

黒子「透明でねっとりしたのがあんなに・・・」ゴクリ

佐天「そうなったらもうスカートで歩けば一発でわかるじゃないですか!いくらあなたの能力が記憶を改竄できるとはいえ必ずどこかで誰かに目撃されているはずです!」ニギニギ

佐天「だというのにこれまで隠し通せてきたってことはつまり!的確な処理をしているからに違いないんです!」ニギニギ

食蜂「やめてえええ!!にぎらないでえええええ!!」ガクガク

佐天「ほらほらほらほら!どうですか!?ここのたまたまのところなでなでされるのどうなんですかぁ?」ナデナデ

食蜂「いやあああ!!!そこ弱いのよおおおお!!!」

初春「・・・・」REC



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 20:12:15.57 ID:eRTzEYal0

初春(脳内で男×男変換余裕)REC

佐天「だから正直に話してください。処理、してるんですよね?」ニコッ

食蜂「ぐすっ うぅ・・・」ウルウル

佐天「ね?」ギュウ

食蜂「ああんっ!! してるぅ!! してるわよぉ!! してるから強く握らないでえぇぇぇ!!!」ビクビク

ぴゅっ!

佐天「うわ、手にかかっちゃった」ベトッ

食蜂「ぐすん・・ 何でこんなことになるのよぉ・・・」ポロポロ

御坂「してるってことは・・・」

黒子「ええ、被害者がいるかもしれませんの」

佐天「ねえねえ女王様、どんな風に処理してるか教えてほしいんですけど」

食蜂「言わなきゃ・・・だめぇ・・?」グスッ

佐天「だめです」キッパリ

食蜂「う・・ぐすっ・・・ひくっ・・・」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 20:19:21.45 ID:eRTzEYal0

食蜂「どう・・してもぉ・・?」ウルッ

佐天「言わないと風紀委員の白井さんがあなたをしょっぴくことになりますよ?」

黒子「お話を聞かせていただかねばなりませんの」

御坂「それだけじゃ済まないかもしれないわねぇ?」バチッ

食蜂「・・・言う・・わよぉ・・・」グスッ

佐天「よろしい」

食蜂「・・・おちん・・ちん・・手で・・こすってるわぁ・・・」グスッ

御坂「手で?」

黒子「そのようなことで何とかできますの?」

食蜂「できる・・わぁ・・・」グスッ

初春「ことばだけではしんじられませんねえー」REC

食蜂「・・・え?」ウルッ

佐天「ってーわけで、あたしたちの目の前で実際に見せてもらいましょうかー!」ニヤニヤ

食蜂「うそぉ・・・」ギンギン



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 20:29:22.22 ID:eRTzEYal0

食蜂「やる・・のぉ・・?」ギンギン

佐天「おちんちんはすっかりやる気になってるってのに今更何言ってるんですか?」

食蜂「・・・」チラッ

御坂「やりなさい、そうじゃないと」ビリッ

黒子「じっくりとお話をお伺いすることになりますの」チャキッ

食蜂「や・・る・・・わぁ・・」ポロポロ

佐天「あ、そうだ。その前に女王様ので汚れたあたしの手、きれいにしてもらえます?」ベトォ

食蜂「き、きれいにって・・・」オロオロ

佐天「舐めてください」

食蜂「う・・ひぐっ・・・」ポロポロ

初春「泣いていても何も解決しませんよぉー?」REC

初春(とっさのことで携帯でしか撮影できないのが悔やまれます。何で私はいざという時の準備が足りないのでしょうか?)



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 20:30:24.32 ID:r+uhOGT50

あれ?電気責めって結構いいような?



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 20:31:42.21 ID:YFOj7sy90

前立腺を挟むようにおなかと肛門から電気流すと意思に関係なく



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 20:41:09.02 ID:X5YXEDo80

>>47
聞いた話なんだが、前立腺ってのは尿道に付属してるもんだから、肛門と尿道の間に膣のあるふたなりっ娘の場合は前立腺刺激するためには膣を刺激すればいいらしいよ



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 20:46:58.36 ID:K07mJABR0

>>51
誰から聞いたんだよ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4799203169/




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 20:36:56.99 ID:eRTzEYal0

佐天「ほら、さっさとやる!」ズイッ

食蜂「・・・・ん」ペロッ

食蜂(自分のおちんちんから出たのを舐めさせられるなんてぇ・・・)

ぺろっ ぺろぺろっ

御坂「はぁー・・・・」

黒子「あの女王が佐天さんの掌をぺろぺろしてますの・・・」

初春「衝撃的ですねえー」REC

食蜂「ぐすっ これで・・いいかしらぁ?」ウルウル

佐天「う~~ん ま、いいでしょう それじゃあ次はあたしたちに見せつけるようにおちんちんを手でこすってください」

食蜂「わ、わかった・・わぁ・・・」ポロポロ

御坂 黒子「「ごくっ」」

初春「・・・・・」REC

初春(ひゃっはああああああ!!!生おちんぽしごきやああああああ!!!!)



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 20:43:57.18 ID:eRTzEYal0

食蜂「・・・ん」ニギッ

御坂「・・・・」ジー

食蜂「あ・・ん・・・」シコシコ

黒子「なんと・・・」ジー

食蜂「うぅ・・・」シコシコ

食蜂(見られちゃってるぅぅ・・・)

佐天「ほぉー、おちんちんを包み込むように上下に・・・」

食蜂「はぁ・・はぁ・・・」シコシコ

初春「こうやるんですかぁ・・・」REC

初春(逃しません、射精の瞬間だけは絶対に)

食蜂「ん・・・ん・・・・」シコシコシコ

食蜂(やだぁ、何かいつもよりおちんちんが気持ちいわぁ・・)



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 20:52:18.62 ID:eRTzEYal0

食蜂「あ・はぁ・・・ん・・んん・・ふ・・」ハァハァ

シコシコシコシコシコ

御坂「すごい手の動き・・・」ゴクリ

黒子「おちんちんとはこのように・・・」ゴクリ

食蜂「い・・いぃ・・・ん・・・ん・・・」ハァハァ

シコシコシコシコシコ

佐天「うわぁ、すごおくエッチな顔してる」ニヤニヤ

初春「相当気持ちいいんですねぇ」REC

食蜂「だ・・だめ・・・もう・・・ん・・・」ハァハァ

シコシコシコシコシコシコ

佐天「イく時はイくって言ってくださいね?言わないと罰ゲームしちゃいますから」ニヤッ

食蜂「うぅ・・・」シコシコシコ

食蜂(仕方ないわぁ・・・恥ずかしいけど・・言うこと聞かないと・・・)シコシコシコシコ



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 21:00:00.77 ID:eRTzEYal0

食蜂「も・・・もう・・・イ・・・くぅ・・・」ボソッ

佐天「あ?」ムニッ

食蜂「ひっ!!」ビクッ

佐天「はっきりくっきりわかりやすく大きな声で言わないと伝わらないじゃないですかぁ?やる気あるんですかぁ?」ムニムニ

食蜂「言う!! 言うわぁ!! 大きな声で言うからたまたまいじめないでえぇ!!」シコシコシコシコ

佐天「ならちゃんと言う!」ムニッ

食蜂「イくぅ!! イきますぅ!! ぶっとくて醜いふたなりおちんちんから落ちんぽみるくどっぴゅんしちゃいましゅうぅぅぅぅ!!!」シコシコシコシコ

食蜂「くっさくて濃くていやらしく汚らわしいおちんぽみるくをおちんちんしごいてたっぷり射精しちゃいましゅううぅぅぅぅぅぅ!!!!」シコシコシコシコシコシコ

食蜂「んんっ!!!!!!!!」ビクッ

ドピュルビュルビュルブピュルビュクビュクッ!!!!!!!!!!!!



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 21:06:22.15 ID:eRTzEYal0

食蜂「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・・」ゾクゾクッ

食蜂(いつもより・・・気持ちよくて・・・ たくさん射精しちゃったぁ・・・)ハァハァ

食蜂「こ、これで・・よかったかしらぁ?」チラッ

御坂「えーーーっと・・・」ドロッ

黒子「何といいましょうか・・・」ドロッ

食蜂「あ、あれぇ?」オロオロ

初春「おちんぽみるくってあったかいんですねぇ」REC

初春(想定外ですがこれはこれでいい経験になりそうですね)

食蜂「も・・もしかしてぇ・・・」ゴクッ

佐天「もしかしなくても見ればわかんでしょ。あたし達に盛大におちんぽみるくぶっかちゃいましたねえ?」イラッ



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 21:11:50.94 ID:eRTzEYal0

御坂「うわうわうわぁっ!かかってる!どろっとしてねばっとして何かくさいのたくさんかかってるうっ!!」アセアセ

佐天「皆さん、これが精液です。これを女の子の身体の中に出されたら妊娠してしまいます」

黒子「ああああああっ!!私のお姉さまが汚されてしまいましたのおおおおお!!!」

初春「これはゆるせませんねー」REC

初春(へぇ、こんな感じなんですか、百聞は一見にしかずですねえ)

食蜂「ごめんなさいいいいいっ!!私の射精力が強すぎてみんなにおちんぽみるくぶっかけちゃってごめんなさいいいいいっ!!!」

食蜂(やだぁっ!何かこのままじゃ絶対に許されない気がするわぁぁっ!何とかしてこの場を穏やかに収めないとおおぉぉっ!!)

佐天「何か謝ってますけど、白井さん、許せますか?」

黒子「許しませんの」キッパリ

食蜂「そんなぁ・・・・」オロオロ



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 21:20:46.90 ID:eRTzEYal0

黒子「このおちんぽが!!このおちんぽが私のお姉さまを!!」

シコシコシコシコ

食蜂「いやあああぁぁぁ!!!おちんちんしごかないでええええ!!!」フルフル

黒子「しごくなというのならお姉さまの前でこのように大きくさせないでくださいまし!!」シコシコシコ

食蜂「だめよおぉぉ!!おちんちん興奮しちゃうとこうなっちゃうのよおぉぉ!!」フルフル

黒子「全く!!はしたないおちんちんですの!!」シコシコシコ

食蜂「おちんちんおっきさせちゃってごめんなさいいいいい!!!」フルフル

黒子「おちんちんをこのように堅くさせておきながら何をいいますの!?」シコシコシコシコ

食蜂「それはぁ・・それはぁぁぁ・・・・・」フルフル

黒子「どうせお姉さまに浴場しているのでしょう!?そうなんでしょう!?」シコシコシコシコ

食蜂「うぅぅぅ・・うぅぅぅ・・・」フルフル

黒子「何とかおっしゃいなさい!このダメおちんちん!汚らわしいおちんちんなんてこうですわ!!」シコシコシコシコ

食蜂「はしたなくだらしないおちんちんでごめんなさいいいいい!!!おちんちんどうにもできないのおおおお!!!」ビクビクビク



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 21:24:03.44 ID:eRTzEYal0

御坂「いやー、怒ってるとはいえ黒子がおちんちんしこしこしちゃうなんて何か意外だわ」フキフキ

初春「本当です、これも御坂さんへの愛ゆえにですかねー」REC

佐天「それにしても女王様の回復力はすさまじいですね」フキフキ

御坂「回復力?」

佐天「おちんちんって一回射精するとすぐには勃起しないものらしいんですよ」

御坂「え?そうなの?」

佐天「と、言ってもあたしもおちんちんがあるわけじゃないからわからないんですけど。そういうものらしいですよ?」

御坂「へー、そうなんだー」

佐天「なので女王様のおちんちんが特別性欲旺盛ってことなんじゃないかと思います」

御坂「マジで?」

佐天「マジだと思います」

御坂「ってことはあいつ女の子を性の対象としてみてるってことよね?」

佐天「そりゃあたし達に見られておちんちんあんなにしてるくらいですから」

御坂「こりゃ厳しく尋問する必要があるわね」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 21:29:52.00 ID:eRTzEYal0

食蜂「らめえええええええっ!!!! 年下の女の子におちんちんしごかれておちんぽみるくがでちゃうううぅぅぅっ!!!!!」

ブピュルビュルビュルビュビュビュプブピュプッ!!!!!!!

