モバP「ノースリーブのタートルネックってエロくない?」渋谷凛「……え?」

2018-02-11 (日) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆TOYOUsnVr. 2018/02/02(金) 01:44:50.92 ID:BHsgrPsN0


凛「いや、えっ?」

P「ノースリーブのタートルネックってエロくないですか、って」

凛「それ。私を見て言ってる?」

P「他にどこにノースリーブのタートルネックがいるって言うの」

凛「なんでちょっと偉そうなの」

P「で、ノースリー」

凛「もうわかったから、三回も言わないで」

P「はい」

凛「それで? なんだっけ。私の今の恰好がその、卑猥に見えるわけ?」

P「卑猥って言い方はなんか違う」

凛「うん。それはそうだよね。普通の服着てるわけだし」

P「わかんないかなぁ」

凛「ごめん。本気でわからない」




モバP「17歳になったら同世代アイドルがはっちゃけた」

2018-02-10 (土) 18:01  アイドルマスターSS   1コメント  
1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/01/26(金) 01:15:10.72 ID:LxInPwDk0

志希「やっほ~元気してる?」

モバP(以降P表…無茶振りだよ)「年相応に元気だよ。誰かさんがまたトラブル起こしたりしなきゃな」

志希「にゃっはっは~♪困ったちゃんがいたもんだねぇ」

P「困ったちゃん率高すぎるんだよこの事務所」

志希「まぁまぁ。ほらキャンディどうぞ~」ズボッ

P「もがっ」

志希「どう?美味しい?美味しくなくない?」

P「…普通の飴ちゃんだね」コロッ

志希「ところでさー。偶然2.30代の成人男性を17歳に若返らせるクスリが出来上がったんだけどね?」

P「お前このタイミングで言うかそれ!」

P「ぐぅっ!急に体が熱く…!?」

志希「んっふふー♪成功みたいだねぇ~」

P「フオオオオオオオオッ!!」バリビリビリバリ

志希「おおっ早速変化が見え始めたねぇ」

P「WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYーーーッ!!」

志希「ん~これは良いデータが取れそうだにゃ~♪」ツンツン

志希「んにゃ?」

芳乃「はいな」

志希「………ワオ」

芳乃「辞世の句を詠みましてー?」ニコッ

志希「へ、へるぷみー!」





菜々「あれれ?志希ちゃんいないんですかー?」ガチャッ

菜々「もぉー…みんなのおやつ用の飴ちゃん袋ごと持ってっちゃうんですから…。あ、ありましたありました」

菜々「心なしか中身が増えているような……気のせいですかね?」ハムッ

菜々「………あれ、膝の痛みが」




【ミリマス】箱崎星梨花の投げキッス【SS】

2018-02-10 (土) 07:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆Xz5sQ/W/66 2018/01/31(水) 22:32:42.01 ID:2BO+JENwo

===

直撃を喰らうと見事に死ぬ。いわゆるキュン死というやつだ。

箱崎星梨花の投げキッス、それは神をも殺せる殺神的な"愛らしさ"を濃縮させた兵器だった。

見ろ! 今まさに幸運にも――いや、不幸にもだ。
そのキッスを正面から受け止めた男は机に突っ伏す形で死んでいる。

自らの血溜まりに半身を浸し、正真正銘紛れもなく絶賛活動停止中。

冗談じゃない。微動だにしない。

固く閉ざされた瞼を無理やり指でこじ開ければ濁った白目がこんにちわ。

その見事なまでの死にっぷりに、
事の一部始終を間近で目撃した野々原茜も「マジか」と言うのが精一杯。




P「最近、物がよく無くなるなぁ」

2018-02-09 (金) 21:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/31(水) 21:01:42.41 ID:Bz+RBIYc0

765ASです。書き貯めなのですぐ終わります。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/31(水) 21:02:56.54 ID:Bz+RBIYc0

