曙「最悪だわ…」朧「え?何が?」

2015-10-07 (水) 18:01  艦これSS   0コメント  
1: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 12:25:23.47 ID:qF2ennUS0


曙「何がじゃないわよ、あんた達何で止めなかったのよ」


潮「だって…提督がせっかく作ってくれるって言うから…その…」


漣「え?ご主人さまの料理ってメシマズなの?」


曙「いや、知らないわよ…。でもあのクソ提督よ?一体何が出てくるかわかったもんじゃないわ…」


朧「曙忘れちゃったの?だって──」


潮「朧ちゃん…!」シーッ


朧「あ、ああそっか…」


曙「…? なによ」


潮「ううん、何でもないよ」


漣「逆の意味でwktkしちゃいますね!」


曙「…ふん。あのクソ提督が料理出来るとは思えないもの…ダシにカエルとか使ってそうだし…」


朧「流石にそれはないんじゃないかな…多分」


漣「おぇ~それは食べたく無いですね~」


潮「で、でもでも…良い匂いがしないかな?」


曙「匂いに騙されちゃダメよ潮。きっとあのクソ提督はゲテモノを炭火で焼けば良い匂いを出すとか知ってるのよ」





3: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 12:43:14.20 ID:qF2ennUS0

潮「えぇ…」


朧「流石にそこまで酷くはならないんじゃないかな…」


漣「ご主人さまが料理してる所見た事ないのー?」


潮・朧「ない…よねぇ」


曙「料理と提督って…何かもう似合わない…っていうか有り得ないって感じでしょ」


漣「ふ~ん…そうだ。そんなに心配なら曙ちゃん手伝いに行ってみれば?」


曙「うぇ!?…なんであたしが!絶対嫌よ!」


漣「だって提督の料理が怖いんでしょう?」


曙「まぁ…ね」


潮「実際私達の分と提督の分作るとなったら…結構大変そうじゃないかな…」


朧「そうだね、曙だけとは言わず皆で手伝いに行こっか」


漣「漣料理なんてやったことないけど、平気かなー?」


曙「あんた等本気…?」


朧「怖い物見たさ、かな」


潮「提督の力になれれば…」


漣「味見なら任せてー!」


曙「そう…まぁ…その、皆がそこまで言うなら…あたしも手伝ってあげないでもないわね…」


漣「ツンデレktkr!」


曙「誰がツンデレよ!変な事言わないで!」


朧「ほらほら、そこまでにして。じゃあ行ってみよ」


──




5: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 12:55:14.63 ID:qF2ennUS0

─カチャン

─ソーッ


「わ…───」


潮「凄い…」


朧「あれ…全部提督が作ったのかな…」


漣「めっちゃ美味そう」


曙「み…見た目だけよ…見た目だけ…」


提督「────♪」


朧「あ、提督が軍服着てない…初めて見たかも…」


漣「桃色のエプロン何か着けちゃって、ご主人さまの趣味ですかねぇ?」


潮「あそこで煮込んでるのは…何だろ…シチューかな?」


曙「っぽいわね。フライパン横の肉も…下ごしらえがしっかりされてるみたいね…」


曙「くっ…ゲテモノ料理作ってるより眩暈が出てくる光景だわ…」


提督「──ん?…なんだお前ら、どうした?」




6: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 13:07:40.67 ID:qF2ennUS0

潮「あ、ごめんなさい…ちょっと気になっちゃって…」


朧「曙が提督の料理が怖いって言うから…どんなもんかと、ね」


曙「ちょ!言うんじゃないわよ!」


漣「ご主人さま~!味見させて下さいよ~!」


提督「まぁ待て…焼き加減はどれくらいが良い?」ジュー(肉落とす)


