【ミリマスSS】P「星のカービィSDXです」このみ「懐かしいわね」

2015-11-24 (火) 18:01  アイドルマスターSS 星のカービィ   0コメント  
1: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 19:43:17.94 ID:OaAJcqKt0

☆765プロライブシアター/事務所

このみ「ふぅ、今日の仕事はこれで終わりね」

P「すいません、雑用を手伝ってもらっちゃって」

このみ「いいのよ、シアターの仲間じゃない」

P「今度お礼をしますよ」

このみ「ふふ、楽しみにしてるわ。さ、帰りましょ」

P「ええ……。あっ、これを休憩室に置いておくんだった」

このみ「あら、その紙袋って何が入ってるの?」

P「子どものころに遊んでいたゲームを持ってきたんです。家の押入れに眠っていたんで」

このみ「ゲーム?」

P「ええ、杏奈が昔のゲームをやってみたいって言ってて」

このみ「あら、これは……『星のカービィスーパーデラックス』?」





2: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 19:44:49.96 ID:OaAJcqKt0

P「知ってるんですか?」

このみ「一応ね。へえー、スーパーファミコン本体まで」

P「今の子はもう知らないでしょうけどね」

このみ「そうね。私が小学校低学年くらいにやっていたくらいだし」

P「小学生のこのみさんか……」

このみ「あの頃は若かったわ~」

P(見た目は今とあまり変わってなさそうだけどな)

このみ「……今、なに考えてた?」

P「い、いえいえ何もっ!?」

このみ「ふーん、私はアダルトなレディなんだからね?」

P「わかってますよ」




3: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 19:46:15.55 ID:OaAJcqKt0

このみ「それにしても、懐かしいわねえ」

P「ええ。子どものころにやってたゲームって、久しぶりに遊ぶと楽しいんですよね」

このみ「ねえ、今からちょっとだけやってみない?」

P「えっ? 今からですか?」

このみ「今日の仕事も終わったしいいじゃない、ね?」

P「んー……そうですね、じゃあ少しだけ」

このみ「時には童心に帰りましょう」

P「十年以上ぶりだなあ」




4: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 19:48:08.88 ID:OaAJcqKt0

☆休憩室

P「えーと、配線をつないで……っと。準備できましたよ」

このみ「はい、このカセットね」

P「あっ、どうも。では早速……」

カチッ

P「あれっ? 電源が入らないな……」

このみ「フーってしなきゃ、フーって!!」

P「ああ、そうでした。ふーっ、ふーっ…………」


カチッ…………ピコーン!!


P「よし、ついたぞ」

このみ「懐かしいわね、この感じ」




5: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 19:49:37.23 ID:OaAJcqKt0

0%  0%  0%  

――ドンッ!!

P「おっ、これまた懐かしい」

このみ「久しぶりに起動すると絶対にデータが消えてるのよね~!」

P「何度もやり直したなあ……」

このみ「スーファミ世代だけの経験ね」

P「じゃ、最初からやりますか」

このみ「私は2Pでいいわ。プロデューサーがカービィやって」

P「いいんですか?」

このみ「2Pでも楽しめるのがこのゲームのいいところでしょ」

P「まあ、確かに」

このみ「まずは『はるかぜとともに』よ」

P「チュートリアル的なステージですね。ここらで操作を思い出しましょうか」




6: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 19:51:23.51 ID:OaAJcqKt0

数分後

このみ「くっ……なかなか手ごわい敵ね!」

P「まだ中ボスですよ。一度距離をとってから攻撃してください」

このみ「ああっ、なんか死んじゃいそうなんだけどっ……!!」

P「Aボタン連打しちゃダメですよ! 自爆しちゃいます」

このみ「あわわわ……」

P(このみさんってゲーム音痴なのかな……)

このみ「そ、そんな目で見ないでよ! 久しぶりで勘が鈍ってるだけなんだからっ」

P(先が思いやられるなあ……)




7: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 19:53:07.25 ID:OaAJcqKt0

このみ「プロデューサーって普段からゲームとかするの?」

P「今はそれほどでも……杏奈に付き合うくらいですね」

このみ「ふうん、杏奈ちゃんと仲がいいものね」

P「そうですかね? 別に普通ですよ」

このみ「もしもの話だけど、劇場の子たちに好きだって言われたらどうするの?」

P「えっ? そんなことありえませんよー」

このみ(杏奈ちゃんは微妙なところだけど、明らかにプロデューサーに好意を持ってる子もいるのに……)

