フェネック「私の、追いつけない相手」

2017-04-22 (土) 12:01  その他二次創作SS けものフレンズ   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/04(火) 17:19:16.03 ID:IGI5MSXZ0

けものフレンズより、フェネックとアライさんのssです。

※フェネックの過去、野生開放について付近をかなり捏造してあります。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/04(火) 17:20:03.72 ID:IGI5MSXZ0


「フェネック!あそこにいるフレンズ達に、帽子泥棒がどこにいるか、聞いてみるのだ!!」

「そうだねー……… じゃあ、私はここで待ってるねー」

「フェネックは一緒に行かないのだ?」

「いやー………ちょっと疲れちゃってね。この木陰で休んでるよ」

「分かったのだ!」


そう言うと、アライグマは即座に走り、そこに居たフレンズの方へと、情報収集に向かった。


「元気だなぁ………」


木陰で休むフェネックは、アライグマの様子を見ながら、物思いに耽っていた。




切嗣「ぼくはね、ニュージーランドストーリーをやりたいんだ」

2017-04-22 (土) 07:01  Fate SS   0コメント  
1: ◆LYNKFR8PTk 2017/04/04(火) 21:59:53.35 ID:cwwf2nG50

シャーレイ「ニュージーランドストーリー?」

切嗣「知らないのかい?」

シャーレイ「うん、どんなゲームか教えてケリィ」

切嗣「じゃあこの映像を見てよ」




【俺ガイル】いろいろいろは

2017-04-22 (土) 00:07  俺ガイルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/29(水) 18:27:28.70 ID:ezOVucmS0

『目覚まし時計』



放課後。奉仕部。



いろは「こんにちは!」ガラッ

雪乃「ノックをしなさい」

結衣「やっはろー。いろはちゃん」

いろは「やっはろーでーす」

八幡「何しに来た」

いろは「もちろん依頼ですよ!依頼!」

雪乃「・・・また生徒会絡みかしら」

いろは「今日は違いますよ!」

雪乃「・・・今日は、ね」




【SS】第六駆逐隊、慰安任務。司令官さんを癒してあげるのです!

2017-04-21 (金) 22:01  艦これSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/02(日) 10:51:26.18 ID:rGnk1+1O0

提督「……として……消費量は……ああ、鈴谷と熊野の練度も上げるから……」カタカタ

大淀「提督……提督……!」

提督「……最低77にはしないとな……しかし近年はどんどん上昇傾向にあるから、85付近までやらないと無理だろうなぁ……」

大淀「提督!!」

提督「おおっ!……っと、なんだ、大淀か。どうした?」

大淀「提督……根を詰めすぎではありませんか?」

提督「ん?そうか?」カタカタ

大淀「また生返事を……今何時かお気付きですか?」

提督「今……?ああ、15時か。どうりで腹が空いたわけだ……っと、演習の予定があったんだったな。ええっと……相手は……」

大淀「提督!」

提督「あ、すまないが何か適当につまめる物用意しといてくれないか?金は後で払うから。じゃ」スタスタ

大淀「……もう……」




【艦これ】提督「駆逐艦とイチャイチャしたい」

2017-04-21 (金) 20:01  艦これSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/04(火) 18:47:51.26 ID:FFCK1MUK0


提督「はぁぁ~~~……」

愛宕「どうしたんですかぁ提督?、そんな深い溜め息なんかついちゃって」

提督「どうしてこの鎮守府には駆逐艦がいないんだろうなぁって」

高雄「またそんなことを言っているのですか」

提督「だってなぁ…」

高雄「だっても何も…、提督の性癖に問題ありと判断されたせいでしょう?」


※駄文、キャラ崩壊注意

すぐに終わります




アナスタシア「Сириус」

2017-04-21 (金) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆Tw7kfjMAJk 2017/04/19(水) 18:11:37.64 ID:nhXCd10e0

アイドルマスターシンデレラガールズ、アナスタシアとそのプロデューサーのSSです。




2: ◆Tw7kfjMAJk 2017/04/19(水) 18:12:10.40 ID:nhXCd10e0



第一話「観測」





3: ◆Tw7kfjMAJk 2017/04/19(水) 18:12:36.85 ID:nhXCd10e0


 夢を見た。

 白銀の世界。白銀の光。サイリウムの光の中。
 星空のように輝くその世界の中心で、歌を歌う少女の夢。

 僕は彼女をプロデュースしたいと思った。

 その夢を現実のものとするために。




【こちら葛飾区亀有公園前派出所】『春・公園の花の宴…の巻』

2017-04-21 (金) 15:01  その他二次創作SS こち亀   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/04(火) 16:41:10.53 ID:2FrxQ8YC0

○公園前派出所・台所(朝)

 両津「旅のつばくら寂しかないかぁ……と……」

   両津、歌いながら台所に立つ。

 犬「ワン!」

 両津「なに……? ハラへったからその肉をよこせだと?」

 両津「これはおまえにくわせるための肉じゃない! あっちいけっ!」

 犬「キャンキャン!」




男「冗談を言っても冗談と受け取ってもらえない人間っているよな」

2017-04-21 (金) 12:01  オリジナルSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/04(火) 02:33:55.32 ID:O68kjvzMo


男「まあ、オレのことなんだけど」

友「なんだよ、なんかあったのか?」

男「……まあな」

男「実はさ、少し前にサークルでこんなことがあったんだよ」




モバP「綺麗ですよ、保奈美さん」

2017-04-21 (金) 07:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/04(火) 01:54:41.86 ID:Hn0HLzXw0

モバP(以下P表記)「これなら女神にも負けませんね」

保奈美「ほんと?ふふ。ありがとうPさん」

P「言葉に尽くせないほど綺麗です。今日のお相手が羨ましい」

保奈美「あら、嬉しい事言ってくれるのね。でも、まぁ、そうね。楽しみだわ」

P「そうですか」

保奈美「嫉妬してる?」

P「それは、まぁ、するでしょうよ」

保奈美「そう。それは良かった」

P「時間です、行きますよ」

保奈美「はい。それじゃ、エスコートしていって頂戴ね」

P「勿論です」

保奈美「……Pさん。今、どんな気分?」

P「そうですね……」



P「親ってのは、こうやって娘の成長を見届けなきゃいけないのかと思うと泣きそうになりますよ」





P「まぁ、今回はブライダル系の撮影なんですけども」

保奈美「ちょっとPさん。現実に戻るの早すぎよ」




律子「プロデューサー、今日もお願いします///」

2017-04-21 (金) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/17(月) 15:35:26.78 ID:cEIGFnez0

事務所に俺と律子以外誰もいなくなると、律子がそう言ってきた。

P「…それじゃあ今日も始めるか」

律子「はい///」

律子は返事をしてすぐに上着とシャツを脱いだ。

すると律子の胸に、かなりきつめのさらしが現れた。

そしてそれを外すと、明らかにプロフィールより大きい胸が現れた。

そして俺はすぐさま律子の胸をもみ始めた。

P「また大きくなったんじゃないのか?」

律子「は、はい///2cmほど///」

俺の手つきはもむというより牛の乳しぼりに近い…いや、あきらかにそれである。

そしてもみ始めてからわずか一分で…

律子「ああ!//だめ!出ちゃう!///」

プシャ プシャアアアアア

なんと律子の胸から勢いよく母乳が出始めていた。

そもそも俺がこういうことをしているのはわけがある。

それは今から約一か月前のことである。