カテゴリー  [ オリジナルSS ]

男「余命1年?」女「……」

2017-09-03 (日) 12:01  オリジナルSS 男女   0コメント  
1: ◆PChhdNeYjM 2017/05/18(木) 22:00:09.21 ID:Mb2ft/yRO


男「あの、面会なんですけれども。女さんです。……ええ、分かりました」


エレベーターに乗り、階数表示が段々と数字を上げる様子を、ただ茫然と見つめていた。

やがて、目的地の5Fで床の上昇がゆっくりと止まる。

十数秒歩き、待ち合わせの部屋へ到着すると、彼女の姿が視界に入った。


女「……あ、今日は来てくださったんですね」


男「ええ、お邪魔します。それで……調子はどうですか?」


女「もちろん順調ですよ。……はい、これが原稿です。病院のコピー機で印刷させていただきました」


男「いや、その……具合の方は……?」


女「ああ……何も変わりません。可も不可も無し、と言ったところですね」




実況「只今より、昆虫バトルトーナメント準決勝を行います!」解説「楽しみですねぇ」

2017-08-31 (木) 07:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 02:35:47.47 ID:5jDQU9Tqo


ワアァァァァァッ!



実況「さあ、毎年夏の終わりに開催される、昆虫バトルトーナメントもいよいよ佳境!」

実況「只今より、昆虫バトルトーナメント準決勝を行います!」

実況「決勝にコマを進めるのは、果たしてどっちの昆虫でしょうかァ!?」

解説「いやぁ~、楽しみですねぇ」



ワアァァァァァァァッ!!!




娘「伝説のソーセージ?」

2017-08-24 (木) 18:01  オリジナルSS   0コメント  
1: ◆VcYmVurqQM 2017/08/20(日) 15:57:17.87 ID:8yyPI5jBo

父「そうだ。世界にはそう呼ばれているソーセージが存在する」

娘「それは所謂お父さんのーっていう下ネタ?」

父「可愛らしい女の子がそんなこと言っちゃいけません」

娘「その伝説のソーセージがどうしたの」

父「お母さんがそのソーセージを食べたいと言ってるんだ」

娘「もう一度聞くけど私にセクハラしてるわけじゃないんだよね」

父「とにかくそういうことだから、私は今日から旅に出る。すまないがお店のことはまかせる」

娘「お母さん病気で寝込んでるのに、これ以上人手が減るなんて」

父「大丈夫、知っての通りこの宿屋に泊まる旅人も殆どいない」

娘「だから私が雑貨屋でアルバイトしてるんじゃない」

父「では行ってくる。留守とお母さんを頼んたぞ」

娘「いや、アルバイトに行かないと生活費が・・・って行っちゃった」




男「君のインド象を食べたい」

2017-08-21 (月) 12:01  オリジナルSS   1コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 12:15:05.30 ID:WOf5475ko

女「ねえ見て!」

インド象「パオォ~ン!」

男「わっ、どうしたのその象!」

女「お母さん象が死んじゃったから、私が引き取って育ててたんだけど、こんなに大きくなったの!」

インド象「パオォォ~~~ン!」

男「へぇ~……」




主人公「女尊男卑法が施行されるらしい……」

2017-08-17 (木) 00:07  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/05/04(木) 12:26:06.46 ID:7LpNn9lTO

主人公(以下、主)「女優遇政党が政権取ったからってこれは酷いだろ」

主「俺、女嫌いだし。だいたい憲法的にはいいのかよ」

金髪「ちょっとあんた」

主「ん?げっ」

金髪「人の顔見て『げっ』とか言ってんじゃないわよ!」

金髪「今日から男は女の下僕なの分かってんの?」

主「いや、クソ法律だけどさすがにそこまではいってないから……」




男「道譲ってもらえた……サンキューハザードしなきゃ!」ブロロロ…

2017-08-15 (火) 18:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/11(金) 20:22:34.64 ID:2mFVZkceo

ブロロロロ……

ナビ『まもなく合流地点です』

男(合流か……苦手なんだよな)

男(合流しようとすると、意地でも入れるかっていう運転する奴もいるし……)

男(無事入れればいいけど……)




