ボクが如何にして美穂さんのお腹に堕ちたのか(デレマスSS)

2017-02-16 (木) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 09:41:30.53 ID:4Sbe5APxo

※独自設定、キャラ崩れ有り




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 09:42:17.70 ID:4Sbe5APxo

 輿水幸子にとっての小日向美穂という存在を、はたして幸子はどう思っているのかと言われると答えを窮することになる。しかしその理由はけっしてネガティブな意味合いとしてのものではなくて、むしろ大きくポジティブに寄っていると言っても過言ではない。

 曰く、いつも優しい人であり。
 曰く、ボクに負けないくらいにカワイイ人であり。
 曰く、頼れる人である。




渋谷凛「結婚可能年齢が18歳以上になるらしいよ」橘ありす「はぁ」

2017-02-15 (水) 22:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 10:04:45.83 ID:T+UHNKU/0

凛「じゃあ、国会へ行こうか」

ありす「なぜ」


※このSSはフィクションです。
 登場する人物・地名・施設名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
ココ注目⇒『実在のものとは関係ありません』




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 10:05:47.44 ID:T+UHNKU/0

凛「決まってるでしょ、法案をぶっ潰すためだよ」

ありす「物騒ですね」

凛「まだ、提出はされてないみたいだからさ、今のうちに、ね」

ありす「今のうちに、何をするつもりでしょうか」

凛「だから、決まってるじゃない」

ありす「はぁ」

凛「……」

ありす「……」

凛「ぶっ潰す、ためだよ」

ありす「物騒ですね」




二宮飛鳥「I want to be special」

2017-02-15 (水) 20:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:33:23.84 ID:gArNAuVQo


ボクにも普通の女の子だった時期があった。


小 学生の頃は友達の家で騒いだり、そういう子供向けの人形やらで遊んでいたし、
公園で走り回ったり、交換日記で盛り上がったこともある。

中学に入ってからは離れてしまった友人、新たにできた友人、
様々ではあったが良い中 学生活をスタートできた。

誰が誰のことを好きだとか、あの先輩がカッコイイだとか、
昨日のテレビ見た?と、まぁ良くも悪くも中 学生らしい話題だ。


小学校でも中学校でも、普通の女の子らしいことをしていた。

ただ、それも中学一年生までの話だった。




橘ありす「パッションなんかに負けません!」

2017-02-15 (水) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/02(木) 23:06:15.63 ID:4xKDNq0vo


ありす「夕美おかーさん!ありすね、今日もお仕事頑張ったの!」

夕美「そうだねっ、偉い偉い!」

藍子「ふふっ、ありすちゃんは頑張り屋さんですからね」

ありす「うん!ありすもっとがんばるの!それで夕美おかーさんと藍子おねーさんと仲良く暮らすの!」

心「おいおい☆子供が無理しちゃだめだゾ☆」

ありす「ありすこどもじゃないもんっ!」ぷくー

夕美「うんうんそうだねっ。でも辛くなったらいつでも甘えていいんだよ?」

海「ウチらに頼りなさいな!」

ありす「ぐすっ…おかーさん!」ぎゅっ

夕美「よしよし」なでなで

ありす「ふへへ♪」


※キャラ崩壊注意




【モバマスSS】凛「私は貴方の空気清浄機」(物理)

2017-02-14 (火) 20:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆Q/Ox.g8wNA 2017/02/02(木) 10:02:36.89 ID:x/CYjhcL0



凛「じゃあ、空気清浄機ならいいでしょ??」



モバP(何度目かの、担当アイドルからの告白。 それを何時もの様に断ると、凛は俺にそんな事を言い始めた)

凛「プロデューサーとアイドルだから一緒に居ちゃいけないなら、家具になれば良いんだよね?
それならずっと一緒の部屋に居られるでしょ。 うん、空気清浄機、悪くないかな」

モバP(凛は真顔でそんな訳の分からん事を言い始めて、一人で納得している…)

モバP(すまない…凛…、俺は其処までお前を追い込んでしまって居たのか……)


モバP(おかしくなってしまった凛をこれ以上追い詰めないように、俺はその提案を承諾した)


モバP(取り合えず話を合わせておいて、時が解決するのを期待したのだが……)


モバP(しかし凛は一旦は大人しく引き下がったものの、仕事が終わると家に帰る俺に歩いて付いて来た)




【ミリマスSS】いっぱい食べる、君が好きっ♪

2017-02-13 (月) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆Xz5sQ/W/66 2017/01/23(月) 18:41:30.72 ID:kZN2Dh/P0

===1.