御坂「うわっ!あれさっきよりもたくさん出てない!?」

佐天「出てますね。おそらくですが白井さんにしごかれたことで益々興奮しちゃったんでしょうね」

初春「はぁ~~、興奮させればさせるほどというやつですかぁ」REC

黒子「ふぅ、これで悪いおちんちんは何とかなりましたの。これですっきりさせればお姉さまに欲情することは・・・」

ギンギンッ

黒子「・・・・」ジー

食蜂「うぅぅ・・・」オロオロ

御坂「えーっと・・・」

佐天「まだ足りないみたいですね。女王様のおちんちんはまだまだ快楽を求めているようです」

初春「なんということでしょう、一体どうすればいいんですかー」REC



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 21:40:17.96 ID:eRTzEYal0

黒子「むうぅぅぅ」ギリギリ

食蜂「そんなににらまれても大きくなっちゃうのはしょうがないよのぉ!!」

佐天「冷静に考えるとこれほど危険なおちんちんはありませんね」

御坂「えーっと、こんなに性欲旺盛だと女の子一人や二人じゃ満足しないってこと?」

佐天「そういうことです」

御坂「そっか、ねえあんた」

食蜂「・・・なにぃ?」オロオロ

御坂「あんた女の子に手出してたりしないわよね?」

食蜂「無いわよぉ!おちんちんがあるとはいえ私だって女の子よぉ?女の子がされたら嫌なことをするわけないじゃない!」ギンギン

黒子「おちんちんおっきさせて言われても説得力がありませんの!」ニギッ

食蜂「ひんっ!!」ビクッ

初春「本当はこっそり女の子を手篭めにしちゃったりしてるんじゃないですかぁ?」REC

初春(男の人だったら大興奮なんですけどねー!)



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 21:45:19.57 ID:sguTn3eQO

んほぉぉぉぉ!!



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 21:47:21.44 ID:r+uhOGT50

ふう・・・



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 21:50:08.34 ID:eRTzEYal0

御坂「黒子、少し落ち着きなさい」

黒子「そう言われましても、このおちんちんがいけないのですわ」

黒子(と、言いながらもおちんちんをしごくことで女王があえぐというのが少々楽しくなっているのですが)ニヤニヤ

食蜂「もう許してよぉ、私女の子におちんちん使ったりしないからぁ、だからもうやめてよぉ」ポロポロ

佐天「と、言われてもこのおちんちんえは難しいですよね」

御坂「うーん・・・ ねえあんた、普段どれくらいの頻度でおちんちんしこしこしてるの?」

食蜂「う・・・」

御坂「いくら私達に見られたり黒子にしごかれたりとはいえこのおちんちんは尋常じゃないわ」

御坂「世の中の男の人たちがみんなこうならもっといろんなところで弊害が出ているはずだもの」

食蜂「・・・四回はしてるわぁ」オロオロ

黒子「一日にですの?」

食蜂「・・・休み時間ごとよぉ」

御坂「OH・・・・」

初春「言葉にできませんねえー」REC

初春(ほうほう、つまり無限おちんぽイき地獄ができるということですかぁ、このおちんちんがあれば妄想の中でしかできないあんなことやこんなことが!!)ジュルリ



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 21:55:45.68 ID:eRTzEYal0

御坂「ふぅ・・・・ 仕方ないわ」

佐天「何かいい考えでもあるんですか?」

御坂「こいつの尾ちんちんはもうどうしょうもないわ。どうしょうもないならどうしょうもないで皆にちゃんと認知してもらいましょう」

黒子「認知・・・ですの?」

御坂「そ、常盤台は女子中学よ。そこに女の子とはいえこんなに凶悪なおちんちんを持つ生徒がいるとなると・・・」

食蜂「ま・・・まさか・・・」

御坂「うん、常盤台のみんなにあんたがふたなりおちんちんだってことを公表するのよ」ニコッ

食蜂「  」

佐天「なるほど、そうしておけばもしもし万が一が起こりそうになったときに色々対処できますね」

黒子「ふむ、危険人物の情報は知る権利がありますの。そうでないとか弱い女子生徒は己の身を守ることができませんもの」

初春「当然の権利といえますよねー」REC



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 21:59:43.90 ID:YFOj7sy90

公衆肉棒とは



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 22:00:45.40 ID:JYhvojUg0

家族が増えるよ!



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 22:03:18.32 ID:eRTzEYal0

食蜂「・・・や・・・・」

佐天「ん?」

食蜂「嫌よおおおおおお!!!!そんなの私に死ねって言ってるのと同じことじゃなああああああい!!!」

御坂「え?何で?」

食蜂「この私がふたなりおちんちんだって知られたら常盤台は愚か学園都市で生きていけなくなるじゃないのおおお!!!」

佐天「って言われても女王様がムラっときて我慢できなくなっちゃったら女の子の危険が危ないわけですし」

食蜂「私だって女の子なんだからそこは分別つけるわよおおおおおお!!!」

初春「このおちんちんに分別がつけられるんですかぁー?」シコシコ

食蜂「やぁぁぁぁぁあんっ!!」ビクッ

初春「ほら、おちんちん軽くしごかれただけでこんなに身体震わせてるじゃないですかぁ」REC

食蜂「う、うぅぅぅ、それでも自分で何とかできてるから大丈夫なのよぉ・・・」フルフル

御坂「信用できる人ーー」

三人「「「・・・・」」」フルフル

食蜂「お願いよぉ・・・ 信じてよぉ・・・ 私の禁欲力を信じてよおぉ・・・」ポロポロ



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 22:13:13.93 ID:eRTzEYal0

御坂「しょうがないわねえ、ここでいくら問答をしたところで何も解決しないわけだから いっそあんたの周りの人間にジャッジしてもらうとしましょうか」ニコッ

食蜂「え?それって・・・」

御坂「うん、あんたの派閥のみんなにジャッジしてもらうわ」

食蜂「な、なんで・・・ よりによって・・・」

御坂「いやいや、あんたっていつもあの子たちと一緒にいるじゃない? ってことは休み時間におちんちんを四回しごいてるのってあの子達に興奮してるからなのよね?」

食蜂「あ・・・あ・・・・」フルフル

黒子「なるほど、よく考えれば一番被害を受けそうな方々ですわね」

佐天「その人たちがセーフだと思うなら・・・ってことですね?」

御坂「そう、ここは近しい人の意見を得ることが第一なのよね」

初春「さすが御坂さん」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 22:20:25.11 ID:eRTzEYal0

御坂「ってわけで、あんたらの女王様を車椅子に縛り付けてみましたー!」

黒子「しかもM字開脚ですの!」

食蜂「ふぇぇぇぇん こんなのいやよおぉぉぉぉ」ポロポロ

縦ロール「  」ポカーン

女子生徒「「  」」ポカーン

佐天「唖然としてますねえ」

黒子「当然と言えば当然ですわ。何せ憧れの女王様におちんちんがついているんですもの」

初春「しかもガッチガチに興奮してるんですからねえ」

佐天「あれ、初春携帯は?」

初春「より高性能なものをこのあたりに複数設置したのでもう必要ありません」

佐天「そっかぁー、準備がいいね」

初春「何せ、風紀委員ですから」ニコッ



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 22:27:10.66 ID:eRTzEYal0

御坂「ほらほら女王様、あんたを慕ってる皆に挨拶しなさいよ」

食蜂「あっ あいさつってっ ぐすっ 何すればいいのよおぉ」ポロポロ

御坂「そんなもん決まってるじゃない、このおちんちんがこんなになってるのはどうしてなの?」シコシコ

食蜂「んっ!!」ビクッ

御坂「いつもいつもみんなの記憶改竄したりして休み時間ごとにトイレでおちんちんしこしこしてるのはどうしてなの?」シコシコ

食蜂「そ・・それ・・それ・・・ぇ・え・・・」ポロポロ

御坂「みぃーーんなこの子達のかわいさにおちんちんが大きくなっちゃうからよねぇ?」シコシコシコ

 ざわっ・・・・・

食蜂「う・・う・・ ぐすっ・・・ひくっ・・・」ポロポロ

御坂「本当はこのおちんちんでこの子達をたーーっぷりかわいがってあげたいのよねえ?」シコシコシコ

食蜂「やめてぇぇぇ・・・ えぐっ やめてよぉぉぉぉ・・・」ポロポロ

御坂「やめる?何で?この子達におちんちん見られてこんなに興奮してるのに何をやめる必要があるの?本当はもっとすごいことしたいのよねぇ?」シコシコシコ

食蜂「あぁぁぁん・・・ おちんちんしこしこしないでぇぇ・・・ やめてよおぉぉ・・・」ポロポロ

 ざわざわ・・・ ひそひそ・・・ ざわざわ・・・

縦ロール「女王・・・」キュン



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 22:36:33.77 ID:eRTzEYal0

御坂「何を取り繕っているのかしら?あんたのおちんちんはかわいい女の子を見るとこうなっちゃうのよねえ?」シコシコシコ

食蜂「ふぇぇぇん・・・いやぁぁ・・・」ポロポロ

御坂「泣くのは勝手だけどこのおちんちんがどうしてこんなに大きくなっているのかちゃんと説明してあげないと皆には伝わらないわよ?」シコシコシコシコ

食蜂「ひぐっ ぐすっ」ポロポロ

佐天「御坂さーん、こうなったらさっき初春が撮影したの全部みせてあげますー?」

御坂「お、それいいわね、そっちのほうがわかりやすそうだし」シコシコシコシコ

食蜂「やめてぇ!!!あんなの見せちゃだめよおおぉ!!」

黒子「おだまりなさい!」グッ

ぶにっ!

