幸子「腹パンばかりされるのでトレーナーさんにお腹を鍛えてもらう」

2015-03-27 (金) 12:01  アイドルマスターSS   2コメント  
2: 地の文あり 2015/03/12(木) 21:25:09.26 ID:ijydziAQ0

―――事務所―――

P「おはよう幸子!」ボゴォ

幸子「ああ、おはようございますプロデュぐはっ!?」

P「いやぁ幸子は今日も腹パンしちまうくらい可愛いな!」

幸子「そ……そう、でしょう……ボクはカワイイですからね……!」

P「ほんとカワイイなぁ!」ボゴォ

幸子「ぐふっ」

P「ああ、ごめんな。あまりのカワイさについ手がでちまった!」

幸子「べ……別に……構いません……よ」





3: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:25:48.33 ID:ijydziAQ0

P「よーし。そんじゃ今日も元気に仕事に行こうかぁ!」

幸子「そう……ですね……うぷっ」

―――女子寮―――

幸子「おかしい」

小梅「ど、どうしたの……?」

幸子「おかしいんです。いやボクがカワイイ事はおかしくはないんですが」

輝子「フヒッ……ま、また……腹パンされるぞ……?」

幸子「まぁ、ボクがカワイイので仕方ありませんね!」

輝子「これは……ダメだな……」




4: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:28:07.91 ID:ijydziAQ0

小梅「そ、そういえば……よく腹パンされてる……ね?」

幸子「そうなんですよ!あの人、事あるごとにボクに腹パンしてくるんです!」

幸子「女子の!しかもお腹に!パンチ!」

幸子「頭おかしいんじゃないですか?!」

輝子「今更、過ぎるな……」

小梅「てっきり幸子ちゃんも……受容してるのかと……」

幸子「してないですよ!痛いし嫌ですよ!……まぁボクがカワイイから仕方なく我慢してあげてるだけです」

輝子「筋金入り……だな」

小梅「嫌なら……はっきり言ったら……?」




5: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:30:26.92 ID:ijydziAQ0

幸子「そうしましたよ。もう何回も何回も!でも次の日には何事もなかったかのように腹パンしてくるんです!!」

輝子「フヒ……モバPは記憶が保たない……」

幸子「なのでですね、ボクは対抗策を思いつきました」

小梅「ど、どんな……?」

幸子「じゃーん!」バッ

輝子「……鉄板だな」

幸子「そうです鉄板です。これでプロデューサーさんも懲りるでしょう」

小梅「いつものお返し……だね」

幸子「フフーン!明日を楽しみにしていてくださいね!」




6: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:32:04.48 ID:ijydziAQ0

―――翌日―――

幸子「おはようございますプロデューサーさん!」

P「おお幸子!今日もカワイイなぁ!」

幸子「でしょうでしょう」

P「思わず腹パンしたくなっちまうぜ」

幸子「(来たっ!?)」ドグンッ




7: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:33:38.90 ID:ijydziAQ0

Pの拳が正確に幸子の腹を捉える。

瞬間、幸子に衝撃走る!

鉄板に触れる直前、Pの拳は超振動を始める!!

超振動したPの拳の威力は、腹への一点より分散され、

鉄板から全身へ、そして全身から腹へと駆け巡る!!