P「あれー?」

亜美「どったの兄ちゃん」

P「いや、俺の机の上に置いてあった頂きもののお菓子が無くなったんだよ」

亜美「あ、ごめん。それ亜美が食べちゃった」

P「あ、そうなのか?」

亜美「うん、ずっと置いてあったから食べないのかな→って」




【デレステ】紗南「あれ、菜々さん何してるの?」菜々「デレステのリセマラです」

2018-02-09 (金) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆Nan90IIwW2 2018/01/31(水) 20:51:17.86 ID:7lWEQHGc0

※本作品の注意事項として以下の要素を含みます

・アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ(以降デレステと表記)を同作のアイドル達がプレイします
・本作品の性質上、上記作品のメタネタを含みます

以上の要素が苦手な方はブラウザバックを推奨いたします




2: ◆Nan90IIwW2 2018/01/31(水) 20:52:14.86 ID:7lWEQHGc0

~事務所休憩室にて~

紗南「へー、菜々さんまだデレステやってなかったんだ。どうして急に始める気になったの?」

菜々「ほら、最近ナナの恒常SSRが追加されたじゃないですか。少し前にスマホにも買い替えたし、これを機にやってみようかと」

紗南「なるほどね。…ところでリセマラするのはいいけど、あれ結構時間かかるよ。大丈夫?」

菜々「今日はもうレッスン終わりましたし、時間なら大丈夫ですよ」

紗南「通信は?ここWiFi開放してるけど、使うのにはちひろさんの許可必要なんだよね」

菜々「ちひろさんからも許可もらいましたよ。『スカウトチケット購入してくださいね』って条件付きで」

紗南「…その辺りは抜かりないねちひろさん。でもSSRが1枚あってスタートできるなら楽かも。誰をスカウトする予定?」

菜々「もちろんナナをスカウトします。やっと追加された恒常ですし」

紗南「あー…菜々さん、言いにくいんだけど、恒常の菜々さんはまだチケットでスカウトすることできないよ」

菜々「えっ!?ど、どういうことですか紗南ちゃん?恒常ならスカウトできるんじゃないんですか?」




楓「今度のオフの件なんですけど……」モバP「はい?」

2018-02-09 (金) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/31(水) 06:00:43.65 ID:atkHQb1Q0

楓「久しぶりのお休みですし、温泉宿に行こうと思うんです」

P「いいんじゃないですか?最近忙しかったですし」

楓「ですが、候補が決めきれなくて……」

P「どこです?」

楓「奮発して高級宿にしようか、それとも以前番組で紹介させていただいたところにしようか……」

P「番組……あぁ、あのご主人がとても気さくな方の」

楓「はい。また是非に、と仰ってくださったので」

P「だったらそこにすればいいんじゃないですか?」




千早「友情とか団結よりもトップアイドルになりたい」

2018-02-08 (木) 21:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 23:28:18.77 ID:S+E2EQcko


P「ほう、歌手じゃなくてアイドルでいいのか?」

千早「もちろんアイドルは歌手への通過点ですので、興味ありません」

P「まあ最初から言ってたしな」

千早「ゆくゆくは一流歌手になる予定ですが、とりあえずはトップアイドルで我慢しようかと」

P「とりあえずでトップアイドルか」

千早「はい、妥協しました」

P「他の所属アイドルが言ったら説教の一つでもするところだな」

千早「如月千早というブランドをまず考えて、アイドルで終わっていいのか?と悩みぬいた末の発言です」

P「おいやめろ」




【モバマス】風に踊った自己紹介【SS】

2018-02-08 (木) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 22:24:24.77 ID:EaZLVYug0

・アイドルマスター シンデレラガールズのSSです
・今井加奈ちゃんが出ます
・アニメの世界線+独自設定です(=デレステのコミュと違う)
・モブいろいろ出ます
・不慣れで口調がおかしいかもしれません