漣「レア~!」


潮「美味しそう…」


朧「提督料理出来るじゃん」チラ


曙「…ふん。大事なのは味よ!味!」


潮「提督は…料理が好きなんですか?」


提督「好きというか…独り身だったからな。家事はそれなり、だな」


曙「はんっ!まぁクソ提督じゃあ貰い手居る訳ないしね!」


提督「ぐぅ…傷ついた…漣癒して」


漣「ウケる」


提督「ダメだった」


朧「ところで随分と美味しそうに見えるんだけど、味はどうなのかな?」


提督「ああ、ちょっと飲んでみるか?そろそろ煮える頃なんだ」




7: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 13:20:38.69 ID:qF2ennUS0

曙「ふん…見た目は…悔しいけど本当に美味しそうね…」


提督「味も悪くないと思うんだがな」


─ズズ


潮「あ…美味しい…」


朧「おー…すっごい美味しいんだけど…」


漣「ウマー!」


曙「………おいしい…」


提督「おぉ、そりゃ良かった」


曙「本当に美味しいとは思わなかったわ…。どういう味付けしたのよ…」


提督「ん?そうだな。実はカエルのだし汁が入っててな」


ブーーーッ


提督「………というのは冗談だ」


一同「…………………」


提督「…………………」


曙「…………こ…」プルプル


曙「このクソ提督ーーーーっっ!!!一発殴られなさいよ!!」クワッ




8: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 13:30:49.32 ID:qF2ennUS0

潮「あ、曙ちゃん…!暴れないで~!」


朧「ビックリした…」


漣「ほらほら落ち着いて、冗談だったんだから」


提督「すまんすまん、落ち着いてくれ曙。これやるから」ヒョイ


曙「─ングッ!?」


提督「どうだ?美味かろう…良い肉使ったんだ」


曙「………」モグモグ


曙「おいしい…」


提督「だろう。もう出来上がるからな、上がってるの皆で運んじゃってくれないか」


漣「ご主人さま手慣れてますね~扱いが」


提督「結構長い付き合いだからな、慣れるさ」


潮「じゃあ…運ぼっか」


朧「は~い」


──




9: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 13:45:47.30 ID:qF2ennUS0


漣「わ~!これウマー!」


朧「ほんとに美味しい。これはどういう味付けを?」


提督「適当にそこら辺ので」


曙「大雑把ね」


提督「男なんてそんなもんよ」


漣「シチューもウマー!」


潮「漣ちゃん…口についてるよ」フキフキ


漣「んんっ…ありがとぅ~」


提督「仲が良いな、普段からこうなのか?」


朧「そういえばご飯て皆であんまり食べた事無かったよね」


潮「そうだね…漣ちゃんがまだ来てないからってのもあったけど…」


漣「漣…ですか?」


曙「そうよ、あんたが来たら皆で食事をしようって決めてたの」


漣「なんと。それはそれはありがとうございます」ペコ


漣「でも1回前に皆で食べたような…」


朧「そうだね、でも今日のは曙の為だよ」


曙「え?」


提督「おいおい、忘れちまったのか」




10: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 13:57:07.67 ID:qF2ennUS0


曙「な、何よ」


提督「お前がここに着任して、今日で1年目だぞ」


曙「え…そうだっけ?」


提督「てっきり知ってると思ってたんだがな。着任した時にも1年目はお祝いするぞーって言ってあったけど」


曙「クソ提督の言葉なんて聞き流してたわ」


提督「ひ、酷過ぎる…」


提督「まぁ…そういう訳で…せっかくのお祝いだからな、俺が料理を作ったんだ」


曙「ふーん…」


曙「皆にもやってあげてるの?」


提督「そうだな、曙より古い艦には皆にやってるぞ」


曙「てことはこれから皆にも…」


潮「た、楽しみです…」


朧「豪華にしてくださいね」


漣「漣は来年になっちゃいますかー!ながーい!」


曙「あんた等は知ってたの?今日の事」


朧「まぁアワシ等は聞き流して無かったからね」


潮「曙ちゃん忘れてそうだったから、教えないでサプライズにしようかな…ってなったの」


提督「そうだったのか」


曙「そうだったのね」





11: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 14:12:38.08 ID:qF2ennUS0