幸子がそれに気付いた時―――それはもう、終わっていた。




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 21:34:26.27 ID:SFgFvaOzo

無空波wwwwww



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 21:35:47.77 ID:PWF0Wh7o0

頭おかC



10: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:36:27.07 ID:ijydziAQ0

幸子「ぐふっ!?」ドサッ

P「……」

幸子「な、何故……どうして……!ボクは鉄板を入れていたはずなのに、どうして拳の衝撃がダイレクトにお腹に……!?」

P「幸子、まだまだ甘いな」

幸子「くそ……ボクは、ボクはっ!!」

P「諦めろ。そして現場まで安らかに眠れ」ボゴォ

幸子「富士の樹海は嫌ですうううううう!!」




11: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:37:17.98 ID:ijydziAQ0

―――女子寮―――

幸子「おかしい」

輝子「ど、どうした……フヒッ」

幸子「鉄板をお腹に入れていたはずなのに、腹パンされました」

小梅「お、恐ろしい物の片鱗を味わったね……」

幸子「というかなんですか途中の超振動云々かんぬんは。頭おかしいんじゃないですか」

小梅「ちょ、ちょっといい……?」

幸子「何ですか?」




13: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:38:53.93 ID:ijydziAQ0

小梅「さっき振動って言ってたから……これはどうかな……?」

幸子「……なるほど。鉄板にゴムを巻きつける、ですか」

小梅「うん……」

幸子「凄いですよ小梅さん!これなら何だか行けそうな気がしてきました!」

輝子「フラグ……フヒヒ」

幸子「不安になるような事を言わないでください。ともかく、振動の問題はこれで解決ですね」

小梅「明日が楽しみだね……!」




14: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:41:12.93 ID:ijydziAQ0

―――翌日―――

幸子「おはようございm」

P「おはよう!今日も幸子はカワイイなぁ!」ボゴォ

幸子「ぐふっ……?!」

幸子「(な、何故……振動は完全に遮断したはず……!!)」

P「……甘いな。幸子」

幸子「また……ですか。次は何をっ……」

P「自分の腹を見てみろ」

幸子「自分の腹……?」





15: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:41:50.28 ID:ijydziAQ0

幸子はゆっくりと自分の腹をまさぐる。

そこには、本来あるべきはずの物がなかった。

そう、友人との結束の証。

ゴムを巻いた、鉄板が。




16: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:42:53.66 ID:ijydziAQ0

幸子「……っ!?」バッ

P「お前の探し物は、これか」ガシャン

幸子「なん……だと」

P「いつから鉄板をお腹に入れたと錯覚していた?」

幸子「(朝起きる前はつけていませんでした!ですが事務所に来る前に何度も何度も確認したはず……!)」

P「最初から、ゴムを巻いた鉄板など、なかったに過ぎない」

幸子「そんな馬鹿な……ボクは確かに!」

P「さて、どのタイミングでなくなったんだろうな」

幸子「……っ、殺してやる……!」ギリッ

P「あまり強い言葉を使うなよ」

幸子「うわああああああ!!」ダッ

P「弱く見えるぞ」ボゴォ




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 21:44:41.25 ID:CwhprBZ80

アイドルってなんだっけ?