男「惚れ薬・・・ねぇ」

2017-08-12 (土) 18:01  オリジナルSS 男女   0コメント  
1: ◆Memo/g4n8M 2017/08/03(木) 22:51:15 ID:IXdJKO66


男「手に入れたはいいけどどうしろって言うんだこれ」

男「というか本物かこれ?」

『意中の子に飲ませればアナタにべたぼれ! 成功確率10000万パーセント!』

男「実に胡散臭い・・・」

男「・・・なんでこんなバカみたいなもん買っちまったんだ俺は・・・」




男「夏休みだが家が飛んでったので>>2で何とかする」

2017-08-12 (土) 07:01  オリジナルSS 安価   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 21:22:51.11 ID:iwZH/HPvo


男「俺は現在夏休み中の男子高校生」

男「今日も明日も変わり映えがしないので、出会いを求めて近所の図書館に勉強しにいくぜ」

男「……じゃ、いってきまーす」ガチャ

バタン


ズゴゴゴゴゴ…

男「え?」


自宅「ぶひょおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」シュボーウ


男「い、家が空に飛んでったあぁぁぁぁぁぁ!!!?」

男「まずいな……、帰る所が無いのはいかにもまずい」


男「そうだな。何とかするために、まずは>>2するか」




【SS】地球最後の日にシフトが入ったバイトくん

2017-08-04 (金) 21:01  オリジナルSS   2コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 18:13:54.78 ID:s6R+a49Y0

バイト「くそう、何で俺はこんな日にラーメン屋でバイトなんかしてんだ!」

店長「仕方ないよ、きみ。この前お盆のときに丸々休んでんだから」

バイト「そういう問題じゃないでしょう?! 今日で地球最後なんすよ?!」

先輩「地球最後の日とあって、客入りも上々っすね!」ニヤッ

店長「ああ! 稼ぎ時だ!」ニヤッ

バイト「だから稼いでも意味ないっての!」




女「あっちむいてー……ほい!」 扇風機「ぶおーー」キョロキョロ

2017-08-03 (木) 21:01  オリジナルSS 男女   0コメント  
1: ◆Memo/g4n8M 2017/07/31(月) 00:32:18 ID:FEwHm5hc


女「ぐぬぬ。なかなか勝たせてくれないイジワルさんめ」
女「もう一回勝負だよ。あっちむいてー……」

女「ほい!」

扇風機「ぶおーー」キョロキョロ

男「……なにしてんの?」

女「あっち向いてほい」

男「そうか……」




【微胸糞】狼「人間は馬鹿だなぁ」

2017-07-29 (土) 12:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/16(金) 23:25:27 ID:.aF80UMc

少年「あきかぜが そそぐのはらの そうげんや」

狼「そんなところで何してるんだい?人間。大根干しになるのかい?」

少年「ひなたぼっこだい!」

狼「君は実に馬鹿だな」

少年「なんでさ」

狼「ツバメが低く飛んでた。もうすぐ雨になるんだ。そこにいると濡れるよ」

少年「ふらないやい!」

ポツ ポツポツ

ザァッ

少年「わあ、ふってきた」

狼「降ってきた降ってきた」

少年「どうくつへいこう」




実況「宇宙に浮かぶ人工衛星から巨大な液体の塊が射出されましたァ!」

2017-07-26 (水) 07:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 20:34:14.71 ID:iB3t2Lw0o


実況「開始時刻が迫ってまいりました」

実況「いよいよ世紀の試みが始まろうとしております!」

実況「実況を務めさせていただく私も、大変緊張しております!」

実況「なお、一連の様子は、超高性能な追跡カメラによってバッチリ撮影されます!」

実況「おっ!」

実況「たった今、宇宙に浮かぶ人工衛星から巨大な液体の塊が射出されましたァ!」




商人「人生の攻略本……欲しくありませんか?」

2017-07-25 (火) 18:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/20(木) 02:54:37.82 ID:DLJ5iN0io


