北沢志保「プロデューサーさんが……ロリコン……?」

2017-11-15 (水) 21:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆C2VTzcV58A 2017/11/04(土) 12:41:45.23 ID:EgLUYznMO

志保「はじめは、頼りなさそうな人だと思っていました。なんだか覇気が感じられなくて、本当にこの人と一緒にいて大丈夫なのかって」

志保「でも、時間が経つにつれて、あなたの優しさを知って……一緒にいると、安心できるようになって」

志保「そして、気づいたんです。私の気持ちに」

志保「あなたを……愛しています」

P「………」

P「残念ながら、俺は君の気持ちに応えることができない」

志保「……どうしてですか」

P「なぜ俺が、君の想いを受け入れることができないのか。その答えはただひとつ」


P「俺が……世界で一番のロリコンだからだァ! ヴェァーハハハハッ!!」

志保「あなたが……ロリコン……? 嘘よ……私を騙そうとしている……」

P「ッヘーイ」

志保「うわああああああ!!」






志保「ありがとうございます。演技の練習に付き合っていただいて」

P「それはいいんだけど、なかなかエキサイトな台本だな。これ」

志保「愛する人がロリコンだった女性の物語……男女の想いのすれ違いがテーマですね」

P「悲劇だなあ」

志保「悲劇を悲劇らしく表現できるよう、演技を磨いていかないと……」




【モバマス】モバP「もっと! キレ宮由愛」由愛「誕生日、なんですけど……」

2017-11-15 (水) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆zxtOjfgFP2 2017/11/03(金) 23:10:17.87 ID:cnNvWQTi0

23:10


モバP(以下P)「……」

由愛「……」

P「……あ、あの、成宮さん」

由愛「成宮なんて人知りません」

P「……由愛さん」

由愛「ぷいっ」

P「もう、夜も遅いし、ね?」

由愛「知りません……」

P「……あの、腕、僕の腕は」

由愛「離しません……!」ぎう




武内P「今日はぁ、ハピハピするにぃ☆」

2017-11-15 (水) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/03(金) 20:33:50.46 ID:9zaCrVBXo

きらり「……」

武内P「あの……どうでしたか、諸星さん」

きらり「……」

武内P「すみません、何か仰ってください……諸星さん」

きらり「今日は、莉嘉ちゃんと、みりあちゃんを、よろしく、お願いします」

武内P「はい、今日のレッスンは……はい……あの、本当にすみませんでした……」




真美「亜美~お腹すいたー!」亜美「そうだね!」

2017-11-14 (火) 21:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/03(金) 10:12:37.09 ID:WS0ORYQwo


真美「というわけで何か食べ物買ってくるよ!」

亜美「あいよ、よろしく!」

真美「亜美は何が食べたい?」

亜美「ん~甘いものかな?」

真美「オーケーオーケー、というわけで、はい!」サッ

亜美「……なに?この手は?」

真美「んもう亜美!さっしが悪いYO?お金だよお金!」

亜美「え?」

真美「実は財布を家に忘れてきてね……だから亜美、お金貸してちょ!」

亜美「………」

真美「……亜美?」

亜美「……亜美も…家に財布忘れてきたんだけど……」

真美「………」グ~

亜美「………」グ~




五十嵐響子「甘えんぼのきょーこちゃん」

2017-11-14 (火) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/03(金) 03:20:37.09 ID:6LPfu3Le0

 モバマスの五十嵐響子のSSです。
 シンデレラガールズ劇場の第921話が元ネタです。
 独自解釈、キャラ崩壊などありますためご注意ください。

 主に台本形式で進みます。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/03(金) 03:21:44.66 ID:6LPfu3Le0


モバP(以下P表記)「うん」カタカタカタ

P「…………ん? なんて?」ピタッ

響子「で、ですから、あのぅ……」


響子「――わ、私ももっと、プロデューサーさんに甘えてみたいんです!」




【モバマス】上条春菜「こだわりメガネ?」

2017-11-14 (火) 07:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/03(金) 02:15:41.60 ID:NfRfqCub0


