【AC SS】哀れな戦士

2016-08-09 (火) 07:01  その他二次創作SS アーマードコア   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/22(金) 23:51:37.73 ID:ganjce3N0

アーマードコアのSSです。
時代や企業名は決めていませんが、すべてのシリーズは過去のものとして扱われます。
機体は3~LR基準です。

単体でも読めるようには作っていますが、前作と対になるように作ってありますゆえ、是非ともそちらと一緒にご覧になって頂きたい。
話の流れも意図的に似せています。

前作 【AC】傭兵の仕事 
http://horahorazoon.blog134.fc2.com/blog-entry-9466.html





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/22(金) 23:53:10.54 ID:ganjce3N0

『おはようございます』


眩しい。

ただひたすら眩しい目覚めだった。

脳に電気でも流されたような感覚だ。
網膜に眩い光が走り、手足の先が痺れた。

最近こんな目覚めを繰り返している。
何故かいつも決まってコックピット内で目を覚ます。

食事はちゃんと取っただろうか。記憶が定かではない。




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/22(金) 23:53:57.33 ID:ganjce3N0

出不精はいけない。体に毒だ。
体調管理を疎かにしてはいけない。
だが多少の不調で動転してはならない。
仕事に支障が出ては困る。




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/22(金) 23:54:27.20 ID:ganjce3N0

そう自分に言い聞かせ、頭痛を押し殺した。

思考がまとまらない。
少し混乱しているのかも知れない。




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/22(金) 23:55:21.86 ID:ganjce3N0

『新着メールが一件』


早速仕事だ。




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/22(金) 23:56:15.66 ID:ganjce3N0

私は傭兵をしている。
ただ現在はフリーの傭兵ではなく、一時的にB社という企業に雇われている。
強制ではない。信条の一致があった為だ。

皆は汚れ仕事だと言うが、己の良心に基づいて仕事を選べる上、直接戦いに介入することで、虐げられる者たちを守護し、奪われる者たちを救済することができる。
指を咥えてただ見ているだけでは無く、自らの手で。

それは悪魔にも救世主にもなれる仕事だと私は思っている。




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/22(金) 23:57:06.54 ID:ganjce3N0

任務内容は、とある列車の護衛だった。
何でも、最近起きたA・C社間の抗争で被害を受けたB社管轄のコロニーから生存者を別のコロニーに移送するらしい。

B社は貧しい市民の為にコロニーや資源、食料提供している人道的な企業だ。
私はその理念に賛同し、ここを選んだのだ。


私は即座にミッションを契約し、出撃の準備をした。
とは言っても、弾薬の補充も損傷の修復も既に完了している。ここのスタッフは優秀だ。




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/22(金) 23:58:28.60 ID:ganjce3N0

作戦は夜明け前、砂漠の外れにある大破したコロニーから始まった。

僚機と共にひび割れたコロニー外壁近くに佇み待機していると、物資搬入口から物々しい装甲に身を包んだ列車が現れた。これが今回の護衛対象だ。
これに住まいを奪われた哀れな民衆が肩を寄せ合っているのだ。

何としても守り抜き、彼らを新たな住まいに送り届けよう。

微笑み列車を見下ろしながら、私はそう誓った。

この頃にはもう頭痛のことなど忘れていた。




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/22(金) 23:59:37.68 ID:ganjce3N0

列車が動き出した。
伴って私と無口な僚機は滑走を始める。
途中の補給所で列車と私たちの燃料を補給する予定だそうだ。
実に長い道のりである




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:02:02.63 ID:G/5vqxId0

私は傭兵だ。
この荒廃した世界で最も自由な存在。
そして世界を救うことの出来る可能性を持った唯一の存在。

私の父も傭兵だった。
優しく、誰よりも勇敢だった父。
私は幼い頃、そんな父から多くの昔話を聞いた。

かつて起きた最悪の大戦の後、世界を、人類を再生しようとした鉄の神様の話。
神様の使いであり人類の守護者だった赤い天使たちの話。
そしてそれらを殺し、たった一人で全ての罪を背負い人類に自由を与えた英雄の話。
訪れた滅びを止める為に全ての泥を被りながら戦い、死んだ傭兵の話。
自らの心身を破壊しながらも、穢れの光を放つ悪魔を墜とした傭兵の話。

どれも誇張された物語だった。
だが私はその傭兵たちに、そして父に憧れた。
そして私は弱きを救う為に。
守護者になる為に、傭兵となった。
ゆくゆくは、長く続く戦いを終わらせ、人類に再び黄金の時代をもたらすことが私の目標だ。

砂漠の地平線から、朝日が昇る。
夜明けだ。
戦いで大地は醜く爛れてしまったが、この朝日の美しさはいつの時代も変わらない。
きっと人類はこの美しさのように、永遠なのだ。
見上げると、頭上を鳥の群れが通り過ぎた。
こんな汚染された世界を、逞しく生きている。