このみ「鈍感な人ねえ……」

P「んっ? どうかしましたか?」

このみ「……なんでもないわ」




8: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 19:55:15.66 ID:OaAJcqKt0

このみ「あっ……! ミラーで攻撃を反射されちゃうのね」

P「大丈夫ですか?」

このみ「プロデューサー、ちゅーして」

P「はーい」

チュッ

このみ「……んっ、ありがと……」

P「口移しで体力が回復するシステムって独特ですよねー」

このみ「はたから聞いてるとアダルトな会話だったかしら」

P「……妙なこと言わないでください」

このみ「あっ、もう次がラストステージね」




9: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 19:57:15.27 ID:OaAJcqKt0

このみ「デデデ大王……弱いわね」

P「まあ、まだ最初のゲームなんで」

このみ「えーと、ゲームって全部で六つだっけ?」

P「そうですよ。……六つのゲームでカービィちゃんっ!」

このみ「ああ、あったあった! そんなCM!」

P「でも、さすがに六つ全部クリアする時間はないかなあ」

このみ「大丈夫よ、まだ夜になったばかりじゃない」

P「はあ……遅くなったら駅まで送りますね」

このみ「ふふっ、ありがとう」




10: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 19:59:18.46 ID:OaAJcqKt0

P「次は『ダイナブレイド』ですねー」

このみ「出てくるコピー能力も増えて楽しいわ」

P「あっ、スープレックス取ろう」

このみ「大丈夫? それってボス戦だと戦いにくくない?」

P「あー、確かに。うまく使うと強いらしいんですけど」

このみ「ふうん……プロデューサーはどのコピーが好きなの?」

P「ヨーヨーとかニンジャとかですね」

このみ「へえー、なんだか技巧派?」

P「どうなんでしょうね。単純に使ってて楽しいんですよ」




11: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:01:16.43 ID:OaAJcqKt0

P「ふぅー……何回かやられたけど、順調にクリアできましたね」

このみ「これで一段落ね。あー、なんだかお腹すいたわ」

P「そういえば夕飯まだでしたね」

このみ「そういえばって……忘れるようなこと?」

P「いやあ、この仕事してると食事が不規則になっちゃって……」

このみ「ダメよ、そんなんじゃ。体が資本なんだから」

P「そうですよね……反省してます」

このみ「ふふっ、わかればよろしい」

P「お弁当でも買ってきましょうか?」

このみ「ううん、私が適当に作るわ。お姉さんに任せなさいっ」




13: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:03:32.61 ID:OaAJcqKt0

☆給湯室

このみ「今からご飯を炊く時間はないし、パスタでも茹でる?」

P「いいですね、好きですよ」

このみ「えーと、何か食材は……と」

P「冷蔵庫がモノで埋まってはいますけど……」

このみ「ほとんどが中華料理の材料ねえ」

P「美奈子が持ち込んだんでしょう」

このみ「これって勝手に使ってもいいかしら」

P「問題ないと思いますよ」

このみ「じゃあ、にんにくと唐辛子で……」




14: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:04:18.37 ID:OaAJcqKt0

このみ「はいっ、ペペロンチーノ完成~」

P「すごい……このみさんって料理が上手なんですね」

このみ「大人のレディとして当然よ。さっ、召し上がれ」

P「いただきまーす! ……うん、すごく美味しいですよ!」

このみ「簡単な料理で悪いわねえ」

P「いやいや、手元にあるものだけで作れるってすごいです」

このみ「ありがとう。今度はもっとちゃんとした料理を作ってあげるわね」

P「楽しみにしてます」




15: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:06:13.87 ID:OaAJcqKt0

このみ「ところで、ワインがよく合うわよ。一杯どう?」

P「飲むんですか? 明日の仕事は……」

このみ「いいじゃない、少しくらい。ね? 付き合ってよ」

P「んー、そうですね。最近は忙しかったんで、こういうのも久しぶりですし」

このみ「いくわよ~。かんぱーい」

P「かんぱーい」

このみ「ふぅ……やっぱり仕事終わりのアルコールはたまらないわ~」

P(まあ、ちょっとだけならいいかな……)