晶葉「これをかければとくこうが1.5倍になるぞ」

晶葉「その代わり同じ技しか出せなくなるがな」

春菜「とくこう?なんですかそれ?」

晶葉「なんでもポケモンの特殊技の威力に関わる数値らしい」




武内P「ムラムラ、ですか」

2017-11-14 (火) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 21:53:22.12 ID:cGjd5M2uo

アーニャ「ダー♪ ムルァムルァ(以下、ムラムラ)です♪」

武内P「……」

美波「……」

アーニャ「ムーラムラ♪ ムーラムラ~♪」

武内P「新田さん、あの、あまりこういう言葉を教えるのは、その……」

美波「!? わ、私が教えた訳じゃないですよプロデューサーさん!?」




武内P「『次はお前だ』」

2017-11-13 (月) 21:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/02(木) 16:52:58.55 ID:mlPmKAgWo

武内P「『三村かな子に気をつけろ』……?」

武内P「覚えの無いメモ書きがデスクに入っていましたが……」

武内P「……」

武内P「疲れて、いるのかもしれませんね」

武内P「このメモも、恐らく以前三村さんの体重管理をした時のものでしょう」

武内P「……」

武内P「……――さて、そろそろキャンディアイランドの皆さんを送り届ける時間ですね」




飛鳥「小 学生メイド?」

2017-11-13 (月) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆VlC8r8Zzak 2017/11/02(木) 00:41:33.19 ID:oy/o7ce30

モバマスSSです

キャラ崩壊注意です

越境はありません、名前は出てきます




2: ◆VlC8r8Zzak 2017/11/02(木) 00:42:18.53 ID:oy/o7ce30

P「そう、小 学生メイド」

飛鳥「なんなんだそれは…」

P「いやね、この前765のプロデューサーさんと合同ライブのことについて話してたんだけどね」

P「その途中にアイドルについての話になってね」

P「飛鳥とデュエットする北沢志保って子、あの子の話になったんだよね」

飛鳥「ふうん」




【モバマス?】男A「これより『346プロアイドルそっくりさんAV』企画会議を始める」

2017-11-13 (月) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 23:22:44.90 ID:cDPhgxqz0

殆ど下ネタとなっております




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 23:23:40.99 ID:cDPhgxqz0

A「このプロジェクトは、我が社の社運が掛かっている。わかっているだろうが」

B「ああ…本当に大変だったな…」

C「街中でスカウトして、断られることも数多く…。よくやったと我ながら思いますよ」眼鏡クイッ

A「そりゃそうだろ。『アイドルになりませんか?』ってスカウトする馬鹿がどこにいんだよ。俺たちがやろうとしてるのはアイドルのそっくりさんとして男優とお〇んこするビデオだろうが」

B「名刺渡した瞬間ぶん殴られたりしたよなお前。人間ってあそこまで飛ぶんだって思ったわ」

C「名刺だけでも」

B「それ外で言うなよ?あの目つき悪いプロデューサー、そこそこ人気あるみたいだからファンにリンチされるぞ」




【再】モバP「金がないからオークションに私物を出品することにした」

2017-11-12 (日) 18:01  アイドルマスターSS   1コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 01:46:29.22 ID:v+awCSi8O


注意書き

モバマス

二次創作

誤字脱字

キャラ崩壊

二番煎じかも

かなり前にスレを落としてしまってしかもトリップも忘れてしまいましたがそれでも良い方で

以上がOKな方で




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 01:47:33.00 ID:v+awCSi8O


モバP「給料日前まで残り五日……」

モバP「……」パカ

モバP「財布の中には小銭のみ」

モバP「ああ、畜生! 大体友紀達が飲み過ぎなんだよ! 一夜にして10万も酒代だけで吹っ飛んだの初めてだわ!」

モバP「はぁ……まぁ、酔っ払って正常な判断が出来なかった俺も悪いよな」

モバP「こうなっちゃ仕方がない。物を売ってお金を増やすしかないな」




【ミリマスSS】桃子「あなたに歌えば」

2017-11-12 (日) 07:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/10/31(火) 22:22:06.27 ID:sIBhOQZK0