 発覚したのは、麗花の抱擁によってであった。
 
 そも、麗花こと北上麗花という人は、何は無くとも親しい人間にハグをして回る性質を持っていた。

 その勢いや全盛期のダッコちゃん人形の流行りにも負けず劣らず。

 行為自体は親愛表現の一つであると理解もできたが、それでも二十歳になる大人の女性が、
 異性同性問わず事務所内の人間に片っ端から抱き着き回って行く姿というのは、
 一種の危機感さえ感じさせる光景だったと言えるだろう。




【ミリマス】瑞希「冬将軍さんですか」

2017-02-13 (月) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/31(火) 05:22:39.20 ID:6SUikWKr0

瑞希「寒いぞ……ぶるぶる」

冬将軍「やあやあ我こそは冬将軍也」

瑞希「冬将軍さんですか」

冬将軍「如何にも。その方は名を何と申す」

瑞希「真壁瑞希と申します」




美希「ドーテーさんを殺す服?」亜美「うん!」

2017-02-12 (日) 22:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/30(月) 19:46:32.44 ID:JEPPI7BZO

美希「なにそれ?」

亜美「知らないのミキミキ?いまツイッターで話題になってるんだよ!」

美希「ミキ、そういうのやらないもん」

亜美「えっとねぇ……」ポチポチ

亜美「こういうやつだよー!」

美希「あー、ガバッーって背中開いてるやつだね。でもそんなんで殺せるかなぁ?」

亜美「おや?つまりミキミキならもっと確実に殺せると?」

美希「当たり前なの!ミキならもっとバキューンズバーンって殺っちゃうもん!」

亜美「それはぜひとも拝見したいですなぁ」

美希「じゃあちょっと着替えてくるから、待ってて」

亜美「ラジャー!」

小鳥(撮らなきゃ…ぜったい撮らなきゃ!)




渋谷凛「続・おっぱい談義」

2017-02-12 (日) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆JH.m.tg0U. 2017/01/29(日) 23:54:46.01 ID:iUCXCROPo

渋谷凛「おっぱい談義」

の続きです。

・キャラ崩壊
・Pは武内Pですがちょっとしか出ません。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 23:55:17.49 ID:iUCXCROPo


凛「はじまるよ」

及川雫「えー?、続けれるんですかー?これー」

凛「何それ杏のまね?」

雫「ちがいますよー」

凛「似てない、主に胸が似てない」

雫「もぉー、なんなんですかー?」




渋谷凛「プロデューサーってヤンデレが好きらしいよ」

2017-02-12 (日) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/30(月) 00:23:27.76 ID:pDVyoE2V0

凛「プロデューサーってヤンデレっていうのが好きらしいよ」

加蓮「へぇ、そうなんだ」

美穂「やんでれ? 新しいお菓子とか、ですか」

美波「専門用語、かも?」

加蓮「違うよ、もぐ……2人とも」

凛「ヤンデレっていうのは……もぐ、好きな女の子のタイプみたいだね」

美穂「……! ということはプロデューサーさんはヤンデレな女の子が好きなんですね……!」

美波「それで、ヤンデレっていうのはどういう女の子なの?」

加蓮「その人が好きすぎて病気に罹ったみたいに病んでるからヤンデレなんだって」

凛「まあ、そうなるかな……もぐ」

美穂「なるほどお……勉強になりますね!」




唐突な当たり前の全裸(デレマスSS)

2017-02-12 (日) 07:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/30(月) 01:04:28.02 ID:NlwnlR5Co


※百合注意
※not台本形式




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/30(月) 01:05:04.76 ID:NlwnlR5Co


 前置きもなく唐突ではあるが、本田未央はピンチだった。どれくらいピンチなのかと言えば、渋谷凛が島村卯月の据え膳をいただかない結果大地震が事務所直下で起きたときよりもピンチだった。
 魔界天使チエリールこと緒方智絵里と魔界天使ミホリールこと小日向美穂によりその大地震はこの世界において起きたという事実すら無くなり世界は無事平穏なものへと書き換え(リライト)されたのだがそれはともかくとして。
 本田未央の心境はそんな大災害にも勝るとも劣らない激しい窮地であった。




【モバマス】モバP「ほろよいゆず」

2017-02-12 (日) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆SIevslU5sU 2017/01/29(日) 22:28:14.98 ID:lRFk10pV0


※未成年者の飲酒は法律で禁じられています




2: ◆SIevslU5sU 2017/01/29(日) 22:30:40.59 ID:lRFk10pV0

-事務所・夕方-

喜多見柚(以下、柚)「ただいまーっ。ふぅ、レッスン疲れたなぁ」

柚「あれ……誰もいない?どこかに出かけてるのカナ」キョロキョロ

柚「なーんだ、つまんないなあ。帰る前に、ちょっと休憩しながらおしゃべりでもしようと思ってたのに」ポフ

柚「あ、テーブルにお菓子とか置きっぱなしだ」

柚「ちょっとだけもらってもいいよね。いただきまーす」ヒョイ

柚「ん、おいしいっ」




亜季「ふいうち」

2017-02-11 (土) 20:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:01:49.00 ID:msX4WDTN0

