モバP「ユッコーヒーを飲んでみたいって?」

2017-11-25 (土) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 09:37:01.28 ID:yrXYM8AjO



モバP「も……」

モバP「も、もう限界だァーッ!
こんな量の仕事をふたりで捌けるわけがないぃぃ!」


千川ちひろ「おうちにかえりたい」


モバP「誰か、誰でもいい、誰か助けてくれえ!」




橘ありす「二人ぼっちのアリス」

2017-11-25 (土) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆xJHI1D1Uro 2017/11/09(木) 12:01:51.38 ID:/E20kLoAo

 名前、それは燃える生命。

 ひとりぼっちでいた頃、私はアリスという自分の名前が嫌いだった。
 だいたい、私は典型的な日本女で、しょっちゅうからかわれた。

 私は目立たないよう目立たないよう、おっかなびっくり日々を過ごしていて、
気がつけば重荷を背負うような猫背が癖になっていた。

 ひとつの救いは、私の名前をからかうのはもっぱら教師や大人ばかりで、
同世代の人間はごく普通に接してくれたことだった。

 子供のうちは、いいけどね……――なんて言う人も、過去にはいた。




モバP「親愛度をリセットする?」

2017-11-25 (土) 07:01  アイドルマスターSS   1コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 00:31:38.16 ID:11MS2mED0

たぶん思ってるものとは違うものが出てきます



晶葉「そんなスイッチが完成してしまったんだが……」

泉「そういう催眠プログラムが出来ちゃって……」

志希「テキトーに混ぜてたらなんか出来ちゃった~♪」


P「なんでいっぺんに持ってきちゃうんだよ。普通そういう時って誰か一人だけだろ」




武内P「結婚するなら、ですか」

2017-11-25 (土) 00:07  アイドルマスターSS   1コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/09(木) 21:56:33.41 ID:37PSNjRwo

今西部長「君もそろそろいい歳だ。考えても良い時期じゃないかね?」

武内P「そう……ですね」

部長「どうした? 歯切れが悪いじゃないか」

武内P「今は、仕事が恋人ですから」

部長「そう考えると、君はとても恋人思いな男だねぇ」

武内P「……」

部長「まま、飲み給え。今日は私の奢りだ」




芳乃「【まくどなるど】の虜になりましてー」

2017-11-24 (金) 21:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/09(木) 21:37:36.16 ID:nolpH6SM0

・筆者のマック店内での記憶が数年前で止まっているため、現在の店内とは違いがある場合がございます

・誤字脱字がありましたらすみません




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/09(木) 21:38:27.91 ID:nolpH6SM0

【初めてのまっく】

~事務所~

芳乃(おやー、もうこのような時間でー)

芳乃(日も暮れてきましたし、そろそろ帰るといたしましょうー)スクッ

ガチャ

加蓮「じゃあ帰る支度して行こうか」
莉嘉「アタシお腹ペコペコだよ~」




ワラジムシ「オレもダンゴムシみたいにモテたいよぉぉぉ!!!」

2017-11-24 (金) 18:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/09(木) 00:16:47.65 ID:UOAM2J4Fo

ある森――


キャーキャーッ!

ダンゴムシサーン! カッコイイー! ダイテー! カワイイー!

ダンゴムシ「わっ、みんなあまりきつく抱きつかないで! 丸まっちゃうから!」

キャーキャーッ!





ワラジムシ(いいなぁ……)

ワラジムシ(オレも見た目はそっくりなのに、なんであいつばかりモテるんだろうか……)




サターニャ「マジカルバナナ!」ガヴリール「めんど…」

2017-11-24 (金) 15:01  その他二次創作SS ガヴリールドロップアウト   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/09(木) 21:23:40.85 ID:8uL2c/tr0

サターニャ「ガヴリール、マジカルバナナやるわよ!」

ガヴ「は?」

サターニャ「せーのっ、マジカルバナナ! バナナと言ったら」

ガヴ「おい、ちょっと待て」

サターニャ「何よ? さっ、やるわよ」

ガヴ「なんで私がお前の遊びに付き合わないといけないんだよ…」

ガヴ「そもそも、お前が何でウチにいるんだよ」

サターニャ「まぁまぁ、いいじゃない! とにかく勝負よガヴリール!」

ガヴ「嫌だね。とにかく、私はだらけるのに忙しいんだから、あっち行ってろ」グデー

サターニャ「…はっはーん、負けるのが怖いのねガヴリール!」

ガヴ「はいはい、怖いからサターニャの勝ちでいいよ。だからもう帰れ」

サターニャ「くっ…強情ね」

サターニャ「それなら、いいわ。今日はこれで帰ることにするわ」ニヤリ

サターニャ「あっ、帰りに今日の夜ご飯のお肉買っていかないとねぇ」

サターニャ「今日の夜ご飯は焼肉にするつもりだからねぇ」

ガヴ「何だと?」

サターニャ「何よガヴリール。焼肉に興味あるの?」




俺P「ちょっとヤダ、何よ!」市原仁奈「!?」

2017-11-24 (金) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/08(水) 21:36:12.66 ID:cobNdZy3o

仁奈「あんたは一体、何者でごぜーますか!?」

俺P「見りゃわかんでしょ、プロデューサーよ!」


仁奈「プロデューサーは、髪の毛がないですか?」

俺P「ただのハゲよ。スキンヘッドとは一味違うわ」


仁奈「プロデューサーも、仁奈と一緒でキグルミが好きでごぜーますか?」

俺P「ただの[ピザ]よ。脱げるもんなら脱ぎたいわ」


仁奈「プロデューサーは、どうして女のひとの話し方をしてやがるんです?」

俺P「ちびっこにはまだ早いわ。そして、アンタに言われたくないわ」


俺P「って、アタシの事はどうだっていいのよ!」




【ミリマス】翼「わたし、ジュリアーノになら抱かれても良いよ?」

2017-11-24 (金) 07:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/08(水) 20:34:55.49 ID:FSdz935M0

ジュリア「…は?」

同僚 -どっちかっつーと仲間みたいなもん?- の伊吹翼から発せられた一言に、あたしはそう返さざるを得なかった。

意味がわからない、って意味と、よく理解できなかったからもう一度言ってくれ、って意味を込めた、今のあたしの精一杯の言葉。

それを知ってか知らいでか、翼は呑気にもう一度同じ言葉を繰り返す。

翼「だから、わたしはジュリアーノになら抱かれても良いよって」

…聞き間違いじゃなかったみたいだ。




(R-18)橘ありす『卒業編』

2017-11-24 (金) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/11/16(木) 01:06:46.92 ID:XgcIpoip0

アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。

エロい描写があります、ありすの1人称視点でお送りいたします。

前作:
(R-18)橘ありす『陥落編』

(R-18)橘ありす『調教編』

の続きとなります。