翼「ジュリアーノが浮気してる!」

2018-06-17 (日) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/05(火) 20:51:46.10 ID:jIUWpScWo

翼「みきつばキテますよ美希先輩!」

美希「キテねーの」

翼「ひどーい! あ、私今日オフなんです。デートしましょ♪」

美希「翼ってホント脈絡ないの。ミキ今から仕事だから。バイバイ」スタスタ

翼「えー! ──行っちゃった」

翼「も~、つまんな~い」

翼「……」

翼「じゃあジュリアーノとデートしよーっと♪」




【シャニマス】恋鐘「演技力ば磨こー!」

2018-06-16 (土) 21:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 22:30:11.23 ID:Zc1n48Fy0

恋鐘「トップアイドルには演技力が必須ばい! やけん、これから特別レッスンばしよう!」バンッ

咲耶「レッスン?」

摩美々「わけ分かんないんですケド」

恋鐘「昨日、カラオケ行く前にやりたかことあるって言うたやろ? それがレッスンばい!」

摩美々「せっかくのオフなのにー、練習なんてめんどーなことやるんですかー?」

結華「まあまあまみみん、話を最後まで訊いてもいいんじゃない?」

霧子「恋鐘ちゃん……それってどんなレッスンなの?」

恋鐘「内容を知れば、面倒くさがり屋な摩美々も、きっと楽しゅう取り組めるばい!」ニコニコ

恋鐘「説明する前にもう1人来るけん、待っとって」

咲耶「もう1人? 私たちの他に誰が……」

恋鐘「あ、来た!」

スタタタッ

P「みんな待たせてごめん! 休日はいつもゆっくり寝てて、その癖で寝坊して……!」

霧子「プロデューサーさん……!」

咲耶「私服姿は新鮮だね」フフ

摩美々「遅れた罰としてー、あとでみんなに美味しいもの食べさせてくださいねー」フフ

P「う……まあ仕方ないな」

結華「それで? Pたんまで呼んで、どんなことするの?」




【モバマス】桃華「外道の華」

2018-06-16 (土) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 15:43:36.74 ID:75eM82XC0

お久しぶりです。はじめまして。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 15:44:42.94 ID:75eM82XC0


 ──ひどい雨は情けというものを持っていない。

 しずくのひとつごと、体温が抜け落ちてゆくような感覚だった。やたらにかちかちと耳の奥がうるせえなと思ったら、おれの口が震えて上下の歯をしきりに打ち付けている。

 どこまで逃げればいいだろう。

 あるいは、どこまで行っても、もはやおれに良き場所など残っていないのかもしれない。

 それでもほんのわずか可能性があるならばと、おれは両脚を動かした。

 僥倖を頼むしかなかった。それが神がもたらすものでも、悪魔が差し出すものであったとしても。

 灰に埋もれたような色の空で、走る稲光は避雷針に寄せられる。

 おれが向いていた方角に古びた尖塔があった。たしかあれは、もうずいぶん前に打ち捨てられた教会だったか。

 閃光ののち、轟音。思わず目を伏せる。

 壊れてしまうのではないかと思ったが、廃墟は依然としてそびえてあった。おれは疲弊に崩壊しそうな体を引きずって、その中へ転がり込むことにした。




真美「おねーちゃん」

2018-06-16 (土) 07:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/30(水) 12:12:59.33 ID:Z+fwXdyD0

こんにちは、投下していきます

・765アイマスssです
・完全にif物となります。
・書き溜め済みです
・細心の注意を払いますが誤字脱字の場合脳内補完お願いします

以上の項目でお願いします




P「ほたほたを吸わせてくれ!!!!」ほたる「????」

2018-06-15 (金) 21:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆ns/i7X3zJa3t 2018/05/29(火) 22:41:20.33 ID:X/r4sXRC0

モバマスSSらしいです

ほたるさんだけのSSではないみたいです

まゆさん日菜子さんほたるさんとPが主に出てくるようです




2: ◆ns/i7X3zJa3t 2018/05/29(火) 22:41:55.03 ID:X/r4sXRC0

P「ほたる!!!」

ほたる「ひゃっ! ……は、はい」

P「ほたほたを吸わせてくれ!」

ほたる「はい?」

P「ほたほたを吸いたいんだ!」

ほたる「えっと……ほたほたってなんですか……?」

P「ほたほたはほたるから出るアレだ」

ほたる「……?」ほた…

P「そう! それ! それほたほた!」




【モバマス】菜々「温泉旅行に行きたいです」 P「え?」

2018-06-15 (金) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/14(月) 23:56:36.16 ID:dTujQgcW0