16: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:08:13.48 ID:OaAJcqKt0

☆休憩室

P「このみさんの料理おいしかった~」

このみ「そんなに喜んでもらえるなんて、嬉しいわ」

P「女性の手料理が嬉しくない男なんていませんよ」

このみ「そう言ってくれるといい気分ね。もうちょっと飲もうかしら」

P「まだお酒ありましたっけ?」

このみ「日本酒とビールは買い置きしてあるわよ。棚の上から取ってくれる?」

P「いいですけど……ちゃんぽんですか? 悪酔いしますよ」

このみ「大丈夫よ、飲みすぎはしないから。ね、ゲームしながら飲みましょう」

P「あまり行儀がよくない気もしますけど」

このみ「いいのよっ。大人の特権なんだから」

P「はいはい」




17: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:09:59.26 ID:OaAJcqKt0

このみ「グラスここに置くわよ。こぼさないようにね」

P「ああ、どうも……。じゃ、ゲーム再開しますね」

カチッ

0%  0%  0%  

――ドンッ!!

P「」

このみ「」

P「……うん、迂闊でしたね」

このみ「……ほ、ほら、また最初からやりましょう!!」

P「……そ、そうですね。お酒もありますし、のんびりいきましょうか」




19: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:11:40.87 ID:OaAJcqKt0

数十分後

このみ「さあ、サクサクっとクリアし直したわ」

P「まだ序盤で良かったですね」

このみ「さあ、今日中に全クリするわよ~」

P「気持ちはわかりますけど、厳しくないですか? 終電がなくなっちゃいますよ」

このみ「うーん、無理かしら。どのくらい時間がかかるのかもう覚えてないわ」

P「『洞窟大作戦』でお宝を集めるかどうか次第じゃないですか?」

このみ「あー、そっか。たしかお城の中が長いのよねえ」

P「ええ。……じゃあ先に『メタナイトの逆襲』からやります?」

このみ「そうね。時間が余ったらお宝をたくさん集めましょう」




20: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:13:12.98 ID:OaAJcqKt0

P「さすがに難易度が高くなってきましたねえ」

このみ「プロデューサー、酔ってるんじゃない? ちょっとプレイが荒いわよ」

P「そうかもしれません……あっ、やられた」

このみ「あー、ちょっとタイム。きゅうけーい……」

P「あーもう、床に寝転んじゃって……。だらしないですよ」

このみ「いいじゃない。大人だけの時くらいは」

P「……言われてみれば、だらーっと気を抜いてるこのみさんって結構レアかも」

このみ「当然よー。普段は年下の子たちの面倒を見なくちゃいけないし……」

P「いつも助かってます。……このみさんは素敵なお姉さんです」

このみ「あはは、若い子たちは学校に通いながら頑張ってるんだもの。このくらい大したことないわ」

P「ささっ、もう一杯どうぞ」

このみ「……ありがとう。美味しいお酒ね」




21: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:14:23.79 ID:OaAJcqKt0

このみ「さて、なんとか順調にステージを進めたけど」

P「うあー、また負けた! メタナイト強い……!!」

このみ「ごめんね、あんまり役にたてなくて」

P「こんなに強かったっけなあ……」

このみ「ねぇ、ソード以外の、コピー能力で戦ったら?」

P「いやいやいや! ソード同士で戦うのがロマンなんですよ!」

このみ「はあ……。なんて言うか、男の子ねぇ……」

P「次こそ勝てそうな気がします!」




22: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:15:34.87 ID:OaAJcqKt0

P「勝ったー!! やっと勝った……」

このみ「長かったわねえ。はい、お祝いのお酒」

P「またお酒ですか? まあ、飲みますけど!」

このみ(プロデューサー、珍しくハイになってるわね)

P「あー、ビール美味い……」

このみ「焼き鳥でも欲しいところねー」

P「ここが居酒屋だったら頼んでるんですけど」

このみ「お姉さん宅飲みも好きよ。時間を気にしなくていいもの」

P「ここは自宅じゃなくて劇場ですけどね」

このみ「くつろげるって意味じゃ一緒よ」

P「それもそうですねー。あ、次は『洞窟大作戦』ですよ」




23: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:16:39.21 ID:OaAJcqKt0

P「この探検してる感が好きなんですよ」

このみ「ワクワクするわよね~。あ、ビーフジャーキーあけていい?」

P「どうぞ遠慮なく」

このみ「ああ、お酒が足りないわ~」

P「俺もまだ飲みたくなってきました。コンビニで何か買ってきましょうか」

このみ「あ、私も一緒に行くわ。ちょっと夜風に当たりたい気分だし」

P「いや、俺ひとりで行きますから」

P(このみさんが夜中に外出してたら補導されそうだしな)