私は確信した。

間違いなく、この大地はまだ生きている。
世界はこんなにも美しい。




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:03:07.51 ID:G/5vqxId0

太陽が頭上に来る頃に、私たちは補給所に到着した。

私と僚機は手早く補給を済ませ、護衛に戻った。
列車は補給にかなり時間を要するらしい。
襲撃者にとっては絶好の機会だ。注意しなければならない。

近くにB社航空部隊の簡易的な駐屯地があるらしく、そこの偵察機部隊から情報を提供してもらうことになっている。
しかし予定の時刻になっても部隊からの連絡がない。
何かあったのかもしれない。
私は僚機に警戒するようにサインを送った。
私もレーダーやセンサー類に意識を最大限に傾けた。




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:04:37.36 ID:G/5vqxId0

警戒を始めて5分ほどだっただろうか。
突然響く空気を切り裂く激しい放電音。
そして光速の青白い砲弾が僚機の右腕を吹き飛ばし、第2射で脚を破壊した。
助けに行こうとした時にはすでに遅く、僚機のコアは無慈悲な第3射によって炎に包まれ、爆散した。
たった一歩も動くこともなく、味方は死んだ。

何故。

レーダーやセンサーには何の反応も無かった。
しかしあの精度、範囲外からの狙撃ではないはず。
そう考えを巡らせていると、途端にレーダーに赤い点が現れた。

ステルスか。




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:05:31.22 ID:G/5vqxId0

迂闊だった。ステルス機の存在を考慮していなかった。
赤い点の位置は背後の岩山だった。
ターンブースターで振り返り、敵に備える。
岩陰から勢い良く滑り出た敵は、こちらにマシンガンの銃口を向けた。
肩には何も装備していなかった。おそらく僚機を襲ったレーザーキャノンはパージしたのだろう。
機体を構成するパーツはメーカーが統一されておらず、エンブレムも企業のものではなかった。

同業者だ。

姿を隠しての不意打ちとは卑怯極まりない。
だが戦略としては素晴らしかった。
憤りを感じたが、これは勝負ではない。
戦争なのだ。

列車を守れるのはもう私だけだ。
列車には触れさせない。

私は決意を固め、ブースターに火を灯した。




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:06:37.51 ID:G/5vqxId0

敵は横にスライドしながらこちらに向けた銃口から弾丸をばら撒いた。
しかし対する私の機体は重量機。マシンガンの弾を少し浴びた程度では痛くも痒くもない。
こちらは大火力の火器を満載している。耐えてどれかを当てることができれば勝ちだ。
敵は動きを変え、私を中心に周回を始めた。
細かいジャンプを挟んでの移動の為、照準を定め辛い。
私は右腕のバズーカで敵を狙いながら追った。
私が放つ砲弾をかわし、敵は後ろに引きつつマシンガンを撃つ。

その時だった。

敵の流れ弾が背後の列車に命中し、2車両ほどを吹き飛ばした。

嗚呼。
守るべき人々が。




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:08:03.45 ID:G/5vqxId0

慌てて破壊された車両にカメラを向ける。
残骸の中に動くものは何もなかった。
皆死んでしまったということではない。
列車の中は空だった。
死体も無ければ血は一滴も落ちてない。
その時始めて、私は騙されたということに。
自分が守ろうとしたものが、虚構であったことに、気が付いてしまった。

動揺が隠せなかった。
敵を追う速度が落ちる。
なんとか敵に照準を合わせようとするも、腕が震え、定まらない。
闇雲に放った砲弾は一発も命中せずに、そのまま弾切れを迎える。
慌ててバズーカをパージし、左腕のプラズマライフルを構えたが、やはり照準が定まらない。
何発か発射するも、どれも寸でかわされてしまった。
その隙に敵は私の機体の左腕の関節部を狙い、無数の弾丸を浴びせる。
恐ろしく正確な射撃だった。
左腕が耐えきれず千切れる。




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:08:46.20 ID:G/5vqxId0

痛い。
痛い痛い痛い痛い。

何故だろう。

経験したことのない激しい痛みが私を襲う。
文字どおり、腕を千切られた様な痛み。

何故。

千切れたのは機体の腕なのに。




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:09:34.24 ID:G/5vqxId0

そんな疑問も激しい痛みに掻き消される。
そこを勝機と見たのか敵はブレードを構え、オーバードブーストを使い突撃してきた。
背後に回り込まれる。

殺される。

急に恐ろしくなった。
私は必死にブースターを吹かし、真上に逃れる。




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:10:10.50 ID:G/5vqxId0

あいつを消さないと。

そのことしか頭に無かった。
しかしここで使える私の武装はもうない。
錯乱しながら何か攻撃する手段を考えた。
すると肩のレーザーキャノンが展開され、敵に対して砲撃を行ったのだ。

