イリヤ「アーチャー、水族館に付き合って」

2015-08-02 (日) 15:01  Fate SS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/30(火) 13:01:39.61 ID:/+o2ImLgO

凛「アーチャーならいないわよ?」

イリヤ「えぇー…」

凛「ま、お茶くらい出すわよ。上がったら?」




イリヤ「心当たりとかないの?あ、このお茶美味しい」ズズッ

凛「でしょ。うーん、なんか昼前くらいに「体は出汁でできている!」とか言いながらどっか言ったわよ」

イリヤ「出汁?」

凛「誰かに料理でも教えに行ったんじゃないの?あいつ料理美味いし」

イリヤ「料理…、誰かに…」

イリヤ「あっ!」

凛「なんか解った?」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/30(火) 13:11:22.49 ID:/+o2ImLgO

イリヤ「うん!こないだキャスターにおでんの作り方教えるとか言ってたから柳洞寺かも。そうと解れば……!」

ピィイイイイイ!

凛「イリヤ?指笛なんか吹いて何を…」

ドガシャアアアアア!

凛「天井に穴!?」

バーサーカー「■■■■■■■■■ーーーー!!」

凛「バ、バーサーカー!?あぁていうか家がめちゃくちゃにぃ!!」

イリヤ「令呪をもって命ずる!とらんすふぉーむ!!」

バーサーカー「■■■■■■■■■ーーーー!!」ガシャンガシャン

凛「こ、これは…!」

イリヤ「ふっふっふ、バーサーcar!!」ドーン

イリヤ「行くわよバーサーcar!しゅっぱぁあーつ!」

ゴシャア!ドドドドドドドド

凛「………」

凛「そ、外出てからやりなさいよーーー!!」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/30(火) 13:12:54.27 ID:GHLYoX+yo

何だこれ…



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/30(火) 13:16:28.53 ID:/+o2ImLgO





キャスター「ど、どうかしら?」

アーチャー「ふむ…」

アーチャー「まぁ私には遠く及ばないが、コレなら葛木も満足するだろう」

キャスター「ホッ…、やっと合格。長かったわ」

アーチャー「そうでもないさ、桜に教えてもらっているのだろう?ある程度まで行っているから、つい高いことを要求してしまった」

キャスター「そういって貰えると助か…」

ドドドドドドドド

キャスター「アーチャー?何か聞こえないかしら?」

アーチャー「あぁ、これは…、サーヴァントか?」

イリヤ「はいどーん!」ドガシャアアアア

アーチャー「イリヤ!?」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/30(火) 13:21:29.14 ID:/+o2ImLgO

アーチャー「なんだソレは!バーサーカーか!?」

イリヤ「ちっちっち、違うわバーサーcarよ!」

アーチャー「そ、そうか?それで何の用かね。用があるのは私か?キャスターか?」

イリヤ「アーチャーだけど。キャスターもいるなら一緒にどうかなって。あれ、キャスターは?」

アーチャー「君が壊した物を修復に行ったぞ」

アーチャー「それで、一緒にとは?何処かに行くのか?」

イリヤ「うん、これ」ピッ

アーチャー「なんだこれは…」

アーチャー「AUO水族館?」





7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/30(火) 13:30:40.06 ID:/+o2ImLgO

イリヤ「最近この辺にできた超大型水族館だって。噂によれば全ての魚の原典がいるらしいわ!」

アーチャー「ほぉ、それは興味あるな」

イリヤ「え、そなの?」

アーチャー「そうなのって、誘ったのは君だろう…」

イリヤ「いや、アーチャーってあんまこういうの興味無さそうだから」

アーチャー「興味が無さそうな者を誘ったのか君は…」

イリヤ「だって私がアーチャーと遊びたかっただけだもの。アーチャーが興味があるかは二の次よ!」

イリヤ「まぁ興味があったのは意外だったけど」

アーチャー「この世の魚全ての原典が見られるのだろう?普通に人として興味はわくさ」

イリヤ「よし、それじゃ出発ね!キャスターも誘ってくるから、着替えといてねー」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/30(火) 13:32:22.32 ID:/+o2ImLgO

