三峰結華「大人の味にご用心」

2019-04-18 (木) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/04/05(金) 17:26:33.28 ID:iywvaqaG0


これはシャニマスSSです




2: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/04/05(金) 17:27:47.40 ID:iywvaqaG0

「……はぁ……」

 春、桜や出会いや花粉の季節。

 少しずつ上がる気温に浮き足立ち、外へ出て植物どもの撒き散らす害悪に恨みを飛ばす、そんな季節。
 先週より3度も高い平均気温に胸を踊らせ、ヒートテックを手放しマフラーや手袋をタンスの奥へと追いやった今日。
 いや、俺の判断は午前中までは間違っていなかった。
 そう、今日の午前中までは、だ。

 ズァァァァァァァァッ!!

 駅から出た俺を出迎えてくれたのは、満開の桜を吹き飛ばす肌寒い雨だった。
 天気予報では深夜から雨が降ると言っていたが、まだ18時なのに少しばかり雨雲は焦り過ぎではないだろうか。
 一瞬回れ右して改札を抜けそのまま家へと帰りたくなるが、しかしながら今日は帰る前に一度事務所に寄るとはづきさんに伝えてしまっている。
 タクシーを使う程の距離ではなく、かと言って傘も差さずに歩けば事務所へ着く頃にはプール上がりの様になってしまう。

 そして何より、寒かった。

「……仕方ない」

 駅内のコンビニでビニール傘を買い、ちらほらと水たまりの出来た道を歩く。
 吹く風は冷たく、冬がまだ忘れないでと激しい自己主張をしている様だった。
 靴が多少濡れるのは覚悟し、事務所へ向かって小走りに急ぐ。
 はづきさん、暖房付けて作業してくれてると助かるな。

「雨、か……」

 それは俺にとって特別な天気だった。

 正確には、『俺たちにとって』だが。

「ふぅ……着いた……」

 ようやく事務所が見えてくると、ラストスパートとばかりに更に足を速める。
 ビル内に入り傘を畳むと、少し息が上がっていた。
 それでも階段を駆け上がって三段跳び、着地地点はドアの前。
 あったまってくれているであろう室内に希望を募らせ、一応ノックをしてから扉を開ける。

「戻りましたー」

「あっ、お帰りなさい」

「Pたんっ!」

「ん、居たのか結華。お疲れ様」

「居たのかとは失礼じゃない? そこはもっと三峰の顔を見れた事に喜ぶべきでしょー」

 事務所内には、はづきさん以外にもう一人。
 メガネをかけた担当アイドル三峰結華が、コーヒーカップを傾けていた。





モバP「人の言葉が話せるようになるライト?」 晶葉「うむ!」

2019-04-18 (木) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/05(金) 14:54:14.44 ID:jleRn7cc0

・書き溜めをどんどん投下していきます
・誤字脱字がありましたらすみません




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/05(金) 14:55:15.56 ID:jleRn7cc0

晶葉「例えばこのライトの光を動物に当てれば動物との会話も可能になるというわけだ!」

モバP(以下、P)「普通の懐中電灯にしか見えないけどな」

晶葉「む、信じてないな?」

P「いや、そういうわけじゃないけどさ」

晶葉「なら試しに使ってみればいい!」

P「え、いいのか?」

晶葉「これから丁度動作テストをするところだったんだ」

P「おぉ、なんか面白そうだな」




【ペルソナ5】蓮「とにかく嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい」

2019-04-17 (水) 18:01  その他二次創作SS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/04(木) 22:35:29.15 ID:Tz1ulTsL0

【ペルソナ5】蓮「嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい」
これの続きやっていきます。そもそも単発のつもりだったけど前のもこっちも自分です
どえらいキャラ崩壊なので注意で。タイトルの時点ですでに崩壊ですが




【アイマス】今度は私の番【天海春香生誕祭】

2019-04-17 (水) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/03(水) 02:12:28.22 ID:DCOz1ogH0

春香さん、お誕生日おめでとうございます。それを記念して、はるちはの甘々なお話(当社比)でもお一つどうぞ。


それと、大したものではないですが軽いオリジナルな事務所設定らしきものもありますので、以下の点をイメージしておくと読みやすいかもしれません。

・世界観はOFAっぽい感じ。
・アイドルランクは、皆だいたいCランクくらい。
・千早、響、真はトリオユニットを組んでいるよ。

具体的に話に絡んでくるわけではないので、あくまでも雰囲気重視の設定だと思います。へぇ、そうなんだ……くらいの気持ちで読んでいただければと。


それでは、お楽しみいただければ幸いです。




【ガルパン】杏「西住ちゃーん哺乳瓶の時間だよー」

2019-04-17 (水) 00:07  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/04/02(火) 18:44:50.31 ID:yqZ2p/dX0