食蜂「ひいいぃっ!!」ビクンッ

初春「白井さん、おちんちんを踏む時は加減しないと本当にヤバいことになっちゃいますからね?」

黒子「わかっていますの。なのでこうして先端にかかとを宛がうように、それでいて力を入れすぎないようにしていますの」ブニブニ

食蜂「あ・・が・あ・・・・あ・・・」フルフル



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 22:44:19.56 ID:eRTzEYal0

御坂「さっきはあんたがどうやっておちんちんを処理しているかを見せてもらったわ。だから今度は普段あんたが誰のどういう所に興奮しておちんちんをしごいているかを教えてほしいの」

食蜂「何それ・・・ そんなの・・・」カタカタ

佐天「ほほう、この中の誰をオカズにおちんちんしこしこしてるかを言わなくてはならないわけですかぁ」ニヤニヤ

初春「つ・ま・り 女王様の側近の中で誰が一番女王にとって魅力的であるかってことですよねぇ?」チラッ

 「「「「!!!!!!!!!」」」」

黒子「ほう、何やらざわついてきましたわねぇ?」グリグリ

食蜂「おち・・・んち・・・・ん・・ くるしぃ・・のぉ・・・・」ハァハァ

御坂「なら、正直に言うのね」

食蜂「だめ・・それ・・だけは・・・」 黒子「はい?」グリッ

食蜂「いひいいいいいいいいいいいいんっ!!!」ビクゥッ

黒子「よく聞こえませんでしたわ。もう一度お願いしてもよろしくて?」ニコッ

食蜂「う・・・うぅ・・・」ポロポロ

御坂「あーあー、あんたが言わないとこの場がしらけちゃって、しらけた勢いで常盤台は愚か学園都市をこのまま一周しちゃいたくなっちゃうわぁー」 食蜂「!!!!」



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 22:56:18.28 ID:eRTzEYal0

食蜂「言う!!言うからぁぁっ!!いつもおちんちんしごいてること全部言うからぁぁぁl!!お願いいいいぃぃぃ!!」

御坂「素直な子ってかわいいわよねー」

黒子「ええ、淑女の鏡ですの」

佐天「さすが常盤台最大の派閥の女王ですよね」

初春「私あこがれちゃいますうー」

御坂「ってわけで、せっかくだからおちんちんしごきながら話してもらおうかしら」パチッ

食蜂「へ?」

黒子「聞こえませんでしたの?おちんちんをしごきながらとお姉さまは申されましたの」

食蜂「あ・・あぁぁ・・・ん・・・」ポロポロ

佐天「女王様泣きすぎですよwwwwww 顔ぐっちゃぐっちゃじゃないですかwwwww」

初春「ほんとwwww 女王様なのに鼻水が垂れてますしwwwwww」

御坂「ほら、拭いてあげるからさっさといつも頭の中で思い描いていることを言葉にしながらおちんちんしこしこしなさい」グシグシ

食蜂「ぐすっ えぐっ ん・・んぐ・・・ ひくっ」ポロポロ



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 23:06:20.07 ID:eRTzEYal0

御坂「よし、綺麗になったわ」

黒子「女王、皆待ちわびてますわよ?」

食蜂「・・・・わかった・・わぁ・・・」

ぎゅっ

 ざわっ!!!!

食蜂(見てる・・・ いつも私の傍にいる皆が・・・ 私を・・・ 私のおちんちんを見てる・・・)ゴクリ

食蜂「・・・」シコシコ

 ざわざわっ!!!

食蜂「わ・・・わたし・・・ 食蜂操祈は・・・ いつも・・・ 休み時間になるとトイレでおおきくなったおちんちんをしこしこしていますっ!!」シコシコ

御坂「ふんふん、いいわねえ その調子よ」

食蜂「わた・・しっ 女の子・・だけど・・・ おちんちんが・・あるか・・ら・・・ かわいい女の子を・・見る・・と・・ おちんちんが・・・ 大きく・・・なる・・ です・・・」シコシコシコ

食蜂「男の子のこと・・好き・・だし・・・ 恋も・・・したい・・けど・・・ でも・・・ おちんち・・・ん・・ 大きく・・・ なっちゃい・・ます・・・」シコシコシコ



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 23:11:18.92 ID:eRTzEYal0

黒子「具体的に誰で大きくなりますの?」

食蜂「・・・御坂・・・さん・・です・・・」シコシコシコ

 ざわあああっ!!!!!!!

御坂「私・・・?」キョトン

佐天「ほうほう、これはこれは」ニヤニヤ

黒子「チッ」イライラ

初春(憎らしい相手を組み伏せたい、いいですねえ、主人公とライバルの絡みとしてはある意味王道じゃないですか)

食蜂「御坂・・さん・・を・・・ おちんちん・・で・・・いじめ・・たり・・とか・・」シコシコシコ

黒子「私のお姉さまに・・・」ギリギリ

食蜂「跪かせて・・・ しゃぶ・・らせ・・たりと・・か・・・」シコシコシコ

御坂「うわぁ・・・ちょっときついわこれ」

食蜂「一方的に・・・ お、お・・・ 犯したり・・・とか・・・ ぐすっ」シコシコシコ

初春(食蜂操祈、あなたは今最高に輝いていますよ)グッ

食蜂「考えて・・・ おちんちん・・・ しごいて・・・ます・・・」シコシコシコ



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 23:19:41.44 ID:eRTzEYal0

黒子「あなた、そんなことが許されると思ってますの?」チャキッ

食蜂「ごめん・・なさぁぃ・・・ これ・・・ すごく興奮するのぉぉ・・・」シコシコシコ

御坂「え、えぇ~~っと、私だけ?」

食蜂「違うわぁ・・・ もちろん私といつもいる皆も・・・」シコシコシコ

縦ロール(女王、私は・・・ 私は女王のおちんちんを・・・)ドキドキ

食蜂「あなた・・・」シコシコシコ

縦ロール「私ですの?」

食蜂「うん・・・ あなたの・・・その髪・・ その髪の匂いをかぎながら・・・ しごいたことがあるわぁ・・・」シコシコシコ

縦ロール「!!!!!!!!!」ドキッ

佐天「うわぁ・・・・」

黒子「これはギリギリですわね・・・」

御坂「やっぱり危ないやつだったか」

初春「ですがこれはあの人が被害意識を持つかどうかの問題です。まだ私達が動くわけにはいきません」



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 23:30:54.96 ID:eRTzEYal0

食蜂「ほかにも・・・ あなたの・・・ 脱ぎたての体操着を・・・とか・・・」シコシコシコ

女子生徒A「まぁ・・・」キュン

食蜂「あなたに・・・ 一日スクール水着を着せてそれで・・・とか・・・」シコシコシコ

女子生徒B「女王・・・」キュン


御坂「・・・見ちゃいけないものを見た気分ね」

黒子「一般の殿方もこうなのでしょうか?」

佐天「女王の能力があればこれで済んでるほうがかわいいほうなんじゃないですか?」

初春「一理あるかもしれません」


食蜂「あなたの、ニーソックスと太ももの間に・・とか・・・」シコシコシコ

女子生徒D´´「そのようなことまで・・・」

食蜂「と、とにかく!!みんなみんな!みーんなかわいいから!だから!!」シコシコシコシコ

食蜂「おちんちんが切なくなっちゃっておっきくなっちゃって!!おちんちんしこしこし始めたらもうとまらないのよおぉっ!!」シコシコシコシコ

食蜂「おちんちんいいのおぉっ!! みんなが!! みんなが私のおちんちん大きくさせて!! それで私はおちんちん気持ちよくなっちゃうのおっ!!」シコシコシコ

食蜂「みんなのこと大好きだし傷つけたくないし守ってあげたいけどでもおぉっ!! でもおおおおぉっ!!」シコシコシコシコ



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 23:40:46.12 ID:eRTzEYal0

食蜂「おちんちんが大きくなっちゃうくらいみんながかわいいいのおぉっ!!」シコシコシコシコ

食蜂「私のおちんちんどうしょうもなくおっきくなっちゃうのおおおおっ!!!」シコシコシコシコ

食蜂「おっきくなったおちんちんしこしこしてあげないとみんなのことめちゃくちゃにしちゃいたくなっちゃうからぁぁつ!!」シコシコシコ

食蜂「だから・・・だか・・らぁ・・・」ポロポロ

 「「「・・・・・・・」」」ゴクリ

縦ロール(女王・・・)

食蜂「みんなで・・・おちんちんしこしこして・・・ごめん・・・なさい・・・」シコシコシコシコ

食蜂「おちんちんしこしこするのが大好きな変態さんでごめんなさいいいいい!!!止まらないのおおおお!!!おちんちんんしこしこするのがとまらないのよおおおお!!!!シコシコシコ

食蜂「こんなにおちんちん大きくさせてそれをしこしこしちゃわないとどうにかなっちゃいそうな変態さんなのよおおおおっ!!」シコシコシコシコ

食蜂「みんなぁぁっ!! みんなっ!! みんなあああっ!! 大好きっ!! 大好きいいいいぃぃっ!!」シコシコシコシコ

食蜂「大好きなっ!! 大好きな皆のまえでええええっ!!! イくぅぅぅっ!! ふたなりおちんぽからいつもよりたくさんのおちんぽみるくがぴゅっぴゅしちゃうのおおおおおっ!!!」シコシコシコシコ

食蜂「どうしようもないおちんちんのことしか考えられない私のふたなりおちんちんがだらしなく射精しちゃうのよおおおお!!!」シコシコシコシコ

食蜂「ああああんっ!! イくぅっ!! イくイくイくイくイっちゃううううううっ!!! みんなああああ!!! 私のおちんちんがみんなに見られてイっちゃうにょおおおおおおおおおおおおお!!!!!!」シコシコシコシコシコシコシコ



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 23:46:00.25 ID:eRTzEYal0

食蜂「ひゃああああああああああああああああああああんっ!!!!!」ビクビクビクビクッ

ブピュルビュルビュルブピュプピュルビュビュプピュドビュルビュルビュルドプドプブプピュプルッ!!!!!!!!!!!!!!



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 23:50:03.53 ID:eRTzEYal0

数日後

食蜂「・・・・・」トボトボ

食蜂「今日も みんなにいじめられちゃったぁ・・・・」

食蜂「き・・ 記憶・・・ 改竄したく・・ても・・・ 御坂さんには通じないし・・・」ポロポロ

食蜂「リモコン・・・ 取り上げられ・・・ちゃう・・・し・・・」ポロポロ

食蜂「授業も・・・受け・・ させて・・ もらえない・・し・・・」ポロポロ

食蜂「いく・・ら・・・ 私が・・・ みんな・・で・・ おちんちん・・・しこしこしたからって・・・ ぐすっ」

食蜂「ひどい・・わ・・よぉ・・・・」ポロポロ



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 23:53:29.05 ID:yMbCZPX10

逆にいじめられないと思う
好きになるわ



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 23:54:56.02 ID:7Pt/3ij70

>>134
性的な意味でってことだろ



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 23:56:28.64 ID:8lw7BTMP0

御坂クズすぎワロタ…



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/21(火) 23:58:43.63 ID:eRTzEYal0

~~回想~~

 「女王様、女王様はカブトムシの角に糸を結んで重いものを引かせるという子供の遊びをご存知ですか?」

食蜂「え?な・・・なにするの・・?」ビクビク

 「こうするのですわぁ」ニヤァ

食蜂「ひっ!」ゾクッ


食蜂「ん・・・ぐ・・・うぅ・・・」フルフル

 「まあ、女王のおちんちんはたくましいですわぁ」ニヤニヤ

 「ほんと、オナホールと台車をロープで繋げて引かせるだなんて、素晴らしいアイディアですわ」ニコニコ

食蜂「ね・・ねえ・・・ これ、すごく締まっちゃうのぉ・・・」フルフル

 「女王、今日は四人乗せて100m進んだら許してあげますの」ニコッ

食蜂「む、無理よおぉ・・・ 二人できついのよぉ・・・」フルフル

 「これだけおちんちんをガチガチにしているんですもの、できないわけがありませんわよねえ?」

 「本当本当、私達を見ておちんちんを堅くすることができるのですからこのくらいはやっていただかないと」

食蜂「ぐすん」フルフル



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 00:08:30.76 ID:wsY/jqyQ0

 「ほら!さっさと引っ張ってくださいまし!」

食蜂「やるわよぉ・・・ やるから大きな声出さないでよぉ・・・」フルフル

ゴロ・・・ ゴロゴロ・・・

 「まあ、動いてますわ!」

 「さすがおちんちんの女王!」

食蜂「ん・・しょ・・・ん・・・しょ・・・・」フルフル

ゴロゴロ・・・・ ゴロゴロ・・・

 「おちんちんで台車をひっぱるだなんて、どれだけ私達に欲情していることやら」ニヤニヤ

 「きっと今でも頭の中はそのことで一杯にちがいありませんわ」ニヤニヤ

食蜂「・・・・」ポロポロ

 「ほぉら、何か反応してくださいまし!」グイッ

食蜂「ひっぱっちゃだめっ!!」ビクッ

ニュルポンッ!!!