どうしても突破できない難所を、攻略本を読んで突破する。

何度挑んでも倒せない強敵を、攻略サイトを参考にして打倒する。



ゲームをやったことがある人間なら、おそらく誰もが経験したことがあるだろう。



そして、中にはこう思ったことがある人もいるはずだ。

もしも、人生にも攻略本があったなら――




病床の女「死ぬ前に一度でもいいからイケメンとキスしたかった」

2017-07-25 (火) 07:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 16:17:29.38 ID:w3zqSvcL0

幼馴染「……仕方ないな///」ソーッ

病床の女「やめろ。誰がアンタとキスしたいつったよ」ベチ

幼馴染「む? イケメンとキスしたいって言ったのお前だろう?」

病床の女「鏡見ろ、鏡。平凡を絵に描いたような顔しやがって」

幼馴染「そうだろうか。俺には木村拓哉か福山雅治似のイケメンに見えるんだが」ウーン

病床の女「ナルシストもそこまで突き抜ければ嫌味がないな」




子供「将来はお医者さんになりたい!」大人「絶対ムリ! なれるわけない!」

2017-07-18 (火) 15:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/10(月) 20:56:50.79 ID:tQ42vfWKo


子供「ぼく、将来はお医者さんになりたい!」





大人「あ~、絶対ムリ! なれるわけない!」




【男女】男子「助けて!レ〇プマン!」【R18】

2017-07-14 (金) 00:07  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/07/09(日) 00:14:01.75 ID:9q4dj1660



女子「ちょっと男子!まじめに掃除しなさいよ!」

女B「ホント同級生の男共はガキ臭くて嫌い!」

女C「わたし先生に言ってくる!」

男子「あ゛!ふざけんなよ!先生に言うのは違うだろ!」

女子「いいえ正しいわ!サボってる奴は怒られたらいいのよ!」

男子(最悪だ。集団女子に逆らえば男子は必ず大人に悪の烙印を押される)

男子(こんな時、問答無用で女子を退治してくれるヒーローがいてくれれば...)

男子「クソ!助けてくれー!レ○プマァァァァァン!!!!!!」




台風のリポーター「らめええええええっ! 風が激しいのぉぉぉぉぉっ!」

2017-07-13 (木) 12:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/05(水) 01:53:13.27 ID:CfwqkmKqo


アナウンサー「それでは、台風の情報です」

アナウンサー「史上最大規模ともいわれる台風が、つい先ごろ日本列島に上陸しました」

アナウンサー「さっそく、現場と中継がつながっています」

アナウンサー「リポーターさーん?」




女王「お主は……本当にバカじゃな?」騎士「うはwwおkww」

2017-07-10 (月) 20:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/01(土) 12:31:04.58 ID:ewGlznHSO

とある王国に一人の騎士がいた
孤児だった騎士は幼い頃に騎士団長に才能を見出だされ養子となる
そして今では国内最強の名を欲しいままにしていた

女王「……またもやあやつが手柄を立てたか」

団長「……はい」

女王「……」

団長「……」

女王「……で、いつになったら来るのじゃ?」

団長「すぐに女王様の元へ向かうように伝えたのですが……」

女王「ふぅ……妾を待たせるとはな……」

団長「申し訳ありません……」

その時、謁見の間の扉が勢いよく開かれた




ガキ「ギャァァァァァ! ギャァァァァァ!」男(うるせえなぁ……なんで親は注意しねえんだよ)

2017-06-28 (水) 22:01  オリジナルSS   4コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 02:00:01.90 ID:Ao39kv8ro


ガキ「ヤダァァァァァァァァァァ!!!」

ガキ「イヤァダァァァァァァァァァァァ!!!」

ガキ「コレホシィィィィィィィィィィィ!!!」

ガキ「オガァサァァァァァァァァァァン!!!」

ガキ「ギャァァァァァァァァァァァ!!!」





男(うるせえなぁ……)




魔女「死者に会いたい?」

2017-06-27 (火) 18:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 21:55:03.16 ID:WhiCH+lDO

剣士「はい」

魔女「どうして?」

剣士「…大切な人に一目でいいから再会したい。その一心です」

魔女「ふーん」

剣士「あなたなら、それが出来ると伺って参りました」

魔女「」パチンッ

ゴォォォオオ

剣士「」ビクッ