空中で。




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:11:58.68 ID:G/5vqxId0

おかしい。

私の機体は二脚機。二脚機は構えなしでキャノン系武装は使用できないはず。

それに私はいつトリガーを引いた。

疑問が頭を駆け巡る。
だがそんなことを考えている暇はない。
私は疑問を残したままブースターを使い浮遊しながら敵に砲撃を続けた。
減らないエネルギーゲージに戦慄しながら。

敵も必死にかわす。
敵機は軽量機。レーザーキャノンの直撃には耐えられない。

しかし、やはり寸でかわしながら、私が着地するタイミングを見計らって突撃してきた。
またも背後に回りこまれる。

死にたくない。
死にたくない。




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:13:36.23 ID:G/5vqxId0

私はターンブースターを使い、肉薄する敵の方へ振り返り、ほぼ接射の形でレーザーを叩き込む。下手すれば自らも吹き飛ぶということには気が付かなかった。
そしてやはり私はトリガーを引いていなかった。

そもそも戦闘が始まってから自分はトリガーを引いたことがあるのか。

果たして操縦桿を握っていたのか。

ターンブースターはどうやって発動した。

ペダルはいつ踏んだ。

最後にコックピットを出たのはいつだ。

疑問が頭を駆け巡る。
そして私は自分の体を見下ろした。




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:14:10.18 ID:G/5vqxId0

それは鋼鉄のコアだった。



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:15:10.49 ID:G/5vqxId0

腕を見た。

千切れ、火花を散らす左腕があった。

機体は私の体だった。

その時私は気が付く。
私に肉体は無いのだと。

機体に組み込まれた脳でしかなかったのだ。




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:16:17.61 ID:G/5vqxId0

恐怖は一層増した。
自分が何者なのか分からなくなった。

放ったレーザーはかわそうとした敵の右腕を奪う。
だが敵は勢いそのまま私の胴体を切り裂いた。

痛かった。

先ほどとは比べ物にならない位、痛かった。

死にたくない。




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:17:06.23 ID:G/5vqxId0

『…mazing…ow…swee…the sound…』


混線だろうか、唐突にノイズが走る。




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:17:45.07 ID:G/5vqxId0

『…That…ed…wretch like me…』


そのノイズは次第に音楽となる。




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:18:29.03 ID:G/5vqxId0

『…I once was lost but now am found,
Was blind but now I see…』


それは何世紀も前の、賛美歌だった。




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:19:11.70 ID:G/5vqxId0

私はブースターを最大出力で吹かし、飛翔した。
敵が迫ってくる。

損傷は深かった。
だがそれでも黒煙を吹き上げながら、光り輝くブレードを構えながら、私を追って飛翔する。
真っ赤に燃えるカメラアイが私を睨む。
まるで飢えたカラスの様だった。

その姿に私は激しく恐怖した。

死にたくない。




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:20:02.60 ID:G/5vqxId0

『…'Twas grace that taught my heart to fear,
And grace my fears relieved,…』


神様。




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:20:44.34 ID:G/5vqxId0

『…How precious did that grace appear,
The hour I first believed…』


神様!




30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:21:23.22 ID:G/5vqxId0

『…Through many dangers, toils and snares
I have already come…』


私は、人間だ…




31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:22:00.72 ID:G/5vqxId0

『…'Tis grace hath brought me safe thus far,
And grace will lead me home…』


死にたくない!




32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:22:39.75 ID:G/5vqxId0

『…The Lord has promised good to me,
His Word my hope secures;…』


お父さ…


『…He will my shield and portion be
As long as life…………』




33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:23:21.20 ID:G/5vqxId0







一瞬、私は墜ちる鳥の夢を見た。




34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 00:25:27.63 ID:G/5vqxId0

「新型爆弾の輸送は失敗したそうです」

「そうか。まあ大したことではない。収穫はあったからな」

「被験体の戦闘データですか」

「ああ。少しフィードバックが強すぎたようだな」

「そうですね…意識の混濁もあったようですし、失敗ですかね」

「いや、そんなことは無いだろう。貴重なデータだ。次に生かせれば良い」

「被験体のストックは確か…」

「この前の抗争で出た『哀れな犠牲者』が腐るほどいるだろう。C社に金を払ってよかった」

「そうでしたね。数字に加えておきます」

「頼む。メディアには生存者無しと伝えておくのもよろしくな」

「はい。それはそうと、C社と合同開発の生体兵器の進捗状況ですが…」

「ああ、順調だ。来月には試作品が完成する。我がB社はこの分野だけはA社に先を越されるわけにはいかないからな」

「はい。ではそう伝えておきます」

「ああ、よろしく」




36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/07(日) 04:12:51.22 ID:Q5SkN61No


もっと読みたいな




元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1469199097/

関連記事

その他二次創作SS アーマードコア   コメント:0   このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
コメントの投稿