食蜂「ひゃあああああああああああんっ!!!」ビクビクビクッ」

ドピュドピュビュルルッ!!!



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 00:12:03.50 ID:wsY/jqyQ0

 「まあはしたない」クスクス

 「所詮おちんちんはおちんちんですわ」クスクス

食蜂「ロープ・・・ ひっぱっちゃだめよぉ・・・・」ポロポロ

 「あら、おちんちんが何か言いましたかしら?」

 「まさか、おちんちんがしゃべるわけがありませんわぁ」

食蜂「う・・・う・・・」ポロポロ

ギンギンッ

 「御覧なさい、うっかりおちんちんからオナホールが外れてしまいましたがいつもと変わらず天を貫かんばかりの勢いでそそり立っていますの」

 「なあんだ。それでは私の気のせいでしたのねえ、おちんちん、こっちにいらっしゃいな。またオナホールをつけて差し上げますわ」

食蜂「・・・・」トボトボ

 「ふ・・ふふふ・・・」

 「あははははははは!!!」

食蜂「・・・ぐすん」ポロポロ



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 00:21:00.65 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「こんなことはまだ優しいほう、縦ロールちゃんに10分以内に2リットルのベットボトルを満杯にしろとか言われて」

食蜂「できなかったら下着をつけずに電車に乗せられたりとか・・・ しかも縦ロールちゃんが身体密着させるからおちんちんが大きくなって他のお客さんに見つかっちゃうところだったし・・・」

食蜂「やっぱり・・・こうなっちゃうんだ・・・」

食蜂「ふたなりおちんちんなんて、生きてちゃいけないんだ・・・」

食蜂「おちんちん・・・ おちんちんがいけないの・・・?」ギンギン

食蜂「でも、でも・・・ これが・・・ これが私っていう人間なんだから・・・ だから・・・」

食蜂「もう・・・ どうしょうもないじゃない・・・」

食蜂「・・・・」

食蜂「ふたなりおちんちんが許されないということは私という人間の存在が許されないということ・・・」

食蜂「なら・・・ なら・・・」

食蜂「もう死ぬしか・・・ ないわよね・・・」スッ

食蜂(私がレベル5の超能力者とはいえ私の身体能力は平均以下、なら、この薬を飲めば眠るように・・・)

食蜂「みんな、今までありがと・・・・」アーン



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 00:25:46.91 ID:wsY/jqyQ0

 ガシッ

食蜂「へ?」

 「お前何しようとしてんだよ!!!」

食蜂「あ、あなた・・・」

 「お前、これは何だよ!!」

食蜂「やめて・・・ やめて・・・ 私を止めないで」

 「ふざけるんじゃねえ!お前が何を考えてこんなことをしようとしてるのかは俺にはわからない!!だがな!!」

 「見知った人間がこんなくだらないことをしようとしていることを黙って見過ごすことができるかよ!!」

食蜂「もういい、もういいの!私はこうするしかないの!もうこうしないと私は・・・」 「ふざけるな!!」」

ビシッ!!

食蜂「あっ・・・」カラン

 「お前はこんなことをしていい人間じゃないんだ!目を覚ませ食蜂操祈!!」

食蜂「・・・かみじょお・・さぁん・・・」ウルウル

上条「食蜂・・・」ギュッ



167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 00:29:09.49 ID:3B36NghS0

上条に逃げるのは甘え



168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 00:29:39.70 ID:vsCo6JfNO

いきなりだなww



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 00:33:53.79 ID:wsY/jqyQ0

上条「そうか、みんながお前のふたなりおちんちんを・・・」

食蜂「うん・・・ どうせ、どうせ私はおちんちんだけの人間なのよぉ・・・ だから・・だから・・・」ポロポロ

上条「泣くな食蜂、お前がふたなりおちんちんを持っていようとお前は立派な女の子だ」ナデナデ

食蜂「だめよぉ・・ みんな、みんな私をおちんちんでしか見ないのよぉ、こんな私はこの先ずっとおちんちんだけの人間として見られるんだわぁ」ポロポロ

上条「そんなことはない、お前はかわいい女の子だ。この先お前にも好きな男ができるはずだ。そしてお前のことを好きになる男だっていっぱいできるはずだ」

食蜂「ぐすっ たとえ・・・ たとえ私の容姿に惹かれる男の子ができたとしてもこのおちんちんを見れば皆幻滅するに決まってるものぉ」ポロポロ

上条「・・・・」

食蜂「だから・・・だからぁ・・・・ぐすっ」ポロポロ

上条「本当にそうか?」

食蜂「え?」



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 00:41:56.87 ID:wsY/jqyQ0

上条「ほんとうにそうなのか?いくらおちんちんがついているとはいえお前は立派な女の子じゃないか。もしかしてお前完全な男なのか?」

食蜂「ぐすっ 違うわぁ・・・ おちんちんの、たまたまの袋の下に隠れてるけど・・・ 私ちゃんと女の子よぉ・・・」

上条「見せてみろ」

食蜂「・・・はい」

上条「うん、ちゃんと女の子だ」ツンッ

食蜂「やんっ!!」ビクッ

上条「すげえな、こんな身体見るのはじめてだけど、やっぱりお前ちゃんとした女の子じゃねえか」クパッ

食蜂「だ、だめよおぉ!そこは広げちゃだめなのぉっ!!」

上条「自信を持て食蜂、確かにお前にはふたなりおちんちんがある。だがだからと言って自分の女の子の身体とその心を否定していいわけがねえだろうが」

食蜂「でも・・・でも・・・私なんか・・・ ふたなりおちんちんなんか・・・・」

上条「馬鹿野郎、そんなくだらないふざけた幻想は」

ぎゅっ

食蜂「あっ・・・」キュン

上条「この俺がいくらでもぶち殺してやるぜ」



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 00:50:03.99 ID:wsY/jqyQ0

上条「どうだ食蜂、気持ちいいか?」シコシコ

食蜂「はぁん・・・かみじゅうさぁん・・・」トロン

上条「ふっ、物欲しそうな顔しやがって」シコシコ

食蜂「だめぇ、上条さんの指すごくいいのぉ、私のおちんちんが喜んじゃってるうぅ」ハァハァ

上条「そうか、おちんちんか、じゃあここを同時に攻められるとどうだ?」クチュッ

食蜂「ひゃぁぁんっ!!!」ビクッ

上条「どうだ、おまんことおちんちんを同時に攻められると気持ちいいだろうが」シコシコ クチュクチュ

食蜂「だめぇぇっ!おまんこといっしょだめえぇっ!!我慢できないぃっ!!我慢できなくなるのおぉぉっ!!」

上条「そうかそうか、それじゃあ選ばせてやる。おちんちんとおまんこどっちをせめてほしい?」シコシコ クチュクチュ

食蜂「あ・・あぁ・・・あ・・・ぁ・・・」ビクビク

上条「どうした?はっきり言わないとやめちまうぞ?」

食蜂「お・・・・あ・・・・・」

上条「ん?」

食蜂「お・・・ま・・・・んこ・・・」

上条「わかった」



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 01:01:53.42 ID:wsY/jqyQ0

くちゅくちゅくちゅくちゅっ

食蜂「あんっ!!はんっ!!ひゃんんっ!!」ギンギン

上条「すげえ、おまんこを刺激してるのに食蜂のおちんちんがすごく脈打ってるぜ!」

食蜂「だめえぇっ!そんなところ見ないでえぇっ!!恥ずかしいのぉぉっ!!」

上条「恥かしがるんじゃねえ、おちんちんも立派なお前の身体の一部じゃねえか!!」

食蜂「わ・・・わたし・・・の・・・」ハァハァ

上条(そうだ、それでいいんだ食蜂)クチュクチュ

食蜂「あっあぁ・・あぁ・・・上条さんの指うますぎ・・・んんんっ!!」ビクッ

上条「おいおい、俺の指テクはまだこんなものじゃねえぞ!?もっともっと気持ちよくしてやるからなぁ!!」クチュクチュヌプヌプ

食蜂「あぁっ!!はぁぁっ!!はぁんっ!!ひゃぁぁんんんっ!!!」ビクッビクッ

上条「オラオラオラオラオラァッ!!!」クチュクチュヌプヌプ



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 01:07:42.06 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「あっ!!! あああああああああんっ!!!!!」ビクビクガクガク

上条「イけっ!!イけええええええええ!!!!!」ヌチュヌチュクチュクチュククチュクチュ

食蜂「ひ・・・・くぅんっ!!!!」ビクッ

ドピュドピュビュプブピュピュプッ!!!!!



食蜂「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・・」

上条「最高だぜ、食蜂」

食蜂「上条・・・さぁん・・・」

上条「食蜂、自信を持て、お前にふたなりおちんちんがあろうとお前は立派な女の子だ。それはわかるな?」

食蜂「ええ、はっきりとわかったわぁ」

上条「だが、それだけじゃないだろ?」

食蜂「・・・」コク



196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 01:09:56.77 ID:Tq9TrMdJ0

上条さんが触っても消えないの?