カタカタカタ

P「……」カタカタカタ

ちひろ「プロデューサーさん、お先に失礼します」

P「お疲れ様です」

ちひろ「まだ残ってるんですか?」

P「はい、総選挙関連の仕事が終わってないので」

ちひろ「総選挙……終わったら終わったで大変ですね。ライブや収録、取材にテレビ出演、色んなイベントがあります」

P「嬉しいことですよ。アイドルにとっても俺にとっても。ファンの方に感謝しないと」

ちひろ「そうですね」クスッ

ちひろ「張り切るのはいいですけど、体調を崩さないようにしてください。みんな心配しますから」

ちひろ「これ、差し入れです。よかったら食べてください」スッ

P「ありがとうございます」

――――

カタカタカタ

P「ふぅ……一区切りついたか」

P「うわ、もうこんな時間か。そろそろ帰らないと……」

ガチャ

P(ん? まだ誰かいたのか)




【シャニマス】はづき「Pさんと千雪さんの仲が良すぎる」

2018-06-15 (金) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 04:40:40.70 ID:ul8676bx0

はづき(おはようございます~七草はづきです)

はづき(私はアイドルプロダクションの283プロで事務員をやっているんですが~)

はづき(そんな283プロのPさんはアイドル達をトップアイドルにするべく日々頑張っていて)

はづき(的確な会話によりアイドル達とのコミュニケーションもバッチリ)




【シャニマス】P「ツイスターゲーム?」

2018-06-14 (木) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/10(木) 07:18:30.75 ID:4bUMaSRA0

真乃「はい。めぐるちゃんが、楽しそうだからって持ってきたんです」

灯織「め、めぐる……足が邪魔……!」プルプル

めぐる「しょうがないよー。こういう指示なんだもん」

P「それで今ちょうどやってるところか」

めぐる「えへへ、楽しいよー! 体を柔らかくできるし」

灯織「こんなので柔らかくなったら苦労は……きゃっ!?」

バタンッ

めぐる「はい灯織の負けー!」

灯織「今のは、めぐるが体重をかけてきたせいでしょ。上から降りて」

めぐる「ごめんごめん」ササッ

真乃「これで優勝はめぐるちゃん! さすがだねっ」

P(トーナメント戦だったのか……)

めぐる「優勝っていい響きだねー!」

めぐる「あ! ねえねえ、プロデューサーもやらない?」

P「は?」

めぐる「やろうよ! シード枠で、私と対戦しよう!」




黒井「キスをしないと出られない部屋だと!?」高木「そのようだね」

2018-06-14 (木) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/23(水) 22:49:39.45 ID:WWD7dky20

黒井「なんなんだこのふざけた部屋は!?」


黒井「私はただ家へ帰ろうと扉を開けただけだぞ!」


黒井「それがどうして私の家じゃなくて私にふさわしくない四方八方ピンク色の部屋に飛ばされてしまうんだ!」


黒井「しかもなんで高木がいるんだぁ!!!」


高木「さぁ、私も正直驚いたよ」




北沢志保「別にPさんには興味ありません。死ぬほど好きですけど」

2018-06-13 (水) 21:01  アイドルマスターSS   1コメント  
1: ◆vsZ0dcIsLo 2018/04/20(金) 21:29:44.13 ID:VRJztV3E0

P「志保、この前の取材だけど」

志保「なに下の名前で呼んでるんですか。やめてください」

P「えっ」

志保「いずれはあなたの姓になるんですから今だけは苗字で呼んでください」

P「ごめん、北沢さん」

志保「なに苗字で呼んでるんですか」

P「えっ」

志保「名前で呼んでください。寂しいじゃないですか」

P「し、志保……?」

志保「なんで言わないとわからないんですか?一生隣で囁いてあげますけど」

P「……」




伊織「手のひらからクッキーが出てくるようになったわ」

2018-06-13 (水) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/04(水) 21:21:29.52 ID:nHTCHH1do

ポロポロ
伊織「・・・でしょ?」
P「・・・ああ、そうだな」

P「手のひらからチロルチョコが出てきた」
の続き?です。




P「手のひらからチロルチョコが出てきた」

2018-06-12 (火) 21:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:36:50.07 ID:LUcLGplOo

ポロポロッ コロン
P「・・・な?」

伊織「な?じゃないわよ!」




【モバマス】文香「目がぁ・・・目がぁ・・・」

2018-06-11 (月) 21:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/23(水) 19:14:36.37 ID:icHwoa4U0