元ネタ
『singin' in the darling(終わりのテーマ)/青木佑磨』
『嘘/学園祭学園』
『ココロがかえる場所/LTP12』
『茜ちゃんメーカー エピローグ』




2: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/10/31(火) 22:22:33.84 ID:sIBhOQZK0




『誰かが見た夢の中 それは幸せな』








モバP「続・サキュバスアイドル水本ゆかり」

2017-11-12 (日) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/10/30(月) 20:14:48.89 ID:ubwWHrg5O

ありす「合同ライブ、ですか?」 杏「うへぇ……」

2017-11-11 (土) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆fuWkWfr/Bc 2017/10/31(火) 21:02:19.03 ID:vBR8DJ32o


※モバマスSSです

※ありすと杏がメインです

※続き物です。前作と繋がっています。

 前々作: ありす「あのっ!」 杏「んぁ……?」

 前作: ありす「ユニット活動、です」 杏「ふわぁ~」




亜美「お菓子ちょうだい!」真美「ちょうだい!」冬馬「ねぇよ」

2017-11-11 (土) 15:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 20:12:07.29 ID:kfrwdGvp0

亜美「えー!なんでないの!」


真美「今日は何の日なのかわかんないの!?」


冬馬「いやわかるしさっきまで持ってたぞ、ただ全部配ってなくなっただけだぜ」


亜美「ちぇー、どうやら間に合わなかったみたいだね真美」


真美「そうだね亜美、あまとうの作ったお菓子はおいしいって地味にアイドル業界で有名なのに」


冬馬「なんだ?そんなに食いたかったら作ってやってもいいぞ?」


真美「本当!?」


亜美「本当に本当!?」


冬馬「ああ、だが今はもう時間ないしお前たちに渡すのは来週の土日あたりになるが」


真美「それじゃあハロウィン終わっちゃうじゃん!」


亜美「ハロウィンにお菓子もらわなきゃ意味ないよー!」


冬馬「んなこと言われてもなぁ…」




ちひろ「にゃーにゃー」みく「えぇ……」

2017-11-11 (土) 07:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆R4LxbbyKhE 2017/10/31(火) 06:52:54.03 ID:mUO1BmW30

【モバマス・デレステSS】です


――――10月31日、プロダクション、事務室

みく「え、えとちひろさん? 確かにみくはもっとネコチャンっぽくするといいにゃとは言ったけど、そんな」

ちひろ「にゃー」スリスリ

みく「ほ、頬ずりしちゃだめにゃ! Pチャンや李衣菜チャンにもまださせたこと……じゃなくて!」

ちひろ「にゃー!」ポフポフ

みく「あ、頭も優しく叩いちゃだめにゃ……こんな、もう! ちひろさんしっかりするにゃー!」

ちひろ「にゃぁ……?」キョトン

みく「うっ……そ、そんな可愛い顔してもダメにゃ……というか、ちひろさん、そんな顔も出来て……」

ちひろ「にゃにゃ!」ニッ

みく「んぅ……こ、これはまずいにゃ、こんな姿のちひろさんを見られたらまたみくの猫キャラの立場が危うくなるにゃ」

ちひろ「にゃぁん♡」スリスリ

みく「はぅ! あ、で、でもこのちひろさんほんとヤバイにゃ……頭おかしくなっちゃいそうにゃ……///」

ちひろ「にゃ!」




モバP「人の夢、夢の夢」

2017-11-10 (金) 21:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/10/27(金) 01:48:14.67 ID:BgDy04SY0