200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 01:18:26.92 ID:h1NhhQ5S0

>>196
これは幻想じゃなくて現実だからな



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 01:17:45.58 ID:gI9ytkcxO

おまえらがおちんちん好きなのはわかった



201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 01:22:05.44 ID:wsY/jqyQ0

上条「お前のその身体はお前にしか無いものだ。それはつまり、お前にしかできないことがあるということだ」

食蜂「・・・」

上条「だから食蜂、お前は真直ぐお前の道を突き進んでいけばいいんだ」

食蜂「・・・」

上条「お前が今まで築き上げてきたものを信じろ、そして、自分自身をな!」

食蜂「・・・ありがとう。上条さん」

上条「信じているぞ。食蜂」



205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 01:32:16.57 ID:wsY/jqyQ0

縦ロール「女王を見かけませんでしたか?」

女子生徒F「いえ、私も探しているのですが」

縦ロール「困りましたわねぇ、あぁ、女王ったら今頃おちんちんを大きくしながらもてあましているに違いありませんわぁ」ハァハァ

縦ロール「女王のおちんちん、あのたくましく凛々しいおちんちんを苛めた時のあの女王のお顔といったら・・・」ウットリ

縦ロール「早く、早くいじめてあげたい・・ 女王が涙目になりながらおちんちんをしごくところをこの目で、いやいや今日くらいは優しくしごいてあげるのもよろしいのでは」

縦ロール「そうですわ。いくら苛められている女王がかわいいからと言ってムチだけではおかわいそうですわ。アメがあって初めてムチが生きるというもの」

縦ロール「ここでアメを与えれば私の株が一気に急上昇してあんなことやこんなことも」ハァハァ

縦ロール「あぁ!女王!女王はいずこに!今日はこの私がはしたないおちんちんをたっぷりといじめてさしあげますのに!!」 「ここよぉ」

縦ロール「女王!!」

食蜂「お待たせぇ」ギンギン

縦ロール「まぁ、探しましたわよ。女王」ウットリ



212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 01:43:45.68 ID:wsY/jqyQ0

縦ロール「女王、どちらへ行かれていたのですか?今日はおちんちんに鈴をつけてお散歩する日ですわよね?」

食蜂「ええ、そうねえ、歩くたびにおちんちんの鈴が鳴って歩いてる人が私のスカートを見ちゃって恥かしさでおちんちんがおっきくなっちゃうわねぇ」

縦ロール「そうですわ。おちんちんを大きくしてしまえば益々恥かしい思いをしてしまう。そのためには」

食蜂「鈴を鳴らさないように慎重に歩かなきゃいけない。だからもじもじと恥かしそうに歩く私にあれこれと条件をつけるのよねえ?」

縦ロール「・・・今日はいつになく強気ですのね?いつもならもっと」 食蜂「もっと?」ギュッ

縦ロール「あ・・・」

食蜂「私ねえ、気づいたの。ううん、気づかされたって言ったほうがいいのかな」ナデナデ

縦ロール「・・・女王?」

食蜂「たしかにおちんちんがある女の子って私意外に知らないしおちんちんがあれば女の子とはいえないかもしれない」ナデナデ

縦ロール「あ、あの・・ くすぐったいのですが・・・」



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 01:53:34.33 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「でもね、女の子に興奮してついしこしこしちゃうおちんちんがあったところで私は私よ」ナデナデ

縦ロール「じょ・・・おう・・・」ドキドキ

食蜂「私は女の子。だったら自分が女の子であるという確たる芯があるんだから私はそこから揺らぐ必要なんて全く無かったの」ナデナデ

縦ロール「あ、あの・・・髪・・・」ドキドキ

食蜂「ええ、いい髪ね、すごく興奮するわ。ごめんね、あまりにも素敵な髪だから能力を使ってついこの紙のにおいをかぎながらおちんちんしこしこしちゃったわ」

縦ロール「は・・・ん・・・」

食蜂「かわいいわぁ・・・ほんとかわいい・・・」クンカクンカ

ギンギンッ

縦ロール「おちんちん・・すごいです・・・」ゴクリ

食蜂「そう、私はあまりにもおちんちんで物を考えすぎていた。それが故に道を踏み外しかけたわ」シコシコ

縦ロール「あ・・・あぁ・・・・」ハァハァ



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 02:03:38.24 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「私は私、たとえこの身体が他の人と違っていようと、私の心は決まっているの。それなら」シコシコシコ

食蜂「私は私でありつづけるだけ!」シコシコシコ

縦ロール「じょ・・・女王・・・」ハァハァ

食蜂「興奮する?」シコシコシコ

縦ロール「はい、女王が・・私の髪で興奮してくださるのが・・・」ハァハァ

食蜂「それだけかしらぁ☆?」シコシコシコ

縦ロール「じょ・・・女王・・・の・・・」ゴニョゴニョ

食蜂「なぁに?はっきり言ってくれないと伝わらないんだゾ?」シコシコシコ

縦ロール「お・・おちんちんが・・・ 女王の、太くて逞しいおちんちんが目の前で、私でしこしこされているのを見ると・・・」

食蜂「どうなっちゃうのぉ?」シコシコシコシコ

縦ロール「身体・・が・・・ 女王のおちんちんを欲しくなってしまいますの」ジュン

食蜂「ふふっ、エッチすぎるゾ?」シコシコシコ

縦ロール「はぁん・・ ///////」キュンキュン



224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 02:23:43.51 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「いくらおちんちんをしこしこしてるからって私は女の子だから女の子が嫌がるようなことを無理矢理するつもりはないのよねぇ」シコシコシコ

縦ロール「女王ぉ・・・・」ウットリ

食蜂「そんなに私のおちんちんに興味があるの?」シコシコシコ

縦ロール「おちんちんではありませんわ、私は、いえ、他の皆様もそうだと思いますが、私の興味は女王の寵愛にありますの」

食蜂「へぇ~~」シコシコシコ

縦ロール「女王が御坂さんに拘束されて私たちの目の前でおちんちんをしごかれたあの時、私に興奮しておちんちんをしごかれたと聞いて心も身体も昂ぶってしまいましたの」キュンキュン

食蜂「私は恥かしかったんだけどなぁ?」シコシコシコ

縦ロール「その恥かしがっている女王がまたとても愛おしくて愛おしくて、そのおかげで・・・ 失礼ですが女王のおちんちんを上手にいじめれば女王が私のモノにと・・・」オズオズ

食蜂「あ、そういうことだったのぉ」シコシコシコ

縦ロール「申し訳ございません!女王を!か弱く儚いお姿を見せる女王をつい!つい!」

食蜂「そうだったんだぁ、いじめられた気がしてつらかったんだゾ?」シコシコシコシコ

縦ロール「ああぁぁ、女王、許してくださいましぃ・・・」ギュウ



226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 02:37:10.17 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「うん、いくらでも許してあげちゃう☆」シコシコ

縦ロール「女王、なんという寛大なお心・・・」

食蜂「だからその代わりこれからも私がおちんちんしこしこする時に一緒にいてくれる?」シコシコシコ

縦ロール「女王、そのようなことでいいのですか?私は女王のおちんちんを・・・」

食蜂「気にしなくていいんだゾ?私はあなたのかわいい姿でおちんちんをしこしこできればいいんだから」シコシコシコシコ

縦ロール「ああぁぁ、女王、それだけでは!それだけでは私が満たされませんの!」

食蜂「なあに、どうしたいの?」シコシコシコ

縦ロール「私、私・・・」モジモジモジ

縦ロール「私の初めてを女王のおちんちんにささげたいのですわ」ウルウル

食蜂「・・・」シコシコシコ



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 02:49:45.12 ID:wsY/jqyQ0

縦ロール「女王、お願いです。私の初めてを、女王のおちんちんで奪ってくださいまし」ウルウル

食蜂「ねえ」シコシコシコ

縦ロール「はい」

食蜂「あなたにその覚悟があるのなら、私のおちんちん気持ちよくしてくれる?」

縦ロール「それでは・・・」

食蜂「その気持ちが本当かどうか、私に見せて欲しいの」ニコ

縦ロール「女王・・・ あぁぁ、ありがとうございます。女王に初めてを捧げられるのならいくらでも気持ちよくして差し上げますわ!」

食蜂「じゃあ、私のおちんちんを口で咥えて、おちんぽみるくを溢さずに飲むんだゾ?」

縦ロール「はいっ!!!」



232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 03:04:10.74 ID:wsY/jqyQ0

縦ロール「んっ! ちゅぶっ ちゅぷっ ちゅむっ ちゅぷぷぷっ ずずっ」シコシコシコ

食蜂「ん・・・ 女の子にしゃぶってもらえるのが・・・ こんなにいいなんて・・・」ハァハァ

食蜂(もちろんおちんちんだけじゃない、私のおまんこもちゃんと喜んでる)キュンキュン

縦ロール「ぷはぁっ じょおっ じょおぉっ はふっ はふぁぁ」レロレロ シコシコ

食蜂(ふふっ、心配しなくてもちゃんと射精してあげるわよぉ」ナデナデ

縦ロール「はぁん・・・ じょおぉ・・・」ウットリ

食蜂(ほら、休んでちゃだめだゾ?」

縦ロール「はいぃっ!」チュパチュパ

食蜂(やっぱり私の支配力は死んではいなかった。全ては私の心の弱さが引き起こしてしまったこと)

食蜂(ありがとう上条さん、私は、全てを取り戻してみせるわぁ、そして前以上に確固たる自分を築いてみせるのぉ)

縦ロール「んっ! んぷっ!! んちゅっ! ちゅぽちゅぷちゅっぱちゅっぱ!!」

食蜂「ありがと・・・ 出る・・・わぁ・・・」ドプドプドプドプッ

縦ロール「んんっ!! んっ!! んぐぅっ!!」

食蜂「焦らなくていいわぁ、ゆっくりと飲みなさぁい」ナデナデ

縦ロール「ん・・・・ん・・・・」ゴク ゴク



233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 03:11:35.06 ID:wsY/jqyQ0

縦ロール「ぷはぁっ 女王、飲みましたわ」ハァハァ

食蜂「偉いわよぉ、それじゃあご褒美をあげようかしらぁ?」ギンギン

縦ロール「女王・・・」シュルッ

食蜂「かわいい下着ねぇ」ニコニコ

縦ロール「ごらんください、女王のおちんちんのことを考えただけで濡れてしまうというのにおちんちんをしゃぶらせていただいたことで搾れるほどに濡らしてしまいました」グッチョリ

食蜂「ふふっ、エッチねぇ」ニコニコ

縦ロール「はい、エッチです。女王のおちんちんが欲しくて欲しくてたまらないエッチで卑しい下僕です。ですがどうか」

縦ロール「どうかこの卑しい下僕の初めてを女王のおちんちんで奪ってください///////」クパッ

食蜂「いいわよぉ、奪ってあげるぅ☆」ニヤッ



311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 19:41:31.05 ID:wsY/jqyQ0

にゅぷっ

縦ロール「あっ・・」フルフル

食蜂「あぁん おまんこってこぉんなにあったかいのねぇ☆」

縦ロール「じょおぅ・・・」フルフル

食蜂「ねえ、痛い?」ナデナデ

縦ロール「はい、すごく・・・」フルフル

食蜂「そっかぁ、やっぱりセックスって最初は痛いんだ」ナデナデ

縦ロール「ですが、すごくうれしいです」ニコ

食蜂「あはぁ、かわいい☆」ナデナデ



317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 19:50:49.00 ID:gCJCnlwJ0

パンツが幻想殺しされた



318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 19:53:11.15 ID:wsY/jqyQ0

縦ロール「女王、私の中でおちんちんがびくびくされてるのがわかります・・・」ハァハァ

食蜂「うん、初めて女の子のおまんこに入ることができてすっごくよろこんでるのぉ」ナデナデ

縦ロール「はじ・・めて・・?」

食蜂「そ、私女の子とセックスするの初めてなの」

縦ロール「なんと・・ うれしいですわ。私と女王が初めて同士だなんて、こんなに素敵な初体験ができるなんて思ってもみませんでしたの」

食蜂「かわいいなぁ、そんなこというともっといじめたくなっちゃうんだゾ?」

縦ロール「あぁぁ、いいですわぁ、女王になら、女王にならいままで女王のおちんちんをいじめさせていただいた分をいくらでも」

食蜂「そんなこというとぉ、めちゃくちゃにしちゃうわよぉ?」ニヤッ

縦ロール「はぁぁぁぁん!じょおぉぉぉぉぉ!!」キュンキュンキュン



320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 19:57:46.46 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「ちょぉーっとだけ深くおちんちん入れさせてね?」

縦ロール「はい、女王のお好きなように私のおまんこを使ってくださいまし//////」

食蜂「ありがとぉ」グッ

にゅぷっ めりめり ぬぷぷっ

縦ロール「あ゛っ が・・ぁ・・・・」フルフル

食蜂「はぁぁ・・・おまんこがおちんちん締め付けてすごくいいわぁ・・・」

縦ロール「じょおぉ・・のおちんちんが・・こじあけ・・る・・・」ハァハァ

食蜂「ごめんねぇ、これでもまだ半分なのぉ」ナデナデ

縦ロール「女王のは・・たくましいですから・・・」ハァハァ

食蜂「ふふっ、ありがと」グッ

ずぷっ ずぷぬぷずぷっ!

