【艦これSS】ガングート「貴様の名前は」

2017-05-24 (水) 22:01  艦これSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 06:57:21.33 ID:DUPiUYDR0

注意・ガングートの時報ネタバレがあります。
また、史実ネタ満載です




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 06:58:11.13 ID:DUPiUYDR0

ガングート「貴様が提督という奴か。ふんっ、私がガングート級一番艦、ガングートだ」

提督「ああ、こちらこそよろしく。ガングートは弩級戦艦と聞く。頼りにしているぞ」スッ

ガングート「いい面構えだ。いいだろう」グッ

提督「つっ……戦艦らしい力だ。頼もしいな」

ガングート「ふんっ」

提督「それでは、こちらに慣れるまでしばらくの間、秘書艦をしてもらおうか」

ガングート「貴様の秘書艦だと?それでは腕が鈍ってしまうではないか」

提督「ああ、それは大丈夫だ。君にはしばらく演習の旗艦で連携等の確認もしてもらうつもりだ」

ガングート「ならばよし。霧島、長門、アイオワ、ウォースパイト、それに超弩級戦艦大和と猛者が揃っていると聞いた。今から演習が楽しみだ」

提督「ははは、君は随分と武人気質のようだね」

ガングート「当たり前だ!艦娘と生まれたからには戦う事こそ本懐だ」

提督「うむ、しかし事務仕事も重要だぞ?」

ガングート「それは分かっている。このガングート、事務仕事においても手を抜くつもりなど毛頭ない。全力で当たらせてもらう」

提督「ありがとう。では、いきなり異国の言葉で仕事をしろと言われても無理なのは分かっているから、君に補佐を付けようと思うんだが、どうかね?」

ガングート「問題ない。むしろこちらから頼みたいくらいだ」

提督「よかった……。入ってくれ」

響「やあ、私は第六駆逐隊、暁型2番艦の響だよ。貴方には、ヴェールヌイと言った方がなじみ深いかな」

ガングート「ほ、誰が来るかと思えば貴様か、デカブリスト……いや、ヴェールヌイ」

提督「君たちはやはり面識があったようだね」

ガングート「ああ、多少はな。これは頼もしい援軍だ。感謝するぞ、提督」

響「それじゃあ、まずは施設の案内から始めようか」

ガングート「ああ、頼んだぞ、ヴェールヌイ」

注・ガングートは1954年から練習艦として使用され、56年に除籍、58年に解体されています。ヴェールヌイ(デカブリスト)は1953年に退役しましたが、その後も練習艦として使用されていた様です。後に1970年代に標的艦としてその一生を終えています。その点を鑑みて、デカブリストとの面識があるという事にしています。なお、史実的にはガングートはバルト海海域を、ヴェールヌイは極東を受け持っていたため、面識はまずないと思われます。ご了承ください。




モバP「凛は隙だらけだなぁ」渋谷凛「えっ、好きだらけ!?」

2017-05-24 (水) 20:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 03:07:19.07 ID:W9OeEZGq0


窓の外を流れる風景をぼんやりと眺めていたら、突然そんなことを言われた。

「好きだらけって、例えば……どういうとこが?」

当然、聞き返す。

「え。うーん……例えば、人前だと気を張ってるのに、そうじゃないときは結構お茶目だったりするとこなんか特に」

「お茶目? 私が?」

お茶目、お茶目かぁ……頭の中でその三文字を反芻する。

真っ先に挙げられた好きなところが、あまり言われ慣れていないものだったから、少し面喰ってしまった。

「うん。昨日だって、なんかアーモンドチョコのチョコだけ食べる遊びしてたし」

「…………見てたの」

「そりゃ、助手席でそんなことしてたら嫌でも目に入るって」

「で。プロデューサーはそういうのが好きって言いたいんだ」

「いや、隙かそうでないかで言えば、どう見ても隙でしょ」

「なんか釈然としないけど……好きならいいか……」

「あれ、すんなり認めたな」

「……まぁ、プロデューサーがどう思うかはプロデューサーの勝手だし」

「そ、そうか……凛がいいならいいけど……」

冷静に。冷静に。

あくまでも平静を装う。

……装えてるよね?




【ガルパン】フードファイト・ウォー!

2017-05-24 (水) 18:01  ガールズ&パンツァーSS   0コメント  
1: ◆T98fjJVZhQMf 2017/05/06(土) 15:44:50.70 ID:kmgbljoxo


 フードファイト。

 それは伝統的な文化であり、世界中の女子の嗜み。

 喰えば完食、馳走は早く、食す姿は零れなし。

 膳の掟、料理の心―――

 これは、食の戦場を駆け抜ける少女たちの物語であるッ!



