ライラ「大好きな背中」

2019-12-12 (木) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/19(火) 22:40:06.68 ID:gbdzVW420

デレマスのライラのSSです

(注)
話と描写の都合上、まだ名前のない人物(ライラのメイドさん)にオリジナルで名前を付けています。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/19(火) 22:42:29.51 ID:gbdzVW420

 夢を見ていました。

 小さい頃の思い出。
 お家の庭でメイドさん達に遊んでもらったあの頃の景色。
 広い芝生の両脇に背の高い木がずらりと並んで、その傍の花壇にはきれいなお花が沢山。
 プールもあって海も近いけれど、いつも行くのはこっちの方。
 私がお外で遊びたいと言ったら、みんながついてきてくれるお家のお庭。
 やることはもちろんライラさんのお気に入り。日本で言うところのかくれんぼ。




博多弁女「うちは今、幸せやけん」関西弁彼女「もちろんうちも幸せや」

2019-12-12 (木) 12:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/19(火) 23:37:48.00 ID:t1qd9MMpO

「はあ……ちかっぱ会いたか」

最近、関西弁の恋人が出来た。

「会いたか会いたか会いたか」

暇さえあると会いたくなる。

「今、なんしょっとかね……」

連絡してみようか。

「ばってん、昨日おうたばかりやけんし」

でも昨日会ったばかりだし流石にウザいかな。

「うぅ……ちかっぱ寂しいたい」

寂しくて、枕を抱きしめていると、不意に。

~♪

「! 」

スマホが鳴って、飛び起きて、電話に出る。

「も、もしもし……?」
『あ、うちやけど、今へーき?』
「よ、よかよ! 突然何ね?」
『あのな、うちな』
「どげんしたと?」
『ごっつ暇でな、せやからその……』

もしかしたらと、期待に胸が膨らむ。

『今、あんたの家の前におるんやけど……』
「す、すぐ玄関の鍵を開けるけん!」

すぐに鍵を開けて、恋人を部屋に招き入れた。





【ミリマス】静香「ユートピア」

2019-12-12 (木) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆BAS9sRqc3g 2019/11/19(火) 20:23:09.49 ID:6s/A4gNC0


第一章 遠い日の落書き






それは一本の電話から始まった。
いえ、また……動き出したのよ。




「関東テレビの者ですが、最上静香さんの携帯ですか? 
 実は半年後に特大歌謡祭ヒットパレードという番組を企画をしているのですが、
 是非そこで最上さんにまたステージで現役の頃のように唄って踊って欲しいんですよ」


そんな内容だった。




【バンドリ】市ヶ谷有咲「隣でりみが寝てる」

2019-12-11 (水) 18:01  その他二次創作SS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/19(火) 17:51:11.02 ID:i75xN+h90


――市ヶ谷家 有咲の部屋――

市ヶ谷有咲「…………」

牛込りみ「すー……すー……」

有咲(拝啓、高く澄みきった空に、心も晴れ晴れとするこの頃、色彩あふれる紅葉の美しさに心弾む季節となりました)

有咲(そんな秋の朝、目が覚めると、どうしてか私の隣でりみが寝ていた)

有咲「…………」キョロキョロ

有咲(……八畳の畳敷き、見慣れた我が家のマイルーム)

有咲(それはいい。うん。別にどうってことない、けど……)

りみ「うぅん……すー……」

有咲(本当になんでりみと同衾してんの私?)

有咲(え、ちょっと待って、昨日なんかしたっけ。なんかあったっけ)

有咲(えーっと、確か昨日は……土曜日だったな。そんでポピパのみんなで遊ぶことになってて、蔵にみんなが来て……)

有咲「…………」

有咲(やっべぇ、そっから先が全く思い出せねーぞ……)




的場梨沙「ごはんにする? お風呂にする? それとも――」

2019-12-11 (水) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆C2VTzcV58A 2019/11/19(火) 00:28:27.92 ID:dTloBLzK0

ある日の事務所


心「おっ! これこの前のブライダル特集の写真? 梨沙ちゃんめっちゃかわいーじゃん☆」

梨沙「まあ、トーゼンよね!」

飛鳥「普段のツインテールを解き放った結果、お淑やかな雰囲気を醸し出す中での花嫁姿……相乗効果で実に映えるじゃないか」

梨沙「まあ、トーゼンよね!」

心「めっちゃスウィーティー☆ これならパパさんも大喜びだったでしょ?」

梨沙「まあ、トーゼン……でもないのよねぇ」

心「あれ? パパさん的には何か不満だったの?」

飛鳥「珍しいな。梨沙の誇張抜きでも、子煩悩な印象のあるパパさんが」

梨沙「いつもと同じように、アタシの晴れ姿を見て喜んでくれてたのよ。でも、時々なーんか難しい顔してて……一緒に隣で写真を見てたママは、手を叩いて大喜びだったのに」

飛鳥「時々とは、具体的に?」

梨沙「そうねー……ママが『いつお嫁に出しても恥ずかしくないわねえ』って言った時とか?」

心「はっはーん♪ はぁと、わかっちゃったぞ? 梨沙パパが手放しで喜べなかった理由」

梨沙「ホント!?」

心「まーまー落ち着きたまえマトソンくん」

梨沙「………」

梨沙「そのマトソンってアタシのこと?」

心「他に誰がいるの」

梨沙「他じゃなくても誰もいないわよ」




【艦これ】愛宕「パンパカさん」

2019-12-11 (水) 00:07  艦これSS   0コメント  
1: ◆ag9TZfREZs 2019/11/18(月) 20:47:14.93 ID:M9eaaSqT0

キャラ崩壊注意



提督「それじゃ、遠征頑張ってね」

愛宕「いってらっしゃーい♪」ノ



朝潮「はっ! お任せを!」ビシッ!