それでもOKでしたら、どうか




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 22:25:18.83 ID:EaZLVYug0


<ある春の日・346プロ中庭>


卯月「ええと、次は智絵里ちゃん、どうぞ!」

智絵里「あ、あの…お、緒方…智絵里……高校2年…です………ぇ、えと、わ私は………」

凛「メモ、用意してたんだ…」

未央「智絵里ちゃんっ」

智絵里「ふぁっ!?」

未央「目線、こっちこっち♪」

智絵里「あ、うん…」



 風「 びゅごおおおおおおーーー 」        このへんにメモ →



智絵里「ふゎ、あっ! あああああ、待ってええ」

未央「あ、ちょ、まって」




モバP「シンデレラプリキュア?」

2018-02-07 (水) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 00:23:58.56 ID:iiCHrXin0

P「なんか語呂が悪いな。キュアシンデレラの方がよくないか?」

奈緒「そうじゃなくってさー。番組名だよ、番組名」

P「次のプリキュアってそんなタイトルだっけ? 既にプリンセスプリキュアがあるのに」

奈緒「ちーがーう! 架空のプリキュア!」

P「……プリキュアは架空だろ」

奈緒「あーもう! さてはわざとやってるな!?」

P「ふはは」




日菜子「妄想でおそらを飛ぶ日菜子」

2018-02-07 (水) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆VlC8r8Zzak 2018/01/29(月) 00:14:10.97 ID:Oq4jfTzJ0

百合要素が含まれます

キャラ崩壊要素も含まれます




2: ◆VlC8r8Zzak 2018/01/29(月) 00:15:13.42 ID:Oq4jfTzJ0

日菜子「むふふ……」

まゆ「日菜子ちゃんが妄想をし始めましたぁ」

日菜子「むふふぅ……♪」プカプカ

まゆ「日菜子ちゃんが浮かび始めましたぁ」

日菜子「むふ……♪♪」フワフワ

まゆ「日菜子ちゃんがおそらを飛んでいます」

まゆ「日菜子ちゃんがおそ…おそらを飛んでいます!?!?!?!?!?!?」

日菜子「むふぅ……」フワワ

まゆ「どうしましょう!?!?!? どうしましょう!??!??!?!?」




【ミリマス】P「不思議な力でうちの風呂場とアイドル達の家の風呂場が繋がった2」

2018-02-07 (水) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/28(日) 11:32:28.46 ID:7KW0Dw/J0

ミリマスSSです。前作の続きとなります。
人によっては少しお色気を感じるかもしれませんが、よろしくお願いします。

前作
P「不思議な力でうちの風呂場とアイドル達の家の風呂場が繋がった」




ちひろ「担当アイドルとの馴れ初めが知りたい!」

2018-02-06 (火) 21:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/28(日) 22:11:12.33 ID:b20mKzVE0

アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。

短め、書き溜めありです。

(注)公式の描写とは必ずしも一致しません。

(注)各アイドルにつき1人の担当プロデューサーが居るということでお願いします。




卯月「宝くじを拾いました」

2018-02-06 (火) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/01/28(日) 15:13:02.85 ID:kfRAVVW60

突然ですが、私についてちょっとだけ話したいと思います。

私は島村卯月、17歳の普通の女の子です!

でも、ちょっとだけ……きっと他の人にはない特別なものがあるんです。

それは、完全に平均的な人生を送っているということです!

……あ、平均的って言ってもずっと平均ってわけじゃないですよ?

良いことだってありますし、悪いことだって起こります。

ただ、それらを長い目で見ると、きっと平均的なんです。

こう……幸福度とか、そういったものが。




鷹富士茄子「君ありて福来たる」

2018-02-06 (火) 07:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆tues0FtkhQ 2018/01/28(日) 12:51:47.30 ID:z2Y7iDdr0



モバマスの鷹富士茄子さんのSSです。地の文風味。


no title

no title





和久井留美「不退」

2018-02-06 (火) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/01/29(月) 00:16:48.00 ID:4C87SkqA0


三連休の2日目だった。

下半身に違和感を覚えて、僕は目を覚ました。頭は覚醒しきっておらず、少し痛む。薄く開いたまぶたの間からは、見慣れた、自分の部屋の白い天井が見えた。重ったるいような、肌に纏わり付くような空気を感じながら、違和感の元へ視線をやる。