縦ロール「んっ!! いいぃ・・いぃ・・」

食蜂「すごぉぃい!ここまでいれるとおちんちんがとけちゃいそうなくらい気持ちいいわあぁ!!」



323:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 20:04:52.43 ID:iE80VZpB0

ふぅ……
お前らみさきちにおちんちんなんてついてるわけないだろ落ち着けよ



326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 20:10:22.26 ID:wsY/jqyQ0

縦ロール「はーっ はーっ」

食蜂「苦しい?」

縦ロール「は・・はい・・ おなかの・・なかが・・押されて・・」

食蜂「しょうがないかぁ、おちんちんがずっぷり入ってるんだものねぇ」

縦ロール「あぁぁ、私、女王と一つに、女王のおちんちんが私の中に」ウットリ

食蜂「ふふっ、ほんとうはまだまだこれからかわいがってあげたいんだけど、私もおちんちんが気持ちよすぎてもう我慢でいないわぁ」

縦ロール「じょ、じょおう!」

食蜂「なぁに?」

縦ロール「このまま、私の中に・・・ ///////」ガシッ



334:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 20:17:15.38 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「足からめて私のおちんちん離さないなんて、本当に処女だったのぉ?」

縦ロール「言わないでくださいまし//////」ギュゥ

食蜂「ふふっ、それじゃあおねだりにこたえてぇ、たっぷりだしちゃうわぁ!」パンパンパンパンッ

縦ロール「あぁぁんっ!! じょおぉぅっ!! じょおおぉぉぉっ!!!」

食蜂「私のっ!ふたなりおちんちんからぁっ!はじめてのおまんこにぃっ!」パンパンパンパンッ

縦ロール「いいぃっ!! あぁぁっ!! はっ!! はぁぁぁんっ!!」

食蜂「膣内射精っ!! しちゃうぞっ☆!!」パンッ

ドプドプドプドプドプビュルブピュッ!!!



335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 20:20:44.63 ID:wsY/jqyQ0

にゅぽっ!

縦ロール「んっ」ビクッ

食蜂「うわぁ、すごぉぉい、繋がってる時はよくわからなかったけど初めてのセックスで血が出るって本当だったのねぇ」

食蜂(ちょっと引いちゃうわぁ)

縦ロール「は、恥かしいから見ないでいただきたのですけど・・・」ゴニョゴニョ

食蜂「え?なぁに?」クパッ

どろぉ

縦ロール「やぁっ!そこを開いたら溢れてしまいますのおぉっ!!」アセアセ

食蜂「うーん、我ながらたっぷり出しちゃったわぁ」ニコニコ

縦ロール「おねがいですのおぉ・・・ 恥かしいいぃ・・・ ///////」カァァァ



339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 20:28:58.13 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「いいじゃなぁい、これからもたくさんえっちするんだから」

縦ロール「女王、それでは」

食蜂「うん、これからもおちんちんが大きくなっちゃったらよろしくね?」

縦ロール「はいっ!喜んで!」

食蜂「ふふっ、それにしてもかわいいおまんこ、ここ見てるとまたおちんちんが大きくなっちゃうわぁ」ギンギン

縦ロール「まぁ、なんて素敵なおちんちんなんでしょう」ウットリ

食蜂「今度は口と手で私を気持ちよくしてくれるかしらぁ?」

縦ロール「お任せください、女王がご満足されるまで何度でもお付き合いさせていただきますわ」ギュッ

食蜂「いい子、でもね、気持ちよくしてもらうのはおちんちんじゃないの」

縦ロール「え?」



340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 20:29:57.04 ID:C72JFAaV0

え?



341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 20:31:17.34 ID:I32LzpUY0

え?



342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 20:31:43.53 ID:gCJCnlwJ0

え?



343:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 20:32:26.04 ID:sMSWfmpS0

え?



346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 20:36:59.56 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「私のここ、気持ちよくしてほしいの・・・」ムニッ

縦ロール「これは・・・ 女王のおまんこ・・・」ゴクッ

食蜂「私のおちんちんであなたのおまんこきゅんきゅんきてたわよねぇ?」

縦ロール「はい、実は・・今も少し・・・」キュン

食蜂「その気持ち、私にもわかるわぁ、だって私も女の子なんだモン」

縦ロール「女王・・・」

食蜂「おかしいと思うかもしれないわぁ、でも私も女の子なの、おちんちんがついててもおまんこがきゅんきゅん来ちゃうことがあるの」

食蜂「だから、おちんちんだけじゃなくて、私の女の子の部分もちゃんと気持ちよくしてほしいんだゾ?」



348:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 20:45:13.11 ID:wsY/jqyQ0

縦ロール「女王、私なんかがよろしいのですか?」

食蜂「もうっ、おちんちんは今まで好き勝手してきたくせになんでおまんこは躊躇しちゃうのかしらぁ?」プンスカ

縦ロール「いえ、その、あまりにも恐れ多いといいますか」

食蜂「こんなに切なくなっちゃってるのが見てわからないのぉ?」ヌルヌルテカテカ

縦ロール「はぁぁ・・・」ゴクッ

食蜂「ね?」

縦ロール「・・・はい」ソー

ぺろっ

食蜂「んっ!!」ドピュッ

縦ロール「きゃっ!」

食蜂「気持ちよくておちんちんから少し噴出しちゃったわぁ」

縦ロール「女王、気持ちいいのですか?」

食蜂「うん、すごぉく」



350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 20:51:25.25 ID:wsY/jqyQ0

縦ロール「あぁぁ、私が女王のおまんこを」ハァハァ ペロペロ

食蜂「はぁぁん・・・ こ、これぇ・・この感じ初めてぇぇ・・・」フルフル

縦ロール「あぁ、女王のたまたまを鼻先で押しのけながらおまんこの蜜を味わえるなんて ん」ズズッ

食蜂「音立てちゃだめぇぇっ!」シコシコシコ

縦ロール「ふふっ、おまんこがきゅんきゅんきているはずなのにご自信でおちんちんをしこしこされるのですか?」シコシコ

食蜂「だ、だってぇ、おまんこきゅんきゅんきちゃうとおちんちんもせつなくなるのよぉ!」シコシコシコ

縦ロール「これでは今度は女王のおまんこをみんなで苛めてあげたくなりますわ」ズズッ ピチャッ

食蜂「や、やだぁぁ、おまんこいじめたらおちんちんハメてあげないんだゾ!?」シコシコシコ



354:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 21:04:28.09 ID:wsY/jqyQ0

縦ロール「はぁっ ずちゅぅぅ れろぴちゃっ ずずっ」

食蜂「もぉっ!ダメだって言ってるのにぃぃっ!」シコシコシコ

縦ロール「お叱りなら後でいくらでも受けますわ、ですが今だけは女王のかわいいおまんこの蜜を味わわせてくださいまし」ペロペロペロペロ

食蜂「ひゃぁぁんっ!たまたまのところも鼻でつんつんされてきもちいいいぃぃぃ!!」シコシコシコシコ

縦ロール「んふ れろちゅぅ れろぉぉ」ツンツンネロネロ

食蜂「あっ!! したがぁ・・さしこまれる・・ん・・・」シコシコシコシコ

縦ロール「奥から奥からどんどん溢れてきますわぁ、ですから私の舌で栓をしてあげますの」ヌプッ グリグリ

食蜂「ああぁぁぁっ!!だめえぇぇっ!!おまんこがっ!!おまんこがぁぁぁっ!!」シコシコシコシコ

縦ロール「んふふふぅ」グリグリジュルジュル

食蜂「ひいいぃぃんっ!!イくうううううううううっ!!!」シコシコシコシコ

どぴゅるブピュビュプププブピュルルルルッ!!!!



357:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 21:15:46.81 ID:wsY/jqyQ0

縦ロール「女王、たくさん出されましたわね?」ベトォ

食蜂「おまんこきゅんきゅんきちゃったから止まらなかったのよぉ」ハァハァ

縦ロール「それにしても、口の周りに女王の蜜が、鼻から上には女王のおちんぽみるくがこぉんなに」ウットリ

食蜂「すごい顔にしちゃってごめんねぇ、でもこれもあなたが私を気持ちよくしてくれたから、つい」ナデナデ

縦ロール「いえ、女王が私で気持ちよくなってくださった証ですから、むしろ誇りに思いますわ」

食蜂「ふふっ、ありがと」

縦ロール「女王、いつまでも、いつまでもお慕いさせていただきますわ ///////」

食蜂「うん、たっくさん愛してあげるぅ」ギンギン



358:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 21:18:27.03 ID:gI9ytkcxO

ところでふたなりはお小水ってどっちから出るの?



360:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 21:21:53.62 ID:kv85+t9+0

>>358
体が女っぽいなら女側
男っぽいなら男側から



364:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 21:40:08.04 ID:gI9ytkcxO

>>360
そういうものか



359:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 21:20:48.02 ID:wf02x3I3O

アイドルはトイレ行かない理論を適用したらええねん



361:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 21:25:10.36 ID:wsY/jqyQ0

数日後

御坂「で、いきなり呼び出して何の用?」

縦ロール「んっ ちゅっ ちゅぷっ ちゅぷちゅぷっ」シコシコシコ

食蜂「最近御坂さんがおちんちんいじめてくれないからぁ、寂しくなっちゃったのぉ」ウルッ

御坂「取り巻きの女の子におちんちんしゃぶらせるところを見せ付けながらそういうこと言われてもねえ?」

縦ロール「ぷはぁっ ふぁぁっ れろれろっ ちゅっ ちゅっ ずずっ んっちゅぷっ」シコシコシコ

食蜂「この子はこの子、御坂さんは御坂さんじゃなぁい☆」

御坂「ふたなりおちんちん苛められて喜んでる変態に成り下がったかと思ったら一転攻勢開き直っておちんちんで虜にしちゃうなんてねえ、世の中わからないもんだわ」

縦ロール「ちゅぱちゅぷっ ちゅぷぷぷっ ずちゅうぅぅぅ ちゅぽっ」シコシコシコシコ

食蜂「んっ! 御坂さんが見てるからってそんなに張り切っておしゃぶりしなくてもいいんだゾ?」ナデナデ

縦ロール「すみません、つい ///////」シコシコシコシコ




363:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 21:36:20.11 ID:wsY/jqyQ0

御坂「もしかしてこれを見せ付けるためにわざわざ私を読んだの?」

食蜂「半分は当たりよぉ☆」

縦ロール「ちゅうぅ ちゅぽっ ちゅぷっ んふっ ふむっ ふぁふっ」レロレロシコシコ

御坂「帰るわ」

食蜂「待ってえ、大事なお話があるのよぉ」

御坂「ならさっさと言いなさい、私もそんなに暇じゃないのよ」

縦ロール「ちゅぱっちゅぱっ ふぁぁふぁふ んむっ ぐぷむちゅぷ」シコシコシコシコ

食蜂「私御坂さんにおちんちんしゃぶってほしいの」

御坂「・・・は?」

縦ロール「ちゅぷちゅぷっ んむっ ふぁぁっ ふぁふっ ちゅぷぷっ ぢゅぷぢゅぷっ」シコシコシコ

食蜂「この子みたいにぃ、御坂さんのかわいい口で私のおちんちんをいじめてほしいのぉ」ナデナデ

縦ロール「ちゅぷっちゅぷっちゅぷっちゅぷっ ぷはぁっ ふぁむ ちゅぷっちゅぷっちゅぷっちゅぷっ」シコシコシコ



367:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 21:44:46.92 ID:wsY/jqyQ0