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 21:48:30.90 ID:tLlIVqEy0

>>17
豪を求め、剛を高め、業に走り…そして身を滅ぼす!そんな愚か者どもの事さ




18: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:45:12.38 ID:ijydziAQ0

―――女子寮―――

幸子「おかしい」ガシャ

輝子「結局鉄板は返してもらったんだな……フヒ」

幸子「なんですか錯覚していたって。鏡花水月ですか。頭おかしいんじゃないんですか」

小梅「最後の斬月を……身に着けなきゃ……」

幸子「小梅さんまで何言ってるんですか」

輝子「こうなったら……最終手段……だな」

幸子「最終手段、ですか」




19: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:47:22.80 ID:ijydziAQ0

輝子「そう……ゴートゥーヘェェェェル!地獄の腹パン合宿だぜヒャッハアアアアア!!」

幸子「落ち着いてください」

輝子「あっ、うん……」

幸子「で、何ですかその明らかにアレな合宿は」

輝子「トレーナーさんに頼んで……幸子の腹を鍛えてもらう……フヒ」

幸子「トレーナーさんに……なるほど。そもそものお腹の防御力を上げてしまうわけですね」

輝子「そういう事だ……」

幸子「採用しましょう!ちょっとトレーナーさんに電話してきます!」

小梅「……大丈夫、かな」

輝子「幸子なら……大丈夫さ」

幸子「やりました!運よくマストレさんのスケジュールが空いていたみたいで、二つ返事でOKしてくださいました!!」

輝子&小梅『(アカン)』




21: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:48:42.43 ID:ijydziAQ0

―――翌日―――

マストレ「いいな幸子。まずは自分の限界を知れ」

幸子「限界、ですか」

マストレ「ああ。自分の限界を知り、それをほんの少しずつ伸ばしていくだけでいい。そうすればお前はきっとPの腹パンを耐える事ができるだろう」

幸子「わかりました。でも限界ってどうやttぐふっ!」ドサッ

マストレ「立て、幸子」

幸子「ど、どうして……話の途中にいきなり……」

マストレ「いついかなる時でも腹に反射的に力を入れられるようにしろ。あいつは不意打ちが得意だからな」




23: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:50:54.35 ID:ijydziAQ0

幸子「だからって、こんな」

マストレ「Pはお前を待ってはくれないぞ」

幸子「……わかり、ました」ヨロ

マストレ「ふむ。1発は耐えるか」

幸子「当たり前です……ボクはあの人の腹パンを、1日5発は食らっているんですから……!」

マストレ「根性はあるようだな。しかし、身を壊しては何も始まらない。休憩時間としよう」

幸子「ま、マストレsぐはっ!?」ゴロゴロ

マストレ「……ふむ。先ほどよりは腹に力が入っているな」




24: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:52:39.54 ID:ijydziAQ0

幸子「……さっき……言われた……ばかりですから……」ググ

マストレ「……だが、まだ全力ではないようだ」

幸子「……」

マストレ「幸子。あとお前は私の腹パンを何回受けられる」

幸子「あと……二回……ですかね……」

マストレ「ではあと二回+腹にデコピンを行う。耐えろよ」

幸子「プルス……ウルトラ……!」

マストラ「ではまず一発目だ」

幸子「お願いしま―――」

幸子「っ!?」ゾクッ




25: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:53:55.23 ID:ijydziAQ0

幸子は恐怖した。

そして同時に悟る。

彼女は未だ、本気を見せてなどいなかったという事を。

マストレの右腕。

形作られた拳は、かのPをも遥かに凌ぐ覇気を纏っていた。

それは修羅。

あるいは、かつて鬼と呼ばれた化物。

「(これを……二回……?!)」




26: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:56:18.95 ID:ijydziAQ0

幸子は自分は何故あのような無謀な事を口走ったのかと後悔した。

だが―――彼女はまだ、諦めてはいなかった。

彼女の脳は生き残るための可能性を高速で模索し始める。

真っ直ぐに受け止める。即ち死。

手で勢いを削ぐ。即ち死。

死死死死死死死死死死死―――




27: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:57:37.37 ID:ijydziAQ0

可能性の中で、何人もの幸子が殺されていく。

「(このままではボクは……!)」

だが彼女の思考時間はあまりにも早く、終わりを告げた。

マストレの右腕はその獰猛な牙を幸子の腹へ的確に突き立てる。

瞬間―――彼女の脳内に、先日の一件が駆け巡った。




28: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 21:59:10.32 ID:ijydziAQ0

マストレ「……お前」

幸子「……げほっ……まずは……一発目……ですね」ニヤッ

マストレ「……なるほど、振動か」

幸子「はい……」


マストレの右腕が幸子の腹部を捉えた刹那。

彼女は腹を超振動させたのだ。

振動によりマストレの打撃の威力は分散され、その大半は地面へ受け流された。

つまり、幸子はほぼノーダメージで、あの一撃をいなしたのだ。


マストレ「……これは思ったよりも、期待できそうだな」

幸子「よろしくお願いしますね……マストレさん」




30: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 22:01:39.08 ID:ijydziAQ0

――― 一週間後 事務所 ―――

幸子「おはようございますプロデューサーさん」

P「おう、おはよう幸子。なんだか久しぶりだな」

幸子「そうですね。カワイイボクがいなくて、プロデューサーさんは寂しかったでしょう」

P「おお寂しかったぞー!カワイイ幸子がいなくてなァー!!」ボゴォ





31: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 22:03:37.30 ID:ijydziAQ0

Pは勝利を確信した。

この一週間、幸子がどこで何をしていたのかなどは知らない。

だが今日のために、Pは一週間分の力を右腕へと凝縮されていたのだ。

つまり、一撃必殺。

全ては幸子への腹パンのために。

山を砕き、海を割る一撃が幸子の腹部へと吸い込まれた―――

かのように、見えた。

「何……?」

確かに感触はあった。

当然だ。命中はしていたのだから。

だが予想に反して……ダメージを受け、ひしゃげていたのはPの腕の方だった。





32: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 22:05:48.94 ID:ijydziAQ0

幸子「……」

P「貴様っ……何故……!!」

幸子「簡単な事です」

幸子「貴方の拳は、ボクの腹よりも弱かった」

幸子「ただ、それだけです」

P「(超振動に反射……それに一体いくつもの技を同時に重ねて……!!)」

幸子「これで……終わりですね」

P「まだだ……まだ俺は終わってなんか……」

幸子「今度はボクの番です」ググッ

P「―――な、何故お前がその構えを!?」

幸子「ジャン……ケン……」




35: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 22:07:50.47 ID:ijydziAQ0

元来、幸子の拳は弱く脆いものであった。

だが、それはマストレも一緒である。

しかし何故あそこまでマストレの拳と幸子の拳に相違があったのかと言えば答えは一つ、纏う覇気の強さだ。

マストレは数年修行する事で、覇気を手に入れた。

しかし幸子はそれを、最初から、持っていた。

考えてみれば当たり前の事だ。




36: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 22:09:03.44 ID:ijydziAQ0

常人が一日に何度も腹パンをされて、しかし夜にはケロリと友達と話している。

普通ではありえない現象を、幸子は起こしていたのだから。

そう、幸子は最初の最初から―――腹に、無意識のうちに覇気を纏わせていた。

防御反応からかもしれない。しかし、彼女はそのお陰で一週間で己の拳に覇気を纏わせた。

幸子の拳は今や、世界レベルを、超越する。


幸子「もう二度と腹パンを受けれなくなってもいい覚悟……」ゴゴゴゴゴ

P「おい、やめ」

幸子「グー!!」ボッ

P「ぐあああああああああっ!!」ドゴォン




37: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 22:10:02.00 ID:ijydziAQ0

―――女子寮―――

幸子「……」パタン

比奈「どうッスか幸子さん」

幸子「……深夜テンションで、少しおかしかったのは分かりましたけど」フゥー


幸子「そりゃシンステ落ちますよ」


おわり




38: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/12(木) 22:10:50.21 ID:ijydziAQ0

なんだこれ。

ありがとうございました。




44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/13(金) 04:22:31.12 ID:JEyRtpQWO

シンステ落ちたのか…乙



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/13(金) 02:06:52.38 ID:CrnerNRAO


なんか好きだ




関連記事

アイドルマスターSS   コメント:2   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
45372. 名前 : 名無し@SS好き◆- 投稿日 : 2015/03/27(金) 12:21 ▼このコメントに返信する
なにこれかっこいい。
45373. 名前 : 774@本舗◆- 投稿日 : 2015/03/27(金) 13:27 ▼このコメントに返信する
シンステって何?
コメントの投稿