少し抜けます。後、これの続編です
http://horahorazoon.blog134.fc2.com/blog-entry-7325.html




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/30(火) 14:49:56.78 ID:xe7KLmtBO

アーチャーとイリヤのコンビはなんとなく哀愁を誘うんだが、このノリが完全に祭だからな……



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/30(火) 18:43:21.08 ID:HohKGd+A0

アーチャーとイリヤのコンビは見てて微笑ましい



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/24(金) 16:19:52.71 ID:MG60YfAxO

ーー

ーーーー

キャスター「お待たせー」

アーチャー「では行こうか」

イリヤ「…アーチャーその格好気に入ってるの?」

アーチャー「?変かね」

イリヤ「いや、変どころかとてつもなく似合ってるんだけど……」

アーチャー「だけど?」

イリヤ(ヤクザにしか見えないのよね…)

イリヤ「ま、まぁいいわ。行きましょ」




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/24(金) 16:23:59.27 ID:MG60YfAxO

ーー

ーーーー

イリヤ「で、でかっ!!」

アーチャー「確かにこれは規格外のデカさだな」

キャスター「無駄に装飾も凝ってるわね。しかも金ぴか」

イリヤ「…アーチャー私今気づいたんだけど」

アーチャー「奇遇だなイリヤ私もだ」

イリヤ「水族館の名前といい…」

アーチャー「この無駄に豪華な装飾…」

キャスター「一人の男の顔が浮かぶわね…」




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/24(金) 16:30:47.79 ID:MG60YfAxO

ギル「む?なんだ貴様等来ていたのか」

イリヤ「やっぱりかーーーっ!」

アーチャー「一応聞いておこう英雄王。何故貴様がここにいる?」

ギル「我がこの水族館を建てたからに決まっているだろう」

キャスター(どんだけ現世に順応してるのよ…)

ギル「いや蔵の中身整理してたら多量の魚が出てきてな、処分するのも面倒だったのでコレを建てることにした」

イリヤ「思いつきでやることじゃないわね…」

ギル「たわけ我は王だぞ、貴様等雑種と同じにするな。それより入らんのか?」

イリヤ「入るわよ!お金はいくらっ?」

ギル「金など取っておらぬわ。我の元には何もしなくても金が入ってくる。わざわざ貧困の雑種共から取る必要性がない」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/24(金) 16:39:02.42 ID:MG60YfAxO

ーー

ーーーー

イリヤ「わぁ……」

アーチャー「ふむ、流石だな」

キャスター「大きな魚が多いわね」

ギル「古代の魚しかおらぬからな。今と違い凶暴なモノも多いぞ」

イリヤ「ねぇ金ぴか。水族館って客向けにイルカえさやりとかやってるでしょ?ここではそういうのやってないの?」

ギル「ショーとかならば普通にあるが、客が参加するものとなると命の危険がある故にあまり一般公開はしておらんな」

イリヤ「なにそれ見てみたい!ねぇねぇアーチャーやって!」

アーチャー「話を聞いていたかイリヤ?私に死ねと?」





22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/24(金) 16:43:48.20 ID:MG60YfAxO

ーー

ーーーー

ギル「客が参加するものとなるとこれだな。世界一凶暴だったと言われている魚の背中に乗ってみる」

イリヤ「なんで危険なの?食べられちゃうの?」

ギル「いやこの魚は人を食べることはないがスピードがかなり速くてな、操り方を謝ると壁に激突して死ぬ」

イリヤ「よしアーチャーなら行けるわ!GO!」

アーチャー「その無駄な信頼はなんだね。というかどうやら先客がいるようだぞ」

キャスター「ホントね、アレは……」

ランサー「ん?お前らも来てたのか?」




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/24(金) 16:50:15.86 ID:MG60YfAxO