御坂「すると思う?」

食蜂「してくれないのぉ?いいじゃない、私達女の子同士なんだしぃ ねぇ?」ナデナデ

縦ロール「んっ ぢゅぷぢゅぷぢゅぷぢゅぷぢゅぷぢゅぷ んふぁっ んっ! ちゅぷちゅぷぢゅぷぢゅぷぢゅぷ」シコシコシコ

御坂「そんなことするやつの気が知れないわよ」

食蜂「こぉんなに気持ちいいの・・にぃ んっ!」ドプドプドプドプッ

縦ロール「んっ!! ん・・・・」

食蜂「はぁぁ・・出ちゃったぁ・・・」ナデナデ

縦ロール「ん・・ ちゅぽっ」

食蜂「飲んでいいわよぉ」

縦ロール「ふぁひ ん・・・ ごくっ」



368:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 21:46:10.26 ID:wzJsCkr+0

これは最高ですな何回でも抜ける



369:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 21:54:42.57 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「どう、おいしい?」

縦ロール「ごく・・・ ぷはっ はい、いつも通り濃くて口の中に絡み付いてさいこうのお味です」ウットリ

御坂「はぁ~、話があるならさっさとして、あんたのおちんちんいじめるのは楽しいけどこういうのは私の趣味じゃないわ」

食蜂「そう?御坂さんも興味あると思ったんだけどなぁ」

御坂「お生憎様、見当はずれもはなはだしいわ」

食蜂「そっかぁ、残念ねぇ、じゃあ真面目なお話といきましょうか あ、あなたは外してくれる?」

縦ロール「はい、また女王のお役に立てるならばその時はいつでも・・・」

食蜂「ええ、お願いするわね」

縦ロール「ありがとうございます。それでは私はこれで」ペコ



373:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 22:01:23.11 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「じゃあ、本題に入るわねぇ、実は御坂さんに相談があるのぉ」

御坂「相談?私に?」

食蜂「そ、実は私ぃ、この前男の人にいやらしいことされちゃったのぉ」キャピッ

御坂「は?」

食蜂「ほんと、嫌がる私の足を無理矢理広げてえ、大事な大事なところをいじられちゃったのぉ」

御坂「へぇー、その人ホモなんだぁー」

食蜂「どうしてそう思うのぉ?」

御坂「ふざけてるの?あんたみたいな股間にぶっとくてデカくて発情しっぱなしのおちんちんぶらさげてるようなやつにいやらしいことするやつなんて男ならホモ以外にありえないじゃない」

食蜂「へぇ、でもぉ、その人私のおまんこ一生懸命もてあそんでくれたわよぉ?」

御坂「馬鹿馬鹿しい、どこのどいつがふたなりおちんちんぶらさげた女のおまんこいじるってのよ」

食蜂「上条さんよ」

御坂「・・・え?」



379:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 22:13:00.66 ID:wsY/jqyQ0

御坂「う・・・そ・・・」

食蜂「うそじゃないわぁ、私のたまたまの袋を押しのけておまんこをこれでもかってくらいいじられたわぁ」

御坂「あっ、あんたあれよ!能力使ったでしょ!」

食蜂「上条さんの右手は知ってるわよねぇ?あの右手があるかぎり私の能力は通用しないわぁ」

御坂「ぐ・・・」

食蜂「こわかったけど、なんだか癖になる気持ちよさだったなぁ 上条さんの腕ってすごく逞しいの」

御坂「うそよ!!うそようそよ!!絶対にうそよ!!あいつがあんたみたいな女に興奮するわけがないわ!!」

食蜂「じゃあ、私が言ってることが全部でたらめだっていうのぉ?」

御坂「そうに決まってるわ!もしもあんたが言うことが事実だったら私はあんたのおちんちん好きなだけ気持ち良くしてやるわよ!!」

食蜂「大きく出たわねぇ?」ニヤッ

御坂「ふんっ!ありえないことなんだからいくらでも言ってやるわよ。もし本当だったらやりたいことやらせてあげるわ!」プイッ

食蜂「ふふっ」



381:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 22:15:36.42 ID:wzJsCkr+0

最高やでぇ...



382:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 22:16:22.45 ID:YGHXVeY90

御坂オワタ



383:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 22:16:40.19 ID:QOFMfT/10

むしろ始まった



385:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 22:20:07.86 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「じゃあせっかくだから本人に聞いてみましょうかぁ、上条さぁ~ん」

御坂「えっ!?」

ガチャッ

上条「よう御坂」

御坂「あ、あんた・・・」

食蜂「さっきからずっと隣の部屋にいたのよぉ」ニコニコ

上条「それにしても相変わらずでかいふたなりおちんちんだな」ニギッ

食蜂「やんっ! 握られちゃうと大きくなっちゃう☆」ムクムク ボキーン!

御坂「な・・な・・・」

上条「こっちの方はどうだ?もう誰かとヤっちまったか?」クチュッ

食蜂「んっ! 女の子たちに舐めてもらってるだけよぉ・・ ここは好きな男の子のためのものだもの・・・」ハァハァ

御坂「ね、ねえあんた・・・ さっきこいつが言ってたのって・・・」

上条「ああ、あれ本当だ。食蜂がかわいくてついおまんこいじっちまった」

御坂「  」



390:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 22:25:02.88 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「それじゃあ御坂さぁん、私のおちんちんをたくさん気持ちよくしてもらうわよぉ?」ギンギン

御坂「ひっ!」ゾクッ

食蜂「まずはおちんちんぺろぺろしてもらってぇ、それからぁ」ジー

御坂「う・・・」ゴクッ

食蜂「御坂さんの処女もらっちゃおうかしらぁ☆」

御坂「ふざけんじゃないわよ!!誰があんたなんかに処女捧げるもんですか!!こんな!!こんなくだらないことで簡単にセックスできると思ったら」上条「おっと」

がしっ

御坂「ちょっとあんた!何私の手つかんでるのよ!」

上条「おいおい御坂、お前この間食蜂に何をしたか忘れたのか?」

御坂「な、何よ・・・別にあんたにどうこう言われる筋合いは無いじゃない・・・」

上条「大勢の人間の前で食蜂に盛大なオナニーさせたのは誰だ?」

御坂「う・・・」



397:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 22:30:23.99 ID:wsY/jqyQ0

上条「その報いは受けるべきだよなあ?」

御坂「い・・や・・・・」

食蜂「ほぉーら、御坂さぁーん、おちんちんよぉー? 御坂さんもたぁくさんいじめたふたなりおちんちんよぉ?」ギンギン

御坂「・・や・・・よ・・・」

食蜂「このおちんちんがぁ、御坂さんのおまんこの中に入りたいってずぅぅ~~~っと言ってるのぉ」ギンギン

御坂「や・・・・や・・・・」

食蜂「だからぁ、わたしとぉ」ギンギン

御坂「・・あ・・ぁ・・・」

食蜂「セックスしましょ☆」ギンギン

御坂「嫌ああああああああああああ!!!!!!」



403:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 22:37:11.28 ID:wsY/jqyQ0

御坂「嫌ああああっ!!嫌っ!!いやだぁっ!!」

上条「暴れるんじゃねえよ!素直に受け入れろ!お前食蜂みたいに大勢の知り合いが見てる目の前で公開オナニーしたいってのか?」

御坂「どっちも嫌よぉっ!!そもそもこいつがふたなりおちんちんなんてぶら下げてるのがいけないんじゃない!私は悪くないわ!」

食蜂「ひどぉーい、傷ついちゃうー☆」ギンギン

御坂「何が傷つくよ!おちんちんいじめられてあんなにアヘってヨガっておちんぽみるくどぴゅどぴゅ射精してたじゃない!」

食蜂「おちんちんはそうよぉ?しこしこされたりオナホールでにゅぽにゅぽされたらおちんぽみるくが出るのは自然なことよ?」ギンギン

食蜂「でも私の心はちがうわぁ、毎日毎日ふたなりおちんちんをおもちゃのように扱われる日々は地獄だったわぁ」ギンギン
上条「そのおかげで食蜂は危ない薬に手を出しちまうところだったんだ」

御坂「あ・・・」

食蜂「そんな時、上条さんが私の前に現れて・・・」

上条「そう、俺が女であることを強烈に再認識させてやったんだ」



408:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 22:42:30.10 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「そのおかげで私は立ち直ることができたわぁ、そして、私はもう迷うことは無いの」ギンギン

御坂「・・・・」ゴクッ



食蜂「御 坂 さ ん の 処 女 私 が い た だ く わ ね」



409:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 22:42:55.82 ID:I32LzpUY0

上条→食蜂→美琴で挿入すれば万事解決



414:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 22:44:10.49 ID:UCkY2dGs0

>>409
おちんちんトレインの完成じゃないですかやったー!



417:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 22:47:17.79 ID:wsY/jqyQ0

御坂「お願いっ!!お願いお願いっ!!謝るから!!謝るから許してええええ!!!」

上条「今更謝ったくらいで何がどうなるっていうんだ?」

御坂「じゃ、じゃあ何か!!何か償うから!!お願いだから処女はやめてええ!!!」

食蜂「うーん、そうなると御坂さんは私と同じようにみんなにおちんちんを苛められてほしいんだけどぉ」

食蜂「御坂さんにはふたなりおちんちんがないから必然的におまんこになっちゃうわねぇ?」

上条「そっかそっか、こいつのおまんこが所かまわずおもちゃにされるのか、そりゃ見ものだろうなぁ?」

御坂「だめよ・・だめよだめよそんなのぉ・・・ そんなのだめぇ・・・」フルフル

上条「だよなぁ、だめだよなぁ、そんなことできるわけないもんなぁ?」

御坂「うん・・できない・できないから・・・だから何か別の・・別のをお願い・・・お願いだからぁ・・・」

上条「だってさ、どうする?食蜂」

食蜂「うん、それ無理☆」ニコッ

御坂「や・・ぁ・・・」



422:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 23:02:31.49 ID:wsY/jqyQ0

しゅるっ ずぷっ!!!!

御坂「いだああああああああああああああああああっ!!!!!!」

食蜂「御坂さんのおまんこきっついわねぇ、私の巨根力が強すぎて全部入らないかもしれないわぁ」

上条「下着脱がせて一気にぶち込むか、もう少し恐怖心煽ったほうがよかったんじゃないか?」

食蜂「だってぇ、我慢できなかったんだモン☆」

御坂「いたいぃ・・・ なんでこんなことになるのよぉ・・・」ポロポロ

上条「ま、自業自得ってやつじゃねえの?諦めるんだな」

御坂「初めては・・ 初めては好きな男の子とぉ・・・」ポロポロ

御坂(よりによって、こいつの目の前でなんて・・・・・)

食蜂「やぁん、御坂さんのおまんこ締め付けすぎぃ、このままじゃ痛いだけのセックスになっちゃいそぉ☆」

御坂「なら・・ もう抜いてよ・・・ もう・・・ 満足でしょ?」ポロポロ

食蜂「あはぁっ! 涙流しながら悔しがる御坂さんかわいいー!」

御坂「うるさいっ! こっちは大真面目なのよ! さっさと私からおちんちん抜きなさいっ!!」ギリッ

食蜂「馬鹿ねー そんな顔されたらもっと深いとこまでおちんちん入れたくなるじゃない」グイッ

御坂「!!!!!!!!」



427:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 23:11:21.68 ID:wsY/jqyQ0

ブチブチミチミチメリメリメリメリッ!!!!!!