文香「プロデューサーさん・・・おはようございます」ガチャッ

P「おー、おはよう・・・っ!?」

P(文香の顔に、痛々しい眼帯がされてあった)

P「文香、どうしたんだその目」

文香「その・・・転んだ拍子に目を怪我してしまいまして・・・完治まで後二日ほどかかるそうです・・・」

P「そ、そうか・・・ちゃんと治るんだな。良かった」

P「しかし、そんな状態でレッスンとか仕事とかできるのか?」

文香「ご心配なく・・・今日と明日、二日ともレッスンはありませんし、お仕事はドラマの収録だけです」

文香「『敵組織に片目を奪われた、主人公の姉』の役ですから、ビジュアル的にも問題ありません」

P「何でそんなドンピシャの仕事持ってきたんだろう俺」

P「とにかく、問題ない・・・んだな?それじゃ、収録現場まで送っていくよ」スタスタ

文香「はい・・・っ!」ヘゴチン

P(振り返ると、文香が壁に激突していた)

文香「う、うぅ・・・」サスサス

P「大丈夫か!?」

文香「は、はい・・・痛いだけで、特に・・・」

P「そ、そうか。しかし、どうして急に壁にぶつかったり・・・」

ありす「説明しましょう」ヒョッコリス

文香「ありすちゃん」

ありす「そもそも、我々には何故眼球が二つ付いているのか・・・それは、物体や景色を多角的、立体的に見るためです」

ありす「故に今、使える目が一つしかない上、元より読書漬けで平面的にしか目を使ってこなかった文香さんは・・・」

P「文香さんは・・・?」

ありす「遠近感覚ゼロ文香さんなのです!」ロンパァ

P「遠近感覚ゼロ文香・・・!?」



P「なるほど。それでさっき壁にぶつかっちゃったりしてたんだな・・・」

P「しかし・・・このままだと文香はたんこぶだらけになってしまう。やはり今日は大事を取って、お家へ帰るべきでは・・・?」

文香「そんな・・・お仕事に穴を開けるわけには・・・」

ありす「問題ありません。私にいい考えがあります」

P「いい考え・・・?」

ありす「プロデューサーさんが文香さんと腕を組んで、エスコートしてあげれば良いのです!」ロンパァ

文香「!?」




灯織「ちょっとしたアプローチ」

2018-06-10 (日) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:20:11.07 ID:PPVJBvgM0


シャニP(以下、P)「…………」カタカタ

P「よし、これでひと段落かな」

P「んーっ……っと、時間は?」グーッ

P「あれ、もう10時か」

P「結構長い間作業続けてたな……」グゥ

P「腹減ったな……」

P「……よし!」スタッ




【ミリマス】莉緒「何で私が仲間はずれなのよ!」

2018-06-09 (土) 21:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/20(日) 16:00:31.27 ID:sInRf0fvO

バンッ!!

莉緒「あ!やっと見つけた!プロデューサーくん!」

P「おお、莉緒おつかれ」

莉緒「ちょっと聞きたいことがあるんだけど!」

P「なんとなく察しはつくな」

莉緒「新しくはじまるドラマ!なんで私をいれてくれないの!?」

P「しょうがないだろ。あのドラマは当て書きでつくってるんだからこっちにキャスティング権はないんだ」

莉緒「でもでも~!」

P「まあまあ、莉緒はこの前エレオノーラ役やったろ?」

莉緒「それとこれとは別!せっかくシアターのアダルト組でドラマも主題歌もやるのに蚊帳の外なんてイヤなの!」


プロデューサーと莉緒が駄弁るだけのSSです。
書きだめもナシです。




まつり「夢の中のわんだーらんど」【ミリマスSS】

2018-06-09 (土) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆bncJ1ovdPY 2018/05/21(月) 01:03:48.20 ID:TVHSZCU70

~とある公園~

まつり「……」そわそわ

まつり「……?」
まつり「あ、プロデューサーさん!やっと来たのです!」とてとて

まつり「何って……姫はプロデューサーさんのこと、ずーっと待っていたのですよ?」




【モバマスSS】卯月「お腹を痛めて産んだ子が、どう見ても凛ちゃんなんです・・・」

2018-06-08 (金) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆Q/Ox.g8wNA 2018/05/18(金) 07:24:36.24 ID:dvoxjTBxO