イリヤ「ランサー!?」

ランサー「おう丁度いい。お前ら見とけよ俺の華麗なる魚さばき」

アーチャー「ランサー辞めておけ、結果など目に見えている」

キャスター「そうよ死にたくないでしょ?」

ランサー「誰が死ぬか!ケルトの大英雄と呼ばれてた俺だぞ?こんな魚ぐらいちょちょいで乗りこなしてみせらぁ」

アーチャー「そうか、それほどの覚悟があるのなら止めはしない」

イリヤ(ご愁傷様…)

キャスター(さよなランサー…)

ランサー「その前に英雄王、こいつがいくら大型とはいえ成人男性を乗せて泳ぐことなんてできんのか?」

ギル「問題ない、古代の魚をなめるな」




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/24(金) 16:56:20.82 ID:MG60YfAxO

ランサー「そうか。あらよっと」ヒョイ

ランサー「さぁて行け!!おれに見せてみろ古代の力!!」

古代魚「■■■■■■■ーーーー!」ドヒュウ

ランサー「うぉおおおおおおおおお!やっべぇえーーーー!」

アーチャー(あのまま真っ直ぐ行けば壁に正面衝突するな)

イリヤ(ランサーが死ぬわね)

ランサー「お、壁にあたるか。よっと」グイ

古代魚「■■■■■■■ーーーー!」ドヒュウ

ランサー「うわははははは!気持ちーぜ!」バシャバシャ

アーチャー「ランサーが死んでない、だと…?」

イリヤ「死ねよ!!」

ランサー「なんでだよ!!」





25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/24(金) 17:02:00.96 ID:MG60YfAxO

ーー

ーーーー

イリヤ「全くランサーの奴空気を読めないんだから」

アーチャー「違いない」

アーチャー(とはいえ死ぬことが空気を読むとはあいつも相当苦労しているな…)

イリヤ「アーチャーどうするー?キャスターも「宗一郎様がもうすぐ帰ってくるの」とか言って帰っちゃったし私たちも帰る?」

アーチャー「いや私はもう少し見たいな。ダメか?」

イリヤ「うぅん!アーチャーがそう言うのに帰るわけないじゃない!」

アーチャー「ありがとうイリヤ」




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 11:47:57.60 ID:u8j36lH0O

アーチャー「…やはり凄いな。本当にどれもこれも古代の魚ばかりだ」

イリヤ「あの金ぴかが自信満々で開くくらいだもん。そのくらいじゃなきゃ期待倒れよ」

アーチャー「まぁな」

イリヤ「でもさ、この魚達って折角外には出れたけど本当に自由じゃないんだよね…」

アーチャー「イリヤ?」

イリヤ「私とおんなじだよね。今折角自由に暮らせてるけど、もう長くはない…」

アーチャー「……」

イリヤ「もっとアーチャー達と遊んでたかったなぁ…」

アーチャー「…イリヤ約束しよう」

イリヤ「え……?」




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 11:52:59.28 ID:u8j36lH0O

アーチャー「私は必ずイリヤが長く生きられる方法を見つけてみせる」

イリヤ「ほんと…?」

アーチャー「あぁ必ずだ」

イリヤ「ほんとに、私はまだ皆と遊べるの?」

アーチャー「本当だとも。だから今はそんな顔をするな」

イリヤ「……うん」ニコ

アーチャー「よしいい子だ。また肩車をしてやろう、おいでイリヤ」

イリヤ「うん」トテトテ

アーチャー「よっと。さぁ今日は遊び倒すぞ!」

イリヤ「うんっ!アーチャー号はっしーーん!」

ーーーfinーーー




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 11:53:57.35 ID:u8j36lH0O

続きがあるかは未定



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 14:32:09.34 ID:IC+a9tp7O

癒される、おつ



B00W6HGXUGFate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box Ⅱ【完全生産限定版】

アニプレックス 奈須きのこ,TYPE-MOON,深澤秀行,ufotable 2015-10-07

Amazonで詳しく見る

4041021235 4063695344 B01266K5R8
関連記事

Fate SS   コメント:0   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
コメントの投稿