御坂「いぎゃああああああ嗚呼ああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」

食蜂「ごっめぇ~ん、私の貫通力で一気に根元まで入っちゃったぁ☆」ニコニコ

御坂「いだいいだいいだいいだいじぬじぬじぬじぬじんぢゃうううううううう!!!!!」

食蜂「だぁいじょうぶよぉ、セックスしたくらいで死ぬ御坂さんじゃないものぉ」ニコニコ

御坂「む゛り゛っ゛!!! む゛り゛っ゛!!! も゛う゛む゛り゛い゛っ゛!!!」

食蜂「うるさいわねぇ、もっと大人の女になれた喜びを全身で感じればいいじゃなぁい。叫ぶだけとか品が無いわよぉ?」

御坂「が・・・あぁ・・・・ あぁ・・・ かはっ・・・・」フルフル

食蜂「ほらほら、ちゃんとおちんちん感じさせてあげるからもっと喜んで、ね?」パンパンパンッ

御坂「んんんんんんっ!!!!!!!!!!!!!!!!!」ビクッ

食蜂「あぁぁ、きっつぅぅい、きっついけど御坂さんのおまんこすごくいいわぁ」パンパンパンパンッ

御坂「おね・・が・・・し・・・ま・・す・・」ポロポロ

食蜂「ん?なぁに?」パンパンパンパンッ

御坂「も・・・やめ・・・・くだ・・さい・・・」ポロポロ

上条(すげぇ・・・ あの御坂が涙でかおぐしゃぐしゃにしながら謝ってるぜ・・)



429:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 23:16:33.90 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「やめてほしいのぉ?」

御坂「は・・い・・・」ポロポロ

食蜂「なんでぇ?」

御坂「い・・だ・・て・・・くるし・・くて・・・」ポロポロ

食蜂「うんうん」

御坂「これ・・・あか・・ちゃ・・・でき・・ちゃう・・・から・・・」ポロポロ

食蜂「そうよねー、セックスっていったら妊娠よねー」

御坂「は・・い・・です・・から・・・・」ポロポロ

御坂「おちん・・ち・・・抜いて・・・くだ・・・さ・・い・・」ポロポロ

食蜂「イ・ヤ・☆」

御坂「そん」食蜂「えいっ」パンパンパンッ

御坂「いあああああああああああああああ!!!!!!」



438:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 23:30:40.59 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「御坂さぁん、私ぃ、ふたなりおちんちんがあるだけのただの女の子なのぉ」パンパンパンパンッ

御坂「知ってるうぅ・・それ知ってるうぅ・・・・」ポロポロ

食蜂「ふたなりおちんちんってすごいの、可愛い女の子見るとすぐにおっきくなっちゃうの」パンパンパンパンッ

御坂「い・・だいぃ・・・・ いだぃよ・・ぉ・・・ たすけ・・て・・・ ママぁ・・・」ポロポロ

食蜂「おっきくなったらしこしこしこしこしておちんぽみるくどぴゅどぴゅしちゃうんだけどぉ、すぐにまたおっきくなっちゃうの」パンパンパンパンッ

御坂「やだよぉ・・・ こんなの・・・・ やだよぉ・・・・」ポロポロ」

食蜂「そんなおちんちんを満足させるためにはどうすればいいと思う?」パンパンパンパンパン

御坂「ふっ・・ぇぇ・・・ ぇ・・・・」ポロポロ

食蜂「簡単よねぇ、おちんちんが もう満足しました って言うまで」パンパンパンパンッ

御坂「ぁっ・・・ぁぁ・・・・ぇぅっ・・・・」ポロポロ

食蜂「しこしことどぴゅどぴゅを繰り返すしかないわよねええええぇぇぇ!!!???」パンパンパナパンパンパンッ

御坂「ふえええええええええええええええんん・・・・」ポロポロ



446:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 23:42:52.57 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「あぁぁ気持ちいいいっ!!ゾクゾク来ちゃうわぁっ!!御坂さんが!あの御坂さんが私のおちんちんおまんこにくわえ込んでかわいい泣き顔見せてくれるのぉっ!」パンパンパンパンッ

御坂「うぐっ・・ひぐっ・・」ポロポロ

食蜂「いいわぁっ!!いいわよ御坂さんっ!!たぁっぷり!溢れるまでおちんぽみるくどぴゅどぴゅしてあげるわぁっ!!」

御坂「ながぁああらめよぉおお」ポロポロ

食蜂「なぁに言ってるのかしらぁ?膣内にどっぴゅんしないとおちんちんが満足しないわよぉ!」

御坂「らめえぇぇ、ちゅっくせいなのにぃぃ」ポロポロ

食蜂「あはぁっ!!そうねぇっ!!だめよねえっ!?でもぉ、そこがイイのよねええええっ!!」パンパンパンパンパンッ

御坂「らめえぇぇ、らめらんらからぁぁぁ」ポロポロ

食蜂「だめなのに!だめなのにやっちゃうわぁ!!御坂さんのおまんこに私の特濃おちんぽみるくをたっぷりどっぴゅんしちゃうのおおおっ!!!」パンパンパンパンッ

御坂「ああぁぁあんん、らめらからやめきゃいけないのよおぉぉ」ポロポロ

食蜂「あああああ最高よ御坂さああああんっ!!御坂さんの極上おまんこに私のおちんぽみるくぅぅぅっ!!」パンパンパンパンパンッ

御坂「やらぁ」

食蜂「射精るっ!!!」

ドプドプドプブピュルビュルトププブピュルルビクビュクビュククッ!!!!!



455:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 23:51:58.36 ID:wsY/jqyQ0

食蜂「気持ちよかったわぁ」ニコニコ

上条「お前、ヤりすぎじゃねーの?俺レイプ目って初めて見たぜww」

食蜂「だってぇ、御坂さんのおまんこが気持ちいいんだモン」キャピ

上条「御坂ー、生きてるかー?」ペチペチ

御坂「・・・・」

上条「流石に反応できねえか、ま、息があるからほっときゃ自分で起き上がるだろ」

食蜂「ねえ上条さん、上条さんは私と御坂さんのセックスをずっと見てたわけだけどぉ」

上条「ん?」

食蜂「その、おちんちん、苦しくない?」

上条「正直、硬くなりすぎてちょっと痛い」

食蜂「じゃ、じゃあ私が気持ちよくしてあげようかしらぁ? なーんて」

上条「頼む!」ガシッ

食蜂「え・・・っと・・・」

御坂「・・・・」ポロポロ



459:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/22(水) 23:56:01.91 ID:wsY/jqyQ0

想いを寄せる人物の目の前で処女を奪われた御坂美琴は薄れ行く意識の中でさらに信じられない光景を目にした

あろうことか意中の相手が自信の処女を奪った女の恥部を互いにまさぐりあい・・・・

御坂美琴の意識はここで途絶えた



467:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/23(木) 00:07:27.41 ID:mteC6LXT0

食蜂「うーん、いい朝ねー」ノビノビ

ギンギン

食蜂「あらあら、私のおちんちんは今日も元気一杯ね」

食蜂「さぁーて、軽くシャワーを浴びてご飯を食べたら今日もたくさんおちんちんを気持ちよくしてあげなくちゃ!」

食蜂「私のおちんちんを待ってるみんなのためにもぉ、い~~っぱいどっぴゅんしてあげなきゃ☆」

食蜂「今日も一日がんばってぇ、それで・・・ あ!」

食蜂「今夜は上条さんがお泊りに来る日じゃなぁい ///////」ギンギン

食蜂「はぁぁ、何か今からドキドキしちゃうわぁ、楽しみねぇ」ニコッ


本来なら有り得ぬ身体を持つ少女、食蜂操祈、幾多の困難を乗り越えて今彼女は幸せへの第一歩を踏み出したところだ

これから先彼女の前に様々な障害が現れることだろう。だがくじけてはいけない。がんばれみさきち!がんばれふたなりおちんちん!

彼女の人生は、まだまだこれからなのだから


おわり



473:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/23(木) 00:10:54.57 ID:mteC6LXT0

限界です。寝ます。打ち切りです。御坂のその後と佐天さんと黒子と初春と上条さんについての質問は一切うけつけません

気が向いたらヤるかもしれませんがもしもヤる時は↓で告知します

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1356664658/l50

そんなわけで皆様お付き合いありがとうございました おやすみなさい



479:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/23(木) 00:26:57.56 ID:gsaxxwJq0


御坂のその後も気になるところ



481:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/23(木) 00:36:09.27 ID:JrqwJ70AO


このスレ見て食蜂さん好きになりました



468:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/23(木) 00:07:54.13 ID:KKN3wha80

乙!



470:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/23(木) 00:09:23.06 ID:9Io82IIG0

トゥルーエンド



469:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/23(木) 00:08:34.32 ID:EijRhw2a0

素晴らしい!乙!



476:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/23(木) 00:12:09.26 ID:Ls21L/nx0


レイプガンの方も楽しみにしてます



477:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/23(木) 00:13:31.48 ID:noeDgtFR0

面白かった!
次回も期待してぱんつ爆ぜて待つ。



関連記事

禁書目録SS   コメント:12   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
34660. 名前 : 名無しさん◆- 投稿日 : 2013/05/25(土) 02:08 ▼このコメントに返信する
>レイプガンの方も楽しみにしてます

なんかワロタ
34663. 名前 : 名無しさん@ニュース2ちゃん◆- 投稿日 : 2013/05/25(土) 03:08 ▼このコメントに返信する
インガオホー、慈悲はない
34665. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2013/05/25(土) 07:08 ▼このコメントに返信する
ふう
34669. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2013/05/25(土) 10:48 ▼このコメントに返信する
みさきちのおちんちんが空になるまでしゃぶりつくしてあげたい
34671. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2013/05/25(土) 11:39 ▼このコメントに返信する
なんか女性が書いてる臭い感じが…。
34673. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2013/05/25(土) 12:33 ▼このコメントに返信する
おい、股間から赤い玉でてきたぞ
34678. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2013/05/25(土) 19:23 ▼このコメントに返信する
美琴とみさきちは泣かすと輝きますね(ゲス顔
34691. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2013/05/26(日) 00:23 ▼このコメントに返信する
どすとライクすぎてやばい 美琴ペロペロ
34731. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2013/05/27(月) 14:33 ▼このコメントに返信する
興奮した
35112. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2013/06/09(日) 02:51 ▼このコメントに返信する
34671 ちょっとわかるw
しかもカウパーの件からして処女な気がする
47534. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2016/10/17(月) 23:20 ▼このコメントに返信する
言ってやるなよ、エロ本で得た知識と現実とのギャップがあってもしかたない
48508. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2018/04/22(日) 11:15 ▼このコメントに返信する
創作物、それもふたなりなんて架空も架空の物語に現実とか知識とか言っちゃう?
チョッと香ばしいんですけれど
コメントの投稿