このみ「うーん、じゃあ頼んじゃっていいのかしら。悪いわね」

P「いえいえ、適当に先に進めといてください」

このみ「わかったわ。気をつけてね」




24: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:17:38.79 ID:OaAJcqKt0

☆シャワールーム

このみ「とは言ったけど、シャワーは浴びておかなきゃ」

このみ「……メイクも落としたいからね、うん」


このみ「ココロは~マーメイドのように~♪」


このみ「あっ、シャンプ―が切れてるわね……部屋に取りにいかないと」

このみ(プロデューサーはまだ帰ってこないだろうし、バスタオルだけでいいか……)




25: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:19:02.89 ID:OaAJcqKt0

☆休憩室

このみ「えーと……あ、あったわ」

ガチャッ

P「ただいま戻りました~。…………えっ?」

このみ「ふえっ?」

P「こ、このみさんっ!? なんでバスタオル一枚で……!?」

このみ「ぷ、プロデューサー!? も、戻ってくるの早いわよ! ……あっ」

パラッ

P(このみさんのバスタオルがはだけて素肌が見えそうに――)

このみ「きゃああああああああっ! あっち向いて! 早く!」

P「す、すいませんっ」クルッ




26: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:20:41.71 ID:OaAJcqKt0

数分後

P「……えーと、見てませんから」

このみ「…………全く?」

P「はい! 全く!」

P(本当は少しだけ見ちゃったなんて言えない……)

このみ「まあ、バスタオル一枚の姿を見られただけで十分恥ずかしいんだけどね」

P「で、ですよねー……」

このみ「……お酒ちょうだい」

P「あっ、はい」

このみ「んっ…………ふぅー」

P「ちょっと飲みすぎじゃないですか?」

このみ「……いいのよ」

このみ(恥ずかしくて飲まなきゃやってられないのよ、もう……)

P「もうやめた方がいいですよ。顔も真っ赤ですし」

このみ(それも恥ずかしいからなのに……)




27: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:21:44.35 ID:OaAJcqKt0

このみ「あれ~、おかひいわねぇ……うまくプレイできないわ……」

P(うわあ、酔いが回ってきてる)

このみ「あっ、洞窟クリアしたあ~。うへへ……」

P「……とにかく、最後のゲームですね。『銀河にねがいを』です」

このみ「雰囲気がいいのよね~。私、一番好きかも」

P「コピー能力を集めていくのが楽しいんですよね」

このみ「そうそう、まずタックの星に行ってね」

P「はいはい。えーと、ここでしたっけ」

このみ「ヘルパーのコピーは強いんだからっ。私がいれば百人力よ~!」

P「ははは……期待してます」




28: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:23:11.20 ID:OaAJcqKt0

このみ「プロデューサー、もう一杯ちょうら~い……」

P「このみさん、もうお酒は控えたほうが……」

このみ「いーいーのー! ほら、私だけじゃなくてプロデューサーもっ」

P「でも……」

このみ「ん~? 私のあられもない姿を見そうになったこと、みんなに言っちゃおうかしら」

P「それはダメですよっ! ……ささっ、お酒どうぞ!」

このみ「えへへ~、ありがとう」

P(こりゃ早くクリアしないとマズイな)




29: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:24:08.80 ID:OaAJcqKt0

P(コピーのもとはスルーして、短時間でのクリアを最優先しよう)

このみ「うーん……今夜は帰りたくないわ~……」

P「ぶっ……! な、なに言ってるんですか!」

このみ「だってもう電車ないんだも~ん」

P「ええっ? 本当だ、もうこんな時間!? と言うか俺も帰れないし!」

このみ「うふふ、お姉さんここで寝る~」

P(仕方ない、俺は事務所のソファででも寝るか……)




30: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:25:37.47 ID:OaAJcqKt0

このみ「あれ~? プロデューサー、グラスが空じゃな~い」

P「ええ、このみさんもほどほどにしないと二日酔いで苦しみますよ?」

このみ「平気よ~、明日の予定は午後からだもの~」

P「俺は朝から百合子と定期ライブの打ち合わせなんです」

このみ「え~、一人で飲んでもつまんな~い。あ、最後の星もクリア?」

P「ええ、次がラスボスです。……急にシューティングになるやつですね」

このみ「ついに最終決戦ね~! 燃えるわ~!!」

P「勝ったらもう休んでくださいね」




31: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:26:27.83 ID:OaAJcqKt0

P「シューティングはクリアしたが……」

このみ「ラスボスのマルクは手ごわいわね~」

P「このみさんが泥酔しててまともにプレイできないからですよ! ほら、画面見て!」

このみ「あ~れ~、ブラックホールに吸い込まれる~」

P(ああ……もう俺ひとりで頑張るしかないか……)