________________________
フードファイト・ウォー! 第1話 『開幕!フードファイト!』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【LIVE】 ―戦車道フードファイト―


審判「両者、礼っ!」

ローズヒップ「いただきますでございますわっ!」ペコリ

エリカ「……いただきます」

審判「位置について、用意っ!」


\パパパパパウアードドンッ!/




提督「ストーカーになると怖い星座?」

2017-05-24 (水) 15:01  艦これSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 02:21:49.81 ID:a3yap8DH0


『おうし座』





赤城「て、提督・・・?」

提督「ん? どうした?」

赤城「あ、あの・・・その・・・///」モジモジ

提督「(こ、これは・・・)」

赤城「きょ、今日もその・・・?///」

提督「・・・おいで」ギュ

赤城「・・・はい///」

提督「ん・・・」チュ

赤城「んっ・・・ふぅ・・・///」




【ミリマス】育「マジックミラー号?」

2017-05-24 (水) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:20:55.79 ID:wpQLvabvO

~帰り道~

このみ「今日もレッスン疲れたねぇ」

育「ぜんぜんへーきだよ!育、まだまだ踊れるもん!」

このみ「あはは。若いって素晴らしいねぇ」

育「このみさん、帰ったら育がマッサージしてあげるね!」

このみ「ほんとに?それは嬉しいなぁ。お姉さん気持ち良すぎて寝ちゃうかも」

育「えへへー。あれ……?」

このみ「ん?どしたの育ちゃん?」

育「このみさん、あのクルマなんだろ?」

このみ「へ?」

育「あのおっきなクルマだよ」

このみ「…あ、あれは…まさか…マジックミラー号……っ!?」




モバP「ライラさんのいろんな表情を見てみたい」 関裕美「え?」

2017-05-24 (水) 07:01  アイドルマスターSS   0コメント  
2: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/13(土) 21:23:27.37 ID:YDmDXm5Q0

モバP「いや、ライラさんって怒るの苦手だって言ってたしいつも笑ってるから気になるな、と」

裕美「いっつも笑ってるならそれで良いんじゃないかな……?」

モバP「新鮮な表情も見たいんだよ! 哀しんでる顔とか楽しんでるところとか!」

裕美「うーん……力説されても、ちょっとわからないかも……」

モバP「一度見ればわかるって! ちょっとライラさんに色々してみようか!」

裕美「コラッ! あまりライラさんに変なことしない!」キュピィン

モバP「悪いことはしない! これは演技とかの仕事をとるのにも必要なことだから!」




まゆ「プロデューサーさんは乳首が弱いそうですねぇ」

2017-05-24 (水) 00:07  アイドルマスターSS   1コメント  
2: ◆b72I1I/FhE 2017/05/13(土) 17:11:50.17 ID:1TZnIt4Mo

凛「ふーん、それ本当?」

まゆ「この間プロデューサーさんと一緒に寝た時、プロデューサーさんが寝言で言ってたんですよ。「ぐぅ…うーん……乳首はやめてぇ……」って」

凛「まゆがプロデューサーと寝てたってのは後で話を聞くとして、ふぅん、そうなんだ」

まゆ「…ただ、それだけだと単にプロデューサーさんが乳首を責められる夢を見てたってだけじゃないですかぁ」

凛「そうだね」

まゆ「だから、凛ちゃん、プロデューサーさん乳首弱い説を一緒に立証してみませんか?」

凛「魅力的な提案だね。後学のためにも…その話、乗った」




貴音「響、動物園へ参りましょう」

2017-05-23 (火) 22:01  アイドルマスターSS けものフレンズ   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 18:51:37.40 ID:YyInCy160



響「………………え?」

貴音「……」

響「……」


貴音「動物園に」

響「や、聞こえてるけどさ」




千歌「ぎゅーってしていい?」

2017-05-23 (火) 20:01  ラブライブ!SS   0コメント  
1: 某所にて投下済み ◆b4ctJeXiv2 2017/05/12(金) 21:07:20.49 ID:fYOX5P6AO

曜「え?なんで?」

千歌「なんか急にしたくなったから」

曜「本当に急だね…」

千歌「ほら、曜ちゃんもそういう時ない?」

千歌「わたしへの愛おしさがいきなり溢れ出て来た時とかあるでしょ?」

曜「…自分で言ってて恥ずかしくないのかな」

千歌「…あっ///」

千歌「いや今のは違うんだよ、ほらなんていうか…///」ワタワタ

千歌「うぅ…///」マッカッカ

曜「…」

曜「あぁーもぉー!」ギュッ

千歌「わっ!?」

曜「そういうところが可愛いんだよ千歌ちゃんはぁ!」ギュー

千歌「よ、曜ちゃぁん…♡」ギュー




「ヴィーネ……キスして」

2017-05-23 (火) 18:01  その他二次創作SS ガヴリールドロップアウト   0コメント  
1: ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/12(金) 14:48:09.90 ID:m98lnMJY0

私のその言葉にヴィーネは顔を赤くして戸惑っていた。

◇◇◇

今日は休日、月曜日の提出に間に合うようヴィーネに宿題を見せてもらおうと部屋にお邪魔したんだ。

季節は夏、殺意のこもった太陽の日差しが降り注ぐ外とは違い、この家はクーラーによって快適な温度に保たれている。
控えめに言って最高だ。

「はぁ、天国ってヴィーネの部屋にあったんだな」

「クーラーつけてるだけで絶賛ね」