亜季「おはようであります!」

モバP「ん・・・おはよう」

亜季「ん?いつもよりも元気が無いでありますな?どうされましたか?」

モバP「ん~・・・亜季にはちょっと話せないかな」

亜季「なんと!水臭いでありますプロデューサー殿!お互い背中を任せきったバディに秘密とは!」

モバP「いやしかしだな・・・」

亜季「少しでもプロデューサー殿のお役に立ちたいのであります!」




まゆ「懐かしいギャグを言ってしまう病ですかぁ~!?」

2017-02-11 (土) 18:01  アイドルマスターSS 芸能人   0コメント  
2: ◆Ci3UmwhFqY 2016/12/31(土) 19:29:25.55 ID:FSTPGfYS0

医者「診断結果はそうなります。急な流行病らしくて」

医者「我々も急ピッチで治療法を探しているんですが、まだ原因が見つかっていないんです。処方箋も渡せない状態で、申し訳ない」

まゆ「そんなぁ……!(まゆはアイドルなのに、こんなことでは仕事に支障が出てきちゃいますよ。それに、Pさんに何と言ったらいいんでしょう)」

医者「他にもこの症状を訴える方がいらっしゃるので、治療法が発見されたら真っ先にお呼び致します」

まゆ「できるだけ早くお願いしますよぉ……」




亜美「いおりんが恋ダンスに巻き込まれて死んじゃった」

2017-02-11 (土) 15:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 17:07:05.85 ID:aLODUUf4o

千早「えっ!?」

P「どういうことだよ……」

真美「どうしよぉ……ううっ……」

亜美「亜美のせいだ……」

P「伊織! 伊織……よかった、気を失っているだけだ」

千早「どうしてこんなことになったの?」




赤城みりあ「みりあもやーるー!」

2017-02-11 (土) 07:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆2wkKjIoMxY 2017/01/29(日) 00:12:13.48 ID:ZzL5fFOi0



みりあ「あ、凛ちゃん! なにしてるのー?」


凛「……ん、みりあちゃん。事務所に持って来てた花の手入れをね」


みりあ「あ、お家お花屋さんなんだっけ?」


凛「そうだよ」


みりあ「いい匂い?」


凛「そう……だね。いい匂いだよ。いつも」


みりあ「…………」


凛「?」


みりあ「みりあも!みりあもやーるー!」




【モバマス】人体の60%は白菊ほたるで出来ている

2017-02-10 (金) 22:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:00:18.82 ID:g0I15/JDO

比奈「原稿終わったあああああああああ」

比奈「NKT……今ここに、荒木比奈伝説の第一章閉幕ッ。次回作にご期待しないでください」

比奈「……あれ、予定表見ると」

比奈「……もしかして、ひょっとしたら、コピー本のひとつくらいなら形にできるんじゃ」

比奈「…………」

比奈「馬鹿言ってないで取り敢えず水飲むスか」




モバP「二つ消える現象?」

2017-02-10 (金) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆O6aPCJnNQlBH 2017/01/28(土) 21:58:15.67 ID:EiS6StBj0

モバマスSSです
キャラ崩壊注意




2: ◆O6aPCJnNQlBH 2017/01/28(土) 22:00:24.37 ID:EiS6StBj0

モバP(以下P表記)「おはよーございまーす」ガチャ

乃々「あ、プロデューサーさん………
今入ると………」

小梅「まずいかも………」

P「え?」

乃々「は、入ってしまいました…………」




千川ちひろ「モバPさんが普段から被ってるPの形をした被り物が置いてある…」

2017-02-10 (金) 07:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/27(金) 20:40:04.82 ID:5vcXZSeIo

ちひろ「珍しく一番乗りで事務所に来たと思ったら…なんでここにあるのでしょうか…」

ちひろ「…」

ちひろ「被りごこちはどうなんでしょうか…」

ちひろ「まぁ、被ればわかりますよね!」カポッ

ピカァァァァァァァァァ

ちひろ「えっ!なんですか!」




グリP「茜ちゃんだからセーフ」

2017-02-10 (金) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/26(木) 23:04:20.65 ID:cXwgjrx50

グリP「……んっ、朝か」

茜「おはようプロちゃん」

グリP「………………え?」

茜「おっ、はよー! ぷ、ろ、ちゃーん!」

グリP「うっ、耳元で叫ばないで茜ちゃん」

茜「プロちゃんの寝顔かわいいね、茜ちゃん惚れ直しちゃったぞ」

グリP「…………なんで?」

茜「にゃ?」

グリP「どうして茜ちゃんが俺の横で寝てるの?」

茜「え、まさか昨日のこと覚えてないの?」

グリP「覚えてないけど。っつーか、茜ちゃん上半身裸、……え、あれ」

茜「プロちゃんも裸じゃん」

グリP「マジっすか?!」ガバッ

茜「ほらね」

グリP「………………」

茜「………………」

グリP「うわあああああああマジじゃあああああああああああああん!」