「じゅるっ…んっ…ぢゅる…」

そこには、僕の朝勃ちで硬くなっていたであろうペニスを咥え、わざとらしく水音を立てながらフェラをしている和久井留美の姿があった。一糸まとわぬ姿で、よく見ると、フェラをしながら自分の股を指でいじっている。

僕が目覚めたことに気がついて、彼女は僕に視線を移す。

「おはようございます、和久…」

とまで僕が言いかけると、彼女は切れ長の目をより一層鋭くして、半ば不機嫌になったように睨みつけた。口はペニスから離したが、左手で手コキを続けられた。

僕はまどろみがかった頭を回して、訂正の言葉を探す。

「…留美さん」

「…」

間違えた。まだだ。

「……留美」

「…ん」

不満が解消して、少し上機嫌になったのか、再開されたフェラは中断前よりも激しくなっていた。





モバP「ほわほわみどり」

2018-02-05 (月) 21:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆Xz1yv1fzOo 2018/01/28(日) 12:07:28.61 ID:Ou53I9w50


劇場1025話、1028話の最後のコマで翠がしていた顔のお話です
短いです




2: ◆Xz1yv1fzOo 2018/01/28(日) 12:08:54.40 ID:Ou53I9w50

神社


モバP「流石に人も少ないな」

美由紀「だね!」

モバP「まぁ……シーズンからは少し外れちゃったからな。ごめんな美由紀」

美由紀「ううん……あ! ねえねえあれあれ!」

モバP「ん?」

女の人「おしるこいかがですかー」

美由紀「おしるこ! おしるこだよPさん!」

モバP「はは……わかったわかった、でもお昼食べられなくなるからな。一杯だけだぞ」

美由紀「わーい♪」ピョン

モバP「ほら、汚れちゃうからあんまり跳ねないの」

美由紀「じゃあPさんにくっついてる」ぴとっ

モバP「おお、少し力強くなったか?」

美由紀「成長期だからね!」

モバP「それは結構」




比奈「攻略対象、っスかぁ」

2018-02-05 (月) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/27(土) 01:01:35.60 ID:P2RxP3DB0

前作
モバP「攻略対象?」

読まなくてもいいけど比奈はたまに同僚をエロゲヒロインにしようとするってことと泰葉のCVは遥○らってことだけ覚えといてね




【モバマス】 塩見周子「なか卯には人生がある」

2018-02-04 (日) 21:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/28(日) 02:45:22.18 ID:nBRbhFMNO

【ミリマスSS】朋花「私は・・・本当は、男なんです・・・」

2018-02-04 (日) 15:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/27(土) 21:16:32.60 ID:RM0NWUPg0

アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
エロでは無いですがタイトルでお察し下さい。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/27(土) 21:17:18.72 ID:RM0NWUPg0


P「それじゃあ今回の演劇の配役を発表するぞ」

P「まず主人公で男装少女エドガー、恵美」

恵美「ウチにできるかなー」

P「ヴァンパイアで物語の鍵を握る女装少年クリスティーナ、朋花」

朋花「・・・」

P「主人公でヴァンパイアハンターのアレクサンドラ、千鶴」

千鶴「セレブヴァンパイアハンターですわね!」

P「アレクサンドラに吸血鬼狩りを命じる辺境伯婦人エレオノーラ、莉緒」

莉緒「悪女・・・いいわね!」

P「よし、それじゃあ劇場で稽古が始まるまで台本を読み込んでおいてくれ、解散!」

ガヤガヤ

朋花「・・・プロデューサーさん」

P「ん?どうした朋花」

朋花「少しそちらの部屋でお話しませんか~?」




鷺沢文香「茜さんの空想探査計画」

2018-02-04 (日) 07:01  アイドルマスターSS   1コメント  
1: ◆5AkoLefT7E 2018/01/27(土) 19:23:33.70 ID:8nmTFkFe0


「今度、本に乗って宇宙まで旅をする歌を歌うんです!」

そのように茜さんから話しかけられた時、多分に失礼であるという自覚はありながらも、私の頭は固まってしまいました。
ただでさえ眩しい笑顔が、なんだか今日はよりいっそうの光を放っているようにすら思えます。