モバP「ただいまー・・・」

卯月「お帰りなさい、貴方。お疲れ様です」

モバP「ああ、すまんな。毎晩遅くまで。会議が長引いてな・・・」

卯月「うふふ、この時期はどうしてもそうなっちゃいますよね・・・、大丈夫です。
私も元アイドルですし、理解ってますから・・・。 お食事はどうします??」

モバP「いや、済ませてきた。・・・・・・葉月はもう寝てるのか??」

卯月「ええ、さっきまでは起きてたんですけど、うつらうつらし始めましたので、寝る様に言いました」

モバP「そうか・・・。もうお前が横に付いてなくてもグズらないようになったんだな・・・」

卯月「うふふ、何時の事を言ってるんですか・・・。もうあの子も来年には中 学生なんですよ??」

モバP「そうか・・・大きくなったよなぁ・・・。もうこの歳になると月日が飛ぶ様に過ぎていくからな・・・」

モバP「気付いたらアッというまにお嫁に行っちゃうんだろうなぁ・・・」

卯月「うふふ・・・何ですか、もうオジさんみたいに・・・」

モバP「はは・・・・もう充分オジさんだよ」

卯月「うふふ・・・・・」

モバP「あはは・・・・・」

卯月「・・・・」

モバP「・・・・」




王子様と事務所で【シャニマスSS】

2018-06-07 (木) 07:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆RDGcisPe7c 2018/05/17(木) 16:10:56.58 ID:gI+5qT850

※プロデューサーはユニットごとにいるという設定で書いてます。




2: ◆RDGcisPe7c 2018/05/17(木) 16:12:57.78 ID:gI+5qT850

(283プロ事務所)

咲耶「………」ペラッ

P「………はい。それでは当日よろしくお願いします、失礼します。よし、決まった。」

咲耶「仕事の電話かい?」

P「ああ。週末アンティーカ全員でラジオのゲスト出演だ。」

咲耶「了解。しかし、アイドルというのは本当にラジオのお仕事が多いね。ここに入って何のレッスンもせずいきなりラジオに出演させられた時は驚いたよ。」

P「アイドルというか、ウチの方針だよ。ラジオって、意外とメンタルが鍛えられるだろ?アイドルは1にメンタル2にメンタルってのが社長の自論だからな。」

咲耶「なるほど、オーディションで手厳しい事を言われる場合も多いしね。メンタルがタフでないと乗り切れないだろうな。」

P「そういう事だ、頼んだぞ。ところで。」

咲耶「ん?」

P「オフだってのにわざわざ事務所に来て、ファッション誌ずっと読んでるだけでいいのか?せっかくアンティーカ全員をオフにしたんだ、皆で遊びにでも行けば良かったのに。」

咲耶「あいにく、結華は大学のレポート締め切りが近いとやらで、摩美々も学校の課題が似たような状況らしい。恋鐘は遊びに来た地元の友だちの東京案内をするそうだし、霧子は久しぶりに病院のお手伝いに行きたいとの事でね。私は全員にフラれてしまったというわけさ。」






杏奈「隠されたプレゼントは」【ミリマスSS】

2018-06-07 (木) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆bncJ1ovdPY 2018/05/31(木) 21:32:39.93 ID:NCSemX/D0

百合子「……」カチャ…
百合子「……」カチャ…

百合子(明日は杏奈ちゃんの誕生日)
百合子(杏奈ちゃんには毎年プレゼントを贈ってるけど、今年は手作りにチャレンジしてみてる)
百合子(とは言っても複雑なものは作れる自信が無いから、手軽でいつでも使えるようにブレスレットにした)

百合子「……よし、この辺でいいかなっ」




紗枝めし!【小早川紗枝とチキン南蛮編】

2018-06-06 (水) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆ytRfQhDR4R7A 2018/05/13(日) 23:54:26.97 ID:/9VHu1mJ0

モバマスSSです

紗枝はんとモバPが飯食うだけです

何!?もう総選挙の発表なのか!?


言葉遣い間違ってても堪忍してや




2: ◆ytRfQhDR4R7A 2018/05/13(日) 23:56:13.98 ID:/9VHu1mJ0

紗枝「う~ん……どないしよ……」

モバP「どうかしたのか?」

紗枝「ちょっと困ったことなったんやけどなぁ。誰か手伝どうてくれへんやろかなぁ?(チラッ)」

モバP「……俺に出来ることでよければ手伝うが?」

紗枝「あら?ほんまに?助かるわぁ」

モバP「露骨な視線くれた癖に何言ってやがる」

さぁ?何のことやろなぁ?ふふっ

モバP「で?困った事って何だ?」

紗枝「今晩の夕食何にしよっかなぁって」

モバP「さーて、仕事仕事っと」

紗枝「ああっ、ちょっと待ってぇな」