曙「ありがとう…」ボソッ


提督「え?なんだって?」


曙「…」


提督「ごめん!聞き取れなかった!もっかいお願い!」


曙「うっさい!クソ提督!」


提督「ヒエッ…」


朧「今日ぐらい素直になればいいのに」


曙「これがあたしの素よ!」


漣「はやくデレないと提督に愛想尽かされちゃうよ」ワロス


曙「そんなもんない!」


潮「でも曙ちゃんって…」


曙「…何よ?」


潮「ご、ごめんね!見ちゃったんだけど…その…書いてるよね…小説…」


曙「!?!?」カァァ


漣「何ソレkwsk!!」


朧「潮も見ちゃったんだ」


曙「!? 「も」って…!?」


朧「ごめんね、アタシも見ちゃったんだ」


曙「な、なななな、何の…こ、ここ…事かしら…?」


提督「震えが凄いぞ曙」


曙「クソ提督は黙ってて!」


提督「ヒエッ」




12: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 14:28:40.27 ID:qF2ennUS0


漣「どんな内容?」


潮「たしか…恋愛小説…みたいだっけど…」


朧「ちょっとえっちな描写もあったよね」


潮「うん…」


曙「へ、へぇ~~ェェ…」


朧「曙っぽい容姿の女の子が主人公でね、恋する相手が提督っぽい容姿なんだよね」


潮「そうだね…」


曙「………」


漣「曙ちゃん、そこんとこどうなの」


曙「わ、わわ…私のって…決まったわけじゃないし…?」


朧「え?だってここに名前書いてあるよ?」ヒョイ


曙「何であんたが持ってるのよ!?!?」


朧「いや、ネタになりそうだったから…つい」


漣「グッジョブ!」


提督「曙…お前…」


曙「か、勘違いしないでよね!!別にクソ提督の事なんか何とも思ってないからぁぁ!!」ダダダ


漣「あ、逃げた」


朧「…で、提督はどうする?」


提督「どうしたもないさ…むしろ良かった」


曙「本当に何とも思ってないから!!!」ヒョィ


漣「必死ダナ」ワロス




14: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 14:57:04.04 ID:qF2ennUS0


提督「朧…ちょっとそれ貸してくれないか?」


朧「いいけど、どうするの?」


提督「ちょっとな」


朧「ふーん…はい」ポイッ


提督「おう、ありがとう」


提督(さて、どうしてくれようか…)ククク


漣「ご主人さまキモイです」


提督「」


──


提督「そうか、ありがとう」


隼鷹「ねぇねぇ、この後一杯付き合ってよ~」


提督「お前に付き合うと次の日が堪える…また今度な」


隼鷹「ちぇ~、つれないなぁ」


提督「ははは、悪いな。さて…皆の目撃情報からすると…倉庫の方か?」


──


─ガラガラ


提督「おーい、曙居るか~?」


曙「……」


提督「あれ?居ないのか…此処だと思ったんだがな」




15: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 15:15:07.32 ID:qF2ennUS0


曙「何の用なの」


提督「お、居るじゃん」


曙「笑いに来たの」


提督「そうだよ」


曙「嫌な奴ね」


曙「不覚だったわ…第七駆逐隊にバレるならまだしも…クソ提督にまで…」


提督「まぁそう落ち込むなって、まだ中身は見てないから」


曙「まだ?」


提督「うん、ほらこれ」ヒョイ


曙「!! 返して!」バッ


提督「ぬぅぉっ」ヒョイ


曙「返してよー!」


提督「やだ!まだ読んでないし!」


曙「読まないで!」


提督「返してほしいか?」


曙「返しなさい!」




16: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 15:26:06.95 ID:qF2ennUS0


提督「そうか…」


曙「な、何よ…」


提督「仕方ないな…ほら」ポイ


曙「え…やけにあっさり返してくれたわね…」


提督「まぁな」


提督「それとだな曙…」


曙「? なにかしら」


提督「コイツを受け取ってくれないか?」スッ


曙「小さな…箱?」


曙「これは何?」


提督「開けてみてくれ」


曙(な、なによ…もしかして…いや、いやいや…ありえないでしょ…!)