杏「西住ちゃーん哺乳瓶の時間だよー」

みほ「ばぶー」キャッキャッ

杏「よしよし今飲ませてあげるからねー」ナデナデ

みほ「きゃっきゃっ」ゴクゴク

杏「ん…………良い子良い子」

杏「ちゃんとミルクの温度は人肌程度にしといたけど」

杏「熱かったりしない?」

みほ「ばぶばぶ」

杏「そっかー気に入って貰えたんなら良かったよ」

杏「いやさ……この歳だから当たり前なんだけど」

杏「今まで子育てとかやったことないからさぁ」

杏「西住ちゃん火傷とかしないかって不安になっちゃって」




有栖川夏葉「選ばれて、ここに」

2019-04-16 (火) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆TOYOUsnVr. 2019/04/03(水) 01:42:26.43 ID:EU7YFYJs0


レッスンルームから一歩外に出ると、じめじめとした空気が私を襲う。レッスン後のため、汗だくであることも相まって肌にまとわりつくような不快感はいつにも増して、その猛威を振るっていた。

「ったく。どうにかなんねーのか、この暑さ」

私に続いてレッスンルームから出てきた、金色のショートカットの少女、西城樹里も同じくこの空気に嫌気がさしたようで、悪態をつく。

「もう。言ってもどうにもならないでしょう」

「それはそうだけどよー。暑いもんは暑いんだから仕方ないだろ」

はー、と深く深くため息を吐いたあとで「もう、夏が来るんだな」と言った。




高垣楓「介抱で快方に」

2019-04-16 (火) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆kBqQfBrAQE 2019/04/02(火) 23:42:15.66 ID:cTdY5yh10


モバマスSSです。
プロデューサーはP表記。

最近の楓さんガチャのあれです。




2: ◆kBqQfBrAQE 2019/04/02(火) 23:44:14.96 ID:cTdY5yh10


昼ごろ 事務所


P「ただいま戻りました~……」

ちひろ「お帰りなさい、プロデューサーさん」

P「お疲れ様です、ちひろさん」フラー

ちひろ「?……プロデューサーさん、ふらついてる気がしますけど大丈夫ですか?」

P「そうですか? あ、確かに何か熱っぽいような……」フラッ

ちひろ「ち、ちょっと!?」

ちひろ「とりあえず熱を測ってください! 熱!」





【艦これ】長月「文月の部屋でお泊まり」【R18】

2019-04-16 (火) 00:07  艦これSS   0コメント  
1: ◆ag9TZfREZs 2019/04/14(日) 13:23:27.51 ID:4J9h4Htt0

キャラ崩壊注意
生えてる注意
地の文注意



文月の部屋――



文月「あたしのお部屋にようこそ~」ガチャリ

長月「し、失礼しましゅ……」

文月「ふふふ、緊張しなくていいよ」

長月「いやあ……人の部屋に呼ばれることなんて、今まで無かったから……」

文月「あたしと長月ちゃんの仲だから、ね?」

長月「そ……そうだな」

文月「うふふ♪」




【バンドリ】マスキング「ケーキを焼く」

2019-04-15 (月) 18:01  その他二次創作SS バンドリ!   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/02(火) 22:36:57.00 ID:uhYHnDO90


※RAISE A SUILENのキャラクターを把握しきれていませんが、キャラ崩壊していると思います。

 口調や呼称に違和感があったらごめんなさい。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/02(火) 22:37:52.59 ID:uhYHnDO90


――チュチュのスタジオ――

チュチュ「Why!? なんで!? どうしてどいつもこいつも私のスカウトに靡かないの!!」

パレオ「チュチュさまー、そんなに暴れてたらスカート捲れちゃいますよ?」

チュチュ「あーもう悔しいっ! あんな演奏力で感動させられるし、もうなんなのよー!!」

パレオ「仕方ありません、チュチュ様のスカートは私がお守りしますね! さぁ好きなだけ暴れてください!」ガシッ

チュチュ「そんなのいらないわよ! はーなーれーなーさーいー!」

レイヤ「主催ライブの花ちゃん……楽しそうでよかった……」

マスキング「…………」




【艦これ】司令官「如月のレベリングでもするか」【短編】

2019-04-15 (月) 12:01  艦これSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/12(金) 01:30:00.42 ID:ertMFNfk0

『1.ストロー』

司令官「如月ー、ちょっとこれ咥えてくれ」

如月「?」クワエ

司令官「そのまま普通に呼吸をしていると」

如月「スーー スーー」

司令官「ちょっと苦しい感じがするだろう」

如月「スーー! スーー!」コクコク

司令官「大丈夫だ。ゆっくり大きく吸って、吐く」

如月「スゥーーー! フゥーーー!」

司令官「ストローの長さを調節してあるからそのまま続けられるはずだ」

如月「スゥーーー フゥーーー スゥーーー フゥーーー ・・・・・・」

司令官「こうして心肺機能を鍛えるのだ」

司令官「如月には期待しているからな」



>>10レスで終わります
※健全板でも良かったかも。念のためこっちの板で