-もう俺がいなくても大丈夫だよな-


凛「え?ど、どうしたのいきなり」

-凛ももう立派な人気アイドルなんだし、これからは1人で平気だろ?-

凛「ちょ、ちょっと待ってよ!突然どうしてそうなるの!?」

-ゴメンしぶりん。私たち新しいユニット組む事になっちゃってさ-

-凛ちゃんならソロでも絶対売れますよ!私たちも負けないように頑張りますね!-

凛「ふ、2人まで何を言ってるの…?ねぇ、冗談だよね?」

-今までありがとうな。これからは元担当として、ファンの1人として応援するからさ-

凛「待って!ねぇドッキリなんでしょ?だ、騙されないよ…ほらカメラどこ?ねぇ」

-それじゃあね、しぶりん-

-頑張ってください!-

凛「ねぇお願いだから待って!嫌だよ私!1人にしないで!!」

-元気でな。凛-

凛「待ってってば!やだ、やだよ!お願いだから置いていかないでよ!1人にしないで!!」








凛「やだぁ!!」ガバッ

凛「ハァ…、ハァ…!」

凛「……あ、あれ……?」

凛「…なんだ、夢か…そうだよね、夢だよね…」

ハナコ「クゥン…」

凛「あ、もう…お腹の上に乗っからないでっていつも言ってるじゃない」

ハナコ「ワフゥ」

凛「お陰で酷い夢見ちゃったよ…うわっ凄、寝汗…」

ハナコ「ごめんね?」




周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」

2017-11-10 (金) 07:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆5AkoLefT7E 2017/10/30(月) 23:22:45.12 ID:d6iWUB+L0


~楽屋~



天海春香「も、桃子ちゃん……」

松田亜利沙「そ、そんなことないですよ!」

周防桃子「ウソだっ!」

ガチャ

横山奈緒「おはようさん~! 今日の収録、頑張ろ……あれ? どしたん?」

桃子「……奈緒さんもグルなんでしょ」

奈緒「へ?」

福田のり子「さっきからずっとこの調子で……」

桃子「今までは我慢してたけど、もう限界だよ!」

春香「も、桃子ちゃん……」




武内P「また、捕まってしまいました」

2017-11-09 (木) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/30(月) 20:22:27.50 ID:iY+WU1Rbo

未央「あー……それなら仕方ないかー」

凛「正直、プロデューサーが職務質問されるのには慣れたよね」

卯月「も、もう! それで、大丈夫だったんですか?」


武内P「今回は、二人の内一人が以前、その……お世話になった方だったので」


未央「あはは! 警察の人の方も慣れて来てるじゃん、それ!」

凛「ふふ、警察にお世話になるのに慣れるって、物凄く人聞きが悪いよね」

卯月「ふ、二人共~! あんまり笑っちゃかわいそうですよ!」

武内P「……」




小日向美穂「プロデューサーさんinプロデューサーくん」

2017-11-09 (木) 07:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/30(月) 12:23:06.23 ID:jy2g7gfM0

 モバマス、小日向美穂メインのSSです。
 独自設定的なものが多々ありますのでご注意ください。

 主に地の文で進行します。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/30(月) 12:24:37.02 ID:jy2g7gfM0

 寮の部屋の扉が開く。

「ふぅ~、疲れたぁ……」

 入って来るのは、大事な担当アイドル、小日向美穂だ。
 今日も仕事に学校にと頑張ってきたのだろう。流石にくたくたのようで、荷物を置くなり「んっ」と伸びをした。

 俺はそれを、室内から見ている。

「ご飯食べて、お風呂入って……あ、そうそう、お仕事の資料も読んでおかなきゃ……」

 美穂はやることを指折り数えながら、ベッドの上の俺を見てにっこり笑った。

 無駄な前置きは省く。
 そもそも何故こうなっているのかわからないのだから。

「――ただいまっ、プロデューサーくん!」


 俺の意識は今、白いクマのぬいぐるみこと「プロデューサーくん」の中にあるのだ。