曙「わ、わかった…」


曙「あ、あのさ…クソ提督…」


提督「なんだ?」




17: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 15:31:16.32 ID:qF2ennUS0


曙「今まで…その…クソ提督だなんて呼んで…悪かったわね…」


提督「なに、気にするな。もう慣れたもんさ」


提督「それに、俺の事をそう呼んでくれるのはお前しか居なかったしな」


提督「だから好きになっちまったのかな、変かな?」


曙「えっ…いやっ…な、何を」


提督「それ、開けてみて」


提督「そこに俺の気持ちが入ってるから」


曙「う、うん…」


曙(やっぱり…これって…アレしかないわよね…)


曙「開けるね?」


提督「おう」


─パカ




18: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 15:53:31.80 ID:qF2ennUS0


曙「わ…これって…」


提督「ああ、そうだ」カチャカチャ


曙「嬉しい…」ボー


提督「本当か?そう言ってくれると俺も嬉しいよ」カチャカチャ


曙「ね、ねぇこれ嵌めてもいいかしら?」チラッ


提督「ああ、ハメてくれ」スッ(ズボン下ろす)


曙「!?!?」


提督「いや、違うな…ハメさせてくれ」ボロン


曙「な!ななな…何…してるのよ!?」


提督「いやいや、何引いちゃってんの」


提督「俺の気持ちを受け入れてくれたって事は、恋人になったんだ」


提督「恋人つったらヤる事があるだろォん!?」


曙「い、いや!こっち来ないで!」ブン


提督「いた!…せっかくの指輪投げてどうすんの!まだこれ2個目の支給品なんだから大事にしてね!?」


曙「さ、サイテー!!」


提督「うるせー!!ガタガタ言わずにヤらせろォォォ!!」


曙「いやぁぁぁぁぁ!!」><





曙「うぅ…うぅ…」ブルブル


長門「曙…大丈夫か?」


曙「え…長門さん…?」




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/30(水) 15:54:17.61 ID:GHdejVIa0

ひでえwwww



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/30(水) 16:00:15.68 ID:SElou7Cwo

え?wwwwええ!?wwwwww



21: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 16:01:09.12 ID:qF2ennUS0

長門「怖がらせてしまったな…提督の姿が見えないから何処で何をしてると思えば…」


曙「……クソ提督は…?」


長門「始末しておいたぞ、あそこに転がってるゴミだ」


曙「……」スタスタ


提督「う、う~ん…」


曙「おはよ…クソ提督…」


提督「あれ…?曙…一体何が…?」


曙「よくも…よくも…私の気持ちを踏み躙ってくれたわね…!」


提督「え…いや…!そんな事は…ないぞ!」


長門「観念しろ」


提督「長門!?」




曙「死ね!!」




曙「クソ提督!!!」ゲシッ




提督「ギャァァァァァ!!!!」




-END1-




23: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/09/30(水) 16:03:46.12 ID:qF2ennUS0

終わり。
第七駆逐隊ってほんと性的ですよね。
特に潮と曙。

暇だったら前作も見てくれよ↓

提督「もう限界だ」長門「ん?」
http://horahorazoon.blog134.fc2.com/blog-entry-7778.html




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/30(水) 16:29:40.01 ID:AIWDhOt2o

-END1-だからEND2があると信じていたのに




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/30(水) 16:30:07.54 ID:0P46pG5s0

まじめなend2を早くしたまえww




4048655531艦隊これくしょん -艦これ- 電撃コミックアンソロジー 佐世保鎮守府編 (9) (電撃コミックスNEXT)

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 駒都えーじ,ビリー,なごみ,「艦これ」運営鎮守府 2015-10-24

Amazonで詳しく見る

B00V9LT1AE B012Q9FHXC B0148GZ218
関連記事

艦これSS   コメント:0   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
コメントの投稿