文月「はぁい、頑張ってきまぁす♪」

皐月「まっかせてよ!」

長月「司令官! お土産、期待してるんだな」フフン

荒潮「パンパカさん、司令官にセクハラされちゃダメよ~♪」

鬼怒「それじゃ提督、パンパカさん、みんなを預かるね~♪」ノ



ゾロゾロ……




まゆ「Pさんのお膝に座りたいです」

2019-12-10 (火) 18:01  アイドルマスターSS   1コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/18(月) 19:39:34.24 ID:UZoGUsWy0

まゆ「座りたい」

泰葉「あ、そう」

泰葉「それで、ここのセリフはこっちのシーンの伏線になってるから……」

智絵里「こくこくっ」

まゆ「………………」








まゆ「構ってくださいよおおおおおおお」ビエエエ

泰葉「ええい泣くな絡むな抱きつくな!」




【シャニマス】P「バブみが欲しい」

2019-12-10 (火) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆2p4CFt7Lm6 2019/11/17(日) 23:41:38.11 ID:KlO14eBN0

アイドルマスターシャイニーカラーズのSSです。
カラス要素は一切ありません。

はい、(書き込み)よーいスタート




2: ◆2p4CFt7Lm6 2019/11/17(日) 23:44:40.86 ID:KlO14eBN0

――Night
事務所


ガチャ

シャニP(以下、P)「お疲れ様です」

七草はづき(以下、はづき)「あ、プロデューサーさんお疲れ様です~」

P「あれ、事務所にいるのはづきさんだけですか」

はづき「少しダンスレッスンハードにしたら皆さんヘトヘトになっちゃいまして。それにもう夜ですしね」

P「ははは、はづきさんも少しは手加減してくださいよ……おっと」フラッ…

はづき「あれ、プロデューサーさんどうされました?」




神谷奈緒「虹が出来る理由」

2019-12-10 (火) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/11/11(月) 23:00:18.71 ID:7woyvuSr0


デレステで虹色ドリーマーのイベントが来たらこんな感じのイベントでした。
見てきました。僕はこの目ではっきりと、ええ、アタポンイベで虹色ドリーマーのイベントが、ええ、変なきのこを食べてからとても世界が良い気分で




2: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/11/11(月) 23:10:18.87 ID:7woyvuSr0

オープニング『虹の始まったところ』

【レッスン場】

奈緒「お疲れ様ー!」

比奈「お、おつかれさま、っス……ハァっ、ハァっ……」

菜々「あひゅう……」

P「お疲れサマンサ!」

菜々「な、なんですかプロデューサーさん、それ……」

P「前に奈緒に教えてもらった漫画にあったやつ」

奈緒「お〜!プロデューサーさん、読んでくれたの!?どうだった!!」

P「最高だったよ!」

奈緒「くぅ〜! 嬉しいなぁ~……! なんか、自分が好きな作品を人に知ってもらえるこの感覚、たまんないよなぁ〜!」

比奈「分かるっス!元から好きな人と語り合うのもいいんスけど、知らなかった人に作品をブチ込む時って本当に楽しいんスよねぇ〜」

菜々「私もおふたりにいろんな作品を布教されたクチですが……布教されたものが全部面白くて、普段の自分じゃ手につけないような作品を知れるのも、新しい発見があって……」

比奈「前に持ってきた円盤どうでした?」

菜々「良かった……その、本当に……良かった……」

比奈「語彙力なくしてる」

菜々「終盤に『死にたくない』『生きたい』って叫ぶ友人と、それを救う主人公……王道で、とっても熱くって……熱くてナナは泣いちゃいました……」

奈緒「アタシもそれ観たよ! OPのフルバージョンをあそこで流されると滾っちゃうって!」

比奈「後にCDが出たんスけど、OPを提供したバンドはその際にレコーディングしなおしてるんスよね。だからあのフルバージョンはあそこだけしか聴けないんス」

奈緒、菜々「えぇ!?」

奈緒「そ、そうだったんだ……」

菜々「もう一回……見直そうかな……」

P「……あの……話をしていい?」

3人「あっ」

P「俺のことを思いっきり忘れて、3人の世界で楽しんでたね……」




【SS】矢口美羽は炎上したい

2019-12-09 (月) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/17(日) 17:05:33.77 ID:W2ztksZ60

アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。

短め、書き溜めありです。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/17(日) 17:07:46.50 ID:W2ztksZ60

美羽「…あっ、夢見さん!」

りあむ「…………えっ!?ぼ、ぼくに何か用!?」

美羽「はい!ちょっと教えて欲しいことがあるんです!」

りあむ「えっ……ぼくなんか教えられることなんて無いと思うケド」

美羽「いいえ!夢見さんが適任だって皆さんが言っていますから!」

りあむ「…みんなって?」ワクワク