このみ「お酒が足りないから勝てないのよ~。はい、プロデューサー」

P「えーい、こうなったらヤケだ!! いただきます!!」

このみ「ふふふ、いい飲みっぷりね~」

P「絶対勝つ!!」




32: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:27:15.26 ID:OaAJcqKt0

数分後

このみ「やったー! ついにマルクを倒したわよー!!」

P「はぁー……やっと終わった……飲みすぎて頭が回らない……」

このみ「プロデューサー、はいた~っち、いぇいっ!」

P「はい……いえーい……くらくらする……」

このみ「やっとクリアしたわね。素晴らしい達成感だわ~」

P「はぁ……そうですね。あっ、エンディングですよ」

P(頼むから『格闘王への道』が残ってることにだけは気づかないでくれ……)

このみ「カービィが気持ちよさそうに寝てるわ~……ふわぁ……なんだか私も眠く……」

P(そのまま眠るんだ……! 早く……!!)




33: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:28:16.05 ID:OaAJcqKt0

このみ「……すぅ……すぅ……」

P「眠ったか……あーあー、お腹まで出しちゃって」

P「このみさーん……? 男の前で無防備すぎますよー……?」

P(俺だって酔ってるんだ、手を出さない保証なんて……)

このみ「……むにゃむにゃ……信頼してるわよ、プロデューサー……」

P「…………毛布をかけてあげよう。おやすみなさい、このみさん」

P(あー、なんだか……俺も……眠気の限界が………………)




34: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:29:11.97 ID:OaAJcqKt0

――翌朝

百合子「おはようございまーす。打ち合わせにきました…………って」

このみ「……すぅ……すぅ……」

P「…………ふわぁ、もう朝か。……って、百合子?」

百合子(こ、このみさんとプロデューサーさんが寄り添って寝てるー!?)

百合子「ど、どういうことなんですか!? 二人はどういう関係なんです!?」

P「ち、違うんだ! 昨日の夜に色々あって!」

このみ「…………ふにゅ? えっ、ぷ、プロデューサーがなんで私の隣りで寝てるの!?」

百合子「私が聞きたいですっ!」

P「二人とも落ち着いてくれー!!」




35: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:30:22.81 ID:OaAJcqKt0

百合子「……つまり、二人でゲームをしていて寝落ちしてしまったと」

P「そういうことだ」

このみ「やましいことはないのよ、百合子ちゃん」

百合子「……まあ、事情はわかりました」

百合子(びっくりした……プロデューサーさんとこのみさんは付き合ってるのかと思っちゃった)

P「じゃ、仕事の準備するから、ちょっと待機しててくれ」

百合子「……はい。あっちの部屋で待ってますね」

バタンッ

P「ふぅ……どうなることかと思った」

このみ「なんとか納得してもらえたわね」




36: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:31:13.91 ID:OaAJcqKt0

このみ「ねぇ、色々あったけどまたこうやって遊びたいわね」

P「カービィで、ですか?」

このみ「うーん、プロデューサーと一緒ならなんでもいいわよ。あ、お酒もあると嬉しいわ」

P「はぁ……嗜む程度でお願いします」

このみ「大人だけの時間もたまには必要ってことよ」

P「可能な限りお付き合いしますよ。俺もこのみさんと過ごすのは楽しいですから」

このみ「ふふっ、また大人だけの秘密の夜を過ごしましょうね、プロデューサー」

おわり




37: ◆c4YEJo22yk 2015/11/13(金) 20:31:59.17 ID:OaAJcqKt0

以上で完結です、ありがとうございました。

☆前作
【ミリマスSS】百合子「耳をすませば」
http://horahorazoon.blog134.fc2.com/blog-entry-7931.html




39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/13(金) 21:20:57.90 ID:O45Vx7P30

たしかにこの無防備さは心配
乙でした

>>1
馬場このみ(24) Da
no title

no title


>>34
七尾百合子(15) Vi
no title

no title




関連記事

アイドルマスターSS 星のカービィ   コメント:0   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
コメントの投稿